S0qaq41gihk0ngbd5ebm

自転車

CATEGORY | 自転車

自転車の空気圧の確認方法!ゲージの見方や適正な空気圧とは?

2018.05.25

自転車は気軽に乗ることができる乗り物としてよく使われています。しかし空気圧までしっかりと考えて、使用している方はごくまれだと思います。体重に合わせて自転車の空気圧を確認すると乗り心地も変わります。自転車の空気圧におけるゲージの確認方法や見方、単位を紹介します。

  1. 自転車の空気圧の単位やゲージの見方って?体重によっても変わるので確認!
  2. 自転車の空気圧の単位や見方って?確認しておくべきこと①タイヤごとの空気圧
  3. 自転車の空気圧の単位や見方って?確認しておくべきこと②単位
  4. 自転車の空気圧の単位や見方って?確認しておくべきこと③車種で決まらない
  5. 自転車の空気圧の単位や見方って?確認しておくべきこと④確認頻度
  6. 自転車の空気圧の見方って?体重によって適正が違う?
  7. 自転車の空気圧の見方って?それぞれの体重に合わせた空気圧を大事にする!
  8. 自転車の空気圧の見方って?空気圧を変えることで何が変わる?①タイヤの転がり
  9. 自転車の空気圧の見方って?空気圧を変えることで何が変わる?②乗り心地
  10. 自転車の空気圧の見方を覚え、日ごろからメンテナンスを忘れないようにしましょう
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQmlSOGFiDX8CkVsBC6CbSDrCOSIJf0HsHdkDALoMYkNdLceBeK
自転車は気軽に乗ることができる乗り物としてよく使われているかたもいいのではないでしょうか。しかし、その乗り物の空気圧までしっかりと考えて、使用している方はごくまれだと思います。自転車の空気圧をしっかり確認して、使っていくことで自転車の乗り心地も変わりますし、パンクをする可能性も変わってきます。自転車の空気圧におけるゲージの確認方法や見方について紹介していくのでしっかり確認してください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRiCrn-ilAapS9Yflq8Uov-3pCotT-fqEkRQe9W13IBUIymCLKxPA

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTWm7qbdZO-PzzYiaLes3p4AX9somr_SYkOceuWsec1BCJg17nmjg
自転車の空気圧ってどこにあるのかってご存知でしょうか。もしかすると一度も見たことがなくてゲージすらあることを知らないかたも多いのではないでしょうか。自転車の空気圧が書いてあるのはタイヤです。つまり、タイヤの種類によってゲージが違い、適性の空気圧が違うということです。主にどこで確認できるかというと、タイヤの側面に書いていることが多いです。タイヤの側面に空気圧のゲージが範囲指定になっている場合は、その範囲内で空気圧を設定し、上限が書いてある場合はその上限を超えないように空気圧を設定しましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSXkyk2prGoWdRqS5YYOgGrmG06SSX91yM66PbqxcTzD5zaH6YK
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSE5WRes2CfoFuPssy2a5Q5wqoN6OHuGF8BwLPM1-xGqPKhbHlw
実は、空気圧の単位ってそれぞれのメーカーや製品によって違うことをご存知でしょうか。何種類かある単位を紹介していきます。bar(読み:バール)、PSI(読み:プサイ)、kPa(読み:キロパスカル)と数多くあります。ほかの種類のタイヤと比べるときに単位が違うと、適正な空気圧の数値も変わってくると思われるのでその点にはケアをしながら確認していきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRXqOp7gDkyf5UwmE4Zr5GZxbITJWvAs6mV81iJM4DhtxyGx4R_Hw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTG1i0ZQhP_XUr45TH7OMkX4Fm5JJjgVnSGXXdnGA0ue4znQ5Mq
これは多くの人が勘違いしているポイントかもしれないので知っておきましょう。つまり、乗る自転車の車種によって、自転車の空気圧を決められていると考えられているのですが、実際は違うのです。どこで決まるのかといわれると、これは車種ではなくて、タイヤの種類になります。①で触れたとおり、来屋の種類によってくうきあつが 決まっているので、乗っている車種に使っている空気圧を参考にしていきましょう。また、同じように見えている車種でも、装着しているタイヤの種類や製品、メーカーが違うと適正の空気圧が変わってくるので、その点もしっかりとチェックするようにしましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSwEKAuXvMdFrNUxy1SxHgkjcyKW2WMvkph0ufdc367p9FdQySz
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSL-mU2id0igXMz0AaJ1gY2kE1ef-hiTusNaptv9zWg3JnUhOF5bA
自転車をただ乗っているだけにしている方は、空気圧を確認してメンテナンスするという習慣ってなかなかないのではないでしょうか。これは習慣にしておかないと、自転車がすぐにパンクして、乗ることができなくなります。ですので、それぞれの車種によってどれくらいの頻度で空気圧を確認したらよいのかについて紹介していきます。ママチャリは7日に1回、クロスバイクは、6日に1回、ミニベロは4日に1回、ロードバイクは、5日に1回を目安にして、確認してみてはいかがでしょう?このようなこまめな確認を行うことが、タイヤ本来の性能を発揮することになります。また、安全に自転車に乗ることができることにもつながりますよね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSMOt9LSjs4GXNcoOpCwm0MqI2-oRCBp7iU-DqvkCis0zOyx4Qs
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTnXvzHUWkI4mRwRbzBp9YnIhHIIW0vtLwI_Fzx3VkJj77K3gyB
体重は人それぞれに違うものがありますよね。ですので、適正体重に対して、適正な空気圧があるので、しっかりと確認しておきましょう。たとえば、Aさんの体重40キロ、Bさんの体重が60キロとします。40キロの体重のAさんにとって丁度良く、乗り心地がよいというときは、60キロの体重のBさんにとっては、その空気圧では柔らかすぎる結果になります。そうなると、タイヤの形が変形してしまいパンクする可能性が出てくるのです。逆に60キロの体重のBさんに合わせた空気圧をAさんが乗ってみるとどうなるでしょう。同じ空気圧とはいえど、タイヤからの振動を強く感じることになるでしょう。そうなるとお尻が痛くなり、乗っていられないということになります。このように体重によって違いがあるのですね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSthBJStqUK0xW37wurT-dU1-0hp5OfLcPnCeF0SjIrgX-E3cMC
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQDK3nGCmdjHKGASvCIIdeIGOYYxlpdO5h9U0VIUnTwrwv2lv8OZQ
自転車の空気圧が適正なものになっていたとしても、その自転車に乗る人の体重によって、自転車の乗り心地が大きく変わってしまうことについて触れました。わかりやすいたとえではなかったでしょうか。ですので、体重が軽い人は、より空気圧を低く設定すること、体重が重い人は空気圧を高く設定して、自分の体重に合わせていくようにしましょう。自分に合った自転車を乗ることが重要ですので、そういったケアを知っておくことも重要ですよね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQKoBPJ6bZULE2P8E6nGRFctSRszvlIJf9CTb7HBJXLBT2FrcyLrg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT_RWJEvrw_3ncDDXSCCOZDPh3a1lf1Yyp6T_D6NfYNzkfQpbrlyg
適正の範囲内で空気圧を変えることができるときは、どういった空気圧を選択していけばよいのでしょうか。このとき注意するべきなのは、適性の範囲内で空気圧を変更するのはよいが決して、範囲以上の空気圧に変えていかないようにしていくことです。空気圧を範囲外に設定してしまうと、タイヤの中で空気がパンパンになってしまい、パンクにつながってしまうことになったり、逆に空気圧が低すぎるとタイヤが大きく変形してしまうことになります。では、空気圧を変えることで変わるタイヤの転がりについてみていきましょう。もし、タイヤの転がりをよくして、スピードアップを図っていきたいのであれば、タイヤの空気圧を高く設定していきましょう。そうすると、タイヤ自身は硬くなり、変形が少なくなります。そのため結果的にはタイヤがよく転がるようになり、自転車のスタートの加速やが簡単にできるようになったりします。しかし、設置面積が減るというデメリットもあるので、その点に関してはスリップの可能性があることも懸念しておきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTjwb_AZbiMysb55YThxnsm6znW_OVtLqepjTH__XMoVJ3nkWSJ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSoNCMU1P5n5eyC1XMj3nuFlUHqq1CNkisB2IYJBzFza6Rxx5wP
先ほどは、自転車のタイヤの転がりをよくするためには空気圧をどうすればよいのかについて紹介しました。続いては自転車の乗り心地をよくするには空気圧をどうすればよいのかについて紹介していきます。乗り心地を考えたときは、空気圧を低く設定することをおすすめします。そうすると、タイヤが柔らかくなり、地面から来る衝撃を吸収してくれます。そして、空気圧が同じでもより振動を抑えようと思うと、タイヤが太いものを選択するとより衝撃吸収率は高くなりますよね。それに対して、空気圧を下げてしまうと、転がりがわるくなるデメリットもあります。タイヤの変形率も上がります。そのため、タイヤの形が変わってしまうので、パンクの可能性も上がってしまいます。もう一つ注意しておくことが、タイヤの空気圧が上限しか表示されていないものがあるということです。この場合、タイヤが変形しないレベルの空気圧が下限と思っておくとよいでしょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRQ1b2055q2mYVnTdBdUM0NirK8604TvrP67KTL8FXd_gacoAahaA

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ6qeUbWPUiR6P6zUZOD4FtPstrRCVjhrw79UgUVs14fQXSC2uN
自転車も自動車の種類に入ります。そのため、死亡事故もありますし、事故もあります。その原因が、日ごろの自転車のメンテナンス不足であると、悔やんでも悔やみきれないですよね。自転車の空気圧は、自転車を乗る人としては、必ずと言っていいほど確認してほしいものです。今回、体重による適性の違いなどを紹介してきました。そういった細かい自転車への愛が、よりサイクリングを楽しむことができることにつながります。ぜひ、メンテナンスをしっかり行って、サイクリングをより楽しんでいきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRaaNJtN9TNs8TPGIoi6BPU-g0d79UO_TG73O6XuCEEk0M0VsO-
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ_ZlJi8ZyBHUZqT89g1fssqbmFGqyWMyHd5YfYhMvyL0L1FkTjJg