Ichpa9cgjjwy9ara8m8g

CATEGORY | 車

デミオの口コミは?後部座席の乗り心地は改善できる?燃費の評価は?

2018.05.31

マツダのデミオといえば、コンパクトカーでも人気の車ですが、後部座席の乗り心地で辛口な評価な口コミもあるようです。では、後部座席の乗り心地は改善できるのでしょうか?気になるデミオの乗り心地を、気になるガソリン、ディーゼルの燃費と合わせて探ってみましょう!

  1. マツダデミオはどんな車!?
  2. デミオの気になる後部座席の乗り心地と燃費とは!?口コミは!?①デミオのエクステリア
  3. デミオの気になる後部座席の乗り心地と燃費とは!?口コミは!?②デミオの室内
  4. デミオの気になる後部座席の乗り心地と燃費とは!?口コミは!?③デミオの口コミと評価は!?
  5. デミオの気になる後部座席の乗り心地と燃費とは!?口コミは!?④後部座席の乗り心地は改善できる!?
  6. デミオの気になる後部座席の乗り心地と燃費とは!?口コミは!?⑤デミオのガソリン車の燃費とは!?
  7. デミオの気になる後部座席の乗り心地と燃費とは!?口コミは!?⑥デミオのディーゼル車の燃費とは!?
  8. デミオの気になる後部座席の乗り心地と燃費とは!?口コミは!?⑦デミオの燃費の口コミと評価は!?
  9. デミオの気になる後部座席の乗り心地と燃費とは!?口コミは!?⑧ガソリン車とディーゼル車お得なのは!?
  10. それでもデミオはいい車!
マツダのコンパクトカーであるデミオは、5ドアハッチバックタイプの普通乗用車です。スポーティなデザイン人気で、マツダが掲げるコンセプト「人馬一体」に向かって進化しています。エンジンはガソリン車とクリーンディーゼルの2種類が用意されています。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/bkkn/241/846/UM0024241846/UM0024241846_001L.jpg
特に、国産コンパクトカーでディーゼルが設定されているというのが特徴で、燃料代が高騰している現在では、重宝される車となっています。その他、運動性能も高いことから、ワインディングなどでのスポーツ走行も楽しめる、走りにも特化したコンパクトカーとなっています。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/241/846/UM0024241846/UM0024241846_4_001L.jpg
気になるところが盛りだくさんのデミオですが、人気の理由の一つに、エクステリアデザインがあります。現在のマツダ車は、全ての乗用車のフロントフェイス構造の基本が統一されているというのが特徴でとなっています。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/241/846/UM0024241846/UM0024241846_1_001L.jpg
フロント部分が下側に下がったところに、バンパーまで届く大きなグリルとつり上がったヘッドライトは、現在のマツダ車の特徴となっており、デミオも例外ではありません。サイドから見るとロングノーズ気味になっている点も、デミオを含めたマツダ車の特徴です。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/241/846/UM0024241846/UM0024241846_3_001L.jpg
では、デミオの室内を見て行きましょう。運転席周りからセンターコンソール、ダッシュボードとシンプルな作りになっていますが、どこかスポーツ感覚をあおる構造になっていることが特徴です。また、現在のマツダの特徴である、センターディスプレイも装備しています。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/487/881/UM0024487881/UM0024487881_6_001L.jpg
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/487/881/UM0024487881/UM0024487881_7_001L.jpg
後部座席については、シートの作り込みはしっかりとしており、3人掛けとなっていますので、乗車定員は5名になります。車のサイズから見るとスペース的なものが気になりますが、このサイズのコンパクトカーで5人乗りというのは重宝するものです。

関連記事

引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/487/881/UM0024487881/UM0024487881_15_001L.jpg
○デミオ 乗り心地の口コミでの評価
人気モデルとなっているマツダのデミオですが、口コミはどんなものになっているのでしょう?特に後部座席の乗り心地については、非常に気になります。では、後部座席の乗り心地を中心に、デミオの口コミを見て行きましょう。
・シートの上質さと、サスペンションの丁度良い固さから、コンパクトカーということを忘れる。
・収納が少ない。
・後部座席は大人が乗るには狭い。
・車酔いする子が、デミオだと幾分良いといっていた。
・乗り心地(サスペンション)が固い。
・リヤシートが狭い。
・足下のスペースが狭い。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/401/157/UM0024401157/UM0024401157_17_001L.jpg
デミオの後部座席の乗り心地に対する口コミを見ていくと、辛口の無知込みとして収納が少ない、郷部座席のシートと後部座席の足下が狭いなど、後部座席については乗り心地が悪いというよりも、「狭い」という口コミが多くありました。
デミオの後部座席の乗り心地について調べてみると、多くは乗り心地というよりも、乗る以前の狭いというものが多く見られました。もともとがコンパクトカーのロングノーズに近い作りですから、室内が狭くなってしまうのは、当然のことなのかもしれません。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/271/677/UM0024271677/UM0024271677_3_001L.jpg
特に大人3人が後部座席に座ったら、シートの狭さと足下の狭さから考えれば、窮屈になるということは安易に想像できます。それでも、子供であれば十分座れるスペースとなっています。ということで、後部座席は乗り心地を改善するよりも、活用の仕方を考えた方が良さそうです。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/271/677/UM0024271677/UM0024271677_8_001L.jpg
但し、サスペンションについては、固いという方もいるようです。この「固い」と感じる乗り心地を改善する方法はショックアブソーバの交換で、かなり改善効果があります。純正のショックアブソーバはスポーツカーに近い固さを持っているので、市販のストリート用に交換するだけで、かなり改善されるようです。

おすすめは「カヤバNEW SR SPECIAL」

こちらは、ストリート用のショックアブソーバで、「固すぎず」「柔らかすぎず」というのが特徴です。軽いスポーツ走行から市街地などのストリート走行までを考えて作られているので、乗り心地の改善には、ピッタリのショックアブソーバです。
○カヤバ NEW SR SPECIAL
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/motor-addiction_nsf1042-10165
減衰力:固定式 車高調整機能:なし ネット価格:約3万7000円~(一台分)
デミオのガソリン車のエンジンは、水冷式の直列4気筒DOHCエンジンが搭載されています。もちろん、エンジンはマツダが開発したスカイアクティブ-Gで、排気量は1.3Lとなっています。エンジンは92psを発揮、これによって心地よいスポーツ走行を可能にしています。
エンジン:水冷直列4気筒DOHC スカイアクティブ-G1.3L
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/487/881/UM0024487881/UM0024487881_19_001L.jpg
最高出力:92ps/6000rpm
最大トルク:12.3kgf・m/4000rpm
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
JC08モード燃費:24.6km/L
では、デミオのガソリン車の燃費を見て行きましょう。ガソリン車のJC08モードのカタログ上の燃費は、24.6km/Lとなっています。この数値は、ガソリン車の燃費としては、十分に優秀な数値になっているといえます。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/504/195/UZ0024504195/UZ0024504195_1_001L.jpg
○デミオ ガソリン車 燃費の口コミによる評価
・使用条件によると思いますが、街乗り13km/L、郊外19km/L、遠出だともっと伸びます。
・実燃費は15.3km/Lでした。
・実燃費は16.5km/L程度。順当だと思います。

関連記事

次に、デミオのディーゼル車の燃費について見ていきます。デミオのディーゼルが搭載しているエンジンは、スカイアクティブ-Dの水冷直列4気筒のクリーンディーゼルエンジンで、排気量は1.5Lとなっています。最高出力は、105psを発揮します。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/bkkn/508/814/UZ0024508814/UZ0024508814_001L.jpg
では、カタログによる燃費の数値を見てみましょう。カタログではJC08モードで、26.4km/Lとなっています。実はこの燃費数値は、ガソリン車のカタログ値と比較すると、1.8km/Lほど良い数値が出ているということになります。
エンジン:水冷直列4気筒DOHC スカイアクティブ-D 1.5L
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/508/814/UZ0024508814/UZ0024508814_17_001L.jpg
最高出力:105ps/4000rpm
最大トルク:25.5kgf・m/1500~2500rpm
使用燃料:軽油
JC08モード燃費:26.4km/L
クリーンディーゼルのデミオの燃費は、26.4km/Lとされていますが、燃料が高騰傾向にある現在では、価格が安い軽油でこの数値であれば、かなり優秀といえます。また、パワーもガソリン車よりも上になっていますので、エンジンとしても優秀だといえます。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/508/814/UZ0024508814/UZ0024508814_1_001L.jpg
○デミオ クリーンディーゼル 燃費の口コミによる評価
・50~55km/h走行で30km/L以上!お化けです。
・街乗り16~18km/L、高速20~24km/L。素晴らしい!
・実燃費15~18km/L。概ね満足です。
デミオの燃費について口コミを調べていくと、どうしてもディーゼル車の方が多いので、ガソリン車が少なかったのですが、見つけたものを見ると、評価的には「やや不満~順当」ではないかと感じました。カタログ値からは大きく下がってしまいますが、これは使用条件にもよります。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/504/196/UZ0024504196/UZ0024504196_19_001L.jpg
逆にクリーンディーゼルでは、燃料代もガソリンと比較すると安価なせいか、燃費に関しての評価は高いと感じられました。ガソリン車との実燃費を比較してもそれほど変わらない燃費数値でもあるにかかわらず、高評価が多いというのに驚きました。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/bkkn/461/839/UM0024461839/UM0024461839_002L.jpg
デミオは、ガソリン車とディーゼル車では、どちらがお得なのでしょう?と、考えてしまいます。燃料代は安いが車両価格が高いなど、悩む点も多々あります。そこで、新車販売価格と燃料代から見ると、どちらがお得なのか検証してみましょう。
○デミオ13C(ガソリン車)
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/bkkn/397/196/UM0024397196/UM0024397196_001L.jpg
使用燃料:ガソリン
ミッション・駆動方式:6EC-AT・FF 新車販売価格:139万3200円
○デミオXD(クリーンディーゼル車)
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/461/839/UM0024461839/UM0024461839_4_001L.jpg
使用燃料:軽油
ミッション・駆動方式:6EC-AT・FF 新車販売価格:181万4400円
○現在の燃料代(全国平均価格)※変動あり
レギュラーガソリン:142.9円 軽油:120.2円
ガソリン車とディーゼル車の新車販売価格は、ディーゼル車が約40万円高となりますが、燃料は軽油の方が約22円程安くなります。燃料代が安くて燃費も変わらないとなれば、ディーゼルの方がお得に感じますが、車両代の約40万円の差がどう出るかというのが、重要なポイントになりそうです。
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/ml/397/196/UM0024397196/UM0024397196_2_001L.jpg
マツダのデミオについて、後部座席の乗り心地や燃費を調べると、辛口のコメントも出てきます。しかし、このサイズで5人乗りで、燃費が15km/L以上であれば、本来は優秀だといえます。走りも確かで、何より、デミオはかっこいいではないですか!
引用: https://ucari.mazda.co.jp/Photo/bkkn/494/825/UZ0024494825/UZ0024494825_002L.jpg