// FourM
Essrd1cdgm591lcvlitq

髪型・ヘアスタイル

CATEGORY | 髪型・ヘアスタイル

BYRDのポマードの種類・使い方は?落ちないときにはこうする!

2018.08.04

ばりばり現役のプロサーファーが作ったポマードと言えばBYRDのポマード。どんな状況下でもセットが崩れなくて重宝するポマードだが、なかなか落ちないのも事実。BYRDポマードの使い方や取り扱い、種類も含めて一挙にご紹介しよう!

  1. 簡単に落ちないポマードは、取り扱いや使い方を知っておこう!BYRDポマードとは?
  2. 簡単に落ちないのでセットも自由!整髪料の新鋭メーカーBYRDとは?
  3. クールな男性が好むBYRDのコンセプト!
  4. 取り扱いや使い方も簡単!落ちないBYRDのポマードの種類一覧!
  5. BYRD(バード) クラシックポマード 
  6. BYRD(バード) マットポマード
  7. BYRD(バード) ライトポマード
  8. 強く落ちないポマードを実現したBYRDブランド。使い方とサーフィンに最適な製品はどれ?
  9. BYRDのポマードを使うデメリットはあるの?
  10. BYRDポマードの取り扱いや使い方でのデメリットその1:値段が高い
  11. BYRDポマードの取り扱いや使い方でのデメリットその2:販売店舗が少ない
  12. BYRDポマードの取り扱いや使い方でのデメリットその3:使用後に手から洗い落としにくい
  13. 耐水性もつよいBYRDポマード。髪の毛を洗えば簡単に落ちる?
  14. クールな男性に人気のBYRDポマードでセットして、海へ出かけよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/f1/65/90/f165908b0e18df7d4bc4a7c49df7650e.jpg
現役のサーファーが作ったと言われるbyrdのポマードは、どんな天候でも型崩れしにくく、海に入ってもセット力があると評判のポマードとなっている。アクティブなメンズなら重宝するbyrdポマードだが、いざお風呂に入って落とすとなると、なかなか落ちにくいのもこのbyrdポマードの特徴である。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9e/7b/74/9e7b749552d7f7cfb88eed36f9833e25.jpg
セット力も強くて使いやすいbyrdポマードだが、ラインナップとしてどんな種類のものが存在するのだろうか?人気にも急上昇であるbyrdポマードの魅力とその取り扱い方法、種類などをご紹介。まだ新しいブランドながら、クールなサーファーたちに支持を受けているブランドの魅力も合わせてご紹介しよう!

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/6b/f2/04/6bf204f296293b408a37e1e8f55ea8f2.jpg
現役プロサーファーCHASE WILSON(チェイス・ウィルソン)が、自身の愛称“BIG BIRD”をネーミングの由来に、 カリフォルニア、ニューポートビーチで2012年に立ち上げた『BYRD HAIRDO PRODUCTS (通称 バード)』。 ノースダコタのメトロポールホテルで彼の祖父が営んでいたBARBER SHOPとそこで販売されていた ヘアトニックにインスパイアされ、モダンなポマードを生み出したのがブランドの始まりです。

創設者のチェイス・ウィルソンは現役のプロサーファー。そして、byrdを立ち上げたのは2012年であり、2018年現在で28歳という若さ。60年代のテイストを取り入れたブランドとして、おしゃれな男性の間で話題のブランドとなっている。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/4b/76/da/4b76dae64b65150fddbdef3085f50d7a.jpg
ジェントルマンサーファーをイメージしてデザインされ製品は、 日々の「身だしなみ」へのこだわりが定着した古き良き時代を思い起こさせます。 代表的なモデルであるクラシックポマードは、60年代のサーフカルチャーを築いたメンズライフスタイルを ベースに据え、その香りは従来のポマードと一線を画し、 太陽、海、砂浜のエナジーを全身で感じることができる彼らのホームポイント、 エコービーチのサーフブレイク(波が割れる瞬間)をイメージしています。 海上、陸上ともにアクティブなFLOCK MEMBERによってテストを重ねて 磨きあげられたBYRD製品は、メンズグルーミングのマストアイテムです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/82/d4/ee/82d4ee0f298222efea3037c92ad3ee49.jpg
定評のあるbyrdのポマードの種類をチェックしてみよう。ラインナップとしてはそれほど多くなく、全部で三種類のポマードがリリースされている。サーフィンをしていても、海の水に流されて目が痛くなったりしない、チェイス・ウィルソンが20代で発見した秀逸なポマードであり、型崩れせず落ちない。なお、タイプによって用途は異なり、内容量が違うものがそれぞれ販売されている。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41%2BvYWxN5yL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31lMlEpkTqL.jpg
BYRD(バード) クラシックポマード 28g
価格 ¥ 2,160
オリジナルのワックスベースポマード。程よいツヤとホールド力でスタイリングを理想的にキープします。髪をバックへ撫でつけたり、髪をサイドに分けクシ目をしっかり出すクラシックスタイルにフィット。カリフォルニア・エコービーチをイメージした香り(ライム・ローズマリー・マリンのブレンド) ツヤ:★★☆ セット力:★★☆ 耐久性:★★★

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41GaaXboVZL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51Wz0tAouhL.jpg
BYRD(バード) マットポマード 85g
価格 ¥ 3,240
ふわりとしたつけ心地でありながら、しっかりとしたホールド力でスタイリングを軽やかに際立たせます。 ウォーターベースで洗い流しやすく、タイトに仕上げても一日中何度でもアレンジし直せる自在さ。 鳥の羽先のようなワイルドな毛先の動きが出せます。 カナダ・トフィーノビーチをイメージした香り (レモン・ベルガモット・乳香・ブラックペッパーのブレンド) ツヤ:☆☆☆ セット力:★★★ 耐久性:★★☆ 【使用方法】少量を手のひらに伸ばし、髪に擦りこむように塗ります。スタイルに応じて、量を加減してください。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4113IVCN-EL.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IjfYyK3dL.jpg
BYRD(バード) ライトポマード 42g
価格 ¥ 2,160
自然なツヤを出し、もとの毛流れやパーマヘアを生かしておだやかにスタイリングできるポマード。 ウォーターベースで髪になじみやすく、軽やかな仕上がりで一日中何度でもスタイリングチェンジが可能。 ノースショア・エフカイビーチをイメージした香り (レモン・ベルガモットのブレンド) ツヤ:★★★ セット力:★☆☆ 耐久性:☆☆☆

引用: https://i.pinimg.com/564x/d1/fb/58/d1fb5808fe12a5e3a76c90e483793f7b.jpg
byrdのポマードは以上3種類のラインナップが出そろっているが、それぞれ特徴が違ってくる。基本的な使い方としては、人差し指に少量のポマードをつけて手で伸ばしていく。また、櫛などがあれば、かっちりとしたセットが出来る。
その名の通り、ツヤを出してライトに使用したいのであればライトポマード。ツヤが無く、マットな質感を好む人ならマットポマード。そして、サーフィンなどで使用する際には、海の水にも流されず落ちないクラシックポマードを使用することをおすすめしたい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a4/7a/70/a47a7082dce11b469abb80c1c75ef2da.jpg
製品を使用する分には、思い通りのスタイリングを実現してくれる。強くスタイリングしてしっかりキープしてくれるbyrdのポマードだが、多少のデメリットも存在する。購入を考えているなら、デメリットもチェックしておきたいところ。
引用: https://image.freepik.com/free-vector/money-bag-background-design_1270-41.jpg
byrdポマードを使用する上で、やはり気になるのは値段。海外製というのもあるが、通常のヘアワックスに比べて、値段が高く設定されている。もちろん、サーファーが海の水に浸かっても落ちない整髪料は、他を探してもなかなかあるものではないのも事実。そのあたりに価値を感じるなら、そんなに高い買い物ではないのかもしれない。
引用: https://i.pinimg.com/564x/54/0a/a7/540aa70485f03b6951dae456329afe68.jpg
byrdのポマードはおしゃれな男性なら使いたいポマードだ。だが、日本での取り扱い店舗が少ないのもデメリットと言えるだろう。しかしながら、ラッキーなことにアマゾンで取り扱いがある。通常は、お店などで探しても見つかるものではないので、購入時はネット通販を利用して購入しよう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/hands-applying-white-liquid-soap_1098-4001.jpg
整髪料は使用後にさっと手から洗い落とせれば、朝急いでいる時でも使い勝手がいいと言えるだろう。byrdのポマードはしっかりキープする反面、セット後に手から洗い流すのに時間が掛かる。シッカリ洗い落とさない事には、手にポマードをつけたまま出かけなければならなくなる。ハンドソープなどの使用をおすすめしたいところだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/crop-hairdresser-washing-hair-of-client_23-2147778780.jpg
海水でも落ちないbyrdポマード。1日の終わりに洗い落とすのにも時間がかかるのだろうか?実はシャンプーを使えば意外としっかり落とすことが出来るので安心してほしい。髪のスタイリングをしっかりキープしてくれるbyrdポマードは、あらゆる状況でも耐えうる強さを持っていると言える。1度は試してみたい製品だ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/waves-of-the-sea-at-sunset-and-the-reflection-of-the-sun_1203-2091.jpg
byrdポマードは、サーファーたちの間で話題になった、おしゃれなスタイリングをキープしてくれるポマード。海水に濡れても、問題なくセットしなおせる強さを持っている。3種類のポマードの中から、用途に合ったものを使いたい。クールなメンズに人気のbyrdポマードでセットして、海へ出かけよう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/8a/ff/ca/8affca681323851f9f1fcb9402a03042.jpg