Cdmaedyhuhahqjrwggwm

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

読書管理におすすめな記録方法は?日記で付けるのが良い理由。

2018.05.20

本を読んでいると時々2度同じものを買ってしまうことはありませんか?そのような方におすすめなのが読書管理です。最近ではスマホやPCで日記のように読書を記録する読書管理アプリというものも出ています。今回は読書管理のためのおすすめアプリをご紹介

  1. 読書管理はできていますか?
  2. 読書管理におすすめアプリ【読書管理ビブリア】
  3. 読書管理におすすめアプリ【ブックフォワード】
  4. 読書管理におすすめアプリ【シンプル読書記録】
  5. 読書管理におすすめアプリ【読書メーター】
  6. 読書管理におすすめアプリ【蔵書マネージャー】
  7. 読書管理におすすめアプリ【Readee】
  8. 読書管理におすすめアプリ【ブクスラップ】
  9. 読書管理におすすめアプリ【ブクレコ】
  10. 読書管理におすすめアプリ【まとめ】
Wrkpwk1xy8i3sdhubrkw
引用: http://cloud.comlog.jp/staff/744.html
引用: http://projectras.com/wp-content/uploads/2014/12/20131009_news_img01.jpg
読書をしていると夢中になってしまいますよね。しかも次の巻へ続く場合は特に気になり発売日には即買いすると思います。しかしそのように楽しみにしている本が何冊もあると、これ買ったかな?っと迷いつい買ってしまうこともありますよね。そして最近ではインターネットで注文したりして同じものをまた買ってしまいダブった方はガッカリしますよね。多くの本は返品不可の場合が多いため古本屋に売るしかないけどもったいないと思ってしまい結局は2冊保管したままとかありがちですね。こういったミスをなくすためにも便利な読書管理ができるアプリが今はあります。読書管理ができるアプリを見ていきましょう。

関連記事

Cn2p4qtccmu18vyci38z
引用: http://boom-app.com/entry/biblia
引用: https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FLeafhide_woman%252FLeafhide_woman_news_euEdDunhGc_1_s.jpg,quality=70,type=jpg
まず最初にご紹介する読書管理ができるアプリですがビブリアという読書管理アプリです。この読書管理アプリは読んだことがある本を記録することができるとても便利なアプリです。このようなアプリを使っていると本を買う前にJANコードで検索してその本の情報を見ることができます。その本を読んだことがあるならば読んだときに記録しておきます。そうすると検索のときに読んだことが分かります。また、このビブリアは読んだ本の記録だけではなく、読んでみたいなぁと思っている本も記録しておくことができますので書店に行ったときに確認すると忘れることなく探すこともできますし、また読み終えた本の2度買いも防止できますね。
Lh6xznyxbi1u6wqcbsev
引用: https://bookforward.jp/
引用: https://lh3.googleusercontent.com/4V_4qoqcr89OPn0EpQAq_pIWLckURLYopySAyFhq96Km3sJtgLnmyrFh7wBa22qLxK0
次に紹介する読書管理アプリは「ブックフォワード」という読書管理アプリです。こちらの読書管理アプリは先ほどのビブリアと同様に読んだ本の記録もできますが読んだ本だけではなくデーターベース検索やシリーズ検索などができます。また便利な機能は「新刊キーワード」というものもありシリーズものなどを登録しておくと新刊が出てマッチした時に通知してくれる便利な機能です。またメインでもある読書管理もきっちりとできるアプリですので1ヶ月ごとに何を呼んだのかわかるだけではなく出版社や著者ごとに分けることができるため本をダブって買うことはまずなくなりますし、この本の著者は誰だったか?などもすぐにわかるため便利な読書管理アプリでおすすめです。
Upigrlvfjhmgombufd9v
引用: https://yoyaku-top10.jp/u/a/MTczMzc
引用: https://image.yoyaku-top10.jp/uploads/capture/image/7489/7/9064d99f-5d53-4a93-9523-bcad57357a3c.jpg
次にご紹介するアプリはシンプル読書記録アプリです。このアプリは本当にシンプルな読書した本を記録していくアプリです。登録の仕方で作者検索などもありますがどちらかというと読書していった本の日記のようなものをつけていく管理といえますね。読んだ本を記録する時に5ツ星などの評価ができたりとかもするので日記感覚でしていただけるといいですね。更にこちらのシンプル読書記録ではカレンダーがあり、いつ何を呼んだかを記録していけます。記録した内容は削除しない限る消えることがないため日記をつける感覚で記録していきましょう。日記をつけたことが無い方は読書をした後に日記のようにしてその時思った感想を添えて記録していくと重しと胃かもですね。
引用: https://bookmeter.com/assets/common/login_main_visual-6ecfd853bea3ec17781d7c13ec18fac6b7d147b1b69dd673a234a620319b04e4.png
Ngnschdatsq3ytx27fje
引用: https://akahoshitakuya.com/archives/3814
次にご紹介する読書管理におすすめの読書管理アプリは読書メーターです。こちらのアプリも他のアプリ同様に読んだ本の記録をしていけますがトータルの読書数のグラフなどが使えます。特徴としてはおすすすめの本屋ランキングといったジャンルから読みたい本を探すこともできます。更に読みたい本がある時は検索機能を使って色々な検索方法が備わっています。このアプリはSNSを使っている間隔で簡単にできますのでおすすめです。読者メーターはSNS感覚、つまり日記のような感じで使っていくこともできますので本をダブってしまうことも防げますね。
引用: https://lh3.googleusercontent.com/8WDGaJgy6WfuhL9PBS7wcMb0YCPmgmHYTIKTWmxFvdG3jQK6qJCOl-Ce2Ri-IK_MAw=w3000-h1642-rw
引用: https://lh3.googleusercontent.com/SZnSu_EFB4NMdwQpNO2_EWkugp-AqYxgsIvPgQWhHw82Te2JbOaqrZviDFMBe6j6iw=w3000-h1642-rw
次にご紹介する読書管理アプリはバーコードで簡単に誰でも登録ができる蔵書マネージャーという読書管理アプリです。こちらの読書管理アプリはダブルことなく管理したいだけでしたらバーコードで読んだ本を登録していけば確認できますので便利なアプリです。バーコード読み取りはもちろんですがその他はISBN、WEB検索といった検索をして登録する方法と手動で登録する方法とがあります。また読書データーとして1ヶ月で何冊読んだのかなどのデーターもでてきますので1ヶ月にどれぐらいのボリュームの読書をしているのかがグラフでも見ることが可能です。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/SikisimaHisayuki/20160320/20160320053334.png?1458419661
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/SikisimaHisayuki/20160320/20160320063444.png?1458423329
次にご紹介する読書管理アプリは「Readee」という楽天が提供している読書管理アプリです。楽天といえば楽天ブックスが有名ですが楽天ブックスとの連携ができますので楽天ブックスから購入した場合は自動で登録されていきます。他のアプリにもある機能も同様でバーコード検索機能や新刊情報の入手も可能です。また書籍ジャンルごとに分けたりもできるため利用者は使いやすいし見やすいですね。楽天ユーザーは特におすすめです。次世代型読書管理アプリとして新刊情報なども勿論ありますし他のアプリにある機能は大抵付いています。またこのアプリの特徴は電子書籍にも対応していることが特徴ですね。
引用: https://lh3.googleusercontent.com/wqc2nSkbftvaj62mA2-99lcf6e8fce4mLio_40G_fiMBlY9ifQCU50khQM_V3wNSnHs
引用: https://lh3.googleusercontent.com/1K2p6JAn5vc3UVxlBf_XgJKdWXEhEdJFDspIuvMAbOucLNlwpjdHCvIsZ4lyyFzvOFg=w230
次にご紹介する読書管理アプリはブクスラップです。ブクスラップは一度読んだ本を読み返すことを目的として考えられたアプリです。ですのでこちらに読んだ本を登録することで定期的にリマインドもあるため、また読んでみようかなという気にもなれますね。また一度読んだ本をもう一度買ってしまうということは無くなることでしょう。またこのブクスラップの特徴でもありますが自分だけではなく他ユーザのブクスクラップも見ることができるため友達同士の情報交換や話題造りで話を盛り上げることができるアプリでもありますね。
引用: https://liginc.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/bookreco.png
引用: http://livedoor.blogimg.jp/naokis1/imgs/3/4/34f5ac1b-s.png
最後にご紹介する読書管理アプリはブクレコです。このブクレコの特徴は今話題のSNSとの連携もできFacebookやTwitterアカウントでログインでき、ISBNバーコードの簡単検索もでき自分自身のアプリ上の本棚に本を追加していくことができます。また他のお友達などが面白い!とかこの本感動した!とか言われて自分も読みたい!と思った時に予約もできます。またブクレコを使いながらほんのレビューをスマホから投稿できたしますしおすすめの本を周りに勧めたりもできるとても便利なアプリです。このアプリをつかっていると一度読んだ本は絶対に忘れることは無いでしょうね。

関連記事

読書管理アプリをいくつかご紹介しましたが最近は電子書籍も多く出版されています。普通の本と違いPC,スマホ、タブレットで見ていくことができるため読書が面白くなっていきますね。普段から本を読まない人も読書管理アプリを導入したら読み返しをしたい本や一度読んだ本、探している本、新刊を通知してくれたりと便利な機能がたくさんついています。読書が趣味の方の多くの方々は今まで同じ本を買ってしまったりミスをしたことがあると思いますがこのような読書管理アプリを利用することで2度買いのミスはなくなり更におすすめの本や新刊通知もあり、SNSとの連携で友達との話題造りにも使えるためおすすめです。使ったことが無い方は一度ご利用してみてはいかがでしょうか?日記のように登録していくタイプの読書管理アプリもありますので便利で楽しいですよ。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1526548457/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL3lvc2hpY2hpaGEuY29tL3dwLWNvbnRlbnQvdXBsb2Fkcy8yMDEzLzA2L2Jvb2tzXzAwMV8yMDEzMDYwOV8yMTE2NTkuanBn/RS=%5EADBML.KANX_ox_jIC4IIoF20OJCsN0-;_ylt=A2RinFdp9vtaGm8AcS.U3uV7