// FourM
Kkudcm8uv4bj4oaxzkq1

CATEGORY | 車

デイズルークス特集!評価は?|ハイウェイスター、ターボ、ライダー

2018.06.02

ハイト―ル系ワゴンの購入をお考えの方に装備や機能面が充実した日産車「デイズルークス」がおすすめ!おしゃれなカラーバリエも実に豊富で目移りします。デイズルークスの人気色や評判、「ハイウェイスター」「ライダー」「ターボ」といったおすすめグレードまで一挙にご紹介!

  1. NISSAN デイズルークスについて知る
  2. デイズルークスの気になる評価① 室内の広さ
  3. デイズルークスの気になる評価② 乗り心地は?
  4. デイズルークスの気になる評価③ もちろん安全性能も高い!
  5. デイズルークスはカラーラインナップが豊富!人気色は?
  6. デイズルークスに備わる便利な機能システム① アラウンドビューモニター
  7. デイズルークスに備わる便利な機能システム② リヤシーリングファン
  8. デイズルークスに備わる便利な機能システム③ ロールサンシェード
  9. デイズルークスに備わる便利な機能システム④ エアコンタッチパネル
  10. デイズルークスに備わる便利な機能システム⑤ リモコンオートスライドドア
  11. デイズルークスのグレード別こだわり装備① 「X」グレード
  12. デイズルークスのグレード別こだわり装備② 「Vセレクション」
  13. デイズルークスの見た目にこだわるグレード① かっこいい「ハイウェイスター」
  14. デイズルークスの見た目にこだわるグレード② 究極の見た目「ライダー」
  15. 走りにこだわる方へ!デイズルークスターボ仕様
  16. 最後に
引用: https://response.jp/imgs/thumb_h2/1010689.jpg
「デイズルークス」は、日産と三菱の合弁会社「NMKV」によって商品企画、及び開発が行われた人気のハイトワゴンモデルの軽自動車です。2014年2月の発売から、好調な売れ行きが続いています。
基本的なグレードは「S」「X」の2種類。仕様の違いで「ハイウェイスター」や「ライダー」などの上級グレードがあります。

関連記事

引用: https://response.jp/imgs/thumb_h2/659681.jpg
デイズルークスはNISSANが誇るスーパーハイトワゴンです。ハイトワゴン系の特徴として、室内の広さ、そしてミニバンにも負けないほどの室内高が挙げられます。デイズルークスの室内高は140cm!快適そのものです。また、後部席を倒すことで、27インチの自転車を積むことも可能です。
気軽に一人でロードバイク車載で遠征に出る場合は、左側のリアシートをフルフラットモードにし、助手席を前に出せば簡単にロードバイクがフロントタイヤを外すだけで乗ってしまうので便利で、それも左スライドドア側から車載できますよ。

引用: https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/634/454/33.jpg
デイズルークスが高い評価を得るポイントの一つとして、車内の広さ・高さゆえに実現できる優れた積載性があります。
引用: https://picture2.goo-net.com/10152050/0059059/J/10152050005905901cR.jpg
一般的に乗り心地の評価に関しては、それぞれの好みによって捉え方が違ってくる部分ですが、デイズルークスはなかなかの好評価を得ています。ぜひ試乗して体感して頂きたいところです。
今どき、リアサスが3リンクリジッドなのですが、リジッドサスのネガは全くと言っていいほど感じさせられませんでした。 フランス車的な、ふんわりとしていながらコシがある乗り心地で、大きめの段差での頭の揺すられ感もなく、サスペンションがしなやかにストロークして衝撃を吸収している感触でした。 予想外の上質な乗り心地にも、ビックリさせられました。

引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/DAYZROOX/safe/dayzroox_safe_009.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg
自動ブレーキシステムの搭載により、安全で快適な運転を実現してくれます。全グレードにVDC(横滑り防止装置)が標準で装備されます。障害物や前方の車両との衝突を回避する「エマージェンシーブレーキ」、踏み間違い衝突防止アシストなど、安全面にもこだわった性能はドライバーにとって頼もしい限りです。
引用: http://www.shizuoka-nissan.jp/blog/wp-content/uploads/2016/12/IMG_6404.jpg
非常に豊富なカラーラインナップもデイズルークスの魅力です。明るい色から、シックで落ち着いた色味、そして個性的なツートンカラーなど、色バリエーションは全部でなんと24色!お気に入りを選ぶのも楽しくなります。
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/DAYZROOX/top/photogallery/DAYZROOX_photogallery_06.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg
人気色に関しては、「ホワイトパール」、「ブラック」、「モカブラウン」といったベーシックな色味、CMやカタログで使われている「スパークリングレッドブラック2トーン」、そして女性に人気の「ブロッサムピンク」などが売れ筋です。
デイズルークスは、N-BOX、ウェイク、タント、スペーシアなど同系統のハイトワゴンモデルと何かと比較されるなか、他の競合モデルにはない、便利な機能を備えた装備が人気を博しています。
引用: http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1694914/034_o.jpg
まずは日産が得意とする駐車支援「アラウンドビューモニター」の搭載!車を上から見下ろした視点で位置確認できるため、狭いスペースやバックでの駐車、または縦列駐車の際にも役立つ頼もしい装備です。映像はバックミラーに表示されますが、オプションでナビを設置すればナビ画面にも表示できます。
引用: http://fsv-image.autoc-one.jp/images/1646213/196_o.jpg
室内の広さがウリのハイトワゴンにおいて、後部座席までしっかり空気を循環させるのはなかなか至難です。この問題を解消するのが「リアシーリングファン」です。大型車のように、後部座席に送風することで車内隅々までしっかり空気を循環し、室内空間の温度を快適に整えてくれます。後部座席の夏の暑さや、冬の寒さも問題ありません。
引用: https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/634/454/52.jpg
デイズルークスは紫外線対策もバッチリです。後部席には収納式サンシェードに加え、前席にはUVカットガラスが採用されているため、キツイ紫外線から守ってくれます。日差しが気になる方にはおすすめです。ちなみに、リヤシーリングファンとロールサンシェードの併用で、夏場は-4℃の効果があります。
引用: https://response.jp/imgs/p/iDCaQEJkmzcUKaqFksi2PoROT0ELQkNERUZH/1132363.jpg
まるでスマホ感覚の、ハイテク感漂うエアコンタッチパネルはカッコイイの一言! また、エアコン操作部の凹凸が少ないため、ホコリや汚れも溜まりにくく掃除も簡単です。
引用: http://joyfultown.jp/carandlife/blog/wp-content/uploads/2018/01/1517325521-378b732e0bb9e6d05f332b19c7f1e9ab.jpg
インテリジェントキーを身に着けておくことで、ドアに備わっているボタンを押すだけで開けられる「リモコンオートスライドドア」が採用されています。買い物の荷物などで両手がふさがった状態でも、簡単にドアを開けられるため大変便利です。

関連記事

引用: https://kei-luv.com/wp-content/uploads/2017/02/p1082-3.jpg
デイズルークスのグレードの違いによる装備も紹介しておきましょう。Sグレードを基本に、装備を充実させたデイズルークスXグレード。Xグレードで付加される装備は先に紹介した「アラウンドビューモニター」、「リアシーリングファン」、「ロールサンシェード」、「タッチパネルエアコン」に加え、「インテリジェントキー」、「両側スライドドアオートクロージャー」、「プッシュエンジンスターター」、「オーバーヘッドコンソール」、「イモビライザー」、「 アルミホイール」と充実の内容です。
引用: http://newcarinfosite.com/wp-content/uploads/2015/12/dayzrooxvselectionhikaku.jpg
Vセレクションは特別仕様車!さらに充実した装備を備えます。「リモコンオートスライドドア」、「本革巻きステアリング」、「IRカットスーパーUVカットグリーンガラス」、「ピアノ調フィッシャー」、「15インチアルミホイール(X Vセレクションは14インチ)」

外観の違い

引用: http://car-moby.jp/wp-content/uploads/2017/03/161221-01-02-1200x900.jpg
デイズルークスの見た目に関わるグレードは、ベーシックタイプとハイウェイスターとに大別できます。
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/DAYZROOX/sp/dayzroox_XVS_top.jpg.ximg.l_12_m.smart.jpg
ハイウェイスターは、フロントエアロバンパー、サイドシルスポイラー、ルーフスポイラーを装着しベーシックタイプに比べ外観に凝ったカスタムモデルです。装備に関しては、ハイウェイスター「S」と「X」ともにベーシックタイプの「S」と「X」の違いと同様です。

装備にこだわるなら Gパッケージ

引用: https://ccsrpcml.carsensor.net/CSphoto/ml/803/796/U00015803796/U00015803796_14_001.jpg
ハイウェイスターXはSに比べ装備が充実していますが、更にこだわる方には 「オートライトシステム」「6スピーカー」など、より装備の充実した「Gパッケージ」がおすすめです。また15インチアルミホイールを採用し、足回りにも迫力を追加できます!
引用: http://www.ikkyu-land.gr.jp/img/dayzroox_rider.jpg
「ライダー」はハイウェイスターをベースに、主にエクステリアの仕様を変更したことで、見た目をとことん追求したモデルです。ライダー専用フロントグリル・バンパー、バックドアモール、エンブレムそして足回りには15インチアルミホイールと、こだわり抜いたライダー専用パーツの付加によって、究極のカッコ良さに仕上げられています。特にフロントマスクのデザインは溜息級のカッコ良さ!見た目にこだわる方に最適のグレードが「ライダー」です!!
引用: http://www.webcg.net/mwimgs/4/a/-/img_4a58907be69791890dc09db27cbf426b274629.jpg
ハイウェイスターにはターボモデルが展開されています。ターボエンジンの魅力はやはりその加速力です。軽自動車で高速道路をストレスなく走るには、ターボ付きのモデルが欲しいところです。ターボの安定した加速によって合流の際も不安になることはありません。高速道路の利用を前提とするなら、ターボモデルを選んでおいて損はないはずです。また、走る楽しさを求める方にもターボエンジンは人気です。
引用: https://www.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/dayzroox/1803/top/dayzroox_1803_top_001.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg
昨今人気のスーパーハイトワゴン。評価や装備、人気からもデイズルークスを選んで間違いなしといえそうです。快適なカーライフを実現させてください!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://www.get-u.com/commons/images/area/NI_S181_2.jpg