Z3yiaiyvt48gkz5vql8g

自転車

CATEGORY | 自転車

登山のトレーニングをジム・自宅で!ランニング・自転車など基本から!

2018.05.20

登山は体力的にも精神的にもつらい部分があるので前もった自宅やジムでのトレーニングが大事になってきます。自宅やジムでできる、自転車・スクワット・ランニングなどの基本的なトレーニングをご紹介していきます。事前のトレーニングをしっかりとして登山へ臨もう!

  1. 登山のトレーニングをジム・自宅で行おう!
  2. ジム・自宅で行う登山トレーニング!①自転車
  3. ジム・自宅で行う登山トレーニング!②自転車の良いところ
  4. ジム・自宅で行う登山トレーニング!③ランニング
  5. ジム・自宅で行う登山トレーニング!④スクワット
  6. 登山トレーニングをジム・自宅で行うのも大事だが、準備ももっと大事①服装
  7. 登山トレーニングをジム・自宅で行うのも大事だが、準備ももっと大事②インナーウェア
  8. 登山トレーニングをジム・自宅で行うのも大事だが、準備ももっと大事③トップス
  9. 登山トレーニングをジム・自宅で行うのも大事だが、準備ももっと大事④アウター
  10. 登山トレーニングをジム・自宅で行うのも大事だが、準備ももっと大事⑤ボトムス
  11. 登山トレーニングをジム・自宅で行うのも大事だが、準備ももっと大事⑥靴
  12. 登山を楽しむには、トレーニングも含めた準備が大事!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ25Iyzk38vnnNh-DPDXP1LCUiIZHTnFjcnfxEaJyK4KwfLQnYiIQ
登山というのは、ただ山を登るだけだと思っていると、痛い目を見る可能性があります。それだけ、山を登ることは体力的にも精神的にもつらい部分があるので、ぜひ、前もって自宅やジムでのトレーニングが大事になってきます。登山する山の難易度によって、自分のトレーニングの内容は変わってきますが、前もってのトレーニングがあると、登山においても安心して登ることができます。ランニングやスクワットのような筋トレなど、必要なトレーニングを紹介していくので、ぜひトライしてください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTq5UkSzFo-_i-HvzsTRoqGdcl-D4oJ-FhPy2F4sF2HPM9xZltKiA

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRsj7Dp1ebn-OiSWsvrKbKElBir5U8z82krMHyHRlAxL_eJhyhOug
自転車を使って行うトレーニングは、登山に必要な筋肉をつけることができます。その能力とは、脚力と心配機能になります。自転車をこぐことで足の筋肉を主に使うことになるため、大きなトレーニングになります。また、登山は山頂に近づくと、酸素が薄くなります。ですので、心配機能を鍛えるために、自転車は効果的なトレーニングになります。自転車でトレーニングできるこれらの能力は、山で怪我をしないためには必要なものになります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSJB75iUpyNC1wzvghTDXO2Kqj5jL-xGc0ngF5oJD5Ja9F-ZDhJPg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTbPjeQZl8KT9LsO9GnClz8XF9kBuj7OTrbYx7_ojR0P0GEodH52w
自転車トレーニングの良いところがいくつかあり、まず、ジムや自宅であってもこの自転車トレーニングは自分の限界まで追い込むことができます。登山において、自分が限界を迎えたときに死んでしまう危険性があるのですが、自転車であればそういった心配はありません。また、自転車にはギアがついています。そのため自分で自転車のギアを調整することで、自分に対する負荷のかけ方を調整することができます。自分で負荷を変えることができるトレーニングはランニングでは難しいです。ですので自転車トレーニングは非常に便利になります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQXeEC9tbx-2vAfU_E4cSJ100QZPpoVM6qEGj-0xvFp8PNfx6Iogw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRmT-JxcXSldBIxLYA_axCPQI2yr7alksovxQyoImNm3IzBlPQd
ランニングも自分で行うことができる効果的なトレーニングの一つです。ランニングは自転車と同様に脚力と心配機能を鍛えることができる特徴があります。ランニングは一番お金がかからない方法で自分をトレーニングすることができますよね。また、ランニングの良いところは、有酸素運動であることです。ダイエットにも効果的なものとして有名ですよね。ランニングも有酸素運動なので、自分の体重を下げるのには効果的です。ぜひ、自宅やジムだけではなく、気持ちのいい場所をランニングしてみてはいかがでしょうか。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTy69JEEJhmeA8nX1zynnEpxGPfL1bUk9I2teQmLLyKtaC794snyg

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT-bw4HSGlUsJs3q2PGYzWN2ItUvj-7DMooJpsvrzi-fSaLKWw2
筋トレとして紹介したいのが、スクワットです。スクワットは足を鍛えることがイメージとしてあるかもしれませんが、おなかにも効果があります。 スクワットのやり方は、両足を肩幅に開きます。背筋を伸ばして、ゆっくりと腰を落としていきましょう。腰を落とすともとに位置に戻していき、その上下運動を繰り返していきます。スクワットは膝を痛めやすい筋トレになります。ですので、おなかへの効果はてきめんですが、膝が前に出しすぎると、膝を痛めてしまう原因になるので、ケアをしながら筋トレを行いましょう。スクワットの良いところは、おなかや背中などの全体の筋肉をトレーニングすることができるからです。登山は歩くだけと思われがちですが、整備されていない道を歩くのは、体全体の筋肉を駆使することになります。ですので、スクワットで体全体の筋肉を鍛えることが大事になってきます。スクワットは簡単にできる筋トレですので、ぜひチャレンジしてみましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT-Y1u-gY_ouzU2HTOl0rPNzPlEYF6x54IT9KFq43WuorAbFJ5jow
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSOnr-2C7ds_0o0lXw-YNG42Ma_llr57fO3J3pv2jO422Gh2xGIqQ
登山に行く前に前もって、トレーニングを行う準備をしておくことは非常に大事です。そして、登山の準備はトレーニングだけではありません。それが登山に行くときにコーディネートです。登山はただ歩くだけだからという理由で軽装で出かけると、仮にトレーニングで鍛えていたとしても体調を壊してしまいかねません。ですので、服装についても注意点があるので、細かくチェックしていきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRwErLgenHCqOmKRpxOIftVF4M4jGOuLnVOeUJzkJoD18eErPVc5A
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQAj_Ax3-Uf762qu9Z0_zrhEJ0qLmTMtLu_48lu-VtBfqXsvX7e
普段インナーウェアを着ていないという人もいるかもしれませんが、登山をするときは必須になります。インナーウェアの役割は、登山で発生した汗を吸い取り、それを発散するという役割があります。そのためには速乾性が高いインナーウェアを選ぶことをおすすめします。仮に速乾性がないと、汗をかいて、それを吸収したといしてもなかなかインナーウェアが乾かずに濡れたままになります。汗が乾かないままのインナーウェアを着ていると、汗冷えを起こし、そこから低体温症を巻き起こす原因になります。低体温症を引き起こしてしまうと、最悪死んでしまうことがあるのでインナーウェア選びは重要です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQNgnRQ4uyQ5H7bFyyFALK84dJesr9JMCgBXZe5i-I-9dr3xXZ_Tg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRVel7T2gDPBpHDj4ETQ8oGO_1991_2pTAGPkdqYxUGfEW61604
トップスにおいても重要になってくるのは、速乾性が高いことです。インナーウェアだけが速乾性が高いとしても、その上に着るものが速乾性がないと、結局汗を発散することができません。ですので、トップスの汗で、汗冷えを起こし、低体温症を引き起こすことにつながります。そして、トップスは春夏であっても、長袖を選ぶようにしましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSxsN4lOB5OpwmPpjPhg-wKCBtY9f8pco-j3_ok_GHMGiEPlon_
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT8bM0_7_YqZ4Yg6wduUiNe04d0hrvE2eiYVi9D_GtshYrQN1bUyg
春や夏だとアウターはいらないと思うからもいるかもしれませんが、思っている以上に寒いことがあります。そうなると、体温調整のためにも必ず必要になってきます。ジャケットのようなものでもいいかもしれませんね。こうしたジャケットも通気性がよいものを選び、汗冷えしにくいものを選びましょう。また、ジャケットも、春や夏の山で熱くなって脱ぐこともあるかもしれません。そんなときのために、持ち運びがしやすいジャケットを選びのも重要です。トレッキングジャケットでもいいですし、レインコートでも構いません。山の天気は変わりやすいので、雨のためにもジャケットとともにレインコートも持っておくと良いでしょう。ジャケットの代わりにもなりますし、ここでレインコートの重要なポイントは、ただ安いものではなく、撥水性が高いものを選ぶようにしましょう。安いだけだと登山では使いものにならない可能性があります。ジャケットやレインコートのようなアウターは登山において非常に重要なファクターになります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTgvFGnIrT-LuFb39Ejw-lP03XL8NBBCkub1eJBF-65dGd7mh-U
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQIivchRT_2wncGmuishY1DzG4VUKK_arX6sa9Ohh8etVQ-hHEWww
登山でのボトムスは、動きやすさが重要になります。そのため歩いているときに動きにくいと不便を感じますよね。ぴったりしていても、ゆったりしていてもどちらでも大丈夫なのですが、ピッタリしている方が、感覚がある分よいかもしれません。寒い山に行くときは防寒用のものを準備することも忘れてはいけませんよね。ハーフパンツを好む人もいるかもしれませんが、その場合は、タイツのようなものを履いて、しっかり肌を抑えるように努めていきましょう。肌を出さないこともありますが、足を保護し快適な歩行をサポートしてくれるアイテムです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTXSSDstI91nsiQfTyZ9mCnj3ZKWVsgGejZX5m2D6JFMkHQTndAfA
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcS5CsODVs5UcKGp1mqTrGxDDEHDP9U20aXyBSekZM-R8-dTBoXo
最後に紹介するのが、登山に重要な靴です。歩くということは靴がしっかりしたものを選べていないと、登山を乗り越えることができないことはなんとなくわかるのではないでしょうか。ちなみに登山にはスニーカーは不向きです。スニーカーは運動をする靴ではありますが、整備された場所を歩くためのものになります。登山で重要なのは、しっかりと踏ん張りがきいて歩くことができるかどうかです。ですので、トレッキングシューズを選ぶようにしましょう。登山専用のコーデでそろえていくことが重要になります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQFPZYdZ3apwAgwy57bWmweXplHKVBLQ9l3YiO401LtqLpCDxFF
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSackOUBr7IjkB6Vv_PUfYysNUVwe17qW8jx1zaBU7ErNEoi5_0
登山は、登る山の難易度にもよりますが、自分の体温を調整すること、水分をこまめにとることなど、ちょっとしたことに気を使っておかないと山頂まで登ることができません。ですので、登山本番の前に前もってトレーニングと服装などの準備をしておくことが非常に重要です。今回はそんな登山トレーニングの仕方や服装の準備について紹介したので、参考にして登山を楽しんでいきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSYIPEnSS5K7Epb3EUkFDiIKnH9H77In6Ou0EUWG0IOyRek8KOkEg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ-ZsJ1y2H1vKW-PJiCOxHPG-KZZoF2PwotHh8THR4kBhu6li8H