// FourM
Mxywssfw5kp7ihkl5gro

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

時代小説のおすすめ文庫は?読みやすい作家や恋愛系なども紹介!

2018.06.14

時代小説のおすすめ文庫をご紹介します。時代小説は、過去の人物や出来事を題材にした日本ならではの作品です。今回は、初心者でも読みやすいシリーズだけをまとめました。また、合わせておすすめの恋愛作品や読みやすい時代小説の作家もご紹介しますのでお楽しみに!

  1. 時代小説のおすすめ文庫!読みやすい作家のシリーズや恋愛系もご紹介!
  2. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】①:鬼平犯科帳
  3. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】②:村上海賊の娘
  4. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】③:影法師
  5. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】④:天地明察
  6. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑤:孤宿の人
  7. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑥:しゃばけ
  8. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑦:鎖鎌秘話 若鷹武芸帖
  9. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑧:おそろし
  10. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑨:漂流
  11. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑩:橘花の仇
  12. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑪:樅ノ木は残った
  13. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑫:燃えよ剣
  14. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑬:密封 奥右筆秘帳
  15. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑭:銀二貫
  16. 時代小説のおすすめ文庫【読みやすい】⑮:坂の上の雲
  17. おすすめの恋愛系の時代小説
  18. 読みやすい時代小説の人気作家
  19. まとめ
時代小説のおすすめ文庫をご紹介します。今回は、初心者でも読みやすいシリーズだけを厳選しました。また、恋愛系の作品や読みやすい作家さんもご紹介するので、時代小説選びの参考にしてみてください!

関連記事

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51YQlMzw1mL.jpg
時代小説の定番の鬼平シリーズ。ドラマ化、映画化、舞台化なども果たした人気作品です。主人公の鬼平は、江戸の火付盗賊改方長官。海賊から泥棒まで、江戸で起こる事件を人情味あふれる演出で描いています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51FtIBsJnxL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg
戦国時代の海賊衆を描いた「村上海賊の娘」。瀬戸内海の島々を占領していた村上武吉の娘である景を題材にした人気時代小説です。本屋大賞、そして吉川英治文学新人賞のダブル受賞も果たし、多くの人に読み継がれる不屈の名作です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2B40V0MfJL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg
百田直樹氏の初となる時代小説「影法師」。下級武士の家に生まれ、幼い日に父親を切り捨てられた勘一。そして、中士の次男として誕生し、剣術も頭脳も明晰な彦四郎が繰り広げる時代小説です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AA8AHbBkL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg
江戸時代前期の囲碁将士でありながら、天文暦学者でもある渋川春海を描いた「天地明察」。日本文化を変えた大計画を物語形式で表現した時代小説です。当時の暦・宣明暦は正確性に乏しく、ズレが起こり始めていましたが、改暦の実行者として渋川春海が立ち上がり、時代に変革を起こしていきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61aN%2Bsl79nL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg
切なくも悲しい宮部みゆき氏の時代小説「孤宿の人」。ある時、9歳のほうは江戸から金比羅代参に連れ出され、捨て子同然の扱いを受けます。幸いにも藩医の井上家に引き取られるのですが、井上家の琴江が何者かによって毒殺されてしまいます。そして、不審な事件が立て続けに起き、領内は騒然としていきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Y1VYW74NL._SX332_BO1,204,203,200_.jpg
新感覚の時代小説「しゃばけシリーズ」。体が弱く外出もままならない一太郎は、ある日の夜、人殺しを目撃します。その人殺しを境に、猟奇的な殺人事件が立て続けに起こるようになり、一太郎は妖怪たちとともに事件の謎を解き明かしていきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51WcrowhptL._SX344_BO1,204,203,200_.jpg
笑い、そして涙ありの爽快時代小説「鎖鎌秘話」。ある時、新宮鷹之介は将軍家斉から武芸帖編纂所頭取を命じられます。そこへ幼少期からの友人・大沢要之助と再会をはたし、火付盗賊改の上司が不審な死を遂げたことを耳にします。事件の詳細を追うため、編纂所の仲間と調べ始め、真相を明らかにしていきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZDD8srcFL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg
三島屋変調百物語シリーズの1作目となる「おそろし」。17歳のおちかは、実家で起こった事件を境に、1人心を閉ざしていました。三島屋という店で働くことで辛い過去を忘れようとしていましたが、店に訪れた客との出会いを期に、おちかの人生が思わぬ方向へと一変していきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51kcpXO07rL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg
長編ドキュメンタリー「漂流」。江戸の天明年間、シケに遭遇してしまい、男たちは絶海の火山島に漂流します。生活手段が立たされた無人の地で、次第に男たちは命を落としていきますが、土佐の船乗り・長平だけは生き残り、12年の歳月を経て生還します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51kHJPYzzRL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg
人気時代小説「鎌倉河岸捕物控シリーズ」。江戸の鎌倉の酒問屋の看板娘・しほの元に父親の訃報が届きます。武州浪人で唯一肉親の父が死んだことを知ったしほは、無念の思いを募らせるのですが、そんな思いをよそに江戸の町では立て続けに事件が発生します。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515yiqmrhRL._SX346_BO1,204,203,200_.jpg
江戸時代の伊達藩のお家騒動を題材にした「桜木は残った」。伊達藩主の原田甲斐は、権力とは無縁の平穏な日々を過ごしていましたが、ある日の夜、藩士の4名が「上意討ち」を目的とした人物による殺害されてします。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51prrhnXn5L._SX356_BO1,204,203,200_.jpg
新選組・土方歳三の生涯を描いた「燃えよ剣」。浪人や百姓集めに過ぎなかった新選組を最強の集団に作り上げた、剣に生き、剣に死んだ男の生きざまを描いた人気時代小説です。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51BguymclFL._SX355_BO1,204,203,200_.jpg
気鋭の新シリーズ「奥右筆秘帳」。江戸城の書類決裁を担う奥右筆組頭の立花併右衛門。田沼意次・孫意明の死去から、12年前に起こった田沼意知刃傷事件を思い返しますが、何者かによって襲撃を受けてしまいます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51C-DaKYykL._SX337_BO1,204,203,200_.jpg
高田郁による人気時代小説「銀二貫」。ある時、父親を亡くした鶴之輔は、大坂天満の寒天問屋の主・和助によって命を救われます。その後、鶴之輔は松吉との名に改め、料理人・嘉平、愛娘・真帆にささえられながら、寒天作りに精を出します。しかし、またもや江戸が火の海に飲み込まれ、今度は真帆が大きな傷を負い、遂には姿までも消してしまいます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/510NJKFSDDL._SX325_BO1,204,203,200_.jpg
歌人・正岡子規と軍人・秋山好古、真之兄弟を題材にしたシリーズ「坂の上の雲」。立身出世を目指していた時代に、自分の人生にどのような意味を見出していたのか。司馬遼太郎氏の時代小説の中でも、人気が高く、世代問わず多くの人に読み継がれる名作です。

公家武者 松平信平

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51AMNDg1jXL.jpg
将軍家光の実の弟である松平信平を題材にした恋愛時代小説。信平は庶子のため、寺院に入る選択肢しかなかったのですが、坊主になりたくないため、15歳の時に将軍家光の正室となっていた姉を頼りに江戸へと訪れます。そして、信平は家光に50石の禄高と150坪の土地と屋敷を与えられ、貧乏旗本暮らしを始めます。

蝉しぐれ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51%2Bk72V60TL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg
海坂藩普請組牧家の跡取りである文四郎の成長を描いた「蝉しぐれ」。恋愛、友情、突然の家族の死、自身の運命に翻弄されつつも、強く生きる少年藩士を通し、勇気や感動を味わえる1冊です。

深川恋物語

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51N0FGK9SJL._SX329_BO1,204,203,200_.jpg
江戸の深川を舞台にした甘くも切ない恋愛物語。お仕着せの人生を投げ捨て、愛する人と共に生きようとする「下駄屋おけい」。互いの気持ちがすれ違っていく姿に切なさを感じる「寂しい水音」、など珠玉の恋愛作品を1冊に凝縮。

奸婦にあらず

引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51FdWsFXjzL.jpg
井伊直弼の密偵・村山たかをめぐる恋愛物語。彦根の多賀大社の忍びとして生まれ育ったたかは、井伊直弼と恋仲になります。しかし、その後、苛酷な運命が2人を襲い、思わぬ方向へと物語が進んでいきます。甘酸っぱくも悲しい恋愛物語です。

佐伯泰英(さえき やすひで)

佐伯泰英(さえき やすひで)氏は、時代小説の他、ファンタジー系やミステリー系なども手掛ける人気作家です。「密命シリーズ」や「鎌倉河岸捕物控シリーズ」などが有名ですね。ストーリーも面白いのですが、読みやすさにも定評があり、大変おすすめの作家さんです。

浅田次郎(あさだ じろう)

浅田次郎(あさだ じろう)氏は、1991年に「とられてたまるか!」で小説家デビューを果たし、吉川英治文学新人賞をはじめ、数々の賞を総なめにした人気作家です。代表作は、「蒼穹の昴」「鉄道員」など。時代小説を読んだことのない人は、浅田次郎氏の作品を読めば間違いありません。

池波正太郎

池波正太郎(いけなみ しょうたろう)氏は、戦後を代表する時代小説作家です。上記でもご紹介した「鬼平犯科帳」の他、「剣客商売」「仕掛人・藤枝梅安」など戦国・江戸を舞台にした小説を世に生み出しています。江戸を題材にした小説は、池波正太郎氏の作品をおすすめします。

関連記事

いかがでしたでしょうか。時代小説のおすすめ作品を厳選してご紹介しました。上記で挙げたシリーズは、誰もが認める名作ばかりです。是非、時代小説ならではの作風を楽しみましょう!また、時代小説と言えど、恋愛系、ミステリー系など様々なジャンルのものがありますのでお好きなものを開拓してみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gahag.net/img/201606/05s/gahag-0093274470-1.jpg