Vdeteftyswtlkyk6wtjr

CATEGORY | 車

車中泊用カーテンのおすすめは?100均アイテムで自作や代用も可能?

2018.05.25

旅行に行くと宿泊先がとれないことも。そんな時車中泊をすることを選択肢にいれてみては?その環境を整えるために必要になるのがカーテンですよね。そんなカーテンは、吸盤などの100均グッズで自作で代用することもできます。今回は車中泊におすすめのカーテンをご紹介!

  1. 車中泊のカーテンは100均で自作できる!おすすめの代用カーテン紹介!
  2. 車中泊のカーテンは100均で自作できる!吸盤などを使って作る代用カーテン
  3. 自作することもできる!車中泊に使う代用カーテン!①アーエル 車用カーテン CT401
  4. 自作することもできる!車中泊に使う代用カーテン!②カーメイト サンシェード LM29
  5. 自作することもできる!車中泊に使う代用カーテン!③ゼンポー 車用着脱簡単カーテン
  6. 自作することもできる!車中泊に使う代用カーテン!④ボンフォーム 車用 シャットカーテン
  7. 自作することもできる!車中泊に使う代用カーテン!⑤雅 仮眠カーテン アコーディオンタイプ
  8. カーテンも大事だけど、車中泊で心がけるおすすめポイント①安全
  9. カーテンも大事だけど、車中泊で心がけるおすすめポイント②快適さ
  10. カーテンも大事だけど、車中泊で心がけるおすすめポイント③温泉のようなリフレッシュ施設
  11. カーテンも大事だけど、車中泊で心がけるおすすめポイント④RVパーク
  12. 車中泊をするとなったときにカーテンを使用して環境を整えよう!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS4U8zt6l1gnwKpmCRmfvGncvA8TU0FZsx52Ne_qROKofSDaAkl
旅行に行くと、泊まる場所を取ることができないことも出てきますよね。そういったハプニングも旅行にはつきものではないでしょうか。そういったとき車中泊をするという選択にもなります。車中泊をするとなくと仮眠をすることも多いですよね。そういったときに環境を整えるために必要になるのが、カーテンです。カーテンは音の遮断、光を遮り、車内の温度も調整することもできます。こうして自分の環境を作るのも大事ですよね。今回はそんな車中泊におすすめのカーテンを紹介していきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSKUYEB-MqgzIJt3xeQlmRr7v5lqP7WvJs3SRs_vDUokvRRs7Jfag

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ3uskzUU8AicPENfL9KuVM3Ugk44jAV42Dyzy6W0YCfpiomHVuBw
車中泊用のカーテンは、100均のものを使っても大いに代用できます。ですので、今回はまず、100均で買えるものを使って、代用でき、自作する方法を紹介していきます。まず、100均で購入するものを紹介しましょう。遮光カーテン、カーテンレールの代用となるワイヤー、そして、取りつけるために使う吸盤とクリップです。それでは、100均のものでカーテンを自作していきましょう。まずは、ワイヤーを適当な長さに切って、端を折り曲げます。そして、天井部に隙間を作ることができるので、その部分に、吸盤とクリップを滑り込ませて引っ付けます。その後、ワイヤーの長さとクリップと吸盤で、調整をします。そのワイヤーにカーテンを取り付けると完成です。非常に簡単にできる自作の代用カーテンですよね。100均ですべて揃えることができるのでぜひ、チャレンジしてみてください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ7B9HMTF3AK7XEJ5bwMeKMO-XFbkf9s57SqwNOiAiBMU3npGpGKA

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSUoeEw_jITd6gRoxqRFM_0lRfXa1Yw1KHZX8AbJv_hNU6cnErC
ここからは100均問わずに、車中泊に使うことできるカーテンを紹介していきます。まず紹介するのがアーエル 車用カーテン CT401です。このカーテンは比較的大きめのものになっており、ミニバンにも設置することができます。吸盤を使って簡単に取り付けることができるので手軽さもありますよね。この遮光カーテンの特長は、UVカット率が99%なことです。外からも見えないですし、機能性もしっかりしています。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRXmLCdvRcmhOF3iDp54Lal2RlahpOU6s2JUcmUWHkig_Kmq7iLNw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQPeV7fzOwLZyVGJolPIYy2uJ8jb2GWaesn7LxTuOpJ-0EBLKwr
吸盤で設置することができる自作カーテンです。コードロックも必要になりますが、4つの吸盤があれば簡単に設置できるので手軽さもありますよね。こちらのカーテンもUVカット率は99%になります。また、これには収納ケースもついてくるので、使わないときのことも考えられていますよね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTUz31vXQa3i0sO503kitWtUGwR3-fOxo2gAkFA1xmg8Xe5m9gZ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRSSN9Dv4cknd8AK540jQR9aVG6o_ba5xkHANNy_LftBZEgfKYVEQ
非常に長さを持っているカーテンを紹介します。このカーテンは縦にも長さがあるので、フロントガラスから取り付けることで、光を遮断するものを自作することができます。こちらのカーテンは吸盤ではなく、フック式になっているため、こちらも簡単に取り外しすることが可能です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQW2cdnYeO5V7xRg8H-qWWjzNL7oDmyXJ86fnT73l7JMIpIbN4z3g
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTdQOckb6aQYf-1Fa_KEGgS9b3bWLxViT6axTexh6w0HodCZ4-tkw
ソリオで使用することができる代用のカーテンです。ピラーそれぞれに関具を使って、その部分位カーテンを装着することで使用することができます。このカーテンも非常に機能性が高いものになっており、車外は全く透けないで自分の世界に閉じこもることができます。また、2枚付いているカーテンなので、1枚はフロント用として、もう1枚をサイドの窓として使うことができるおんが用途に合わせて使うことができるのもメリットです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSTQxa84Hxpu4R3bL0dbtscbPExkA3FpuwcVdN65U5PPHvMiKoMYQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSfSDcDzV7zOrBMjxIlf95StJW3Ay00WXM8ZCASjzGU24aGffmxVQ
雅はトラック専門のメーカーになります。このトラック専門のメーカーが出しているカーテンのために、しっかりと遮光をしてくれるようにできています。また、アコーディオンのタイプになっているためにおしゃれにも周りから見せてくれるのもありがたいですよね。難熱も備えているために、車検にも対応しており、快適に過ごす環境を整えてくれるのは間違いないカーテンになっています。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQXt_oksPUCNGxT7TmID47u308_EjV3wLzKultfL3BSFXakc0A8
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ2bqBSXnE-_J7PA1-iPax0u6lfMXS4bn65m8NJ8sdchXniQutOjQ
自分の環境を整えるカーテンも大事ですが、車中泊をするとなると、自分の身がいったん無防備になります。そのためにも自分の車と自分の身がしっかりと安心して守ることができることが重要になります。道の駅は、だれにでも使うことができる場所になっているので、暴走族がその道の駅をたまり場として使っている可能性もあります。自分の身は自分で守る。自分の身の安全には最大限の配慮を持ち、トラブルに巻き込まれないようにすることが重要になります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT_G_OY6mzmam3zRrBDgs1uhgaKD4pC6rzCBK7_A5WSavhw_ugO
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRzvNNcGRD6eVEu_efXD-RAh0NXdl_RH2Kt-BvubnBfzhKyk_th
車中泊をする目的の一つは、自分がリラックスした状態でゆっくりと休息をとることができることですよね。そういった場合、自分の環境が快適で、自分に合った仮眠をとることできる状態を作ることが重要になってきます。ですので、まずは音が大事になります。音がうるさいと仮眠をとることができない人もいますよね。そして、明るさも大事になってきます。睡眠において、周りの明るさは、眠りを深くするためには重要なポイントになります。駐車場での寝泊りを考えた時に静かなのは、端のほうになります。しかし、安全におけるリスクを考えると、危ない場面もあるかもしれないので、その二つを天秤にかけて考える必要があります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS-_jwEAL9LqY_ulurTCo3Z2OPMhxFZtHVgxT75D9le5aPIyCAydA
リフレッシュすることができる場所として道の駅を使うことができると非常に休息場所としても、重宝しますよね。その点で、疲れを取ることを考えたときに温泉があると、体をきれいにすることもできます。そういった温泉のような入浴施設がある道の駅であれば、有効に使うことができる場所にもなることでしょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTlHPHfYs80qICY_Ah2PFGt3u3slAA6wzXdg_i44i--PcYzTySN
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRCqSM8OQYgH2uG9IxTNsUycPcn60Neq20A0KujUAS30E97DX6H
安心して車中泊ができるような施設もあります。その中の一つとして紹介したいのが、RVパークです。RVパークは、何かというと、一般社団法人が推進しているオートキャンプ場で、安全に快適に車中泊を禁止することなく使うことができる施設になっています。そのRVパークとしての認定基準は、24時間使うことができるトイレがあること、オートキャンプ場があること、100Vの電源を使用することができること、ごみ処理をすることができるようになっていること、余裕ある場所を確保し、スペースがきちんとあることのような車中泊をするための環境が整っている場所になります。道の駅の中でもRVパークの認定を受けている場所があります。ですので、RVパークに認定されている道の駅は車中泊は禁止されていないので、安心して使うことができます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQub7vSLuJ_U3ECjgzmEBfZc2UpHiRDyye33OlJYZ-CO-XA8wjWNw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQV_uPSKTnt6r8m7Gw8JrlRqHp7sGGCTZKt90T5TG3uYXIa68_1HA
車中泊において重要なのは自分がリラックスできることです。そういった環境を整えるのも自分の仕事の一つですよね。そういったリラックスした環境を整えるために必要になってくるのが、このカーテンです。カーテンは、100均のものでも自作できますし、ほかのものでも代用できることを紹介しました。ぜひ、自分がゆったりできる空間は自分にしかわからないので、積極的にカーテンを活用してゆっくりリフレッシュできる環境を整えてください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRRIL1dyblM7qKM3yxh1ZrfzsQGl9elEfwwQNHd-0YFGKkJIbaa5Q
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSVnz3dLruahC95yhjU4E6bxBkMgviJLM5XRuvfNMZ0TRhmjOABgQ