Wt7ibs2u10kguk9nezmk

素材・パターン

CATEGORY | 素材・パターン

ウールとは?素材雨の特性・特徴や毛との生地の違いを徹底解説!

2018.05.28

あなたは、ウールとはどのような素材なのか知っていますか?色々なところで使われているウールですが、意外にどのようなものか知らないい人も多くいるのでは?そこで今回この記事では、「ウールとは?素材雨の特性・特徴や毛との生地の違いを徹底解説!」していきます。

  1. ウールとはどのような素材なのか!?
  2. ウールとはどのような特徴・特性の生地になるのだろうか?①メリットについて
  3. ウールとはどのような特徴・特性の生地になるのだろうか?②デメリットについて
  4. ウールとはどのような特徴・特性の生地になるのだろうか?③エコである
  5. ウールとはどのような特徴・特性の生地になるのだろうか?④繊維とは
  6. ウールとはどのような特徴・特性の生地になるのだろうか?⑤長さは
  7. ウールとはどのような特徴・特性の生地になるのだろうか?⑥用途について
  8. ウールとはどのような特徴・特性の生地になるのだろうか?⑦公定水分率
  9. ウールとはどのような特徴・特性の生地になるのだろうか?⑧耐熱
  10. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71zW80sA93L._SX679_.jpg
それではまず、ウールの素材とはどのようなものなのか見ていきましょう。洋服等に使われる素材といえば、色々出てくると思いますが、その中でも有名なのはウール素材が最初に頭に浮かぶ人も多いことでしょう!ウールと一言で行っても色々なバリエーションがあり、ものによっては高級品扱いになっているものまで存在します。ウールの存在を表すものに、ウールマークと言うものがあります。実はこれ、色々なタイプがあるんですよ!そもそもウールマークとは、質の良いウールにのみ表示が許されるもので、3つに分類することができるのです。その3つの例をあげますと、新毛100%、新毛の混率が50%以上、新毛30~50%混率これらの3つになります。しかもこのウールマークの表しているところは、再生のウールではなく新規で作られたウールであることも同時に表しているのです。品質を考える際に、これがあるかないかはとても大事ですよね。気になる点は、ウールと毛の表示って何が違うのでしょうか? これは簡単で、ウールは羊毛、毛というのは、羊毛やカシミアやアルパカと行ったものになります。毛100%というものは、化学繊維とは違って、毛素材が全て入っていることを表しております。大抵の場合は、化学繊維そして何らかの毛が混合されている洋服がほとんどでありますが、100%という表示がある場合は、毛やウールからしか作られていないことになるので、知識として覚えておきましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71t%2BjKX5B-L._UY445_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71QNO-bnZ0L._SX385_.jpg
さて、ここからはウールとはどのような特徴・特性の生地について話をしていきます。最初はメリットについて紹介をしていきます。まずウールのメリットについてあげられることは、冬はあったかくて夏はひんやりとする点になります。夏でも冬でもメリットを感じられるのが、オールシーズン使える強みですよね!さらには型崩れがしにくかったり、シワなんかにもなりにくいとった、汚れ等々にも耐性がある家庭に優しい素材となっているんですよ!すごいですよね!また、それ以外にも、保温性や伸縮性にも飛んでいます。それ以外にも、ウールの素材は、撥水性にも優れており、汚れを跳ねやすいメリットもあります。梅雨時に心配になる雨や水滴、泥等々を跳ね返すことができるメリットも兼ね備えているのです。先ほども紹介をしましたが、夏には涼しくできるのは、湿気の吸収が優れているため、蒸発を即すことができ、気化熱を奪うため涼しくすることができるのです。これも先ほど紹介をしましたが、型崩れについては、弾力性がすぐているため、型崩れやシワになりにくいのです。
引用: https://i.pinimg.com/originals/97/ec/6c/97ec6c885959603f2f0a3d612e6b7547.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71iNpSRnIML._SX522_.jpg
続いてはウール素材のデメリットについて見ていきましょう。まず最初にあげられるのが、悩ましい毛玉についてです。結論から言うと、非常に毛玉ができやすい素材になるのがウールの繊維なのです、ウールの素材は、髪みたいにうろこみたいな形をしているので、そのウロコの隙間が絡み合って、最終的に毛玉になると言うことですね。またそれ以外に悩ましい問題として、縮みやフェルト状の問題があります。これは素材の特徴として、濡れてしまうと、スケールが絡んでしまし、それが最終的にフェルト状になる原因となるのです。そのため、ウールの素材は、洗濯について神経質になる必要があります。水の扱い方一つとっても、細心の注意を払って行わなければ、すぐにウール素材がダメになってしまうので、扱いには気をつけましょう。また、宿命とも言える虫食いにも注意が必要となってきます。虫は毛も関係なく食べてしまいます。化学繊維ならそのようなことは全くないのですが、天然物由来のものはどうしても虫のターゲットになりやすいので、虫食い対策も必須になります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61CX6WIDmfL._SX385_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81XZkur0cuL._UX342_.jpg
続いては、ウールとはどのような特徴・特性の生地のエコについて見ていきましょう。先ほども話した通りですが、ウールの素材は、羊から取ることができます。そのため自然環境への与えるダメージが少なく、さらにその特性から夏は涼しく冬は暖かくできるメリットを備えております。また、様々なものに加工することもできるので、非常に汎用性にも優れているのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/718B3Z26uzL._SX385_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Al8wAVP5L._SX395_.jpg
続いては、ウールとはどのような特徴・特性の生地の繊維について見ていきましょう。ウール素材の繊維は、キューティクルとスケールと呼ばれるウロコみたいな形になっております。これは人間の髪の毛と同じような構造ですよね。先ほどデメリットでも紹介をしましたが、そのせいでウロコ状の隙間が引っかかり毛玉ができやすいと話をしました。また、それ以外にもフェルト化してしまう恐れも十分あるので、全てはキューティクルが互いにこんがらがってしまった結果と言えるでしょう。注意が必要になるのは、アルカリ性洗剤や石鹸を使ってしまうと、そのキューティクル現象が加速させる恐れがあることですね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71XMPYb9FVL._SX385_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61NIInRRYlL._SX385_.jpg
続いては、ウールとはどのような特徴・特性の生地の長さについて見ていきましょう。あまり意識することはないと思いますが、太さをにはメートルを使っております。標準重量 1,000グラムで、標準長 1,000メートルを1番手と表現しております。ウールに限ったことではないのですが、基本的に毛は短繊維が多いのです。紡績によって糸になになります。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/617g6MPoa3L._SX342_QL70_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81vPNRf2kYL._SX385_.jpg
続いては、ウールとはどのような特徴・特性の生地の用途について見ていきましょう。もうご存知かもしれませんが、ウール素材がよく使われるのは、セーター・スーツといったような衣服にも使われますし、織物、敷物、毛布等々様々なものに広く使われているのです。それ以外にも、ブラシといったものにも使われており、、天然素材のため様々なところで高い汎用性を発揮している、素晴らしい素材がウールと言えます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61xk62erwNL._UX522_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71DE7EIFgDL._SX385_.jpg
続いては、ウールとはどのような特徴・特性の生地の公定水分率について見ていきましょう。あまり聞きなれない言葉ではありますが、繊維にどれくらいの水分量になるのか繊維ごとに決めているのがこの公定水分率になるのです。例えば衣服やロープ等については、公定水分率が繊維自体のもつ吸水性能を見るための一つの参考にすることができるのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61cIa9I-ckL._SX385_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AGEiSOX%2BL._SY445_.jpg
最後になりますが、ウールとはどのような特徴・特性の耐熱について見ていきましょう。意外かもしれませんが、ウールの素材は実はそんなに熱に強くはないのです。なぜならウールはタンパク質で構成されているため、これは熱にあまり強いとはいいずらいものなのです。なので、熱に強いと思い込んで安易に乾燥機等にかけると、ウールを痛めることにも繋がります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/7112fooZ44L._SY445_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71zxS1Hht5L._SX385_.jpg
いかがでしたでしょうか?以上が今回の記事、「ウールとは?素材雨の特性・特徴や毛との生地の違いを徹底解説!」になります。ウール素材はよく耳にすることがあると思いますが、その実態を知らない人が多くありましたよね。これらを気をつけてウール素材を使いこなしましょう。
引用: https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/918rGZaaxtL._UX342_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91jOXfveMLL._UX385_.jpg