A4c9trwjrh6wxpt6glq5

雑貨

CATEGORY | 雑貨

ロードバイクのスマホホルダー特集!落ちないものを紹介!【防水】

2018.05.20

ロードバイクに乗るとき、スマホはどうしていますか?今回は防水機能などを持った便利なスマホホルダーをご紹介します。スマホホルダーは簡単に自作もできますので安全運転のためにもスマホ見ながらなどの運転は避けロードバイクのステムにはスマホホルダー付けましょう。

  1. ロードバイクのスマホホルダーのおすすめは
  2. 落ちないロードバイクのスマホホルダー
  3. ロードバイクのスマホホルダーの防水効果は?
  4. ロードバイクのスマホホルダーの防水対策自作
  5. ロードバイクのスマホホルダーはステムに取り付け
  6. ロードバイクのスマホホルダーの選ぶポイントは【ポイントは5つ】
  7. ロードバイクのスマホホルダーの取り付け方は簡単?
  8. ロードバイクのスマホホルダー【防水防塵耐衝撃モデル】
  9. ロードバイクのスマホホルダー【バッテリー搭載モデル】
  10. ロードバイクのスマホホルダー【まとめ】
Uravlfpgxeviqfhrwwlx
引用: https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000486.000011495.html
引用: http://neomens.tokyo/wp-content/uploads/2016/07/IMG_0033.jpg
最近はスマホでgoogleマップやナビアプリなどで便利に自転車でも徒歩でも利用できるナビが多くありますね。しかし歩きスマホはまだ規制は無いですが自転車でスマホ片手に運転は禁止されています。自転車でももしスマホをナビ代わりに使うのでしたらステムに固定したりしてスマホが落ちないように工夫しなければいけません。特にロードバイクでナビ代わりにスマホを取り付けるのであればスピードも出るためかなりきっちりとステムに固定しないと落ちてしまいますね。スマホを落ちないようにスマホホルダーを買うのか?若しくは自作するのか人それぞれと思いますがどのようなスマホホルダーが良いかみていきましょう。
引用: https://www.cycling-ex.com/wp-content/uploads/2014/07/140723_minoura.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Eoxf4XyoL._SY355_.jpg
まずロードバイクにスマホフォルダーを取り付けるには絶対に条件として落ちないように取り付けないといけません。ロードバイクは普通の自転車と違いスピード感も全く違ってきます。ロードバイクはスピードをだしますのでスマホホルダーを取り付けるためにはまずは固定場所を決めましょう。ロードバイクでスマホをどこに取り付けるか?ですが見やすくて便利な場所はステムですね。ロードバイクのステムに取り付けることで必最低限で見れるので安全面でもおすすめします。またスマホが落ちないようにしないといけませんのでステムに固定してから自作で落ちないように冶具を作らないといけないかのしれませんねロードバイクのステムに固定するのが一番ベストのようですね。

関連記事

引用: https://iwiz-chie.c.yimg.jp/im_siggiNiAC2zxLRp6i8y8AbetpQ---x320-y320-exp5m-n1/d/iwiz-chie/que-14149140999
引用: https://shop.r10s.jp/ipow/cabinet/05096076/imgrc0070752338.jpg
ロードバイクに乗ってステムにスマホホルダーを付けると防水効果はどのよううになるのでしょうか?ロードバイクですので必ず防水効果が問題になっています、防水性能はどうでしょうか?防水性能は基本的にスマホの性能がそのまま防水効果になります。スマホフォルダー自体は基本敵に濡れても全く問題はありません。しかしスマホフォルダーを付けてスマホを搭載するようでしたらスマホが防水効果があるにしても濡らさないことに越したことはありません。
引用: https://jibundeyarou.com/wp-content/uploads/2018/03/s-smanavi315.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRJpokcEjNv8m-n0LsQCjf8480SLtWlvQVoraclMpJN2mklikUe
ロードバイクでスマホホルダーに固定するスマホが防水機能が付いていない場合は防水対策が必要ですね。防水対策はスマホホルダーのオプションなども無いためスマホホルダーに雨がかからないように工夫して自作すると良いですね。雨に濡れないように考えないといけません。泥除けのような簡易的な物でも大丈夫ですがロードバイクはスピードがでますので防水対策の自作は血行手が込んだものを作らないといけないですね。最近のスマホであればほとんどが防水機能が付いているため便利ですね。防水機能が付いていないスマホとこういう時に比べると防水機能は馬鹿にできないですね。
引用: http://cdn.cyclist.sanspo.com/photos/2013/04/onroad.jpg
引用: http://2.bp.blogspot.com/-HqjVWBRROjs/VdKRxd-JngI/AAAAAAAAYeo/eq7ppLvi8N8/s1600/71HAuRFJ8DL._SX425_.jpg
ロードバイクでスマホホルダーを付ける時にはどこにつけますか?一番つけやすいのはステムに取り付けると便利ですね。スマホはロードバイクで使うとしたらナビ代わりに使う人が多いでしょう。もしお決まりのコースでしたらストップウォッチ代わりにも使えますね。ロードバイクでスマホフォルダーを付けて走っている人は大抵この2パターンのどちらかの使い方をしていますね。ロードバイクでは自動車同様で片手で運転中スマホ操作は禁止されていますのでスマホホルダーは必須ですね。またステムに取り付けると防水対策を自作しやすいですし見た目もいいですしスマホが落ちないように安定した固定ができるのもステムへ取り付ける方法ですね。スマホに防水機能が付いていない場合は突然の雨に備えて防水対策を自作しておくと良いでしょう。防水対策でカバーを自作している人は意外と多いようですね。
引用: https://i0.wp.com/jitensha-hoken.jp/blog/wp/wp-content/uploads/2015/06/11595b7df371d7939119055afa4ba2df.jpg?resize=640%2C340&ssl=1
引用: https://shop.r10s.jp/adelphos/cabinet/04/3.jpg
ロードバイクでスマホホルダーを取り付けることにしたのは良いですがスマホホルダーも種類がたくさんありますね。スマホホルダーを選ぶ時の選び方のポイントを5つしっかり押さえて選ぶといいでしょう。まず1つ目はスマホホルダーに取り付け可能なスマホの機種確認です。これは必須ですね。スマホの機種が記載されてなければスマホホルダーに取り付けができませんので注意です。2つ目は自分のロードバイクのハンドル幅に合うかどうかです。この幅に合わなければ取り付けできません。3つ目は走行中の安定性ですね。安定性は取り付けないと正直なところ分からないですが、ネットなどの口コミを参考にしましょう。4つ目はこれは意外と重要です。防水機能です。スマホに防水機能があれば気にしなくても良いですがまだまだ防水機能が付いていないものも多くあります。防水機能は大切ですね。最後に5つ目は価格です。ロードバイクに付けられるスマホホルダーも種類豊富です。価格はご自身で納得いくところで選びましょう。
引用: https://shopping.c.yimg.jp/lib/photolife/b061-top3.jpg
引用: https://ic4-a.wowma.net/mi/gr/114/whitenuts.sakura.ne.jp/itemimg/r_back/cabinet/accesary/holderonetouch_01.jpg
ロードバイクにスマホホルダーを取り付ける時に取り付け方はどうすればいいのか?自分でできるだろうか?と不安に思うこともあるでしょう。結論から言うとスマホホルダーの取り付け方は2アクションで終わります。簡単です。またおすすめの簡単なスマホホルダーはティグラスポーツのマウントケースシリーズは簡単です。取り付け方は押して回すだけで取り付けできます。また種類メーカーによっては取り付け方が異なります。しかしロードバイクのステムに取り付けるのでしたらどのメーカーも簡単に取り付けできるものばかりです。
引用: https://image.rakuten.co.jp/lauda/cabinet/item/bikebravo.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/lauda/cabinet/item2/tigra/bc-smart-pc-07.jpg
ロードバイクにおすすめのスマートホルダーの商品のご紹介を少しします。まず対応機種がiPhoneSE/5S/5/6/6sPllus、iphone6/6s、iphone7/7Plus、GalaxyS7edgeと対応しております。このスマホホルダーは走行中の安定感が抜群であり、防水防塵耐衝撃モデルでありますので雨の日でも大丈夫ですしロードバイクでスピードを出している時の安定感も抜群です。またロードバイク以外でもマウンテンバイクなどのオフロードを走る時でも問題なく使うことができます。このスマホホルダーは優れものですね。お値段は参考価格で税込4980円前後で販売されています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61acEeLqj0L._SY355_.jpg
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/l/gorix_smfone_2
次にご紹介するスマホホルダーは大容量バッテリー付きです。自動車ではスマホの充電は出来ますがロードバイクではスマホホルダにつけっぱなしで充電の発送は無かったと思います。なかなか便利なアイテムです。ロードバイクで長時間走る方はナビを使用しているとGPSも使っているためバッテリ消耗が早いですよね。iPhoneの充電であれば1.5回から2回のフル充電ができます。環境により充電は左右します。長時間運転する人には必須アイテムで便利なスマホホルダです。お値段は少し高くなりますが参考価格で税込9800円前後で販売されています。

関連記事

ロードバイクではナビ代わりに最近ではスマホを利用している方がほとんどです。安全面のことも考えてナビ代わりに使用する時はスマホホルダーが必須ですね。安全運転で周囲の安全確認もしながらロードバイクを楽しみましょう。また最近では充電ができるタイプの物もあるため長距離でロードバイクを使って旅もできますね。スマホホルダーは他にもたくさん出ていますので色々と見比べて購入することをお勧めします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://healthcare.itmedia.co.jp/hc/articles/1507/02/news024.html