// FourM
A4z36rscybrarfylv5h7

収納・整理

CATEGORY | 収納・整理

布団圧縮袋のおすすめ|掃除機不要?使い方次第でカビ対策&ダニ対策◎

2018.05.26

季節の変わり目におすすめの布団圧縮袋。現在は掃除機不要で圧縮できる布団圧縮袋が登場しています。今回は掃除機不要な布団圧縮袋のダイソーやセリア、ニトリのおすすめ商品やカビ対策・ダニ対策できる使い方を紹介します。おすすめ商品の使い方を覚えてスッキリ片付けましょう。

  1. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方
  2. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【ダイソー】
  3. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【ニトリ】
  4. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【セリア】
  5. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【カビ対策】
  6. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【ダニ対策】
  7. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【消臭効果】
  8. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【利点と欠点】
  9. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【布団を使う時の注意】
  10. おすすめ!掃除機不要の布団圧縮袋使い方【まとめ】
引用: https://shop.r10s.jp/colorfulbox/cabinet/maker_sonota/4900309010525.jpg
引用: http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/maone_got035
夏布団、冬布団と布団も季節で入れ替えると思いますが入れ替える際に布団圧縮袋を使う方が多いと思います。布団圧縮袋といえば掃除機で袋の空気を吸い取り真空パックの状態にして保管することが一般的な使い方ですよね。しかし、布団圧縮袋は掃除機を使っていると掃除機に良くないといわれて敬遠するひとも出てきました。真空パックを作るような仕組みでは掃除機は出来ていませんので掃除機が壊れやすくなってしまうのです。しかし最近は掃除機不要で使える布団圧縮袋が出てきました。掃除機不要の布団圧縮袋はどのようにして使うのでしょうか?掃除機を使わずに簡単に圧縮できるんです。使い方は簡単です。布団を圧縮袋に入れて手で押していくだけで布団を圧縮できます。色々なメーカーより布団圧縮袋が販売されていますので特徴をみていきましょう。

関連記事

引用: https://i.ytimg.com/vi/J-Byim34vqU/maxresdefault.jpg
引用: https://i.ytimg.com/vi/NJNcZAX2two/maxresdefault.jpg
まず最初にご紹介するメーカーはダイソーです。100均で有名ですね。ダイソーの布団圧縮袋は掃除機必要な物と掃除機不要な物があり、掃除機不要な物は布団でなく衣類などを圧縮する小物の方が圧縮はきっちりできるようです。やはり布団となると掃除機タイプの方が綺麗に圧縮できるようですね。ダイソーは安くて利用できるというところが利点ですので圧縮袋を選ぶ時は理解したうえで取り扱いましょう。掃除機不要の布団圧縮袋は手で押して圧縮していくタイプですので慣れが必要ですね。空気がきれいに抜けるコツがあるようで苦手な殻は掃除機を使う方の圧縮袋が使いやすいかもしれません。衣類とかを圧縮する時はある程度手で押さえて空気を抜いてから巻いていく感じで押していくと空気が抜けていきますので簡単に圧縮できます。ダイソーでも布団圧縮袋があることに衝撃を受けた人もいるでしょうダイソーは色々な商品を安く出されています。ですがダイソーは入り数はすくないですので数がいらない人はダイソーが便利ですね。ダイソーでもお手軽に布団圧縮袋がうりだされているとちょっと必要な時など便利ですね。
引用: https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/66/b5/aaeea5517661312dc8f38d715496fe99.jpg
引用: https://images.b-static.com/imageserver/s1/369695852-200-200-5-0/2.jpg
次にご紹介する布団圧縮袋はニトリの掃除機不要の布団圧縮袋です。布団圧縮袋は掃除機で吸い込むイメージが強いですがニトリでは掃除機不要で消臭効果もある布団圧縮袋が販売されています。ニトリの掃除機不要の圧縮袋の使い方は簡単です。布団を圧縮袋に入れて手で押していきながら圧縮していきます。掃除機タイプの圧縮袋に慣れていると少し圧縮効果が無いように感じるかもしれませんが圧縮するときのコツを掴むと綺麗に圧縮できます。ニトリでも掃除機タイプと掃除機不要タイプの圧縮袋が販売されていますが掃除機が無くても圧縮できるタイプはニトリでも人気があるようです。ニトリの圧縮袋はサイズもあるそうでダブルのお布団でも掃除機不要でできるようです。布団圧縮袋のしゅるいもニトリでは色々あるみたいですのでダニ対策やカビ対策も考えてみてみると良いでしょう。
引用: https://www.sanlabo.net/images/A00001109.jpg?1466469850
引用: http://www.crysta-blog.jp/wp-content/uploads/2015/06/232-150618-1.jpg
次にご紹介する布団圧縮袋は100均でも有名なセリアです。セリアの布団圧縮袋は掃除機不要タイプもあるようです。どのメーカーも布団圧縮袋は掃除機タイプの方が圧縮が綺麗にできると口コミはありますが掃除機タイプの布団圧縮袋が使い慣れていて普段から使っているから感じるだけであり掃除機不要タイプを使ってみて使い慣れてくると圧縮も綺麗にできるようになり便利に感じると思います。セリアの布団圧縮袋も掃除機タイプと掃除機不要タイプがあります。セリアといえば全商品100円というのが有名で本物の100均のお店ですね。セリアでも何種類か布団圧縮袋は扱っているみたいですがセリアの掃除機不要タイプも圧縮する時のコツを掴めば綺麗に圧縮できるようです。セリアの商品は100均ですので枚数は1枚とか1枚とか種類により変わりますが少し必要な方には便利ですよね。

関連記事

引用: https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/www.next-one.co.jp/dena/gazou2-3/KM-7537WP9P.jpg
Ahzilhdtn3vhyvlrnxkl
引用: http://www.st-c.co.jp/plus/question/answer/53.html
布団圧縮袋に収納する際に一番気になるのがカビ対策ではないでしょうか?カビ対策はどのようにすればよいでしょう。カビが発生する原因は湿度が多い時、じめじめした時ですよね。布団圧縮袋でも同じです。完全な真空状態で収納は難しいので湿気が合ったりすると布団圧縮袋に入れていたとしてもカビが生えてきます。カビ対策はきっちりしておかないと季節の変わり目に布団を見て驚くことになるかもしれません。カビ対策で効果的なのは布団収納前に天日干しをしっかりすることです。布団をきっちりと干すことでカビ対策になります。湿気がある状態で収納はしないように注意して圧縮後に保管する場所も湿度が高すぎないところで保管しましょう。布団を収納する場所に除湿剤などを置いておくと良いかもしれませんね。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yojichichikun/20171124/20171124234720.jpg
引用: http://yasashisa.jp/wp/wp-content/themes/yasashisa/image/goods/60735/60735-photo.jpg
布団圧縮袋に収納する時にもう一つ気になるのがダニ対策ですね。圧縮袋とはいっても綺麗な真空パックではありませんのでダニがもし居たり入ってきたりするとダニは布団に住み着きますね。最近はダニの種類によっては重症化することもあるとまで言われており危険な生き物です。ダニ対策はきっちりと行わなければいけません。一番おすすめのいダニ対策は布団を直す前にいい天気な日に天日干しをすることです。てんきが良くて湿度が低めの時がおすすめです。ダニ対策は熱処理が一番効果的です。圧縮袋で収納前には必ずダニ対策はしておきましょう。
引用: http://gokiburi.dandyism.biz/wp-content/uploads/2016/05/IMG_6839-1024x768.jpg
引用: https://d3a62dk503srdp.cloudfront.net/main/prdimg/e/777/e4534374605777.jpg
布団圧縮袋で収納すると匂いが気になることもありますよね。次に使う時に開けたら匂いがしたりすると使う気もなくなりますね。特にかび臭い匂いなどは最悪ですね。布団圧縮袋で収納する際に便利なのが最近では消臭効果機能付きの布団圧縮袋があります。無臭タイプもありますが香り付きもあります。消臭対策付きの布団圧縮袋はダニ対策とカビ対策さえして収納すれば使う時に嫌な臭いもせずに気にならず使えますね。圧縮袋でも色々な種類や機能が付いたものが出ています。安くても消臭機能があったりとかもしますので布団圧縮袋を買う時は色々と見てから買うことをおすすめします。
引用: http://sundries.ocnk.net/data/sundries/product/bedding03/070200211_010.jpg
引用: http://www.e-futon-kobo.com/wp/wp-content/uploads/2017/08/85f9fd22b143b03c72a2d76812c83503.jpg
布団圧縮袋で掃除機タイプと掃除機不要タイプがありますがそれぞれ利点と欠点があります。まず掃除機必要な布団圧縮袋ですが利点は綺麗に圧縮ができてほぼ真空状態にすることが可能です。しかし欠点としては布団を圧縮するときに使う掃除機への負担が大きい点と圧縮しすぎて布団の綿が痛むことも布団の材質によってはあります。布団圧縮袋で掃除機不要タイプの利点はどこでも簡単に布団を圧縮できます。また布団の生地を傷めないのでおすすめですね。欠点としては掃除機タイプみたいに綺麗な真空状態にはできませんので少し収納時に差がでてきます。また真空状態ではないため防虫対策なども必要です。それぞれ利点・欠点があるため何を重視して選ぶかがポイントになってきます。
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2016/07/clothes-line-421562_1280.jpg
引用: https://d17uhz2kob7es4.cloudfront.net/images/pictures/images/000/001/135/shutterstock_499768363-thumb_480.jpg?1496130314
布団圧縮袋で収納してから取り出して使う時はダニ対策、カビ対策はしていたとしても一度使う前には天日干しをすることをおすすめします。天気が悪い時は布団乾燥機などを使うことをおすすめします。
引用: https://shop.r10s.jp/kurashi-zakka/cabinet/z/z-003.jpg
引用: https://www.nitori-net.jp/wcsstore/ec/images/Image/catalog/8490192/646X1000/849019201.jpg
布団圧縮袋は掃除機を使ってするタイプが当たり前と思っていた人が多いと思いますが掃除機不要タイプの需要も増えてきました。色々と利点欠点はありますが利用用途に応じて選んで使ってみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/detail/review/B000EERL0O.01.jpg