Bzw2yy95olbzae62ynbn

自転車

CATEGORY | 自転車

クロスバイクで安いおすすめメーカーは?軽量が街乗りや通学に◎

2018.05.25

クロスバイクはおしゃれで街乗り通学に最適な自転車ですが、何を基準に購入していいのか分からないと言う方におすすめの学生でも購入できる安いクロスバイクをご紹介します。安いクロスバイクでも軽量で品質の良いおすすめバイクはあります。そんな選び方やメーカーをご紹介!

  1. クロスバイクとは
  2. クロスバイクとロードバイクの違い
  3. 安いクロスバイクのおすすめの選び方①大きさ
  4. 安いクロスバイクのおすすめの選び方②フレーム
  5. 安いクロスバイクのおすすめの選び方③コンポーネント
  6. 安いクロスバイクのおすすめの選び方④メーカー保障の有無
  7. 安いクロスバイクのおすすめの選び方⑤タイヤ
  8. クロスバイクの楽しみ方①通学
  9. クロスバイクの楽しみ方②街乗り
  10. クロスバイクの楽しみ方③長距離サイクリング
  11. 安いクロスバイクおすすめメーカー①グラフィス(GRAPHIS)
  12. 安いクロスバイクおすすめメーカー②21Technology
  13. 安いクロスバイクおすすめメーカー③My Pallas
  14. まとめ
クロスバイクとはロードバイクと同じ自転車と思われている自転車ですが、ロードバイクとは全く違った自転車です。クロスバイクは前かがみの姿勢で操作しやすく握りやすいハンドルを使用します。また、幅の広いサイズのハンドルを使用したモデルが多くあり、高速走行時も安定したハンドリングが実現できます。タイヤサイズはロードバイクとは違いママチャリと呼ばれるシティサイクルに使用されているタイヤサイズに近い太さです。スピードはロードバイクのようにあまり早いものではありませんが、タイヤが太く安定した走行性能を持った自転車です。また、安定した走りが出来、シティサイクルよりも乗り心地が良く変速装置が付いているため長距離のサイクリングも楽しめる自転車となっています。近年は安定した走りにプラスロードバイクのようなスピードを楽しめるモデルやBMXのようなタイヤの太いモデルの自転車などは幅広いモデルがあります。

関連記事

引用: http://www.ikesho-n.jp/content/images/mypallas/products/m620n/IMG_7787.jpg
クロスバイクとロードバイクの違いを詳しくご紹介します。クロスバイクはハンドルがフラットで価格の安いロードバイクだと勘違いされることが多い自転車ですが、クロスバイクとロードバイクの違いは価格とハンドルだけではありません。クロスバイクとロードバイクの違いはハンドルです。ロードバイクはドロップ形と言われるドロップハンドルを使用した特長的なハンドルですが、クロスバイクはストレートでフラットなハンドルを使用しています。また、乗り心地もロードバイクはドロップハンドルを使用しているためかなり前かがみになった状態で乗りますが、クロスバイクは前かがみになりますが身体に負担のない程度で走行することができます。もうひとつの違いはタイヤ幅です。ロードバイクはスピードに特化したタイヤを使用していますが、クロスバイクは太目のタイヤで安定した走りを楽しむことが出来ます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4a/33/d7/4a33d7bb1e36f0705182bd87df9ab368.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/4c/1c/d6/4c1cd674ce64f844ae8a2fd12526d312.jpg
安いクロスバイクのおすすめの選び方は「大きさ」です。クロスバイクにはサイズがありメーカーによっても同じ数字表記でも乗った感じが全く違ったものとなっています。同じ26インチのクリスバイクでも足が付きやすいバイクと付きにくいバイク、ハンドルの届きやすいものから運転しにくいものまでもあります。クロスバイクを選ぶにあたって身長や足の長さによってクロスバイクを選ばなければなりません。クロスバイクなどは見た目がおしゃれなためおしゃれ重視で選ぶ方もいますが、乗りなれないバイクは危険です。メーカーによって何もかも違いますので購入時は実際に自転車屋さんに行き自転車に乗って見たり、ハンドルまでの長さサドルから地面などの高さなどあなたに合った自転車を見つけ出すことをおすすめします。あなたに合った大きさが1番安心して走行できる自転車です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/cb/e1/60/cbe160a7a3602dc689912f75b6bfd32b.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/8d/f0/7d8df08114a57c5d5e5c4df44d220edd.jpg
安いクロスバイクのおすすめの選び方は「フレーム」です。フレームはスチール・アルミ・カーボン・クロモリといわれる金属が使用されているのですが、フレームによって軽量されて物から丈夫なものまで違ったものとなります。軽量されたものを選ぶならアルミやスチールのフレームがおすすめです。この2つのフレームはかなり軽量化されたものなので初心者の方にはおすすめです。また価格が安く通学などに使用しようとしてる方にもおすすめです。丈夫さを重視するならクロモリです。クロモリはこの金属の中で1番言えるほど丈夫なものをなっています。ただし軽量化されていないので少し重たいフレームです。軽量・丈夫2つを兼ね備えたものがカーボンです。カーボンは軽量で丈夫なので走行するのに何も問題はないアイテムですが、かなり高価となっていますので、通学に使用しようとしている学生には厳しいものです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/69/5e/c1/695ec1cb472ef7fff25753ed6d1f4690.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/96/42/9c/96429cea24346168b0796b2fd380cbca.jpg
安いクロスバイクのおすすめの選び方は「コンポーネント」です。コンポーネントとは変速装置のことを言います。クロスバイクにはコンポーネントがかなり必要で需要なアイテムとなってきます。クロスバイクは基本標準で付いているものですが、コンポーネントの性能がいいほど走行性も良くなり快適な自転車走行が出来ます。ですが、性能の良いコンポーネントは10万円もするものが多くあり安いクロスバイク1台が購入できてしまえる金額のものもありますので基本的に安いクロスバイクを購入するならこだわる部分ではないかもしれません。ですが、コンポーネントのシェア率が80%のシマノ製のコンポーネントがおすすめです。シマノ製のコンポーネントは安い価格の物でもしっかりとした性能なので、安いクロスバイクでもシマノ製なら問題のない自転車です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/87/55/57/875557248d27ac25cb54f0fa3d2abe4b.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/c7/05/90/c705907774a79b4f19c8f2d50ecace73.jpg
安いクロスバイクのおすすめの選び方は「メーカー保障の有無」です。安い価格のクロスバイクは良い品質のものもありますが、品質のいまいちなクロスバイクも中にはります。長年使っていなくても壊れてしまったり破損してしまうケースが多くありますので、購入するときはメーカー保障のあるクロスバイクのご購入をおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c5/a1/c8/c5a1c82e6e047114ad15e815841a0f26.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/cf/7d/e5/cf7de5c14cd0c9d0e7e675644e16ebfc.jpg
安いクロスバイクのおすすめの選び方は「タイヤ」です。クロスバイクに使用されるタイヤはシティサイクルに使用されているタイヤに近い幅のサイズですが、近年スピードを重視した軽量化されたタイヤやBMXやマウンテンバイクのような太目のタイヤを使用しているクロスバイクもあります。乗り心地も全く違いますので、購入時は試乗したりお店で詳しいことを聞いてから購入することをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c0/be/89/c0be891d5c29ae1098c9f09b0e1d8268.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/e8/f1/bf/e8f1bf2a74a9a50f4cb49b9f5a669899.jpg
クロスバイクの楽しみ方は通学に使用することです。通学に使用する自転車としてはシティサイクルよりも操作しやすくおしゃれなデザインのバイクとなっています。通学にはおしゃれで操作性の良いクロスバイクはいかがでしょうか。通学は長い距離を走ることが多く片道2kmなど走って通学をしている方も多くいますが、シティサイクルよりも乗り心地が良く安定した走りが出来、疲れることが余りありません。通学に使用するのにおすすめのバイクです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fb/f4/d9/fbf4d93f4869853794cda4a31be8fc11.jpg
クロスバイクの楽しみ方は街乗りです。街乗りはちょっとした買い物やサイクリングなどが目的ですが、クロスバイクはそういった時でも乗りやすく安定性が良くおしゃれな街乗りに最適な自転車となっています。おしゃれなデザインで街乗りしても違和感のない自転車です。ロードバイクは近年流行で見ることがありますが、ロードバイクよりも目立たずおしゃれな街にあった自転車です。おしゃれな街乗りにおすすめの自転車です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c2/95/4f/c2954f9886fa9c74827f42a886efc78c.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/c9/ca/8bc9ca5eb978cabd57d0236f50f419c8.jpg
クロスバイクの楽しみ方は長距離のサイクリングです。長距離のサイクリングと言えばロードバイクとイメージする方も多いと思いますが、クロスバイクはロードバイクよりも乗り心地も良く疲れることなく長距離を走行することができます。また走行性能もコンポーネントが付いているため長距離の走行にも適し安定した走りをすることができます。街乗りだけでなく長距離のサイクリングもおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2f/c0/8d/2fc08d24f6914a0cf56ef7a1344342d4.jpg
安いクロスバイクおすすめメーカーは「グラフィス(GRAPHIS)」です。グラフィス(GRAPHIS)は平均価格が50,000円台のもが多くありますが、楽天ショッピングやamazonなどでは公式から20,000円台で購入できるものもあります。品質が良く丈夫なグラフィス(GRAPHIS)のクロスバイクにして見ませんか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71KMBcZmRyL._SX425_.jpg
引用: http://www.21technology.co.jp/images/corporatePhilosophy/img_main.jpg
安いクロスバイクおすすめメーカーは「21Technology」です。21Technologyの価格帯は20,000円以下のクロスバイクが多くあります。そしてカラーも充実していますので安くおしゃれなクロスバイクを楽しむことができます。安い価格のクロスバイクですがシマノ製のコンポーネントを使用した品質の良いクロスバイクです。
引用: https://image.rakuten.co.jp/21technology/cabinet/shohin01/goods/cl26/cl266_gr_sh.jpg
引用: http://www.ikesho-n.jp/content/images/mypallas/products/m620n/IMG_7582.jpg
安いクロスバイクおすすめメーカーは「My Pallas」です。My Pallasの価格は50,000円のクロスバイクが多くあります。コンポーネントにはシマノ製のものが使われておりブレーキにはVブレーキが使われているので走行性能には問題のないメーカーです。おしゃれなデザインも多くありますので、品質が良く走行性能もしっかりしたMy Pallasはいかがでしょうか。
引用: http://www.ikesho-n.jp/content/images/mypallas/products/m620n/IMG_7724.jpg
クロスバイクの選び方や楽しみ方おすすめのメーカーは参考になったでしょうか。クロスバイクは街乗りから通学長距離のサイクリングにも適した優秀な自転車です。自転車の購入に悩んでいる方にはクロスバイクがおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.cycling-ex.com/wp-content/uploads/2017/08/buyersguide_18_ESCAPE_RX_2_matt_orange.jpg