Pn4lys2zdbopmohvoged

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

毎日5キロ走ると痩せる?ダイエットに効果的な距離・時間帯を解説!

2018.07.31

ダイエットに効果がるランニング。走る距離や期間、時間帯も考えて、毎日5キロ走ると痩せる効果は得られるのでしょうか。効果的にダイエットを行うために毎日走る距離を5キロとして、しっかり効果が出て痩せることが出来るのかを解説します!

  1. 毎日5キロ走ると痩せる?距離と時間帯、期間と効果の関係とは?
  2. 毎日走る事で痩せることが出来るランニング。ランニングの設定とは?
  3. 毎日5キロ走ることで痩せる。ダイエットのためのジョギングのポイントその1:距離の設定
  4. 毎日5キロ走ることで痩せる。ダイエットのためのジョギングのポイントその2:期間の設定
  5. 毎日5キロ走ることで痩せる。ダイエットのためのジョギングのポイントその3:モチベーションを保つために記録する
  6. 毎日5キロ走ることで痩せる。ダイエットのためのジョギングのポイントその4:時間帯は午前中がベスト
  7. 毎日5キロ走ることで痩せる。ダイエットのためのジョギングのポイントその5:毎日走る
  8. ダイエットに効くだけじゃない。ランニングで得られる効果!
  9. 痩せる以外にも効果あり?毎日5キロを目標に走ることで得られる効果その1:デトックス効果
  10. 痩せる以外にも効果あり?毎日5キロを目標に走ることで得られる効果その2:安眠効果・起床がさわやか
  11. 痩せる以外にも効果あり?毎日5キロを目標に走ることで得られる効果その3:ストレス解消
  12. 痩せる以外にも効果あり?毎日5キロを目標に走ることで得られる効果その4:脳の活動が活発になる
  13. 痩せる以外にも効果あり?毎日5キロを目標に走ることで得られる効果その5:疲れに強い身体になる
  14. 痩せる以外にも効果あり?毎日5キロを目標に走ることで得られる効果その6:生活習慣による病気を予防
  15. 毎日5キロをランニングをする期間や時間帯も加味して、効果を最大限に引き出そう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/healthy-woman-running-with-blurred-background_23-2147600427.jpg
アスリートやランニングを真剣に行っている人は、毎日トレーニングを行い、適度に体を休めてバランスを取っている。一般人がランニングを行ってダイエットする場合は、もちろん継続してランニングを続けることはひつようだが、その距離と時間帯、走る期間についてはなかなか計算が付かないのも事実。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-man-runner-tying-shoelaces_1421-46.jpg
効率よくランニングをしてダイエット効果を出すのであれば、どのくらいの期間や距離でランニングを行えば効果を得られるのだろうか?また、一般人が行うランニングで気を付けた方がいいポイントはどのようなところになるのだろうか?これから効果的にダイエットを行いたい人へ、ランニングで効果を出す知識をご紹介しよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/close-up-of-sportsman-tying-sneakers_1262-4803.jpg

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-woman-running-outdoors_23-2147600466.jpg
「継続は力なり」とはよく言ったもので、体をシェイプアップしてダイエットしたいと思うのであれば、ランニングを継続的に行えば必ず結果が出るだろう。しかしながら、普段体をあまり動かしていない人なら、ダイエットする前に膝や足腰を壊してしまえば本末転倒だ。ダイエットにちょうどいい設定とは、どんなものなのだろうか?
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-man-doing-sports-and-jogging-runing-in-a-park_1421-44.jpg
毎日走るランニングにちょうどいい距離を考えてみよう。また、ランニングをするうえで気になる、どれくらいの期間それを続けるのか、また、効果がでやすい時間帯の設定を考えてみよう。ランニングのメリットも含めてポイントをお伝えしよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/fit-and-sporty-young-woman-running-over-black-background_1301-7568.jpg

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/legs-of-people-running-close-up_23-2147600803.jpg
ダイエットのジョギングは、短距離を速く走るよりも、少し長めの距離をゆっくり走ることが効率よくダイエットするコツ。ここでは、5キロ走る設定がベストと言えるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/teenagers-running-outdoors_23-2147600464.jpg
消費カロリーは大まかに計算が可能だ。カロリーの計算式は【距離 × 体重 = カロリー】なので、自分のコンディションに合わせて計算してみれば、数字として確認することができる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/healthy-athletes-running-on-a-sunny-day_23-2147600764.jpg
ランニングを続ける期間は、得たい効果や目標体重を得られるまで続ければいいだろう。毎日摂る食事もカロリーが違ってくるので、明確にいつまで走り込むかという期間を決めるのが難しい。毎日の記録と、目標設定と照らし合わせて、先ずは1か月単位で決めていくのがベストと言えるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/girl-throwing-paper-ball-towards-camera_23-2147798543.jpg
毎日走るランニング。単純にメモや記録もなしで走り続ける事ももちろん可能だが、作業自体が単純なものになるので、モチベーションを保つのが難しい場合も考えられる。そんな時は、カレンダーへの印つけや、距離・時間などの記録をつけることで、自分がしてきたことをいつでも確認できる。それにより、やる気を保つツールにしたい。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/sportive-man-running-on-street_23-2147757994.jpg
ひとそれぞれスケジュールがあり、午前中や午後など、生活のペースに合わせてランニングやジョギングをするのが普通の流れである。もし、ランニングの効果を最大限に引き出すのであれば、走る時間帯は午前中がベスト。朝の空腹時は、糖分を体内に入れていないため、インスリンが脂肪燃焼を妨げるのを回避できる。つまり、脂肪燃焼が効率よく行われる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-and-woman-running-on-street_23-2147755563.jpg
ジョギングを続けるなら、毎日のランニングがベストだろう。継続することはもちろん、毎日脂肪を燃焼させることによって、効果を得るまでの時間を短縮することが出来る。しかしながら、スケージュールによっては走れない日もあるかもしれない。その場合は、日が空いたとしてもモチベーションを保ちつつ継続し続けることが大事だ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/side-view-of-people-running-in-the-park_23-2147600756.jpg
ランニングを継続的に行う事で、ダイエット以外にも健康効果が期待できる。毎日5キロを継続的に走る事で、ダイエット効果と健康効果を効率的に得ることができる。メンタル面にもいいランニングの効果をチェックしてみよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/running-woman-in-dark-studio_23-2147752879.jpg
毎日の食事、お肉や野菜を取る中で、食品添加物などのカラダに不要な要素も取り入れている。お風呂で汗をかくのももちろん効果があるが、毎日ランニングをして汗をかく事で、体の中にある毒素を汗によって効率的に排出することが出来る。そうすることで毎日体を健康に保つ効果が期待できる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/happy-young-woman-stretching-in-bed-after-sleep_1262-5199.jpg
ランニングによって分泌されるセロトニンは、安眠効果や起床の良さに影響する。夜寝るときに体の中でセロトニンが、睡眠を促進するホルモンであるメラトニンに変化する。それにより、安眠効果が得られて、朝もすっきり目覚めることが出来る。毎日5キロを走れば、その恩恵が得られる事だろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-marking-his-smile-with-two-fingers_1187-2956.jpg
毎日走る事で得られる効果のひとつとして、ストレス解消の効果が挙げられる。ランニングを行う事で分泌されるセロトニンという物質は、日々仕事などで受けるストレスを解消する効果が期待できる。また、セロトニンはストレス解消だけでなく、心を安定させる効果や、メンタル面を強化する副産物も得られるのだ。
引用: https://image.freepik.com/free-vector/low-poly-brain-design-with-connecting-dots_1048-5641.jpg
ランニングと言えば、全身をつかっておこなう運動となるので、身体だけが鍛えられると思われがち。しかしながら、脳の活動も活発になると言われている。ランニングを行う事で、脳のある部位がドーパミンを分泌する。それによって、脳のあらゆる機能が活性化する結果となり、身体だけでなく脳も活発に動かすことが出来るのだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/muscular-man-showing-six-pack-abs-isolated-on-white-background_1150-2948.jpg
ランニングに使う筋肉の種類は遅筋とよばれており、筋力トレーニングで使う筋力とはまた違った種類のモノ。遅筋が発達することによって、人間のカラダは酸素の摂取量を増加することが出来るようになり、身体が重くなく、ライトな感覚になる。それによって、疲れに強い身体を作ることが可能だ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/woman-stretching-arms-at-the-beach_23-2147665313.jpg
生活習慣による病気は、摂取するお酒や油っぽい食べ物などに起因する。ジョギングを毎日5キロ続けることによって、体の代謝の向上と、酸素の摂取量の増加、また、デトックス効果が相まって、生活習慣病を事前に予防できる効果が期待できる。ジョギングは身体の健康には欠かせない運動のひとつといえるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/people-running-on-path_23-2147755598.jpg
ランニングは毎日走るだけでなく、走る距離や期間、時間帯も加味すれば効果を最大限に発揮することができる。ハードな運動ではあるが、続けることで効果を早く得ることが出来る。身体を鍛えるだけでなく、メンタル面でも大きな効果が期待できるジョギングやランニング。毎日5キロのランニングをする期間や時間帯を加味して、ランニング効果を最大限に引き出そう!