Smbvqzekytcqgi2gydvc

テクニック

CATEGORY | テクニック

メンヘラな男の特徴!原因や対処法|治したい人はこれだけを意識して。

2018.08.05

男性諸君はメンヘラと言う言葉をご存じだろうか?女性からするとめんどくさいと思われがちなメンヘラ男子。その原因と特徴、そして治したい人のために簡単にできる対処法をご紹介しよう!悪いところばかりじゃないメンヘラ、見方を変えるだけで自分に自信が出るかも。

  1. 原因と対処法を駆使して治したい。メンヘラ男とは?
  2. メンヘラの特徴を知る前に。メンヘラの正確な意味は?
  3. 治せるなら治したい!「メンヘラ男」と呼ばれる人たちの特徴その1:繊細である
  4. 治せるなら治したい!「メンヘラ男」と呼ばれる人たちの特徴その2:かまってほしい
  5. 治せるなら治したい!「メンヘラ男」と呼ばれる人たちの特徴その3.:自分だけは特別と思っている
  6. 治せるなら治したい!「メンヘラ男」と呼ばれる人たちの特徴その4:気分の上下が激しい
  7. 治せるなら治したい!「メンヘラ男」と呼ばれる人たちの特徴その5:しつこい
  8. 治せるなら治したい!「メンヘラ男」と呼ばれる人たちの特徴その6:嫉妬心が強い
  9. メンヘラ男のレッテルを返上したい!メンヘラ男のになってしまう原因とは?
  10. 対処を知るためにチェック。メンヘラ男になる原因とは?
  11. メンヘラを治したい!対処法はあるの?
  12. メンヘラ男を脱却!メンヘラを根本的に治す方法その1:メンヘラである事を認める
  13. メンヘラ男を脱却!メンヘラを根本的に治す方法その2:好きなことを実行に移す
  14. メンヘラ男を脱却!メンヘラを根本的に治す方法その3:自律を目指す
  15. メンヘラ男を脱却して、本来の自分を取り戻そう!
引用: https://image.freepik.com/free-vector/summer-landscape-blurred-background_1048-2745.jpg
「メンヘラ」という言葉は、最近よく使われるワードだ。基本的には女性に対して使われがちな言葉だが、男性にも使われる言葉となってきた。メンヘラ男と言われるだけで、あまりいい気分はしないところだが、自分では気づかないメンヘラと呼ばれてしまう原因があるかもしれない。また、自覚しにくい部分があるのも事実。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/stressed-man-looking-at-camera_23-2147799054.jpg
果たして、メンヘラ男の特徴とはどんなところにあるのだろうか?また、原因を知ったところで、有効な対処法などはあるのだろうか?恋愛中でも、また友達関係の中でも、メンヘラ男と呼ばれる前に、メンヘラ男の特徴をチェックするとともに、出来るだけ早く改善させたいところ。正確には、メンヘラとはどんな意味を含む言葉なのだろうか?

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/negative-human-emotion-facial-expression-feelings-closeup-portrait-stressed-young-business-man-stressed-man-emotion-portrait-alone-man_1391-590.jpg
メンヘラ 「精神疾患をわずらっている人」を指す俗語。メンタルヘルス(精神衛生)が略され「メンヘル」となり、さらに「~する人」を表す英語の接尾辞「er」がついたもの。主にインターネットスラングとして用いられている。また、境界性人格障害(ボーダーライン)を指す「ボダ」という俗語もある。

引用: https://image.freepik.com/free-photo/sad-boy-alone-in-a-room_1437-157.jpg
精神的に極端に弱い、または自分に自身が持てない人の事を指す。メンタルヘルスという言葉の変化形となる「メンヘラ」という言葉。元々はネットスラングだったものだが、リアルな世界でそんなふうに呼ばれるだけでちょっと気が悪いのもうなずける。精神障害と言うには言い過ぎな感もある言葉だ。果たして、メンヘラと呼ばれる男性たちの特徴とは、どのようなものなのだろうか?

関連記事

引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-serious-headache-male-fun_1127-2667.jpg
メンヘラな人の特徴のひとつは、繊細である事。ちょっとした人の言動や、些細な言葉に敏感であり、繊細な心を持っている。繊細であること自体は特に悪い事ではないのだが、いろんなことに気づいてしまうので、あまり細かいことを気にしない人からすれば、メンヘラな人の言動と行動が理解できず、面倒だと思われがちだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/silhouette-of-angry-man-with-his-wife-kneeling_1150-353.jpg
メンヘラの人はとにかく注目されたい、または自分だけが主役、自分だけを見ていてもらいたいといった「かまってちゃん」が多いのが特徴。それが原因となり、たとえばラインやメールでの無駄なやりとりが日常的であったり、あんまりかまってあげないとへそを曲げる、または怒ってしまう傾向が見受けられる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/handsome-man-outdoors-drinking-coffee-with-sunglasses-a-guy-with-beard-instagram-effect_1212-818.jpg
常にだれかにかまってほしいメンヘラの人は、自分を特別な人間だと信じ込んでいる。もちろん自己評価を行う事は大切であり、この世の誰もが特別であるのは間違いない。しかしながら、メンヘラの人は過剰な自己評価の高さから、周りが見えずに自己中心的になってしまう傾向がある。また、人や物事を優劣だけで見るクセもある。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-shouting-with-hands-on-face-to-one-side_1187-2948.jpg
気分の上下が激しいのもメンヘラ男の特徴。気分がいいと思って接していると、ある言葉や行動が原因で急に落ち込んだり怒ったりする。基本的にメンヘラの人は自分で自分の感情がコントロールできない、また、自分で自分の機嫌を取ることが出来ない。客観的な視点を持つことが苦手な人たちと言えるだろう。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/couple-quarrel_1163-3220.jpg
メンヘラの人は、しつこいという印象を与えやすい。なぜなら、誰かとつながっていたい「さみしがりや」の面があるからだ。相手の事は考えずに、自分が安心していたいが為に、連絡がマメになったり、自分が納得いかなければしつこく追い回すといった傾向がみられる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-tries-reconcile-with-woman_1398-4346.jpg
いつもかまってほしい、自分だけ見ていて欲しいという考えがベースのメンヘラの人は、嫉妬心も人一倍つよい傾向にある。例えば、彼女が他の男性と立ち話しているだけでも、烈火のごとく怒り狂う。または、彼女に男友達の連絡先を携帯から消すように要求するなど、理不尽かつ相手の事を考えない傾向がある。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/mountaineering-trekking-walking-extreme-tourist_1253-724.jpg
自分がメンヘラ男の特徴に当てはまると思った人も多いかもしれないが、安心してほしい。この特徴は少なからず男性の中に存在するものである。特徴をチェックしたところで、メンヘラを治すために原因をチェックしてみよう。原因が分かれば、対処法も分かってくるはずだ。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/young-businessman-hand-over-on-head-feel-stressed-about-work_1150-2662.jpg

劣等感が強い

引用: https://image.freepik.com/free-photo/concerned-career-office-success-portrait_1194-7935.jpg
人より劣っているという感覚が強いがゆえに、メンヘラの特徴が出てしまう。劣等感は、幼少時に大人に言われた言葉や、社会やメディアが植え付ける情報が原因であることが多い。もちろん全部がそうという訳ではないが、メンヘラの人は派手で攻撃的な服で着飾ったり、逆に誰もが好感を受けるような個性の少ない服装にする傾向がある。

幼少期のトラウマ

引用: https://image.freepik.com/free-photo/kid-in-funny-hat-at-trunk_23-2147770512.jpg
学生時代や幼少期にいじめにあった人なら、メンヘラと呼ばれる男になりやすいだろう。心に受けた傷がまだ癒えていないなどの理由から、自分を満たすために自己中心になったり、自分が安心したいという気持ちが強い。しかしながら、自覚している人が少ないのも事実。自分を見つめなおす作業が必要だ。また、いじめを行った側も、幼少期の足りない愛情のうっ憤を晴らすためにいじめるため、メンヘラの傾向が出やすいと言ってもいいだろう。

過去の体験

引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-slapping-forehead-near-woman_23-2147707839.jpg
過去の苦い体験から、メンヘラの要素を身に着けていく人も多い。相手や周りのアクションは、自分が原因となっている場合が多いと言われているが、自分に自信がもてないゆえに、相手から舐められるなどの経験をした人もおおいのでは。自分を守る手段として、メンヘラの要素が身についてしまうケースも考えられる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/cheerful-man-gesturing-ok_23-2147799060.jpg
本来は健全な精神状態であり、何らかの原因で回りとは違う個性になってしまうのはごくごく普通な成長と言えるだろう。しかしながら、可能であれば劣等感や過去の体験を癒して、毎日感謝や幸せを感じられるように暮らしたいもの。周りの人や出来事に対処するより、自分自身を振り返って治していくのが一番の近道だ。
メンヘラの原因に対する対処法をご紹介しよう。メンタルヘルスに関する事柄は即効性のある方法はなく、じっくり時間をかけて、思ったとおりの自分になっていくもの。あせらずゆっくり、しかし着実に、いわゆるメンヘラ男を脱却しよう!
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-smiling-with-hands-on-hips-on-gray-background_1187-3016.jpg
男と言えども、完璧な人間はいないし、完璧に強い男は存在しない。メンヘラ男を脱却する第一歩は、自分が劣等感を持っており、メンヘラ男であるという事実を認める事。もしかしたら、軽度のメンヘラ男かもしれない。そんな時でも、一切のプライドは脇において、まずは自分がメンヘラである事を認めてみる。そうすることで、次の一歩が見えてくる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/musicians-on-stage-during-a-concert_1321-453.jpg
日常の中で、果たしてどれだけの事を我慢しているだろうか?まずは、日常の中で不要な事柄や、我慢していることを辞めてみる事をおすすめしたい。自分が世間体や形にこだわるあまりに続けている、あんまり良い気分になれない不必要な人間関係も整理しよう。
そんなところに自分の人生の時間を使っている暇はない。そしてそうすることで、自分がやりたいことに少しづつでも時間を費やしていく。その結果として、劣等感からくる自尊心の無さを回復させていくことが出来る。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/man-doing-muscle-gesture_23-2147646447.jpg
ここで言う自律とは、一人暮らしをするなどの自活や自立とはちがい、自分を律する生活のこと。つまり、彼女や友達に依存しないというスタイルである。
例えば、自分の行動などから友達や彼女からうざいと思われるということは、おおもとの自尊心などのバランスを欠いて、行動がズレているという事。このバランスを取り戻すのには、自分を律する。そうすることで自分の中にある弱さと対峙して、受け入れて変えていくことができる。
引用: https://image.freepik.com/free-photo/handsome-meadow-peace-freedom-cloud_1150-1443.jpg
近年よく言われる言葉である「メンヘラ」。メンタルの弱さなどは、スポーツとは違うので、時間をかけて鍛えるという類のものではなく、本来の自分を思い出す作業なのかもしれない。複雑な過去の経験とは違い、解決方法は意外にシンプル。メンヘラ男を脱却して、本来の自分を取り戻そう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://c1.staticflickr.com/8/7378/13974181800_649e6e5ae9_b.jpg