// FourM
Nhceosg5lijbojzwr0sk

頻度

CATEGORY | 頻度

カラーの頻度の平均は?市販のものは1ヵ月?二週間?どれくらい?

2018.05.19

カラーといえば美容室・理容室に訪れてやってもらう人や市販の物を購入して自分で行う人もいますよね。しかしカラーの頻度は二週間?1か月?平均どのようなペースで行っていますか?カラーは髪にダメージが大きいと言われていますが、今回はメンズカラーのおすすめ頻度をご紹介!

  1. カラーリングの頻度はあっている?
  2. ヘアーカラーは髪に大きなダメージが!
  3. カラーの頻度を誤ると抜け毛や髪を傷める原因にも!
  4. ヘアーカラーの仕組み
  5. カラーのおすすめ平均頻度は?
  6. カラーのおすすめ頻度の理由とは?
  7. 白髪染めの場合も平均頻度は同様
  8. 市販のカラーリング剤はダメージが大きいので要注意
  9. カラー頻度が多くてダメージ大きくなってしまった場合の対処法は?
  10. カラー頻度でのダメージへの対策法① トリートメント
  11. カラー頻度でのダメージへの対策法② 頭皮マッサージ
  12. カラー頻度でのダメージへの対策法③ シャンプー選び
  13. カラー頻度を平均値にして正しいシャンプーの方法を!
  14. 【まとめ】カラー頻度は平均を意識するのがおすすめ!
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/06/50289910/shutterstock_62834401-689x460.jpg
皆さんはヘアーカラーをどのくらいの頻度で行っていますか?ヘアーカラーといえば自分のさらにおしゃれにしてくれ、周り人とは違う個性を出すポイントだと思います。しかし、このカラーの理想的なおすすめ頻度はご存知ですか?今回はヘアーカラーの平均・理想の頻度をご紹介したいと思います。

関連記事

引用: http://livedoor.blogimg.jp/onlmt_hair/imgs/7/8/7891c1ff.jpg
ヘアーカラーといえば、耳にしたことがあると思いますが、髪にはかなりのダメージを与えてしまいます。特に色を明るくしようとしてブリーチも使う人が多いのですが、ブリーチ剤を使用した際にはかなりのダメージといっても過言ではありません。二週間から1か月の頻度でカラーを変える人もいますが、かなりの影響があるのでご注意ください。

関連記事

引用: http://mens-skincare-univ.com/images/articles/7499/7499-1.jpg
カラーを二週間から1か月の早い頻度で行う人は抜け毛や髪自体を傷める可能性が高いです。髪もパッと見ではダメージの影響は見えにくいですが、ダメージが大きすぎるときしきしの髪になったりします。若い間から抜け毛が生じ始めた場合は髪からのSOSサインでもありますので、気を付けましょう。

カラーの頻度が多いと頭皮にもダメージが!

引用: http://mens-skincare-univ.com/images/articles/7518/7518-1.jpg
カラーの頻度が2週間や1か月と早い場合は頭皮にも注意するようにしましょう。頭皮も髪同様にダメージの受け具合などはわかりづらいのですが、頭皮もカラーには大きな影響があります。最悪、若いころから抜け毛が起き始めたり、はげる原因にもなったりするので注意しましょう
引用: http://keanu.wp.xdomain.jp/wp-content/uploads/b_how.jpg
次は簡単にヘアーカラーの仕組みについてご紹介したいと思います。上記の画像を見ていただいたら仕組みが分かりやすいのですが、メラニンとは色素の事を表します。カラーリング剤は髪に付けた際にメラニン色素を脱色させていき、染めたいと考えている染料が見えやすいようにします。このような仕組みで、メラニン色素を脱色するときに大きく髪・頭皮にダメージがかかります。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20130125/19/1569s-akabane/62/0f/j/t02200164_0800059712391544044.jpg
カラーはメンズ・レディース用共に存在しますが、多くの方は1か月程度が平均とされています。もっと早い人は1か月どころか平均2週間のペースで行う人がいるのですが、かなり負荷がかかっている状態といっても過言ではありません。メンズ・レディースであっても理想の頻度では二週間や1か月ではなく、できれば2か月ごとの頻度で行うのが好ましいと言えます。
引用: https://mio3793.info/wp-content/uploads/2016/11/2view_image-700x300.jpg
メンズ・レディースともに二週間から1か月ではなく平均2か月ペースで行うのが好ましいとご紹介しましたが、次はその平均2か月の頻度で行うのがいい理由についてご紹介したいと思います。理由をわかれば多くの方が納得してそのように気を付けると思いますので、ご参考いただけたらと思います。

髪へのダメージを考慮して

引用: http://img01.yoka-yoka.jp/usr/l/o/v/lovehair/_DSC7586.JPG
まず最初に挙げられるのが髪へのダメージの大きさです。今回何度もご紹介していますが、髪へのダメージはとても大きいものです。髪へのダメージを考慮して二週間から1か月ではなく、2ヶ月周期にするようにしましょう。髪が傷んでしまってからではどうしようもありません。

髪が伸びる速度も考えて

引用: http://beauty-professionals.net/wp-content/uploads/2015/03/tury5r.png
次に挙げられる理由が髪の伸びる速度を考えての理由です。髪が伸びるのは早い人も遅い人もいますが、だいたい2ヶ月程度になると次のカラーを行ったらいい状態まで伸びます。カラー頻度もできれば少ない方が好ましいので、髪が伸びるまで待つようにしましょう。髪が伸びるのがそこまで早くないと感じる方はさらに遅い頻度でカラーするのがおすすめです。
引用: https://mio3793.info/wp-content/uploads/2018/03/1CCC15DA-8E57-4461-9ACE-1F59AB202D26-477x204.jpeg
メンズ用の白髪染めも市販や美容室・理容室の場合も同様です。美容室・理容室だと専用のプロが存在するので、まず止められると思いますが、市販で染める場合は止める人、知識がある人がいないのでついつい二週間から1か月と早い頻度で染めてしまう人がいます。白髪染めも頻度は2か月がおすすめなので、平均おすすめ頻度をできれば守りましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/916ITwrWi7L._SL1500_.jpg
市販のカラーリング剤はダメージが大きいので要注意です。美容室・理容室などで使用するカラーリング剤は最近では比較的にダメージがおさえられたものを多く使っていますが、市販のものは強力タイプのものが多いです。上記の画像はメンズ用の市販ですが、しっかりと色が染まるものばかりで、影響力も大きいので注意しましょう、
リーゼ プリティア メンズ泡カラー ロイヤルモカ 70ml
価格 ¥ 523
上記の動画はメンズのヘアカラーの方法の動画となっています。市販の物をしようして染める際には上手なやり方をご存じない方も多いと思います。しっかりとヘアカラー方法を知っているだけでもダメージを抑えることができる可能性は高いので、ヘアーカラーを行う際にはご参考いただけたらと思います。
引用: https://itiho.com/wp-content/uploads/2016/05/3c9327407aebcb618d32b36c6cad4d9c-600x400.jpg
次は二週間など早いペースでカラーを行い、ダメージを大きくしてしまった際の対処法についてご紹介したいと思います。対処法・対策法は比較的簡単なもので、普段の生活でも気を使うことができることなので、ダメージが大きい人以外にもおすすめです。
引用: https://d3kszy5ca3yqvh.cloudfront.net/wp-content/uploads/2017/12/15/15/b02054c99ed091da19b9ca6cc90415d8_24.jpg
まず最初に行っていただきたいのがトリートメントです。トリートメントというと、女性が行っているイメージが強いと思いますが、メンズもぜひ行ってください。トリートメントは髪を潤すだけでなく、ダメージを抑えてくれる効果もあります。そのため、できれば毎日トリートメントを行っていくのが好ましいです。
次にご紹介するのは頭皮マッサージです。途中でもご紹介したように髪へのダメージも大きいのですが、頭皮にもダメージがあります。そのため、トリートメントと合わせて頭皮マッサージをしてあげると髪含め頭皮には優しい状態になります。上記の動画は頭皮マッサージの基本的な方法なので、ぜひご参考いただけたらと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Z62tf3INL._SL1500_.jpg
次にご紹介するのはシャンプー選びです。メンズ用シャンプーを使っている人も最近多いのですが、頭皮や髪へのダメージが気になる方は最近はやりのオーガニックシャンプーがおすすめです。もちろんオーガニックシャンプーだけでなく、オーガニックトリートメントもあるのですが、天然成分が髪を優しく守ってくれるので、髪が傷みにくいという魅力があります。
さくらの森 ハーブガーデン シャンプー&コンディショナー セット 100%天然オーガニックシャンプー
価格 ¥ 5,600
正しいカラーの方法を途中でもご紹介しましたが、正しいシャンプーの方法も大切です。シャンプーやトリートメントは髪に潤いを与える大切な部分なので、しっかりと行う必要があります。上記の動画はシャンプーの正しい方法なので、まだシャンプーの方法を正確にわかっていないと考えている方はぜひご参考いただけたらと思います。
引用: https://media-cdn.mag2.com/p/news/wp-content/uploads/2017/08/hairdresser.jpg
今回はカラーについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。カラーというと、メンズ・レディース問わず行う人が多いと思いますが、髪には強い影響力があります。しっかりと髪やカラーに対する理解をしてから行うと傷みにくくすることができますので、ぜひ皆さんも今回ご紹介したことをご参考にしていただきカラーリング剤を使用していただけたらと思います。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2017/02/48d5124aa3fb8ab8064bcfcff18dfb01.png