Acilgovu2b1lp49tw2c9

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

クールビズの着こなしメンズ編!長袖|半袖別のおしゃれスタイルは?

2018.06.02

今年2018年も始まったクールビズ。日頃はスーツ必須のスタイルという方には、着こなしが難しい、おしゃれにならない、といった不満もちらほら。ユニクロなどリーズナブルに半袖・長袖編に分けておしゃれなメンズクールビズスタイルをご紹介します。

  1. クールビズってなんだ!?
  2. クールビズをおしゃれに着こなしできるポイント ① ノージャケット・ノーネクタイ
  3. クールビズをおしゃれに着こなしできるポイント ② ボトムスにこだわる
  4. クールビズをおしゃれに着こなしできるポイント ③ 小物にこだわる
  5. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 半袖編① ネイビーのポロシャツで知的に
  6. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 半袖編② 白のポロシャツでさわやかに
  7. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 半袖編③ 高機能ポロシャツでサラっと快適に
  8. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 半袖編④ ブルーでまとめて夏らしさ全開
  9. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 長袖編① ブルーのワイシャツできれいめに
  10. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 長袖編② ジャケットを羽織れば取引先へも
  11. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 長袖編③ ノータックパンツですっきりと
  12. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 長袖編④ チェックシャツでおしゃれに
  13. クールビズのおしゃれな着こなしメンズスタイル2018 長袖編⑤ プリーツ入りアンクルパンツでピシっと
  14. 2018年もクールビズでおしゃれに
引用: https://blog-tokyo.takashimaya.co.jp/assets/men/files/34/15/1605/20120405161534_0.jpg
クールビズという名前が広まったのは2005年。今やすっかり夏の風物詩とまでなった夏の軽装キャンペーンですが、始まった当初は普及が進みませんでした。しかし今では常識とまでなったこのクールビズ、あなたは着こなせていますか?
引用: http://blog.haruyama-co.jp/sys_wp/wp-content/uploads/2014/05/P5251620.jpg
引用: https://www.orihica.com/images/special/super_coolbiz2016/mens/mordal/03.jpg
クールビズの基本は、「室温28度のオフィス空間でも快適に仕事できる服装」です。カンタンに言えば、「ノージャケット」と「ノーネクタイ」の服装がキホン。
引用: https://image.customlife-media.jp/201701/366183a7-9b07-418d-83a1-c51fb254f4bb.png
確かに涼しい格好ですが、単にジャケットを脱いでネクタイを外しただけでは、悪い意味で“ヌケ”ている格好になりかねないもの。スーツとネクタイ姿というのは、いわば“七難”を隠せるアイテムなんですね。だからこそ、クールビズには、それなりの準備が必要なのです。
引用: https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2017/01/5363181e0dc2d7b3adaa4c1fc2eb46c5-1.jpg
ジャケパンスタイルがOKの会社でない限り、スーツ姿を要求される仕事の現場。セットアップの上=ジャケットを脱いだ場合のクールビズスタイルにおいては、ボトムスをどうするかは結構重要なテーマになります。
引用: https://img1.kakaku.k-img.com/images/tasclapicv/450/000/000/2/2984/tasclapimage_2984_2_1.jpg
スーツの下だけ履くのもいいですが、せっかくなら夏向きのボトムスを選びたいですよね。会社によっては、ジーパンもOKのところもあれば、チノパンすらNGの会社まで、結構ルールはまちまち。あなたの会社のルールに合わせて、センスを魅せたいところです。
引用: http://gragg.jp/upload/save_image/snd367-4.jpg
スーツスタイルであれば、ジャケットの色や柄、ネクタイの柄などで個性を見せることができますが、それらがないクールビズでは、個性の大半がワイシャツに偏りがちです。そこでベルトや時計にこだわってみるのはいかがでしょうか。
引用: http://blog.uktsc.com/data/original/0/37/361cc7ff32bb1980f59109aeb1c997bfd942d443.jpg
ニットタイやメッシュベルトなど、普段のビジネスシーンでは身に付けにくいアイテムも、クールビズならおしゃれに見てもらえることも。だからこそ、こだわったアイテムで周りから一歩飛び出してみてはいかがでしょうか。
引用: http://www.azabutailor.com/blogs/atcs/files/2016/04/IMG_6933.jpg

関連記事

引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/nuwvmf/20180525115234466/20180525115234466_500.jpg
知的なイメージを醸し出すネイビーカラーのポロシャツ。こちらアバハウスの半袖ポロシャツは、光沢感のあるレーヨン素材を使っているから、カジュアルに寄り過ぎないから、ビジネスシーンでもバッチリのアイテムです。チェックのパンツで遊びゴコロも見せて、バランスをとっています。
引用: https://i7.wimg.jp/coordinate/kwjtsw/20150620145935415/20150620145935415_500.jpg
クールビズ定番の白ポロシャツで、夏の暑さを吹き飛ばすさわやかイメージに。パトリックの半袖ポロシャツは、縫製がしっかりしているので、あなたの相棒として着てみては。足元はスニーカーながらオンタイムでも使えるデザインで、会社でもウキません。
引用: http://im.uniqlo.com/style/180417_men_008.jpg
ユニクロのエアリズム素材を使った半袖ポロシャツなら、涼しさもより感じられて、快適そのもの。パステルカラーのやさしいカラーリングも、さわやかな印象を与えてくれますよ。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/ebqq8f/20170605115410930/20170605115410930_500.jpg
ハズさないおしゃれの基本、同系色でまとめることを守ってみたコーディネート。上下をエディフィスの青系でまとめれば、夏にもピッタリのさわやかさんに。会社でも浮かない色味で、女子社員からの評判も上がること間違いなしです。

関連記事

引用: http://im.uniqlo.com/style/180510_men_026.jpg
こちらはスカイブルーのボタンダウンシャツを使ったコーディネート例。長袖はキチンとしたイメージになるので、あまりカジュアル寄りにしたくないときにはベストなチョイス。ユニクロのボタンダウンシャツなら、襟の崩れも気になりません。同じくユニクロの編み込みタイプのベルトも夏ならではおしゃれアイテムとして取り入れてみては。
引用: http://im.uniqlo.com/style/180510_men_024.jpg
いくらクールビズが普及して、ノーネクタイ・ノージャケットが普及していても、取引先への訪問にジャケットなしは無礼かも…。そう感じたときはサッと羽織れるジャケットが1枚あると便利です。ユニクロのジャケットは、軽い素材だから夏に着ても暑苦しくなく、ネイビーなら紺ブレ風に着こなすこともできますよ。パンツの色を合わせればセットアップ風に、変えればジャケパンスタイルと、いろいろな着こなしができるのが、ユニクロのアイテムの魅力ですね。
引用: http://im.uniqlo.com/style/180125_men_012.jpg
スーツでは気にならないパンツのタックも、ノージャケットではダボっと見えてしまい、スマートさに欠けることも。そんな時は、ユニクロのノータックチノパンでスマートな足元を演出してはいかがでしょう。チノパンだから、履き心地もラクチン。同じくユニクロのシンプルデザインな長袖ボタンダウンシャツと合わせて、せっかくのクールビズを、ラクチンファッションで過ごしてみては。
引用: https://cdn.wimg.jp/coordinate/v9a5ze/20170818160111604/20170818160111604_500.jpg
スーツだとなかなか着づらいチェック柄のシャツも、クールビズならぜひ挑戦したいスタイル。グリーンレーベルリラクシングのチェックシャツなら、素材感もシルエットもばっちり決まるから、同僚からも注目のマト。ジーンズOKの会社なら、デニムでまとめてしまうのもいいですね。
引用: http://im.uniqlo.com/style/180125_men_002.jpg
足元をおしゃれに魅せたいなら、ぜひ取り入れて欲しいのがユニクロのアンクルパンツ。センタープリーツも入っていて、ウールライクな素材感はビジネスでの違和感ゼロ。きれいめシルエットはビジネスの現場でも一目置かれる存在になること、まちがいなしです。同じくユニクロの長袖ファインクロスシャツは、しわになりにくい加工でお手入れもラク。アイロンがけが面倒な夏こそ、アイロンレスでOKなシャツをチョイスしましょう。
引用: https://otokomaeken.com/wp-content/uploads/2017/06/58f1d39d5efe00822a2107fb296102f2-750x395.jpg
引用: https://prtimes.jp/i/9154/228/resize/d9154-228-353498-1.jpg
クールビズが始まって14年目のシーズンとなる2018年の夏。ジャケットとネクタイを外すだけでなく、見せることを意識してスタイルを選べば、快適でおしゃれなスタイリングになりますよ。「またこの季節か…」と憂鬱にならずに、この夏を楽しむファッションを、ビジネスでも取り入れて、クールビズを楽しみませんか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.ozie.co.jp/s-select/coolbiz/img13/index/ice_slide_02.jpg