Vrshxwcpa4ypq3iw6oxd

CATEGORY | 車

ヴェゼルのマイナーチェンジ(2018)の評判は?違いを比較!人気色は?

2018.06.03

ヴェゼルが売上を伸ばしています。2018年にマイナーチェンジをしましたが2018年にマイナーチェンジをしたホンダヴェゼルの以前のモデルとの違いは何でしょうか?以前のモデルと比較して違いと色の紹介もしていきます。人気色や評判・レビューもご紹介します。

  1. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?
  2. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【エクステリアの比較】
  3. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【ボディーカラー】
  4. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【インテリア】
  5. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【走行性能】
  6. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【ホンダセンシング①】
  7. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【ホンダセンジング②】
  8. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【HONDASENSING③】
  9. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【HONDASENSING④】
  10. ヴェゼルマイナーチェンジで2018年人気の色や評判レビューは?【まとめ】
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQfkTDZ23idrJ2rWCZZ3i6zOOJ8RfbSbRU8Py9ygwkzoB-7-FdY
国産車でホンダ車はトップクラスの人気ですよね。そして若い世代からお年寄りまでの幅広い年齢層から支持されているホンダ車ですがホンダ車の中でも2018年にマイナーチェンジをしたヴェゼルを見ていきましょう。ヴェゼルの以前のモデルとの違いや比較をしてみてどのように変わったのか、人気の色やグレードは?比較していきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRguPkluV6FUXx73gm_OByuQUxUwo_Fc6GMMEQXrtdAkZXypPbJ
ヴェゼルのマイナーチェンジによりどこが変わったのでしょうか?まずヴェゼルの正面のデザインが変更されました。その他はインテリアでの変更箇所がありエンジンの仕様でSPORTHYBRIDi-DCDのチューニングが変わり安全面での安全運転支援システムの全てが標準装備となり安全面でも強化されました。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSGjZf6FTJ1Y4qGXncVc-81nKUeYGpkgUa-NNmY9H4lCLccH4MnhQ
2018年以前のヴェゼルと今回マイナーチェンジをしたヴェゼルのモデルはフロントから見た目が変わりました。インラインタイプのLEDが前回のヘッドライトとの違いも特徴です。ホンダ車には多く使われているLEDヘッドライトですが今回のマイナーチェンジでヴェゼルにも使われました。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTtZrA-D8oohWWtdePz3RSWCZ5biWCpfK5ZrX5r440Q60uaAUteyA
またホンダ車の中でも全モデルとの違いで比較するとアーバンSUV車のイメージは保たれたままでのマイナーチェンジということもあり大きく変わったようで以前からの人気のあるスタイルは崩さないまま保持されています。
引用: https://i1.wp.com/kurumakaikaeru.com/wp-content/uploads/2018/02/vezelcaler.jpg?resize=600%2C710
ホンダ車で人気のヴェゼルがマイナーチェンジされて以前との違いを比較するとボディーカラーが新しく3色加わりました。全部で8色のボディーカラーとなり人気車種だからこそできることでもありますね。好きな色の車に乗りたいというユーザ目線でのマイナーチェンジは人気が劣ることなくマイナーチェンジ後にも評判が良いですね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQsWvSJXgBjp1rrPhj4BkzOvZ8UQAibaRpOSiuy_jiUlNP6LV_8gg
マイナーチェンジ後のボディカラーは次の通りです。オーロラアメジスト・メタリック、シルバーミストグリーンメタリック、プラチナホワイトパール、プレミアムクリスタルレッドメタリック、ミッドナイトブルービームメタリック、ルナシルバー・メタリック、クリスタルブラックパール、ルーセブラックメタリックと全8色でオーロラアメジスト・メタリック、シルバーミストグリーンメタリック、プラチナホワイトパールが新色として加わりました。
引用: https://blog-imgs-118.fc2.com/n/a/o/naokiokaimono/DSC06061_1024.jpg
ヴェゼルのマイナーチェンジで以前のモデルとインテリアを比較するとシートに違いがあることがわかります。フロントのシートの形状が変更しております。サイドサポートの変更とシートステッチも改良されております。またインテリア面でもカラーが変更されておりおしゃれな空間が広がっています。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/note/000/003/644/129/3644129/p3.jpg?ct=72743b41e0f2
以前のモデルではインテリアカラーはシートがブラック1色でしたが今回のマイナーチェンジではジャズブラウンという新色が採用されました。ジャズブラウンになったことにより高級感も出てオシャレな感じもあり落ち着いた車内になりましたね。

関連記事

引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180125/20180125134826.jpg
ホンダヴェゼルはガソリンエンジンとハイブリッドエンジンの2つのタイプになっていますが今回のマイナーチェンジではハイブリッドエンジンに注目です。SPORTHYBRIDi-DCDが今回のモデルより使われており燃費もですが安全面にも配慮されております。「HONDASENSING」というホンダの安全運転支援システムがありますが全社に標準装備されています。
引用: http://dg24ae6szr1rz.cloudfront.net/photo/330cfec80d6e2fb514ce9db70d5484d4.jpg/w664/tr/file
安全面を重視して標準装備はされましたが標準装備された分車両本体価格が15万~20万の値上がりがあります。この値上がりはうれしくは無いですが安全面に考慮した機能ですので仕方がないですね。
引用: https://car-geek.com/wp-content/uploads/2018/01/8d8e122270403e1857e3033153f796ef-430x301.jpg
今回のヴェゼルマイナーチェンジで新しく全車に標準装備されたHONDASENSINGとはどのような内容でしょうか?安全面を重視した機能というのは何となくお分かりかと思いますが全部で8個の運転支援システムが装備されています。ホンダセンジングの内容を少し見ていきたいと思います。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQhBW_1QBTFDNSv-Os2hhITvyF9Mpq-2AXpAhjPhwevXukF0NvY
まず、制動システムです。衝突軽減ブレーキシステムCMBSとよばれる機能が追加されました。前方を走っている車はもちろんですが対向車と歩行者とのぞ個を防ぐための支援システムでもある衝突を回避する機能が盛り込まれています。時速5km以上で自分が運転している車とのスピード差が時速5km以上ある前方走行車、歩行者に対して機能します。また対向車両に対しても働きます。
引用: http://vezel.kit-work.com/wp/wp-content/uploads/2017/01/sensing0-718x283.jpg
次にHONDASENSINGの中に入っている機能は歩行者事故低減ステアリングです。この機能は一番重要ですね。車は歩行者との事故が一番の死亡率も高く事故を起こすつもりはないのは誰もが思うことでしょうが、車を運転しているとヒヤッとすることは経験している方もいることでしょう。路側帯と歩行者と車線を認識する仕組みになっておりぶつかる前に音と表示で警告されてハンドルも制御してくれる機能です。
引用: http://blog-imgs-75.fc2.com/n/e/w/newcarmagazine/hondasensing_201504251600190ecs.jpg
次の機能は路外逸脱抑制機能です。路外逸脱抑制機能は車線を検知しながら走行するので時速60キロ以上100キロ未満での走行中に働く機能になっています。路外に外れたりすると作動しますが自動運転とかとは違いますので注意しましょう。急ハンドルや急ブレーキなどをする時には作動しません。
引用: https://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/bkkn/693/149/U00021693149/U00021693149_001L.JPG
HONDASENSINGの機能のご紹介で次はLKAS(車線維持支援システム)です。車線内を走行していると通常走行ですが車線からはみ出そうとするとさどうします。こちらの機能は路外逸脱抑制機能と似たようなところがありますが同じように自動運転機能ではありませんので注意が必要です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQbUiJ95DwFMHUqFwoFSDSWKUVTT8Hn82Mxs1RN29nbHUFx8FMNeg
次にHONDASENSINGの中の紹介する機能は標識認識機能です。この標識認識機能は標識の見落としを防ぐために付けられた機能であらかじめ安全運転を支援する機能であります。環境により標識が認識しにくいところもありますので補助的な機能と考えておきましょう。
引用: http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/active-safety/image/pic_as_main01_pc.jpg
HONDASENSINGの機能でご紹介する次の機能は誤発信制御機能です。この誤発信制御機能はアクセルとブレーキによる不見間違いやアクセルを急に踏み込んだ時などに制御する機能です。徐行運転しているときや自分の車の目の前に障害物がある時に働く機能で急発進を防ぎます。最近ペダルの踏み間違えが多いお年寄りの事故が増えてますがこの機能はかなり安全面に考慮されています。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/yamamotosinya/imgs/c/4/c4c16072.jpg
HONDASENSINGの機能8つめの最後の機能ですが先行者発信お知らせ機能です。信号待ちなどで前方車両が発信した時にぼーっとしているとクラクションを鳴らされたりしたことはありませんか?先行車が発信した場合にお知らせしてくれる機能があると助かりますね。

関連記事

ヴェゼルマイナーチェンジ後の比較等のご紹介をしてきましたがマイナーチェンジで色々な新しい機能が標準装備されたりしましたね。またどこの車も安全運転面を重視に安全運転機能が充実されてきてますね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://car.kurumagt.com/wp-content/uploads/2018/01/2018hon-02121.jpg