Xokaovrescczcilponvl

ロング

CATEGORY | ロング

黒髪のグラデーションをブリーチなしで!ロングでもアッシュでも!

2018.05.25

おしゃれな黒髪のグラデーションを楽しみたいですよね。しかし、黒髪のグラデーションのように髪の色が大きく変わるときに失敗したくないです。今回はブリーチなしのロングヘアでもピンクやアッシュの色をきれいに出す黒髪のグラデーションや、注意点について紹介していきます。

  1. ブリーチなしで黒髪のグラデーションをしたい!ロングもアッシュやピンクに染めたい!
  2. ブリーチなしで黒髪のグラデーションをする前になぜアッシュやピンクは染まりにくいのか?
  3. ブリーチなしで黒髪のグラデーションをするにはブリーチが必要?
  4. ブリーチなしでロングでも黒髪のグラデーションをしたい!①ピンクアッシュ
  5. ブリーチなしでロングでも黒髪のグラデーションをしたい!②アッシュグレー
  6. ブリーチなしでロングでも黒髪のグラデーションをしたい!③ダークアッシュ
  7. ブリーチなしでロングでも黒髪のグラデーションをしたい!④マットアッシュ
  8. ブリーチなしでロングでも黒髪のグラデーションをしたい!⑤スモーキーアッシュ
  9. ブリーチなしでロングでも黒髪のグラデーションをしたい時に色を出すコツ
  10. ブリーチなしでもケアが重要なシャンプーとは?①弱酸性を選ぶ
  11. ブリーチなしでもケアが重要なシャンプーとは?②ダメージケア
  12. ブリーチなしで黒髪のグラデーションを行い、ヘアファッションを楽しもう!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQhGd22JS_7ozH6R7yfvtxP5vdpRWuVjeaMWtarrJA5LcTLbk4n
おしゃれを楽しみたいのは女性だけではなく、男性も一緒ですよね。そんなファッションの中で、一つおしゃれを楽しむことができるのがヘアカラーを変えることです。黒髪からアッシュのように大きく髪色を変えたいときがありますよね。そして、黒髪のグラデーションを楽しみたいという気持ちも出てくるのではないでしょうか。しかし、黒髪だったのに、グラデーションのような大きなチャレンジしよう!と思っているとき、どうしても不安がよぎるのではないでしょうか。今回はブリーチなしでもきれいに色を出すことができる黒髪のグラデーションや、注意すべきポイントについて紹介していきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcREddlfFeE3n-SqEgsCG8li91u_vDccJWJ49qSMGdgwl2hVCQNM
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ2mhFCRixw53Fj91Sb2os5gg93gQSET6TCRAW4XlAtPBI_oe_a
アッシュやピンクのヘアカラーは男性にも女性にも人気の色ですよね。日本人の髪の質によって、アッシュ色は特に染まりにくいということをご存知でしょうか。では、なぜこのアッシュは染まらないのでしょうか。これはアッシュカラーが灰色の色味のない色を表していることにあります。日本人の髪の毛は赤みの色を強く持っている場合が多いので、青が入っているアッシュは相殺しあってしまいます。ですので、アッシュカラーはなかなか染まりにくいのです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRna1CR_BbnPDKrFXGcAboQ6G0UqKoW6LP08OOhSAFcYoEs-mWcyw

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSozrOPgo0feFA-Lyp3Hq_9AI3sUSe6ak4aQTG9dwkxbWQA8-PlGA
そんなピンクやアッシュのようななかなかきれいに色を出すのが難しいというときに役に立つのがブリーチです。kじょのブリーチは髪の式を抜いてくれるので、もともとある赤みをきれいになくす効果を発揮します。しかし、ブリーチには難点があり、髪に大きなダメージを与えてしまうことになります。つまりブリーチをすると、色が抜けにくくなったり、パーマをかけることができなくなる、水分などがなくなり髪がパサパサになるというリスクが出てきます。このようなリスクがあるとなると、ブリーチをすることがなかなか難しくなると思います。しかし、安心してください。ここからはブリーチを使用せずに、髪色を変える方法を紹介していきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRg5Z9-xF4T-DpK41tT-XxNbLfAlt9ZDhzeQ3g4p8zjxm0MCLmDWQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTmMS5lC_EO08GSCXw2TGtSs0yzKWrtxyKoUrSQSpIUsWWbA0aVVA
寒色系のアッシュにピンクがという流行に敏感な人がトライしてるおしゃれヘアカラーですよね。ピンクアッシュは、どくどくの透明感やツヤ感が出てくるので、女の子でも男の子でもおしゃれな雰囲気を出すことができます。そして、ピンクアッシュは透明感が重要なポイントになってくるので、ぜひハイトーンできれいに魅せるようにしてください。流行になっているのでぜひ、ピンクアッシュはチャレンジしてみたい髪色です。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSPPlM3JX2-DGlYca5DeLemyzby3ekpAJjygevcZpwiwSzG65RR
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQNt_jgVdWyxbBBhAh1vrMJUWU229RP46CmHtcwcKsm84r6p5Ij
一番アッシュの髪色を活かそうとするとなるとこの色はてきめんではないでしょうか。特にこの色は、自分自身をクールに魅せたいときや、かっこよく見せたいときにおすすめの色になります。神の質はドライな質感になり、ツヤ感はあまり出ないです。外国人の雰囲気を出すナチュラルヘアとしてもおすすめです。ピンクとは違って、暗めでもグレー感を出すことができます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRIGb6ZwESlKnJl3-mHk1c1fLE8DVZj-wiCuRQVaRr9fuiZXTOQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRK6ZoqihPdzGfnhFHNR4MS5k2DvZpjtctJ6zUOKPYB8KLOuzIAQQ
クールな男性になりたい方に特に評判がよいのがこの色です。②でアッシュグレーを紹介しましたが、アッシュグレーよりもさらにクールな色にしたイメージを持つとよいでしょう。さりげない雰囲気を出すのがこの色で、地毛ではないけど、地毛っぽく、カラーリングしているけど、ナチュラルなおしゃれを演出しているため非常に人気です。肌が白く見えるということもあり、女性にも人気ですが、小顔効果も出てくるので、男性にも女性にもおすすめのヘアカラーです。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRDOyXeJg3uid1dcI1KipAtx9lWWYmFppSNb_o5M52sfnsjQS-NoQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQTNhRmX9mfbRxIJmKgUJqxUIt5hb2YMRcSYOw4IafBglbxrE47
マットは緑のような色を言います。このマットとアッシュは非常に相性が良い色で、色味のタイプも近いので、髪質を選ばないのが特徴のカラーリングです。また、肌色や瞳の色も選ばないので、男女問わずに万能に対応してくれるのがこのカラーになります。明るさは、マットを強く出したい人は明るめにカラーするとよいのではないでしょうか。ストレートスタイル、パーマスタイルでもこのマットアッシュは似合うので、どんなスタイルにも対応してくれるのが大きなポイントではないでしょうか。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTrx19x3V1DeYJZEwmB5L_F4iXfsnEVuKAWVyfZAIV2z7wiYAcF
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQRpkS1MExIjbiYdlW0bgIM_NOKcYeWV9VpcYYQDqHkQDS7a-zj
アッシュグレーに比較的近い色です。しかし、アッシュグレーよりも青みが強く出るためにドライな質感に見えるのが特徴です。このスモーキー色もここ最近に人気になってきた色の一つですよね。クールでかっこいいスタイルを目指す方には特におすすめである、カラーリングです。これら紹介してきた色は基本的にグラデーションが可能な色ですので、ぜひヘアファッションとして楽しんでいきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTGF9GM4nP0khlaN55tRSW_3ukg_AnNdoUrupPL5ys7gDBWqq4gnA

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSnrnKq0RFOMtUt6bOtEX_bE-ke4cJux8DsvjhJjAS8qKUTTxUB
1度のカラーリングでアッシュやピンクのような色を出すのは赤みを取り除いていく作業が難しいのが正直なところではないでしょうか。そんな時におすすめなのが、1年間のスパンを考えて何度もカラーリングしていきながら、自分が求めている色に近づけていく方法です。だんだん染めていった方が髪に対する負担も変わってくるので、ぜひ、何度もカラーリングする方法を試してみてはいかがでしょうか。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQLuWJvgfTil-iZ5OLxoaTEpKbIuhHCNtFOsR5YrpjKRBJ6aOa8wA
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRwLQ_FrKqW_RJvple1eQFzr7FLa8MNt_CZIwUEm0g6brTa7l9r
カラーリングした後も、毎日使うのがシャンプーですよね。ですので、このシャンプー選びを間違えると、染めた髪にさらにダメージも与えてしまいます。1番選んではだめなのが、せっけん系のシャンプーになります。髪は本来弱酸性になっています。しかし、その髪に対してせっけん系のシャンプーを使ってしまうと、アルカリ性にしてしまいます。表面のキューティクルを痛めてたんぱく質が逃げてしまう原因にもなります。そして、硫酸系も洗浄力が強いため、おすすめのシャンプーとは違います。髪にダメージを与えすぎないためにも弱酸性のシャンプーを選ぶようにしましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQku3GS5eNTW0t-8Cy-tp6Q-QZ4EA_igHpvr8iytxs38id6vQdB
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRei739-psXBJJv01bi-J037Gg12Kj3SD1FLA2eU2FjYblJNy5cMA
ヘアカラーを行った後の髪は少なからず痛んでいるものです。ですので、髪の内部の水分を補給してくれるもの、そして、ダメージを補修してくれるものをおすすめします。具体的には、補修成分のあるシャンプーを選択するようにしましょう。黒髪のグラデーションを行った後も、セルフで髪のケアを行っていくのは非常に重要なポイントになります。継続が重要になるので、心がけていきましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTJTAzSoowCaY9uRLD52GjFNkgiIdPD8Q1FnucqULffMN_lwhuy
ブリーチなしで行う黒髪のグラデーションについて紹介してきました。美容院に行って、しっかりと美容師と相談すれば、ブリーチなしでもヘアファッションを楽しむことできます。そして、重要なのは自分でもしっかりと髪のダメージケアを怠らないことです。ぜひ、髪は一生付き合っていくものになるので、しっかりとダメージケアをしていき、長い間ヘアファッションを楽しめるようにしていきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTjBG-MRGVCeMErXFmJf8GZH1kGmU8Ofg7LMX7aBtuui7gCS5ES