Ix1art69j0bmccwnv0yv

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

黒髪からアッシュに!失敗しない方法とおすすめヘアカラー剤はこれ!

2018.05.20

黒髪からアッシュのように大きく髪色を変えたいときがありますよね。しかし、黒髪からアッシュのように髪の色が大きく変わるときはブリーチなどで失敗しがちです。今回はカラーで失敗しない方法と人気の髪色ショコラ、ミント、ピンクなどのヘアカラー剤を紹介していきます。

  1. 黒髪からアッシュに染めるヘアカラー剤!!ショコラ・ミント・ピンクもチェック!
  2. ヘアカラーを黒髪からアッシュに染めたい!ショコラ・ミント・ピンクなどの色に染めるときの注意ポイント①ダメージ
  3. ヘアカラーを黒髪からアッシュに染めたい!ショコラ・ミント・ピンクなどの色に染めるときの注意ポイント②入浴しながらやらない
  4. ヘアカラーを黒髪からアッシュに染めたい!ショコラ・ミント・ピンクなどの色に染めるときの注意ポイント③放置時間
  5. ヘアカラーを黒髪からアッシュに染めたい!ショコラ・ミント・ピンクなどの色に染めるときの注意ポイント④直前のシャンプー
  6. ヘアカラーを黒髪からアッシュに染めたい!ショコラ・ミント・ピンクなどの色に染めるときの注意ポイント⑤乾いた状態で行う
  7. ヘアカラーを黒髪からアッシュ、ショコラ・ミント・ピンクなどの色に染める手順
  8. ヘアカラーを黒髪からアッシュ、ショコラ・ミント・ピンクなどの色に染めた後のケア
  9. アッシュやショコラのような明るい色におすすめのヘアカラー剤は?①メンズ泡カラー ニュアンスアッシュ
  10. ヘアカラーをした後に選んだほうがよいおすすめのシャンプーとは?①弱酸性を選ぶ
  11. ヘアカラーをした後に選んだほうがよいおすすめのシャンプーとは?②ダメージケア
  12. しっかりとしたケアを行い明るい髪色にカラーリングしていきましょう!
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRY0gsedWa8GhPBHO5agROmolRkXTghSTT7a0Zb38CJtx_AOAgU0A
おしゃれを楽しみたいのは女性だけではなく、男性も一緒ですよね。そんなファッションの中で、一つおしゃれを楽しむことができるのがヘアカラーを変えることです。黒髪からアッシュのように大きく髪色を変えたいときがありますよね。しかし、黒髪からアッシュのように髪の色が大きく変わるときに失敗したくないですよね。ですので、今回はそんなヘアカラーを変えたいときに失敗しない方法とおすすめのヘアカラー剤を紹介していきます。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRXdIzwHUrgLOz_ps3r4WC5phcIWPSJcvP1WviVCOZjuyrU2tk_

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ5IqQwSUIyrmj-ncLQqJaNkLv-rZqGh8nLS6F7d95OpheJQ2l0hg
ヘアカラーを染めようと思うと、気になるのダメージではないでしょうか。ですので、髪のダメージに対して理解を持っておくことが重要になってきます。そういった中でアッシュや、ショコラ・ミント・ピンクのような明るい色を入れたいときは、簡単に染まらないイメージがあることでしょう。実際、髪の質によっては染まらにくい可能性があります。そういったときに何度も髪を染めることがあるのですが、2回以上行わないように注意してください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQjmnFyUFZs3jJG6ITvcoEHS-mh1R6VfixZWUl0bSsqecmUoARD
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR8g3RYGolF6iQV0FivmiollQ43TBaMDEnJNBK9ftu4oVrtWRq8
自分でヘアカラーを行おうとしたときにやりがちなのが、後で髪を洗うからという理由で、入浴中に髪を染めることをしてしまう可能性があります。これは特に行わないほうがよいです。薬剤が湿気によって効果が薄れてしまうという理由もありますが、汗で薬剤が流れ、目に入る可能性が出てきます。このリスクはできる限りさけるべきです。ですので、入浴中には決してヘアカラーを行わないようにしましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSY4GIdd3jBaNE8EaB2LBQonqpItMC0IfUZv23hXKMakyILOLyOAw
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRbbe8mhu3kHpHF1ihqqovQKXsb7RVVma_HKsCJsfnE327tZC-HWw
ヘアカラーをするときに、ヘアカラー剤をつけてから、一定の時間放置すると思います。目安の時間が明記されているのですが、その時間はあくまでも目安であることを認識してください。なにが違うのかというと、大きくはその人の髪質が関わってきます。細くて柔らかい髪や、パーマがかかりやすい髪は、簡単に色が入ります。ですので、思ったより明るくなる可能性があります。ピンクが予想以上に入ってしまったなんてことにもなるかもしれませんよね。ですので、5分くらい短くしてもよいかもしれません。そして、髪が太すぎて色が入らない人は、5分くらい長くてもよいかもしれません。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTU8duhNzJSS2IDYlvyCIhc3-CqKxzskfHsIWxTfb-hXNioGezm
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSxPPtg2qEIqDE9fMaTyaQ85oQUqBdvPGv6eFghfxU4Fkq1dDfJ9A
ヘアカラーは頭皮にとって大きなダメージを与えてしまうものです。ですので少しでもダメージを減らすために気をつけてほしいのが、シャンプーを直前に行わないことです。もし、直前にシャンプーを行って髪に傷がついてしまうと、その傷がある頭皮に薬剤を塗ることになります。さらにダメージを与えることになるので避けましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQ-s0Ea1N0wuXsXZ3gHWVm9e447ATfmdXataddCpjmm05AVZVqL
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRUk199VlkPtzLQk0QqDGldDl25Pz4j05ATj72aBIVJon2BSzwPIA
カラーリングは髪の毛が濡れた状態ではなく乾いた状態で行いましょう。なぜならばキューティクルが開いた状態だと髪が傷んでしまうからです。ヘアカラー剤を使う場合はきちんと乾かして、キューティクルが閉じた状態が好ましいです。ただし、製品によっては濡れた髪でも使えると謳っているものもあります。自分の髪の状態を判断した上で、アフターケアもきちんと行ってください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTMFczPUT89v12AcvXjXU0bHAByFCGXog5pKBEQyuLm4Pzf1t5v

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRSzMeg89YTO9TUdEDmN-0OXyEFRar4S0dvIrWTqiAlZJqGxwQO6A
ヘアカラーを行うときにどういったところに注意したほうがよいのかについて触れてきました。ここからは具体的にヘアカラーを行っていく手順について紹介していきます。髪を染めるときにはきちんとした手順があります。これをしっかり守らずにヘアカラーを行っていってもうまく染まらなかったり、髪の色にむらが出たりします。まず、カラー剤は、染まりにくい襟足からはじめましょう。そして、サイドから頭頂部にかけて塗っていきます。頭に対して後ろから前に順番に進めてイメージを持ちましょう。そして、最後に染まりにくいと思われる場所に対してもう一度、カラー剤を塗ったり、前髪に塗っていきます。カラー前にはさきほども触れた、シャンプーを前日に済ませておき、しっかりと乾いた状態からカラーを進めましょう。そして、ヘアカラーをした後はラップをしましょう。ラップをするとより染まりやすくなります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTogY0Sb6qXeoDEBVLLgp-maTxomzlBJHnJUiNLjxkMJWPbOWf8Rg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRvr4XNtUPIuy_1dYFJwO7Gin8BbjNyQVOgKOsMbWwGVe5ekBq2IQ
ヘアカラーをアッシュのような明るい色に変えるときは特に髪が痛んでいる可能性があります。ですので、髪を染めてから一日はシャンプーを控えることをおすすめします。見た目は髪が染まっていたとしても、髪に色素が定着していない可能性があります。ですので、色素が定着していない髪を洗うことで、色を一緒に洗い流してしまうことになるかもしれません。ですので、シャンプーは行わないほうがよいですが、トリートメントを代わりに行うようにしてください。髪はダメージを受けている可能性が高いので、トリートメントを行うことで敏感になっている髪のケアをしっかり行うようにしましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSAyZ0FDiHKJfNYIn0FfOyD8zVVk-H_gWh3OhX3FNYrCpM96wZtxQ
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQW3NlPgStzoy2X9y8kL-w2qkBemTGKPgWuOqSf-tu4YGZ57z3_
どこまで自分の髪を明るくイメージしているのにもよりますが、今回紹介するのは泡カラーです。ブリーチを行うと痛む可能性があるので、セルフでやるときはハードルが高いかもしれません。そんな中で今回紹介している泡カラーは手順もわかりやすく、自分で簡単に染めることができます。泡カラーなので、ブリーチに比べて髪のダメージを抑えることができますし、ぜひ自宅で自分でアッシュに染めたいと考えている方にはおすすめのヘアカラー剤になります。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT7hD7SaRexN0UKqNvmWc4Js-d9SIRVrSEigZr3qjJs7sf2soFQig
毎日使うのがシャンプーですよね。ですので、このシャンプー選びを間違えると、染めた髪にさらにダメージも与えてしまいます。1番選んではだめなのが、せっけん系のシャンプーになります。髪は本来弱酸性になっています。しかし、その髪に対してせっけん系のシャンプーを使ってしまうと、アルカリ性にしてしまいます。表面のキューティクルを痛めてたんぱく質が逃げてしまう原因にもなります。そして、硫酸系も洗浄力が強いため、おすすめのシャンプーとは違います。髪にダメージを与えすぎないためにも弱酸性のシャンプーを選ぶようにしましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSZNtQkRgKhzBau5ovgGlSuKGIWa1bcA5G_GDgYvZz2q4gbFEL6Qg
ヘアカラーを行った後の髪は少なからず痛んでいるものです。ですので、髪の内部の水分を補給してくれるもの、そして、ダメージを補修してくれるものをおすすめします。具体的には、補修成分のあるシャンプーを選択するようにしましょう。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQhvjfMAz56Si2Lq2mcynw2x9Vuw3DkpAMIWPBLHaSzMJUX-7Es
今回は黒髪からアッシュのような明るい髪にカラーリングしていく上で注意するべきことについて触れてきました。特に重要なのは、綺麗な髪色に染まることもそうですが、髪を痛めないように大事にカラーリングすることです。この部分をおろそかにしてしまうと安心してヘアファッションを楽しむことができません。ぜひ、ダメージケアに注意して、ヘアファッションを楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQBu_fqWAy_vLSn4Jv59gbyLFWA3KFMobghPgwlHnQ8bMcNiHse