// FourM
Fdtxbju4z37ghl7xwhid

頻度

CATEGORY | 頻度

布団を干す/洗濯の時間や頻度の目安は?部屋干しでもいいの?

2018.05.26

布団を干す頻度は皆さんどのようにしていますか?布団を干す頻度の目安は存在するのですが、意外に知っている人は少ないです。今回は布団や布団カバーを干す頻度の目安やダニ・花粉を防ぐ洗濯や部屋干しなどの干し方についてご紹介したいと思います。

  1. 布団を干す頻度・目安はどのようにしている?
  2. 布団を洗濯・干す必要性はあるの?
  3. 布団を洗濯・干す必要性① 快適な睡眠環境を作る
  4. 布団を洗濯・干す必要性② 清潔な状態を作る
  5. 布団を洗濯・干す必要性③ ダニ対策
  6. 布団を洗濯・干す必要性④ 菌の繁殖を防ぐ
  7. 正しい布団の干し方は?
  8. 正しい布団の干し方① 昼前から昼過ぎまで
  9. 正しい布団の干し方② 両面干す
  10. 正しい布団の干し方③ カバーはつけたままが好ましい
  11. 正しい布団の干し方④ 布団はたたかない
  12. 布団を干すおすすめの目安・頻度はあるの?
  13. 布団を干すおすすめの目安・頻度は2週間から1か月
  14. 布団を干す目安・頻度は季節によっても変えて!
  15. 目安と頻度はいいけど部屋干しでもいい?
  16. 目安・頻度を参考に部屋干ししても大丈夫
  17. 目安や頻度のように布団を干せない場合はクリーニングもOK
  18. 【まとめ】目安や頻度をしっかりと把握して快適な睡眠環境を!
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71HPTQmgRnL._SL1500_.jpg
皆さんは布団を干す・洗濯はどのようにしていますか?ほとんどの人が一日の4分の1又は3分の1は布団に入っていると思いますが、この睡眠を行う際の布団はとても汚れやすいので、注意が必要です。今回はそのような布団を洗濯・干す頻度・目安についてご紹介したいと思います。

関連記事

引用: http://shuhunonayami-sukkiri.info/wp-content/uploads/2016/09/54ae969a25dcc4d97b51b4d25922f019_s.jpg
一人暮らしをしている人や、仕事や用事が忙しい人はなかなか布団を洗濯したり、干したりすることが難しいと感じる方も多いと思います。しかし、このような難しい環境下の方もできれば休み、休日の時に布団を干すだけでもいいので行うのが好ましいと言えます。まずは実際に布団を洗濯・干す必要性についてご紹介したいと思います。
引用: http://companyslave.com/wp-content/uploads/2016/04/160406.jpg
まず最初に挙げられる必要性・魅力は快適な睡眠環境を作れるという点です。多くの方が経験したことがあると思いますが、布団を洗濯して干した日の布団は優しく包まれるような雰囲気で優雅な気分になりやすいです。布団のふんわり具合が絶妙で快適な睡眠環境を作れるので疲れている体を休めるためにも必要と言えます。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/yourmystar-wp-production/relivers/wp-content/uploads/2017/08/DSC_7119.jpg
次に挙げられる必要性・魅力は清潔な状態を作れるという点です。普段ほとんどの人は布団に入って毎日寝ると思いますが、この寝た際にはやはり汗をかく人がほとんどです。その汗をかいたものを布団が吸収してくれるので、不衛生な状態ができてしまいます。そのため、できれば清潔な状態を作るためにも布団は洗濯、干したほうが好ましいです。
引用: http://futon-concierge.com/wp-content/uploads/2015/11/Dollarphotoclub_87178074.jpg
次に挙げられるのがダニ対策です。布団は洗濯したり、干したりしないとダニが繁殖してしまいます。ダニが繁殖した布団で寝たくないと考える人はほとんどだと思います。ダニが生息している布団で寝ないためにも布団は洗濯・干すようにしましょう。
引用: http://kbcbrand.info/wp-content/uploads/2018/04/huto1.jpg
布団を洗濯・干すことによって菌の繁殖を防ぐことができます。これは途中でもご紹介したように、人は汗をかくのでその汗を吸って布団に雑菌が繁殖した状態になってしまいやすいです。菌が繁殖した布団では寝たい人はいないと思いますので、菌の繁殖を防ぐためにも布団は干すようにしましょう。

関連記事

引用: http://www7a.biglobe.ne.jp/~marunaga/images/49671040440181.jpg
次は実際に布団の正しい干し方についてご紹介したいと思います。布団の正しい干し方を知るだけでも清潔な状態を作りやすいです。意外に知らない人も多いので、これからの布団干す際のご参考にしていただけたらと思います。
引用: http://www.idokaba.net/dcms_media/image/20150602-Seki-cover.jpg
まず最初にご紹介する正しい布団の干し方のポイントは昼前から昼過ぎまで干すという点です。これはなぜ昼前から昼過ぎまでなのかというと、他の時間帯にしてしまうと、湿気が出てその湿気を布団が吸収してしまいやすいです。そのため、湿気を吸わないためにも昼前から昼過ぎまでに布団を干すのが好ましいです。
引用: https://al-jabr.co.jp/wp/wp-content/uploads/2016/10/cd0a8b3cf4b56cf33bcab919c3720cc9.jpg
次にご紹介する正しい布団の干し方のポイントは両面を干すという点です。両面を干すという点は以外にしない人も多いのですが、より布団を綺麗で清潔な状態にしたい場合はやはり両面干すのが好ましいと言えます。両面を干す場合は布団干しシートなどを利用して両面干すのがおすすめです。
引用: https://d17uhz2kob7es4.cloudfront.net/images/pictures/images/000/005/173/pixta_33681197_S-thumb_480.jpg?1510731758
次にご紹介する正しい布団の干し方のポイントはカバーはつけたままが好ましいという点です。洗濯する際にカバーを外す人が多いと思いますが、布団を直接干すよりもカバーを付けて干すことによって布団の日焼けを防ぐことができます。カバーがお気に入りの場合はカバーは別で室内に干したのでも大丈夫です。
引用: https://assets.media-platform.com/roomie/dist/images/2018/03/roomie_myteiban0305_04.jpg
次にご紹介する正しい布団の干し方のポイントは布団はたたかないという点です。布団は昔は布団たたきなどで叩いていましたが、布団は極力叩かないほうがいいです。というのも、叩いてしまうとダニや埃が布団の内部まで行ってしまうので、逆効果になりやすいです。カバーをつけていてもたたかないようにしましょう。
引用: http://influenza-yobou.com/blog/wp-content/uploads/2016/05/356034-1-300x300.jpg
布団を干すポイント・魅力についてご紹介しましたが、次は布団を干す目安や頻度についてご紹介したいと思います。布団はあまり干す人がいないと思いますが、布団を干すおすすめの目安頻度は存在します。普段あまり意識したことなかった方はぜひご参考ください、
引用: https://d17uhz2kob7es4.cloudfront.net/images/pictures/images/000/005/082/pixta_27655042_S-thumb_480.jpg?1510464211
布団を干す頻度の目安にしていただきたいのが2週間から1か月程度です。頻度・期間だけを見ると結構頻繁に干しているように感じるかもしれませんが、特別何かをするわけではないので、布団を干す程度で大丈夫です。途中でもご紹介したように、休日などに布団を干す程度が好ましいです。
引用: http://img.travel.co.jp/images/ctg/tmb_season_all.jpg
布団の干す目安や頻度についてご紹介しましたが、やはり季節によって干す頻度は調節したほうが好ましいです。季節によって暑い時もあれば寒い時もあると思います。布団に入った際に汗をよくかくひとなどはできれば布団を干す回数を増やすのが好ましいと言えます。
引用: http://www.murauchi.com/MCJ/front/images/commodity/504/4905343012504.jpg
布団を干す頻度についてご紹介しましたが、部屋干しがいいのか外で干したほうがいいのか迷う場合もあると思います。次は部屋干しについて簡単にご紹介していきたいと思います。花粉症で悩んでいる方もぜひご参考いただけたらと思います。
引用: https://www.diy-mountain.com/wp-content/uploads/2016/12/IMG_1218-500x375.jpg
基本布団は外で干したほうが好ましいのですが、部屋干しにしても大丈夫です。部屋干しでも日が当たるところに干せば外で干すよりも殺菌効果がないにしても高い効果は出やすいです。布団を干すのは常に床に置いていると通気性が悪く、繁殖しやすいためで、部屋の中で布団干しなどを使って干すのが好ましいです。

部屋干しは花粉対策にも!

引用: https://img.ponparemall.net/imgmgr/57/00117657/01762810/03136_07.jpg
部屋干しの場合は先ほどもご紹介したように、布団干しを利用して干すことが多いのですが、外に干さない分花粉対策としても有効です。ダニや花粉をシャットアウトしてくれるので、花粉症がひどい方やダニが気になる方は部屋干しをするのもおすすめです。

部屋干ししないときの花粉対策はリセッシュがおすすめ

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81vyZSWU3VL._SL1500_.jpg
花粉で悩んでいる方は布団を干す際に上記の画像のリセッシュ 除菌EX プラスを使うのがおすすめです。リセッシュ 除菌EX プラスは花粉の侵入をしっかりとガードしてくれるので花粉対策にもなりやすいです。そのため、花粉に悩んでいる方はぜひこちらも合わせて使っていただけたらと思います。
リセッシュ 除菌EX プラス 消臭芳香剤 液体 プロテクトガード 本体 360ml
価格 ¥ 318
引用: http://ichikawa929.jp/wp-content/uploads/photo/bafter.jpg
カバーや布団が中々干せないと悩んでいる方はクリーニングに出すのもおすすめです。クリーニングに出すとふわふわな状態にしてくれるため、快適な睡眠を送ることが可能となります。クリーニングをすることによって清潔な状態で返ってくるのも魅力的です。
引用: https://nelture.com/media/wp-content/uploads/2018/04/%E3%80%8A%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E7%9B%A3%E4%BF%AE%E3%80%8B%E8%AA%B0%E3%82%82%E3%81%8C%E6%8A%B1%E3%81%88%E3%82%8B%E7%9D%A1%E7%9C%A0%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF%E3%82%92%E7%94%9F%E6%B4%BB%E3%81%AE%E5%B7%A5%E5%A4%AB%E3%81%A7%E5%AF%BE%E7%AD%96%EF%BC%81%E5%BF%AB%E7%9C%A0%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA%E3%82%82%E7%B4%B9%E4%BB%8B%EF%BC%810.jpg
今回は布団の干し方についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。布団を干すのはできれば実施したほうが好ましいです。部屋干しでも大丈夫なので、ぜひ休日など良い天気の日に布団を干していただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.nissen.co.jp/s/interior/HF16WI108/img/8000_12901stm_106.jpg