Tgyz4dsrgiipb1zbgase

お酒

CATEGORY | お酒

シャトーの意味は?ワインにおけるボルドー・ドメーヌの違いとは?

2018.05.19

ワインの種類でシャトーから始まる銘柄のワインを目にした事があると思います。そんなシャトーと名前のついたワインの、シャトーとはどんな意味なのでしょうか。今回はワインのシャトーの意味と似た言葉のボルドーとドメーヌとの違い、オススメ銘柄や価格について解説します。

  1. ワインの種類でシャトーとはどんな意味があるの?
  2. シャトーが意味するワインは主にボルドー産だった
  3. シャトーが意味するワインでもシャトーがつかない事もある
  4. ボルドーのシャトーとドメーヌのワインの意味の違いとは?
  5. 【シャトーを意味する一級品のワインの種類】シャトー・ラフィット・ロートシルト
  6. 【シャトーを意味する一級品のワインの種類】シャトー・ラトゥール
  7. 【シャトーを意味する一級品のワインの種類】シャトー・オー・ブリオン
  8. 【シャトーを意味する一級品のワインの種類】シャトー・マルゴー
  9. 【シャトーを意味する一級品のワインの種類】シャトー・ムートン・ロートシルト
  10. シャトーを意味するその他のおすすめのワイン
  11. シャトーの意味は?ワインにおけるボルドー・ドメーヌの違いとは?のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/09/d1/9c/09d19ce1185e4fa51d165125e784bc0e.jpg
シャトーと名のつくワインを見かけたことがある人は多いと思いますが、そのシャトーにはどのような意味があるのかというと、簡単に説明すれば生産者と言う意味です。例えばシャトー○○というワインの銘柄にだとすると、○○という生産者が作っているワインだということです。またシャトーはフランス語で、城という意味があります。お城のような所でワインを作っていた事から、ワインの名前にシャトーがついたと言う説が濃厚です。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/0c/0a/80/0c0a80a0512c13fd93eddb04084442cc.jpg
そんなシャトーと名前がつくワインは主にボルドー産のワインが多いことにお気づきでしょうか。ボルドー地方で作られたワイン以外にも、銘柄にシャトーがつくこともありますが、ほとんどはボルドー産になのです。またシャトーの名前がついたワインは、ボルドー地方の他で作られることはありますが、フランス以外で造られたものにその名前は付きません。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1d/ec/b5/1decb581b346e072ea9c958c26271e18.jpg
主にボルドー地方で作られているワインにはシャトーの名がつきますが、全てのワインにシャトーの名がつくわけではありません。ボルドー地方で作られているワインの中でも、シャトーがつくワインは最高品質のワインだとされており、シャトーと名がついたワインをファーストラベルと呼びます。

シャトーがつかなくても一級品のボルドーワインもある

引用: https://i.pinimg.com/564x/0a/19/10/0a19100549bdec418a04d878f8c3ae34.jpg
シャトーは最高品質のワインにつけられますが、シャトーがつかなくてもボルドー地方で作られているワインの中には、一級品のワインも存在します。ボルドーで作られているワインにはファーストラベルの他にも、セカンドラベル、サードラベルなど5段階に分けられています。ファーストラベルを脅かすようになると、スーパーセカンドと呼ばれる一級品にも劣らない最高品質のワインになることもあるのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1c/fd/df/1cfddf43fbd95dc697b2842b34713ea3.jpg
シャトーはボルドー地方で作られたワインになりますが、シャトーと並びドメーヌもよく聞くワインの種類です。そんなドメーヌとシャトーの意味の違いについて解説します。

ドメーヌはブルゴーニュのワイン

引用: https://i.pinimg.com/564x/e8/b2/60/e8b2602e548f7d96a2b423a30d8713d0.jpg
シャトーは主にボルドー地方で作られているワインですが、ドメーヌはブルゴーニュ地方で作られているワインを意味します。シャトーもドメーヌも同様に、ブドウ畑を所有してワインを作り出していますが、その地方によって名前が変わってくるんです。

所有地を意味する

引用: https://i.pinimg.com/564x/28/c8/fe/28c8fed90fcddaa53b0096d970131298.jpg
シャトーの場合はお城を意味しますが、ドメーヌの場合は作られている地方だけでなく、所有地を意味しているのです。シャトーの場合は大規模な設備でワインを作り出していますが、ドメーヌのほとんどが小規模で作られていることが多く、そのほとんどが家族経営が多いという違いがあるんです。

ドメーヌは少し複雑なワインでもある

引用: https://i.pinimg.com/564x/b0/82/47/b082474098eb40d2788f91a37305ecd9.jpg
またブルゴーニュで作られているドメーヌは、シャトーと違い少し複雑になっているんです。シャトーの場合は大規模の設備で作られているので、シャトー○○という銘柄は世界に一つしかないのですが、ドメーヌの場合は小規模で作られていることもあるので、ドメーヌ○○という銘柄であっても、それぞれのワインに違いが出てくるんです。これは自分たちの領域でそれぞれ作っているのも関係しているともされています。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/55/19/a0/5519a052d67010ae148bdecff3ef4809.jpg
そんなシャトーを意味する一級品のワインの種類には、シャトー・ラフィット・ロートシルトという銘柄のワインがあります。シャトー・ラフィット・ロートシルトは一級品のワインということもあって価格は、およそ12万円ほどして、シャトーの中でも価格が最も高いワインとなっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/77/4e/60/774e60af3210a28ca62d6cdfb200ed03.jpg
次の一級品のシャトーには、シャトー・ラトゥールという銘柄のワインがあります。シャトー・ラトゥールも価格帯が高く、およそ9万円もしますがその最高品質の味わいを楽しむことができるワインとなっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ec/fa/05/ecfa05f8734b1ef81270a34850f3558c.jpg
シャトーを意味する一級品のワインの種類には、シャトー・オー・ブリオンもあります。上記で紹介してきたワインよりも比較的に安い価格のワインとなっていますが、その味わいは一級品のワインの種類の中でも最も香りが高いワインとされています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c7/0d/0d/c70d0db7daa4a9fc248f9605d91b9477.jpg
シャトーの名がつく一級品のワインには、シャトー・マルゴーとい銘柄のワインもあります。その価格は平均して8万円ほどとなっており、日本で最も知られているワインの種類になります。また価格が高いワインでもありますが、その豊潤な甘みの特徴があることから、ボルドーの宝石とも呼ばれているワインでもあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2f/f8/31/2ff8316fe810a0e4a6ada4e48c107a45.jpg
シャトーを意味する一級品の最後のワインには、シャトー・ムートン・ロートシルトという銘柄のワインもあります。シャトー・ムートン・ロートシルトの価格はおよそ6万~7万円ほどとなっており、他の一級品のワインに比べると比較的に安い価格で展開されています。もともとはセカンドラベルのワインでしたが、ファーストラベルに昇格した人気のワインとなっています。
引用: https://i.pinimg.com/564x/aa/5c/92/aa5c92c1d36c49faaf3322f11002aaba.jpg
シャトーを意味する一級品のワインは、最高品質なだけあって、そのワインの味わいを楽しむことができますが、一級品のワインの他にもその豊潤な味わいを楽しむことができるシャトーのワインもあるんです。こちらではそんな一級品のワインの他にもおすすめのワインを以下に紹介していきます。

シャトー・ローザン・ガシー

引用: https://i.pinimg.com/564x/3b/fe/04/3bfe0414669f63fa8049102eeb875a9f.jpg
一つ目におすすめするワインは、シャトー・ローザン・ガシーです。シャトー・ローザン・ガシーはセカンドラベルに見合わない味わいを楽しむことができ、現在でも改革が進められているワインでもあります。

シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ

引用: https://i.pinimg.com/564x/35/d4/19/35d41947e6cf492e4fda2f40d75c54fe.jpg
次におすすめするワインは、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズです。シャトー・レオヴィル・ラス・カーズはスーパーセカンドを代表するワインでもあり、そのクオリティーの高さを実現したおすすめのワインです。

シャトー・レオヴィル・バルトン

引用: https://i.pinimg.com/564x/43/6c/49/436c495b4daf51fc17755695ff2f2fa0.jpg
シャトー・レオヴィル・バルトンは、近年注目されてきているワインとなっており、セカンドラベルの中でも人気の高いおすすめのワインです。その味わいはまろやかで、フルーティーさも感じさせてくれるおすすめのワインとなっています。

シャトー・デュルフォール・ヴィヴァン

引用: https://i.pinimg.com/564x/9a/ce/e8/9acee8ae103555427e68417023d767e5.jpg
次におすすめするワインは、シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンです。シャトー・デュルフォール・ヴィヴァンはセカンドラベルになっていながらも、良心的な価格で展開されているので、シャトー初心者にもおすすめしたいワインとなっています。

シャトー・グリュオー・ラローズ

引用: https://i.pinimg.com/564x/8f/60/a8/8f60a832feaa28402653e2efbd31c526.jpg
最後におすすめするワインは、シャトー・グリュオー・ラローズです。シャトー・グリュオー・ラローズは代々引き継がれた製法で作り出されており、その豊潤な味わいを楽しむことができるおすすめのワインです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ad/25/da/ad25da60684ce46490b1dac30853d6d9.jpg
シャトーの意味やドメーヌとの違いはお分かりして頂けましたか?シャトーは主にボルドーで作られたワインになっており、最高品質のワインにシャトーとつけられていることが多いとされています。今回はそんなシャトーの意味や一級品のワインなどを紹介してきました。そんなシャトーの味わいを実際に味わってみて、そのワインの世界を楽しんでみるのも良いと思いますよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/c4/6d/b4/c46db4ada0d48b1fac336b4884bbf806.jpg