Duryv28usyiomrtk5q51

おすすめ

CATEGORY | おすすめ

リネンのシーツで快眠を!洗濯の注意から古いものは手作りカーテンに!

2018.05.25

眠りの環境を整えたい人におすすめなのが、リネンのシーツです。衛生的にもしっかりしているのがリネンのシーツには、様々なメリットがあります。今回は春夏秋冬季節を問わず、シーツはもちろんカーテンにも使えるリンネの洗濯の方法や手作りアイテムについてご紹介します。

  1. リネンのシーツは快適!洗濯などの注意点を抑えてつかいこなそう!
  2. 手作りカーテンやシーツに使うことができるリネンの良いところをチェック①吸収性
  3. 手作りカーテンやシーツに使うことができるリネンの良いところをチェック②抗菌性
  4. 手作りカーテンやシーツに使うことができるリネンの良いところをチェック③ひんやり感
  5. 手作りカーテンやシーツに使うことができるリネンの良いところをチェック④コシ
  6. 手作りカーテンやシーツに使うことができるリネンの良いところをチェック⑤丈夫
  7. 無印のおすすめのリネンシーツ①麻平織ボックスシーツ
  8. 無印のおすすめのリネンシーツ②麻平織ボックスシーツ・SD無印
  9. リネンのシーツを手作りでカーテンに変える方法は?
  10. 冬でも快適な眠りを!リネンのシーツの洗濯の仕方①中性洗剤
  11. 冬でも快適な眠りを!リネンのシーツの洗濯の仕方②水、もしくはぬるま湯で
  12. 冬でも快適な眠りを!リネンのシーツの洗濯の仕方③脱水をしない
  13. 冬でも快適な眠りを!リネンのシーツの洗濯の仕方④日陰
  14. 冬でも快適な眠りを!リネンのシーツの洗濯の仕方⑤アイロンがけ
  15. 冬でもリネンのシーツを使って快適な眠りを!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRSn9CKeYlnbaildK_lqrpqVrjxMzjVpa_ZfpQcmg3NcZITceDo
人にとって必要な生活活動において、睡眠は切っては切り離せない関係にありますよね。ですので、その眠りの環境をっとの得たいと考えるのは当然の価値観だと思われます。そんなときにおすすめなのが、リネンのシーツです。衛生的にもしっかりしているのが、リネンのシーツですが、ほかにも様々なメリットがあります。人間とリネンの歴史は非常に長いもので、今までも様々な使い方をされてきました。今回はそんなリネンについてシーツはもちろんカーテンにも使えることを紹介していきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQv7UuTx91bl1gvPeu9i6jDPHqAJDlwp7zYqwBePAyi4YhmXCpK7Q

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRyuZ8BalIx6NToJf0YLg-qhsACzJow07KaC6ta5JsdOAkkNhr0
人間は寝ているときに冬であっても自然と汗をかいてしまっています。朝起きたら、のどが渇いていることが多いと感じることもあると思いますが、それは寝ているときには水分を体外に発汗していることが理由になっています。そんあときにリネンは汗をしっかりと吸収する吸水性が高いです。素早く汗を吸い取ってくれるので、寝ているときに汗でさらに体温を低下させることを防ぐことができます。また、蒸れ感も少ないので爽やかな使用感を得ることができるのもメリットです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRdxKJEApY-IPdsRIKH_XX4PjptDMs8nBp_-XNsXPjWqc_XuM4T
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSv33i4cNdBq-Je9VXx0XV0QgLJv3tqPziNddAVxo3o0Ih2Hrug
ただ、汗を吸収することに優れていても、そのまま金が繁殖してしまい、シーツに菌が残ったままだと使いたくないですよね。しかし、リネンは抗菌性が高い素材になっています。リネンのシーツは乾きやすいのが特徴です。乾きやすいということは、菌をが繁殖するまえに乾いてしまうということになります。抗菌性も寝具の素材を選らぶときには重要なポイントになります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQUtLB9_pkNirtAU3dAH4TdwPiNTt5JSopMBVT_G73blKmpTO2dqQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTlcT09dk8AFODKp-wJy2dv7rw4vTtXOa7oKDclbQbFMUGwdRHbqw
寝心地が良いことは、寝るときに重視する大きなポイントですよね。その点においてリネンはひんやり感を体感で与えることができます。リネンは熱伝導性が高いため、体の熱を自然に奪ってくれるのが特徴になっています。そのため、寝ているときに涼しい寝心地を与えてくれるのです。寝心地を重視したいかたにはとくにおすすめの素材です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRQRTGSUlDCPFcrfBBuNNcKQ5i93NEj0F5cMZn546Z4GFo9JETfow
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTE-YvJLDLOH-dAQ-bRR9Bk6GZk9f6hoAu4aNIN_iVAGtRXYa2q
冬であっても寝ているときに汗をかいてしまうことは先ほども触れてきました。そんなときにリネンは、抗菌作用が炊きあことに触れたのですが、リネンのよいところはそれだけではありません。リネンの素材にはコシがあるため、汗をかいたとしても肌に張り付かないというメリットがあります。汗をかいたときにそのままシーツが自分位に張り付いて鬱陶しいという気持ちになったことはありませんか?そんなときにリネンであれば、肌に張り付かないため、快適に寝ることができます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTr8poQ-wbf1NAMahrwyKc6liDclaoKu2WmIzFMroNeSs5ty5nv
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTE-YvJLDLOH-dAQ-bRR9Bk6GZk9f6hoAu4aNIN_iVAGtRXYa2q
これだけメリットがあると、その素材自体が弱いのではないかと思われる方もいるのではないでしょうか?しかし、リネンという素材は、そんなことありません。素材の繊維がしっかりしており、丈夫なため長い期間使うことができます。古くなったリネンは手作りでカーテンに作り変えることができるなど丈夫だからこそできることがあるのがリネンです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS1WabVorZvDkz3e6PMcKdtNj7xislhX4RU1KM4XJrkM9DpbxF4
引用: https://img.muji.net/img/item/4550002425340_1260.jpg
リネンの売りを説明してきましたが具体的におすすめの無印のリネンのシーツを紹介します。使えば使うほどにやわらかさが増すように作られているため非常に使い心地も良さそうですよね。また、無印だからこし値段はお手頃です。吸湿性がしっかりしており、無印だからこそできるコスパを誇っています。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSvzsbmSxHZ6P23rl-1L1tGARVEWXBWmb9DTi7qOv8vpVnirue4SQ
麻の中でも最高級のリネンを使用している無印のシーツをもう一つ紹介します。この無印のリネンシーツは、繊維のなかに空気を持っているため、あたたかみを与えてくれます。冬のような寒い季節にはぜひ試してみたいですよね。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRQru2Y--7DZ4cn6ueflAZyPXqodonBbKlm9Cus3qWnuRjjSZiUww
リネンのシーツを長く使ったとしてもほかのも使い道があるなら使いたいですよね。そんなときにおすすめなのが手作りカーテンです。ですので手作りカーテンの作り方を紹介していきましょう。用意するのはリネンのシーツ、ハトメ(真ちゅう製、内径約7mm) 6~8個、フック6~8個になります。まず、取り付ける窓の大きさと床までの距離を考えて、長さを決めましょう。そして、ハトメをつける間隔を決めながら折り目でしるしをつけます。続いてその決めた位置にハトメを置き、鉛筆でしるしをつけ。ハトメをスムーズにはめるためにしるしのつけた場所に切り込みをハサミでいれます。切り込みを入れた場所にハトメパンチを使ってハトメを付けると感性です。非常に手作りで簡単にできるので、おすすめの使い方です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS8Q_oiIN5Wg0pXGYoBA-tblv9hC3QKlUnpDLUrM7IFaNXad-MyJQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTlCooiW-aIuCl5kCnmQVRUtLAD5zTwEFg1W2HPWjkZCDMG21mzLg
リネンの洗濯には注意していただきたいのは洗剤の種類です。リネンは洗濯したときに縮みやすいという特徴があります。そういったときにより素材に影響を与えないためにも中性洗剤を使うことを大事にしていただきたいです。もし、アルカリ性で洗濯を行ってしまうと、素材に影響を与えてしまい、色落ちをしてしまう可能性があります。風合いを維持するためにも中性洗剤を使うことはおすすめです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRtlBdJuHHIw_jPDEKwfIYGK3q-XVjDggKP1eo3w9dNsdtNrIxBkQ
リネンは先ほども触れたとおり繊維が縮みやすい素材になります。ですので、もし仮に温度の高い水を使って洗濯をしてしまうと、繊維の縮みをより大きくしてしまいます。そのため、水やぬるま湯で洗うようにしましょう。温度の目安としては30℃以下で洗うことをおすすめします。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSg51kO2uR9koemkHwOsOZQnIgRZHDKDdxItk5S93xS5yMJWaUzNQ
リネンの特長としてあげられうのが、しわがつきやすいという点です。リネンは素材自体は強いことに触れました。素材自体は強いのですが、その分素材の繊維同士が強く引っ張りある特徴があるためしわになりやすいのです。そして、選択の工程で一番しわになる原因になるのが脱水をするタイミングです。水につけると繊維はゆるくなります。そして、その後の脱水の作業で気を抜いてしまうと、絞りジワがついてしまうことになります。リネンには速乾性が高いという良いところがあります。ですので、脱水をしなくても乾かすことができるので、軽く絞るくらいにして自然乾燥をさせましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRpaWcliZIlm-s9H5k0BJMtIIFEmn-FhTjplL7cHNWTwBxu-PPRHQ
リネンには太陽に弱いという特徴があります。もし、太陽に当て続けると、素材の生地が焼けてしまう可能性があるので、その点はさけたいですよね。ですので、リネンを干すときは、日陰で干すか部屋干しで乾かすようにしましょう。
しわがつかないように気をつけてはいても、なかなかしわをゼロにするというのは難しいものがありますよね。そんなときにアイロンがけでしわをなくしていくことができます。具体的にはリネンをアイロンがけするときに、しわの部分に多めに霧吹きで水をかけます。その部分を水でゆるくし、アイロンをかけることで、さらにしわが伸びてくれます。アイロンがけをするということは、水がお湯に変わるイメージでアイロンをかけることができる感じです。ですので、より水よりもしわがなくなります。

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQbQ9I3ZzlkcBYEFpJojJxuH9Y85KCIx59QbRLcZIk8U08RVBuxZg
リネンのシーツは使用感について考えてみると多くのメリットがあることがわかったのではないでしょうか。寝心地がよく、抗菌性も高いというのは非常に使い勝手が高い素材ですよね。ただ、洗濯をするときには注意が必要といえそうです。繊維の問題で扱いを丁寧にして、洗濯をすることをおすすめします。しかし、洗濯の仕方さえ間違えなければ、非常に使いやすい素材だと思われるので非常におすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQmvxmGe4dFAh3Sb9-qb0QvsOsdoljK1d7Ah_qYURxnjxiUog-n