Pnzzrst8godljlseipcq

テクニック

CATEGORY | テクニック

めんどくさい友達の心理的特徴と対処法!上手なlineの返し方。

2018.05.31

あなたの周りに男のめんどくさい友達はいますか?めんどくさいといっても特徴や行動心理はさまざま、色々なかたちがありますが、最近はlineやSNSなど、その要因を増やす要素が多い気がします。今回は男のめんどくさい友達の対処やその行動心理、特徴などを紹介します。

  1. はじめに:めんどくさい友達の対処法!あなたが言えば何かが変わる!?
  2. 【男のめんどくさい友達の対処法!その特徴や行動心理、lineの返し方についても徹底解説!】プライベートに首を突っ込みたがる
  3. 【男のめんどくさい友達の対処法!その特徴や行動心理、lineの返し方についても徹底解説!】やたらネガティブ
  4. 【男のめんどくさい友達の対処法!その特徴や行動心理、lineの返し方についても徹底解説!】lineに切れ目がない
  5. 【男のめんどくさい友達の対処法!その特徴や行動心理、lineの返し方についても徹底解説!】スキンシップが多い
  6. 【男のめんどくさい友達の対処法!その特徴や行動心理、lineの返し方についても徹底解説!】SNSでの自分語り
  7. 【男のめんどくさい友達の対処法!その特徴や行動心理、lineの返し方についても徹底解説!】対策①言及する
  8. 【男のめんどくさい友達の対処法!その特徴や行動心理、lineの返し方についても徹底解説!】対策②lineの切り返しを学ぶ
  9. 【男のめんどくさい友達の対処法!その特徴や行動心理、lineの返し方についても徹底解説!】相談に乗ってひたすら応援する
  10. まとめ:めんどくさい友達。確かにめんどくさいけど大切な仲。そんな人を失うようなことはしないで。
引用: https://s.eximg.jp/expub/feed/Escala/2017/Escala_20170105_6492657/Escala_20170105_6492657_1.jpg
引用: http://dj8miipjn3ds2.cloudfront.net/report/905/905_3_15062620460066_700x.jpeg
めんどくさい友達、このワードを聞いてあてはまりそうなご友人はいらっしゃいますか?男友達でもめんどくさいというのがいる、というのは結構誰にでもあてはまる例で、仕方なく付き合ってる、うまく流して話を聞いている、など自分なりに対処をしている方がいるようです。しかしそんなことでは自制が利かないめんどくさい男友、実は女性以上に話が通じないこともあるんです。今回はそんなめんどくさい男友達について、その特徴と行動、言動心理、そしてその対処法まで徹底的に解説していきます。

関連記事

引用: https://koiyokoi.net/wp-content/uploads/2016/11/ec4ebc04c37a189ca43c8fd568e5067e.jpg
引用: https://pdmagazine.jp/wp-content/uploads/2016/12/buddy4-660x440.jpg
男性って「全て知りたがる生き物」なのです。だから興味があることにはどんどん入っていくし、そして知っていきたい、好奇心が旺盛なのですね。だから友達のあなたのプライベート事情を知りたがる、そして参加したがる、という男性は結構います。寂しがり屋という側面も見えますが、ここは万人にあてはまることではないと思います。つまりは全て知りたがること、何かと首を突っ込みたがるというのは男性特有の特徴ですね。仲が良いのは良いことですが、一定の距離を保つのがなかなか難しい方がいるようです。
引用: http://news-allshare.com/wp-content/uploads/2015/12/4ffbef205bb6a9ab181198e0fb2e5b4b.jpg
引用: https://puramani.net/wp-content/uploads/2016/05/3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s.jpg
ネガティブな男性っていますよね。話すたびに「どうせ俺なんかさ…」という自虐から入ってしまう人、結構多いのではないですか?これ、実は女性にはあまりあてはまらないんです。女性は全部自分で貯めこんでしまうからですね。もしくは本当に気心の知れる友達にしか話せないのかもしれません。男性は結構自己主張が激しい方、構ってほしい方が多いので、自虐的な話し方をするのが結構多いです。聞いている側としては友達だと思っている相手自身をひたすら卑下されたような口ぶりで話されたら良い気分ではないですよね。これも男性に多い特徴です。
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/41/LINE_logo.svg/1200px-LINE_logo.svg.png
引用: https://www.danshihack.com/wp-content/uploads/2017/08/line-fireworks.jpg
また特徴としてはlineですね。lineは女性の方が敏感なイメージがありますが、実は構って欲しがりな男性心理から、結構lineに敏感な男性は多いです。そして男性目線での同性のlineにおけるめんどくささは切れ目なしに続く会話です。男性はとにかく話したがり、好きなことや自分のことを話し出したら止まらない方がいます。それは日をまたいでも続いたり、送ってからの返信が異常に早かったり、結構めんどくさい、と感じる場面は多いです。自分の子とを話しているとき、好きなことを話しているとき、確かに楽しいですが、相手のことも考えながら話さなければなりませんね。
引用: http://cpw.imagenavi.jp/preview/000/00035692_PW36.jpg
引用: https://cf-media-storage.com/uploads/picture/2017/05/middle_shutterstock_411161026.jpg
男性はついつい身体が動く方がいます。そう、スキンシップですね。男性どうしのスキンシップは結構やっている方が多いようで、裏を返すとうっとうしいと思っている方も多いようです。なんとも男性というものはわがままで、自分から触るのはOKだけど触られたくはない、なんて考えの方も多いです。そのため酔ったときのスキンシップや、何気ない日常会話でのスキンシップはNG、と基本的に考えた方が良いかもしれません。進行すると同性愛者などの考えにも至ることができるので、結構深刻な問題ですね。
引用: http://blom2020.jp/media/2017/03/0065_00.jpg
引用: https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2017/08/20170824facebookgoingdown-w960.jpg
SNS、今はツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどさまざまなものが溢れていますね。SNSはお互いの状況を知られる、そして情報共有できる便利なツールですが、勿論ここにも闇が垣間見えることがあります。トップクラスにめんどくさいと感じる要因は「自分語りが多い男性」だそうです。自分のことを誇張して載せたり、誰かとコミュニケーションを取る時もつい自分のことばかり喋っている、なんて男性は結構嫌われがちです。今これを呼んでいるあなたで、そんな男性、実は結構多いのではないですか?SNSは最近発展してきたツールなので、この悩みはかなり最近特有の悩みですね。

関連記事

引用: https://cdn0.mynvwm.com/wp-content/uploads/2015/11/e699aac361c8c7cdf442026e551c4f6a.jpg
引用: https://jijico.asqmii.com/wp-content/uploads/2014/04/LIG86_yutorisedainikirerujyousi500.jpg
まずは普通に言及することです。今こうして挙げた5つのめんどくさい要因というのはあなた以外にも恐らくめんどくさいと言う方が出てくる恐れのある要因ばかりです。つまり上記の5つの要素どれかに当てはまっていたら止めなくてはなりません。それにはまず直接言って教えることで素。同性からの意見というのは異性から言われたことよりもかなり受け止められることが多いです。そしていつもとは違うトーンで、少し真面目な雰囲気で話しましょう。あなたの感じていること、そして自分の身の振る舞いに気づくかもしれません。
引用: https://plus1world.com/wp-content/uploads/2016/03/line-group-phone-call-0001.png
引用: https://gori.me/wp-content/uploads/2018/02/LINE-Hero-Top-Image.jpg
次にlineが続いてしまう方への対処ですね。ここに関してはあまり面と向かって言及するところではない気がするので、上手いlineの切り返しを覚えましょう。まず向こうがヒートアップしたらその会話を終わらせるように努めましょう。気を遣って質問などをして話題を広げようとしなくて構いません。そしてそれでも止まらない場合は思いきって無視を決め込みましょう。未読でも既読でも構いません。相手に気が付かせたいのであれば既読が良いかもしれませんが、今度は違う部分で問題が起こりそうなので、適当な理由をつけて後日また改めて連絡を返しましょう。相手に合わせる必要はありません、きついと感じたらスッパリ切りましょう。
引用: http://sub1.danseinayamikaiketsu.com/style/img/stockfoto_8619077_S.jpg
引用: http://www.akasaka-bc.jp/enquete/wp-content/uploads/2015/03/19228422_M.jpg
とにかくネガティブな方への対処ですが、ここはとにかく応援してあげましょう。人間は自己に対する評価た価値観として自己肯定感というものをもっています。そこを傷つけるとさらにめんどくさくなってしまうかもしれないので、相手をひたすら応援してあげます。かなりネガティブな方は、あなたでも解決できる簡単な悩みですら深刻に悩んでいることがあります。解決に導いてあげて、無理ならカウンセリングをおすすめしてあげましょう。カウンセリングを勧めることに臆さないでください、その一言と専門家の言葉であなたの友人は復帰するかもしれないですよ。
めんどくさい友達について紹介させていただきました。今回紹介した以外にもめんどくさいと思う要因はたくさんあるかと思いますが、それら全てひっくるめても、友人であるあなたが解決策を出してください。もしかしたら友人はあなたいか頼る相手がいないのかもしれません。今日まで親しくやってきた友達なら、良い側面も必ずもっているはず。その良い側面が輝く日が来るまで。ひたすら応援してあげてください。
引用: https://www.crank-in.net/img/db/1100499_650.jpg
引用: http://dj8miipjn3ds2.cloudfront.net/report/1414/1414_1_150515225809270_700x.jpeg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://s.eximg.jp/expub/feed/Escala/2017/Escala_20170105_6492657/Escala_20170105_6492657_1.jpg