// FourM
Fozxzygwxl5qscfpecim

資格

CATEGORY | 資格

アロマテラピーの資格や検定は仕事に活かせるの?合格率・問題を解説!

2018.05.25

リラックス効果が人気のアロマテラピー。アロマテラピーに興味を持って勉強する人も多いようです。アロマテラピーにはアドバイザーやインストラクターなどいくつかの資格や検定があります。問題の難易度や合格率の違い、資格や検定がどんな仕事に活かせるのか紹介します。

  1. アロマテラピーの資格とは
  2. アロマテラピーの資格検定:公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)
  3. アロマテラピーの資格検定:IFA国際アロマセラピスト連盟
  4. アロマテラピーの資格検定:IFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟
  5. アロマテラピーの資格検定:NARD JAPAN ナード・アロマテラピー協会
  6. まとめ
最近、街中を歩いていると、アロマ関連のショップやサロンが良く目につきます。大人気のアロマに興味をもって、資格を取得する人も増えています。アロマテラピーの資格は、アロマに興味を持って勉強したりアドバイザーやインストラクターとして、仕事をした場合に取得しておきたい資格です。
それぞれに個性があり、自分が目指す内容かどうかチェックしてから勉強するのが良いでしょう。

関連記事

公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)は、日本において歴史のある団体で、設立は1996年と古く、国から公益社団法人に認められている信頼できる団体です。よく知られていて、資格もランクごとに設定されているので、アドバイザーやインストラクターとして、仕事をするときの基準として、アッピールできる可能性が高い資格が取得できるはずです。
公益社団法人日本アロマ環境協会(AEAJ)資格はアドバイザーやインストラクターの仕事に活かせそうです。試験問題は、マークシートから実技まで資格に合わせて実施。合格率は、資格によって異なります。
IFA国際アロマセラピスト連盟は、イギリスでスタートしたアロマテラピー連盟で、イギリスでは、IFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟と肩を並べるアロマの団体。イギリスは古くからアロマについての研究が盛んな国なので本場の知識を身につけたい人におすすめです。
IFA国際アロマセラピスト連盟の資格は、世界に通用する資格なので、海外でのアドバイザーやインストラクターの仕事にも活かせそうです。ただし、試験問題は、難しく、合格率は、低いです。
IFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟は、IFA国際アロマセラピスト連盟と双璧をなす、イギリスのアロマセラピスト連盟です。IFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟は、アロマの仕事を実際に行っているアロマセラピストが会員になっている団体でもあり、アロマセラピストの本格的な技術や学習に取り組んでいる団体です。
IFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟の資格を取得するには、イギリスの大学でIFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟が認定したアロマテラピーの学科を受けて、資格を取得するという、他の団体とはちょっと違った方法にで学習していくことになります。イギリスで取得したIFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟の資格は、世界でも通用する資格になるでしょう。
NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)は、日本のアロマテラピー協会。学習のベースは、フランスのアロマテラピーの方式を採用しています。資格には、アロマ初心者向けの入門コースが2講座。資格を取得するためのコースが3つあります。
NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)は、日本全国に学習できる認定校があるので、アロマの勉強をしやすいところが魅力的。アロマに興味があって勉強したい人は、NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)の受講ができる場所を探してみるのもいいアイデアです。

関連記事

アロマテラピーの資格は、世界的にも注目され、いま流行の資格なので、イギリスの大学で認定されるアロマセラピストの資格から、日本全国に受講する場所がある資格など、数多くの資格が存在しています。試験問題が難しく、合格率が低い資格から、試験問題が簡単で合格率が高い資格まで、目的に応じて選ぶのが良いでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bi3mLBQFJbk/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%AD%E3%83%9E