Ar1ukuuwdvk0zdjpdhgj

背中

CATEGORY | 背中

寝ながらストレッチでダイエットを。肩甲骨・背中に効く柔軟は?

2018.05.22

寝ながらストレッチでダイエットが出来るのです。ストレッチには効果的な時間やストレッチする場所よって効き目が違ってきます。そこで、寝ながら背中や肩甲骨のストレッチ、太ももダイエット方法などをご紹介していきます。ストレッチには柔軟さを持って行いましょう。

  1. 寝ながらするダイエット効果のあるストレッチ①ストレッチ時間によって効果がある~肩甲骨・太もも・背中~
  2. 寝ながらするダイエット効果のあるストレッチ②激しい運動は避ける~肩甲骨・太もも・背中~
  3. 寝ながらするダイエット効果のあるストレッチ③コリや筋肉の痛みを解消する~肩甲骨・太もも・背中~
  4. 寝ながら行えるダイエットストレッチのメリット①継続しやすい~肩甲骨・太もも・背中~
  5. 寝ながら行えるダイエットストレッチのメリット②フォームの安定~肩甲骨・太もも・背中~
  6. 寝ながら行えるダイエットストレッチのメリット③リラックして行える~肩甲骨・太もも・背中~
  7. 寝ながら行えるダイエットストレッチ①両膝抱えストレッチ~肩甲骨・太もも・背中~
  8. 寝ながら行えるダイエットストレッチ②腰ストレッチ~肩甲骨・太もも・背中~
  9. 寝ながら行えるダイエットストレッチ③太ももストレッチ~肩甲骨・太もも・背中~
  10. 【ダイエット】太ももをストレッチさせるメリット①お尻が引き締まる~肩甲骨・太もも・背中~
  11. 【ダイエット】太ももをストレッチさせるメリット②痩せやすい体質作り~肩甲骨・太もも・背中~
  12. 【ダイエット】太ももをストレッチさせるメリット③スタイルがよくなる~肩甲骨・太もも・背中~
  13. まとめ~寝ながらストレッチでダイエットを。肩甲骨・背中に効く柔軟~
引用: https://i.pinimg.com/564x/93/68/33/936833c8b927501693b79ffc882cc7eb.jpg
ストレッチは時間帯やするタイミングによって効果が違ってきます。効果の現れる時間帯は朝起きた時、お風呂上り、寝る前などが1番いいとされています。朝起きたときは無理のない程度に寝て起きて身体が固まった筋肉をほぐすようにゆっくりと行いましょう。寝起きに無理をすると身体事態まだ起きていないので身体を痛める可能性があります。朝起きとストレッチを行うと柔軟性が生まれ日中身体が動きやすくなります。お風呂上りに行うと身体が柔軟でストレッチ効果も上がります。夜は寝る前の10分前から30分前に行うようにしましょう。寝る前に行うことで体の血中が巡り身体が暖かくなり柔軟になります。そうなることで良い睡眠をとることが出来ます。お風呂上りにストレッチを行い身体が温かいまま睡眠をとると尚良いから作りになります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/f4/78/d4f478e636ae4cbd3520c231e7b650b8.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/7f/5f/95/7f5f95e4e24e47f9c07a3a17e0cf13f2.jpg
寝ながら行うストレッチは激しい運動は避けましょう。寝ながら行うストレッチは上記でご紹介しましたとおり、朝起きたときか寝る前の時間帯がベストとご紹介しましたが、激しい運動を行うことで良い効果は生まれません。朝起きたときに激しく行うことで身体を痛めるケースが多いので避けましょう。夜寝る前などに激しくストレッチなどを行うと自律神経を乱しリラックス効果がない状態で睡眠の質を下げることにもなりますのでストレッチは激しく行わないようにしましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ef/47/3f/ef473fec0cb9130ecff09756438a3b5d.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/45/52/37/4552376d0c71b4bcbe59d640c6a2ce2e.jpg
寝ながらすする効果のあるストレッチは「コリや筋肉の痛みを解消する」方法です。コリや痛みを解消するのはストレッチをすることで解消されますが、ストレッチを行う前にコリや筋肉の痛みを解消しておけばストレッチの効果も上がります。コリや痛みを解消するために行うと言う方もいますがストレッチの効果を上げ柔軟性を持つことで体をリラックッス落ち着かせダイエット効果にも繋がります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/07/95/29/07952978a239df32f3123c01b30ac52b.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/97/b9/d497b94aa68bc3560bbd970739f24c2b.jpg
寝ながら行うストレッチにはメリットがあります。そのメリットは「継続しやすい」ことです。寝ながら行うストレッチはベッドなどで行うためわざわざストレッチマットなど敷くという手間がないため気が向いたときに行うことが出来ます。また、落ち着いた空間で行えるためリラックス効果もあり継続して行うことが出来ます。日頃からアアリ行わないストレッチなどは継続することが難しく三日坊主になりがちなこともあります。三日坊主にもならないためにもストレッチ初心者の方は寝ながら行うことをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/61/3f/e5/613fe50dbd1ef2ef6b4d92fa83d73bd1.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/31/8d/87/318d87fa304334cfb4ffd275137906d7.jpg
寝ながら行うことで生まれるメリットは「安定したフォーム」が取りやすいことです。初心者の方はバランス力もあまりなく転倒などを防ぐために少しフォームが崩れてしまったりすることがあります。また、体の一定のところに力が集中するためぶれやすくなっています。そうすることでファームが崩れますと効果のあまりないただ身体を伸ばしているだけの運動となるため効果は期待できません。なので、ストレッチを行うときは寝転んだ状態で出来るストレッチがおすすめです。特に初心者の方におすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ca/a5/a1/caa5a1cc9e31eb1de2d337273fd17846.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/dc/b0/24/dcb0240f0905c318ca8ec300ae7de4bf.jpg
寝ながら行うストレッチのメリットは「リラックスして行える」ことです。ストレッチは時間を決めて行うのが基本であり時間をかけてゆっくり行うのが効果のあるストレッチ方法なので、どうしても仕事や学業に追われているとなかなか落ち着いて行うことが出来ず三日坊主で終わってしまったりしえしまいます。寝ながら行うストレッチは朝起きたときや寝る10分前ぁらおこなうことが出来ますので、落ち着いた空間で時間に追われることなくリラックスした状態でストレッチが出来ます。ストレッチはリラックした空間で時間をかけゆっくりと行うことが効果を出せるポイントです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fd/a8/c9/fda8c9ab26f192728e65e1bc7ce9d52c.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/2e/d6/70/2ed6702cb73b0326bb086bce75c94042.jpg
寝ながら行えるおすすめのストレッチは「両膝抱えストレッチ」です。両膝抱えストレッチは仰向けになった状態で両膝を両手で抱えた状態で行うストレッチです。両膝抱えストレッチは膝を抱えるため背中や腰を柔軟に伸ばすことができます。また固まりやすい肩甲骨などもしっかり伸ばし柔軟に出来るため肩こり屋腰が弱っている方におすすめのストレッチ方法です。デスクワークなど行っている方は特に知らず知らずの内に背中や腰、肩甲骨などがこりやすくなっているため効果的なストレッチ方法です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/59/94/db/5994db97b306399a20e03f53644eeeb1.jpg
寝ながら行えるおすすめのストレッチは「腰ストレッチ」です。腰ストレッチは右ひざを曲げ左手で右ひざを支えるようにもち左側にゆっくりと倒していくストレッチ方法です。このストレッチは腰をメインでほぐすストレッチですが、肩を地面から動かさないことがポイントなので背中もストレッチできます。また肩甲骨も自然とほぐされていきます。日常的な運動ではなかなか動かすことの出来ない背中や肩甲骨、腰などストレッチでほぐして軽いからを手に入れましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4c/14/12/4c1412d5d7c56a099f80d2a149be7201.jpg
寝ながら行えるおすすめのストレッチは「太ももストレッチ」です。太ももストレッチはうつ伏せで寝転んだ状態のまま片足を上げ身体に痛みのない程度に身体に近づけてきます。このとき太もも以外にも背中、腰、肩、肩甲骨などのストレッチも行うことが出来ます。とても簡単なストレッチ方法でストレスなくリラックした状態で出来るストレッチなのでストレッチ初心者の方もフォームを崩すことなくリラックスして行うことが出来ます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/88/ce/72/88ce721dd3597f2a1dedcd1c7b2ba63d.jpg
太ももをストレッチすることでお尻の引き締め効果があります。太ももをストレッチさせることで血流が良くなりお尻の無駄な志望も巣きりさせダイエット効果にも繋がるためおすすめです。男女問わずたるんでたれたお尻よりも引き締まったお尻のほうが魅力的でかっこいいボディラインを作り上げることが出来ます。お尻ダイエットをしている方は太もものストレッチも行い効果的に行いましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f1/b4/ee/f1b4ee36f358b1953a10ee3975174986.jpg
太ももをストレッチさせることで太ももを引き締め筋肉を付けるこおtが出来ます。太ももに筋肉が付くことで痩せやすい体質作りができるためダイエットなどしたいかたやしている方におすすめです。ダイエットは筋トレや食事制限もいいですがやせやすい体質作りを行うことで早くそして綺麗に痩せることができます。どうしても食事制限などしてしまうと栄養バランスが崩れてしまうため綺麗に痩せるのは難しいですが、痩せやすい体質作りをすると無理せず少しのダイエットで痩せることができます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/09/25/eb/0925eb7e2ef4d8eec81eca843ceb1915.jpg
太もものストレッチを行うことでスタイルがよくなることがあります。特に下半身が太りやすい女性などには太もも痩せは欠かせない部分でもあります。ダイエットだけではなくスタイルが良くなることで引きたかったパンツが履けたり似合わなかったファッションが似合うこともあります。太ももはシーズン問わず見える部分なので痩せてきれいなスタイルを手に入れれるチャンスです。
寝ながら行うストレッチは参考になったでしょうか。寝ながら行うストレッチはフォームを崩すことなく行うことが出来、初心者の方でもリラックスして行うことが出来ます。また、寝ながらリラックスして行えるため日頃使わなく凝り固まる背中や腰肩や肩甲骨などをストレッチすることも出来ます。ストレッチはリラックスした空間でゆっくり行うことで効果があります。ストレッチは時間がある落ち着いたときや寝る前に行うのがおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/93/68/33/936833c8b927501693b79ffc882cc7eb.jpg