// FourM
Ncnxavvpnkcrwwabfbtg

CATEGORY | 車

タントの口コミ・評価から見る燃費や欠点【軽自動車】2018年最新版!

2018.05.30

軽自動車の中ではひときわ人気のタント。口コミや評価からは良い評価もあれば、欠点もそれなりにあります。2019年の新型が出た時点でもすでにちらほらと欠点があるようです。今回はタントのデザインや燃費に関する口コミや評価について徹底的に書いていきます。

  1. タントの口コミや評価は?
  2. 2018年新型軽自動車タントの口コミ・評価から見る燃費と欠点:デザイン
  3. 2018年新型軽自動車タントの口コミ・評価から見る燃費と欠点:ドアノブ
  4. 2018年新型軽自動車タントの口コミ・評価から見る燃費と欠点:価格
  5. 2018年新型軽自動車タントの口コミ・評価から見る燃費と欠点:高速での伸び
  6. 2018年新型軽自動車タントの口コミ・評価から見る燃費と欠点:音と加速力
  7. 2018年新型軽自動車タントの口コミ・評価から見る燃費と欠点:足回り
  8. 2018年新型軽自動車タントの口コミ・評価から見る燃費と欠点:燃費
  9. 2018年新型軽自動車タントの口コミ・評価から見る燃費と欠点:内装
  10. タントの口コミや評価は人による
現在非常に人気のある軽自動車であり、軽自動車では初めて、新車販売台数ナンバーワンをとった車として知られているタント。ナンバーワンに選ばれるということは、それだけ非常に性能などもすばらしく、デザインも万人ウケであるということになります。しかし中には、それだけ人気があるということは、絶対どこか欠点などがあるのではないかとあらを探してしまうという人も中にはいます。今回はそんなあらを探すということはしませんが、あまり知られていないタントの意外な欠点や評価などについて書いていきます。決してタントを悪く言うつもりはありませんが、あくまでそのような声もあるということで、これからタントを検討している人も参考までに見ておくことをおすすめします。
引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2017/10/daihatu_new_vehicle5.jpg
引用: https://media.221616.com/car-i/img/thumb/0480x0360/2427/20140713A0002427/50702796LF001.JPG

関連記事

まず第一に気になる部分であるのが、エクステリアなどのデザインです。人間もそうですが、車もどうしても第一印象は見た目から入ってしまうものです。タントを選ぶ人の理由としてデザインが気に入っているという人が多いです。とはいえ、最近は若者の車離れの影響もあり、あまりデザインに無頓着な人が多く選んでいるということもありえます。逆に、デザインなどを気にする人にとっては逆に味気ないデザインという印象を持つ人もいます。カスタムパーツでカスタムをすると改善されるものの、こういった場合はどうしてもベースのデザインもある程度影響してしまうものです。
引用: https://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/cat/DA/S006/DA_S006_F002_M007_1_L.jpg
引用: https://ccsrpcma.carsensor.net/CSphoto/cat/DA/S006/DA_S006_F001_M002_1_L.jpg
先ほどのデザインが味気ないという口コミに関しては、個人の完成によって異なりますので、欠点とは言いがたいです。しかしドアノブに関しては、使い勝手が悪いと嘆く人が最近ちらほらと増えてきています。最近のタントは後部座席のドアがスライドドアになったりと、家族での使用でも使い勝手の良いものになりました。しかし、ドアの形は通常のドアと同じ方であるため、どうしても開けるときにあけずらいという人も多いです。普通にあける分には問題ないですが、中には赤ん坊を抱えている状態や、荷物を持っている状態で通常のドアノブだとなかなかあけにくいものです。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/006/628/795/6628795/p1.jpg?ct=967a4c65a190
引用: https://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr526/auc0403/users/1/5/6/6/treevillage1964-imgbatch_1520379820/600x450-2005042000364.jpg&dc=1&sr.fs=20000
人気であるということは、それなりに安いのではないのかと考える人も多くいるはずです。しかしその考えが逆に落とし穴となってしまうのです。販売価格に関しては販売店やディーラーによって異なったりしますが、それでも車両本体価格は最低でも200万円を超えてしまいます。通常の軽自動車でも平均的に150万円など、100万円台が平均的な価格ではあリマスが、それらと比べてもどうしても高いほうになってしまいます。計にもかかわらず居住性や快適性においては高いとは言われているものの、場合によっては同じレベルで低価格の車が出てきたときに一気に人気が流される可能性もあります。
引用: https://cvimg01cv.c.yimg.jp/cvmaterials/modelimages/gallery/8/221726.jpg
引用: https://media.221616.com/car-i/img/thumb/0400x0300/0269/20151017A0000269/51091865LF001.JPG
軽自動車だから致し方ないという部分はあるものの、それでも高速での伸びはどうしても他の軽自動車と比べると伸び悩んでしまいます。高速道路においては、最高速度があることはもちろんですが、最低速度というのも設定されています。そのような場面においてはどうしても危険性が高くなってしまいます。また、最近問題となっている煽り運転の対象にもされてしまいやすくなります。タントの場合は、パワー不足ということもありますが、居住性を優先した分、車重が他の軽自動車と比べても重いことも原因のひとつです。快適性を犠牲にするか高速の伸びを犠牲にするかは、人それぞれとなります。
引用: https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180227-00010004-autoconen-000-view.jpg
引用: http://carinfo.click/carinfo_root/wp-content/uploads/2018/02/tanto_2_04.jpg

関連記事

先ほどの高速での伸び悩みと似たような問題ですが、加速力も車重が影響していることが原因であることが多いです。しかしそれよりも問題があることは、エンジン音です。普通に一般道路を運転している分には問題ありませんが、高速でアクセルを踏んでいたり、エンジンの回転数を上げると、その分エンジン音が大きくなってしまうという現象が起きてしまいます。中にはエンジン音がたまらなく好きだという人もいますが、そうでもない人も中にはいます。また、エンジン音も大きいと、家族で会話している場合でもその声が聞こえにくくなるということもあるため、あまり良いことともいえません。
引用: http://carinfo.click/carinfo_root/wp-content/uploads/2018/02/tanto_2_01.jpg
引用: http://8971.info/news/wp-content/uploads/sites/2/2017/03/%E9%AB%98%E9%80%9F%E9%81%93%E8%B7%AF_%E7%87%83%E8%B2%BB%E4%BC%B8%E3%81%B2%E3%82%99%E3%81%AA%E3%81%84.png
タントを選ぶ理由として、乗り心地が良いという人が多いです。しかしそれは、段差の無い道路を走っている場合のみです。しかしすべての道がそのような段差の無い道路とは限りません。タントの足回りは、ある程度の段差や衝撃は吸収するものの、急激な段差などにおいては衝撃を吸収しきれず、突き上げるような振動が起こってしまいます。これについてはどれだけ気を使って運転しても、道路状況によるものなのでいたし方ありません。だからといって足回りのパーツを変えるとなると、それだけでも費用がかさんでしまいます。また、タントの場合はそのようなパーツがそもそもないということもありえます。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/note/000/003/227/076/3227076/p2.jpg?ct=deff1602312b
引用: https://i.ytimg.com/vi/sL9BW712knA/hqdefault.jpg
タントに限らず、最近の自動車の広告やCMでは燃費を大々的に宣伝しています。多くの人はその燃費に惹かれて選んでしまいますが、あの数字はあくまで専門的な計測方法で図った結果です。実際の燃費があの数値ではありません。タントの場合、広告などで宣伝されている数値はリッターあたり25キロから28キロほどといわれていますが、実燃費はリッターあたり約15キロほどです。こうして聞くとどれだけ燃費を持っているのだと腹を立てる人も多いはずです。実際に、燃費とはいえ10キロ違うだけでも、数値上では少なく感じますが、実際の距離に換算すると、かなりの距離の差があるということとなります。
引用: https://cvimg01cv.c.yimg.jp/cvmaterials/modelimages/gallery/8/221761.jpg
引用: https://cdn.clipkit.co/tenants/163/item_images/images/000/011/139/medium/1907507f-d568-4fac-9ef5-f50bd9fd7e86.jpg?1498818913
ここまでタントの欠点など色々書いていきましたが、その中でも唯一批判するポイントが無い箇所がありました。それは内装です。タントの内装は、基本的にベージュを基調とした明るい仕上がりとなっています。そして何より、運転に関するパーツや装置などはすべて奪取パネルのほうに集約されています。そのおかげで車内を移動しやすくなっています。どうしても今までの車はフロアの部分にシフトレバーやサイドブレーキなどがあることにより、どうしても移動がしづらいものでした。そのようなものがなくなったことにより、何かあったときにそばによることができるようになりました。
引用: https://www.tanto.car-lineup.com/mame/naisou_image/7.jpg
引用: https://www.tanto.car-lineup.com/mame/naisou_image/2.jpg
いかがでしたか。タントは確かに人気はあるものの、実際に細かく調べてみると意外にも欠点があることがわかったと思います。一部は個人の感性の違いによるものではあるものの、ドアノブの使い勝手の悪さやエンジンの回転数を上げたときのエンジン音が大きくなってしまうことなどは、欠点ともいえます。しかし、それらを差し置いてもタントにはよさというものがあります。欠点を含めて素直に受け入れていくか、カスタムして改善するかはその人次第です。皆さんももしタントを購入する際は、このような欠点があるということも頭に入れておきましょう。
引用: https://media.221616.com/car-i/img/thumb/0400x0300/0191/20180330A0000191/51986662LF004.JPG
引用: https://d1d7kfcb5oumx0.cloudfront.net/articles/images/5980997f95fb5106a2d750af/slide_1501600126671.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://img.carsensorlab.net/CSphoto/catalog/DA/S006/DA_S006_F003_M006_1_L.jpg