Pwxebnvcyyfdzybksyai

部位

CATEGORY | 部位

握力は筋肉を鍛えれば強化できる?鍛えるための道具や部位を紹介!

2018.05.23

握力を鍛えるための方法があるのかご存知でしょうか。今回は握力を強くするための筋肉トレーニングや鍛えるための道具についてご紹介します。握力の鍛えるにはどこの筋肉の部位と関係があるのかについての筋肉の名称や握力の付け方について知って道具や筋トレで自分なりの筋肉を!

  1. 【道具も使って!】握力をつけるには
  2. 【付け方】握力を鍛えるにはどこの部位に筋肉をつける?
  3. 【筋肉の関係性】前腕筋の役割とは
  4. 【道具も役立つ付け方】握力を鍛える筋肉の名称①クラッシュ力
  5. 【道具も役立つ付け方】握力を鍛える筋肉の名称➁ピンチ力
  6. 【道具も役立つ付け方】握力を鍛える筋肉の名称➂ホールド力
  7. 【部位の名称・関係・付け方】握力の筋肉を鍛える道具①ハンドグリップ
  8. 【部位の名称・関係・付け方】握力の筋肉を鍛える道具➁ゴムボール
  9. 【部位の名称・関係・付け方】握力の筋肉を鍛える道具➂ダンベル
  10. 握力は筋肉を鍛えれば強化できる?鍛えるための道具や部位を紹介!のまとめ
引用: http://kintoregoods.net/wp-content/uploads/akuryokutop.jpg
引用: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2018/4/a917af601b0a7e3c7af95146b6fcfea2/main_shutterstock_131411285-689x460.jpg
握力をつけるためには一体どこの部位を鍛え上げたり、どんなトレーニングをすればよろしいのでしょうか?ジムに通ったり、ボルダリングをやったり、様々な器具を使用して鍛えるなど方法はいくらでもあります。ですが、毎日忙しくジムに通う暇がない、あまりきついトレーニングは続かないという人も多くいます。また、自宅で簡単に鍛えることができる方法であるならば、続けることができるかもという人もいます。今回は、握力を鍛えるために、筋肉の関係性やどこの部位を鍛えればよいのか、そのためにはどのような器具を使用すればよいのかを徹底的に解説するとともに、時間を無駄なく使用しながら行うことができる簡単なトレーニング方法も一緒にご紹介したいと思います。自分の鍛えたい部位が分かれば、トレーニングの効果も十分に発揮することは可能です。是非ご覧になり、挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連記事

引用: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2018/4/764f5a3543350679ef68dafeca8f5773/main_shutterstock_126687401-689x397.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61k2TwTGoVL._SL1500_.jpg
まず初めに握力を鍛えるのは、どこの部分を鍛えた方が効率的なのかをお話ししたいと思います。握力を鍛えるには、前腕筋と呼ばれる部分を鍛えることがもっともな有効な手段です。では、前腕筋とは、筋肉のどこの部分でしょうか。前腕筋は、前腕の筋肉を総称して呼びます。この部分には、円回内筋や橈側手根屈筋、長掌筋や尺側手根伸筋などといった多くの筋肉が集まっており、それぞれの役割を果たしている部分でもあります。細かい筋肉の集合体であるため、一つ一つの筋肉を鍛えるということは不可能なこと。ですが、前腕筋として鍛えることは可能なことです。前腕筋がどこの筋肉であるかを学んだところで、ここからは、前腕筋の役割りや名称、前腕筋を鍛えることができるおすすめの道具をご紹介していきたいと思います。

関連記事

引用: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2017/6/7d5f9cc9bb46397a0d069e87362d6249/main_shutterstock_295106867-689x528.jpg
前腕筋は前腕の筋肉の総称であるということをお話ししました。そのため、前腕筋の役割というのは、物を投げたり、握ったり、押したり、指を動かしたり、手首を曲げるといった行動をとることができる大切な筋肉です。高麗になってくると、どうしても前腕筋が弱くなってきてしまいます。握力が弱くなるということは、前腕筋が弱くなっているということ。日常生活の中で利用することも多い前腕筋の力を維持するため、また、強くするためには、どこの部位を鍛えるのか、名称からご紹介しましょう。
引用: http://kintoregoods.net/wp-content/uploads/crush.jpg
引用: http://kintoregoods.net/wp-content/uploads/crushup1.jpg
一つ目は、「クラッシュ力」と呼ばれる部分です。クラッシュ力とは、握力計を使って計測する完全に指を曲げた状態での握力のことです。20代から30代男性の平均的なクラッシュ力は、47キログラムから49キログラムだとされています。あなたのクラッシュ力は、平均値を上回っているでしょうか。一度、確認してみはいかがでしょうか。トレーニングの基準にもなります。
引用: http://kintoregoods.net/wp-content/uploads/pinch.jpg
引用: http://blog-imgs-100.fc2.com/f/u/t/futamitc/hand-1582519_960_720s.jpg
二つ目は、「ピンチ力」と呼ばれる部分です。ピンチ力は、指を伸ばした状態で物を持ったり、つまむ動作に必要な力のことを指します。バスケットボールや柔道などでは、この指を伸ばした状態で物を持ったり、つまむといった動作が必要な力として役立ちます。
引用: http://kintoregoods.net/wp-content/uploads/694a1c5687e6a5b31df43315c3b6d4f3_m.jpg
引用: http://blog-imgs-100.fc2.com/f/u/t/futamitc/fingers-1263375_960_720s.jpg
三つめは、「ホールド力」と呼ばれる部分です。ホールド力は、指を曲げるでも伸ばすでもない位置で、掴んだものを離さない力のことを言います。バッグを持ったり、ハンドルを握るといった日常生活では外せない力でもあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/412Ax0Y0qIL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41beedvFtXL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71%2Beu-PqmUL._SL1500_.jpg
握力の筋力を鍛えるためにおすすめの道具をここからはご紹介します。まず初めにおすすめするのは、ハンドグリップ。ハンドグリップの効果として挙げらるのは、たくましい腕を作る、手の耐久力を高める、指の動きをよくする、そして、握力を鍛えることにあります。また、ハンドグリップは、小さくて持ち歩きやすい運動器具。バッグに入れてもさほど邪魔にはなりません。場所を選ばずに握力のトレーニングをするにはもってこいの道具でもあります。お仕事の合間の休憩時間や、テレビを見ながらのトレーニングなど、ながらトレーニングもできるます。ハンドグリップは重さも様々。安い価格で購入することもできるというメリットもあります。隙間時間や、本格的にトレーニングをしたいなど、どんな時でも活躍してくれる、握力必須のアイテムです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61tpKs%2BdvML._SL1500_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ghknnPRYL._SL1500_.jpg
続いてご紹介するのは、ゴムボール。ゴムボールとは、ピンポン玉くらいの大きさの柔らかいボールのことです。このゴムボールを使用してどうやって握力を上げていくかというと、ただ単純にゴムボールを握って、ギュッとにぎにぎするだけ。ゴムボールは、リハビリステーションでも利用されているトレーニング方法です。小さくて、本当に握力を上げてくれるものなのかと疑問に思われ方もいるとは思いますが、握るという動作は握力強化にはとても大切な動作です。ゴムでできているということもあり、握った感触も柔らかく、場所を選ばずにトレーニングすることが可能なアイテムです。ハンドグリップ同様、持ち運びもとても便利。前腕筋だけではなく、手と指の運動にもなります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61IayVf7kmL._SL1000_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71LadL2Vg%2BL._SL1200_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/412k0jZeRpL.jpg
続いてご紹介するのは、ダンベル。握力を鍛え上げるには、最強のアイテムでもあるということは、皆さんもご存知ではないでしょうか。ダンベルを使用して腕力を上げる方法は、まず始めに、椅子に座ります。ダンベルを持っている肘を太ももの内側に密着させて腕を下してください。次に前腕筋を意識しながら、肘を折り曲げてダンベルを胸の方へ上げていきます。折り曲げた肘を太ももの内側から離さないように、ゆっくりと基の場所に戻していきます。ダンベルの重さは色々とあります。最初は軽いものから挑戦して、どんどん重いものへと負荷をかけていきましょう。また、前腕筋を意識しながら行うということを忘れないでください。ただダンベルを持ちあて、おろすという動作だけでは、効果が十分に発揮できません。
引用: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2018/4/507aef736c8fae7ed6f26e9890cd7eda/main_shutterstock_170347007-689x460.jpg
握力の筋肉をつけるにはどこの部分をどうすればよいかについてご紹介しました。握力は前腕筋を鍛えること、前腕筋と握力の関係、前腕筋の名称、握力の付け方、握力をつけるための道具など、握力に関しての知識を少しは学ぶことができたでしょうか。握力は筋肉を鍛えることで強くなるという関係性があります。その関係性を成立させることで、握力はどんどん強化させることができるのです。握力を鍛えるには、出来るだけ毎日トレーニングをすること。続けることができるかできないかは、心の問題でもあります。あきらめることなくチャレンジしてみましょう。時間がない人には、ながらトレーニングも役に立ちます。最後の方にご紹介した、道具を使用しながら長く続けられるトレーニング方法を見つけてみるというのも、鍛える上では大切なことでもあります。自分のやりやすい方法で、是非、握力を高めてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://stat2.smartlog.jp/uploads/content/piece/2017/6/7d5f9cc9bb46397a0d069e87362d6249/main_shutterstock_295106867-689x528.jpg