Zpcxcq1fmxo5bhuche6b

CATEGORY | 車

タントの燃費の評価は?口コミで実際の平均燃費を確認!燃費は悪い?

2018.05.27

今人気のある軽自動車タントですが気になる燃費やその評価をご紹介します。今は走行性能よりも燃費と安全性能を重視する時代。そこで、そこで燃費が悪いのかどうか気になる方へ、平均・表示燃費や実際の評価など気になる口コミをまとめて紹介します。人気のタントの本当の性能は?

  1. タントとは
  2. タントのカタログ表示燃費の評価
  3. タントの実燃費性能の評価
  4. タントの実燃費性能の評価は悪い?
  5. タントの燃費性能に悪い評価が付く理由
  6. タントNAとターボの燃費比較の評価
  7. 燃費を含めたタントの維持費にかかる評価
  8. タントのライバルと比較すると燃費評価は?
  9. タントの燃費抜きの評価
  10. まとめ
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img01_index/01_01.jpg
今人気のある軽自動車で1位、2位を争う人気車種でもあるタントですが、どう言ったものかわからないという方にタントをご紹介します。タントはダイハツから製造発売されている2003年からある根強い人気ある車です。そして、女性からの支持が熱く2016年には乗りたい車1位にもなりました。人気あるデザインで2018年にフルモデルチェンジが行われるとの情報もあり今後のタントの情報から目が話せない状態です。15年以上人気あるタントは使いやすく乗りやすい両側スライドドアと言う新しい軽自動車です。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img01_index/01_02.jpg

関連記事

引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img01_index/04_01_R.jpg
タントのカタログ表示燃費をご紹介します。タンとのカタログ表示燃費はJC-08モード燃費28km/lと軽自動車の中ではまずまずの結果となりました。軽自動車の燃費評価としては25km/l以上の燃費は超えなければいけないラインとして現在はなっています。決して悪いわけではありませんがズバ抜けてすごいと言うことでもないですが、燃費せいのとすれば文句の無い結果です。カタログ表示燃費は購入時の目安として考えておくといいでしょう。カタログ表示燃費は実燃費と約2割程度低くなると言われていますその辺も考慮しておくと購入前と実際に乗ってからのギャップが少なく済みます。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/07_01_04.jpg

JC-08モード燃費

引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/14_02_01.jpg
気になった方もいると思いますがJC-08モード燃費とはどんな燃費で実燃費とはどう違うのとかんじた方もいると思います。JC-08モード燃費は仮定で測定された燃費結果で実燃費とは異なるものです。JC-08モード燃費の測定方法は真っ直ぐな道をエアコンなどの電装系を一切使わない状態で燃費結果を出す測定方法です。真っ直ぐな道で測定するため一般道で必ず起こる信号待ちや渋滞などは考慮されていない結果なので実燃費と結果が違ったものになります。JC-08モード燃費の測定方法を一般道で行うとすれば車1台もいない高速道路で一定の速度でエアコンなどの電装系を使わずに走るとJC-08モード燃費に近い結果を出すことが出来ます。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/14_02_02.jpg

関連記事

引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/07_01_03.jpg
JC-08モード燃費の結果を見たところで気になるのが実燃費です。実燃費はJC-08モード燃費の約2割程度低くなった結果と言われていますが、走り方によってはそれ以下になることのほうが多くあります。では、実際の実燃費性能をご紹介します。タントで一般道を走行したときの実燃費は15km/lから16km/lと言われています。グレードにも左右しますが、平均値グレード関係なく出た燃費の平均値です。高速道路を走行したときの実燃費は20km/lから22km/lと言われています。こちらもグレード関係なくでた結果です。一般道ではJC-08モード燃費の半分以下の結果となりました。実燃費と言っても走り方や走行する場所、装工事の信号や渋滞などの有無で実燃費はかなり左右します。一概にこれが結果とは言えませんが平均値です。燃費が悪く運転の方法によって燃費が9km/lと言う方もいます。また、高速道路ではJC-08モード燃費に近い数値や超した方もいます。走り方によって燃費はかなり変わっていくものです。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/14_01_01.jpg
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/14_01_10.jpg
タントの実燃費の評価は悪いかどうかですが、口コミによるといいという方と悪いという肩に別れます。いいと答えた方は燃費は一般道で20km/l近い燃費性能を出していました。悪いと答えた方は燃費性能が悪く15km/l以下の結果となっていました。やはり良い結果を出せた方からは良い口コミが届き悪い結果の方からの口コミは悪くなっているみたいです。燃費性能にしてみると実際は悪いと言える結果ではありません。やはり運転の方法や道路環境で変わっていく様子です。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/14_01_07.jpg
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/07_01_01.jpg
タントの燃費性能に悪評の口コミが届くかと言いますと、実際は思っているほど燃費性能がよくなかったことやJC-08モード燃費を比べると差が大きすぎることが悪い口コミが届く原因です。上記でご紹介しましたが、走行の方法によって燃費性能はJC-08モード燃費と比べると約2割ほど低くなるとご紹介しましたが、結果その半分の5割ほど燃費性能が低いため騙されたなどの悪い口コミが入っています。では、実際に燃費がそれほど悪いものかと言うことですが他社の軽自動車はJC-08モード燃費と実燃費の差があまり開いていなく悪いと言われる口コミが少ない様子です。タントは少し持った燃費性能だったのかも知れません。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/07_01_02.jpg
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/14_01_06.jpg
タントにはNAとターボ車があります。軽自動車に人気のあるのはターボ車ですが、気になるターボ車とNAの燃費をご紹介します。タントNAのカタログ表示燃費はタントNAは上記で紹介してきた28km/lです。ターボ車の場合のカタログ表示燃費は26km/lとなっています。カタログ表示燃費ではあまり燃費に差が無いと思われます。では実際の実燃費ではどれほど違うのでしょうか。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/07_01_03.jpg
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/07_02_01.jpg
タントの年間維持費にかかる平均額をご紹介します。つきにかかる燃料代は平均は約8,000円と言われています。自動車税は10,800円、車検代は平均約45,000円とします。年間にかかる維持費はガソリン代96,000円+自動車税10,800円+その他メンテナンス費用(オイル交換含む費用)10,000円合計平均116,800円かかると予想されます。評価としてはとても安い金額ではないかと考えられます。ここにプラス車の保険などかかってもあまり頭を抱えるほどの問題ではありません。とても安い維持費だと言うことがわかります。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/07_02_04.jpg
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/07_02_05.jpg
現在軽自動車が人気でホンダ、スズキ、日産と色々ありますが、どこも良い燃費性能の車を出している企業です。タントのライバルと言われている車がスズキスペーシア、ホンダN-BOX、日産デイズが主なライバル車です。ではこの3台の軽自動車とダイハツタントを比較していきます。スズキスペーシアは実燃費が19.2km/l~25.6km/lと言われています。ホンダN-BOXの燃費は15.4km/l~20.5km/lです。日産デイズの燃費は15.7km/l~21.0km/lです。実燃費での比較ですが、スズキスペーシアのほうが燃費性能としては上だと言えます。ですが、これもあくまで道路状況や運転の仕方、環境が全く違ったもので車を所有している方たちの燃費をまとめたものなので一概にどの車が1番とは言いがたいものがあります。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/07_03_01.jpg
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/07_01_04.jpg
タントの評価としては室内が広い分ゆったりとストレス無く走ることが出来、室内の高さもあり乗り心地はいいのだとか。軽自動車として小回りが利くのが売りですが、タントは意外と車幅大きかったり車高が高かったりと風や細道に少し苦戦するようです。
引用: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img04_interior/01_03.jpg
タントの燃費性能や評価は参考になったでしょうか。実燃費は意外といいと感じたもののクチッキ見や評価を見ると悪いと実感した人たちもいるようです。同じ車でも燃費性能は道路の信号の数や渋滞の有無、運転の方法や運転環境によって全く違った結果がでますので、タントがの燃費性能が悪いと言えるものではありません。運転の方法や道路環境など整え燃費を良くするということを意識することで燃費は上がることもあります。燃費が良い悪いは運転手次第と言うことになります。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img01_index/main01.jpg