// FourM
Otf6bm4jalktcanp6ytj

バイク

CATEGORY | バイク

バイク用携帯ホルダー!おすすめの充電可・防水品がドンキで買える?

2018.05.19

バイクライダーは、おすすめ携帯ホルダーなどあれば、もっとツーリングなど充実して楽しいと感じるのではないでしょうか。ドンキなどで買え、タンク、デイトナといったバイク携帯ホルダーはみなさんにおすすめしたいアイテムです。充電可能やや防水タイプのものあるのです。

  1. バイクおすすめ携帯ホルダー
  2. おすすめバイク携帯ホルダーの種類
  3. 【ドンキで買える!タンクやデイトナなど、充電可や防水タイプも】おすすめ携帯ホルダーをあらかじめ調査する
  4. 【ドンキで買える!タンクやデイトナなど、充電可や防水タイプも】おすすめバイク携帯ホルダーの「汎用性」に注目
  5. 【ドンキで買える!タンクやデイトナなど、充電可や防水タイプも】バイク携帯ホルダーをドンキで購入
  6. 【おすすめバイク携帯ホルダーはコレ!ドンキで買える!タンクやデイトナなど、充電可や防水タイプも】 KOMOTU バイクスマホマウントホルダー
  7. 【おすすめバイク携帯ホルダーはコレ!ドンキで買える!タンクやデイトナなど、充電可や防水タイプも】Barsado USB電源付きバイク用スマホホルダー
  8. 【おすすめバイク携帯ホルダーはコレ!ドンキで買える!タンクやデイトナなど、充電可や防水タイプも】デイトナ
  9. 【ドンキで買える!タンクやデイトナなど、充電可や防水タイプも】バイクの携帯ホルダーをタンクに
  10. バイク用携帯ホルダー!おすすめの充電可・防水品がドンキで買える?まとめ
引用: https://img.webike.net/catalogue/10054/79351_1_l.jpg
バイクに乗っている人たち、携帯・スマホホルダーなどあればきっといいと感じることでしょう。なによりも、そのようなアイテムがあれば、いちいち地図を取り出してチェックする必要がありませんし、 ハンズフリーでスマホで全部こと済んでしまうことでしょう。 デイトナなどメーカーにも拘りを持ちたいですし、タンクバッグという選択肢はどうでしょうか。 
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTccKENpdF7PkKL7dAr6_sLqAOWnzKRDuj4lDF7fBcjO-_gdGTS
単に、携帯ホルダーを買えばいいということではなく、クランプ型・ポーチ型・ゴム型など種類があって何を購入していいかわからないという人たちもいるかもしれません。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRkC4Rsk6ZzVzs0lw3ZVg3QrfSqin7SD5IA-ylPPc6vDhjTC9NotQ
おすすめ携帯ホルダーでなくても、バイク専用のナビゲーションというのも方法でしょう。しかし価格が高いからまだまだ購入できないという人たちが結構多いようです。そのような意味でも携帯ホルダーを購入して、スマホを使うというのが手っ取り早い手段です。その前にしっかり携帯ホルダーのタイプについて確認しておきましょう。
引用: https://www.bolt.co.jp/bike-mount-system/contents/how-to/b/mount_select_0001.jpg
まず、おすすめバイク携帯ホルダーには、クランプ型があります。クランプ型は、スマホを四辺のクランプでしっかり挟み込む方法のモノを言います。このタイプを選択している人たちが一番多いようです。しかし、雨や雪に晒されてしまうリスクも相当高く、防水スマホならいいかもしれませんが、天候によって使用できないシーンにも遭遇してしまうことがあります。衝撃や振動でクランプが緩んでしまうということもあるかもしれませんので、どのようなスマートフォンを使用しているかということも、しっかり配慮して、そのようなタイプのものを使うようにしてください。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRUBMEEWlUr6-IHNbNYVuJZJpZDbkhPF-CqUuRF5gIG9i7x4nlPDg
さらに、ポーチ型は、マウントにビニール製のポーチがつき、なかにスマートフォンを収納します。ロングツーリングに、このような携帯ホルダーを求めている人たちもいますが、いちいちチャックを開ける必要があって、それが面倒くさいと思っている人たちは少なくないです。しかし、スマートフォンはむきだしではないので、守られている安全性から支持している人たちはいます。防水と言う問題でも、このような携帯ホルダーなら結構救われるシーンもあるでしょう。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/006/806/536/6806536/p1.jpg?ct=2b6760808613
そして、ゴム型の携帯ホルダーがあります。ゴム型の携帯ホルダーは、クランプ型に強力ゴムをプラスα採用し、しっかりスマートフォンを固定することができます。 ホールド力は高いということに大きなメリットがあり、かつ、簡単に取り外すことができ、多くの人たちが支持しています。 発色の良いカラフルなゴムを使用して、見た目もいいから、このようなタイプを選択している人たちも大勢います。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTxBLOIRkuBewod-JyWHstHlJa0NYzi-cgoGpJvehNwIrQ6xI3z

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRudiX-C-uW-nUCSn4g39U0kHtS_Xy_hnXqhaP3R1tcv6AnH7KmWw
そして、おすすめバイク携帯ホルダーは、金属製というのもいいでしょう。携帯ホルダーには、マウント部分がプラスティック製やマジックベルトのものが多くありますが、そのような選択肢では脱落してしまうリスクを抱えることでしょう。ですから、マウンド部分は金属性のものがいいという考えもあります。
どのようなものでも、バイク携帯ホルダーなら取り付け問題なしと考えることにはちょっとリスクがありそうです。どのような携帯ホルダーを購入するかは、やっぱりみなさんそれぞれが考えるべき問題です。 自分のバイクのハンドルの直径をあらかじめ計っておくということもしなければならないですし、実際に取り付け出来るかをチェックしなければなりません。
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcR1cNWx3M4ybr0sovm14CqQZpsIYbeTEh8KkAMDRnyoPy-Q1a1_
もしも、ハンドル径が小さいという場合はクッション材などを挟めば取り付けられることもあるので、お店の人たちにいろいろと相談してください。携帯ホルダーは、どのタイプでも多少の融通を効かせることができますが、安全性のこともしっかり考え、「汎用性」に注目するべきです。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/005/685/116/5685116/p1.jpg?ct=bea6c577350c
引用: https://i.ytimg.com/vi/d0tfKsFqd6s/maxresdefault.jpg
おすすめバイク携帯ホルダーをドンキで気軽に購入する人たちもいます。 ドンキなら、結構安い商品も見つけることができるかもしれませんが、大事なのはみなさんがどのような携帯ホルダーを購入するかです。ドンキで一番安いものを買えばいいという発想はあまりおすすめではありません。みなさんに、携帯ホルダーを購入するにあたり、注目して欲しいのは、防水性であったり、安全性の問題です。
引用: https://hirohiro-news.info/wp-content/uploads/2015/12/DSC_0005-e1491307760273.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71teGgYgOdL._SY355_.jpg
ドンキもいいですが、みなさんはどのような携帯ホルダーを購入するかということをまずは意識するようにしてください。魅力的な防水性を備えたKOMOTUのポーチ型スマホホルダーなど、ドンキレベルで購入できるといいですが。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71v0ZxRnkTL._SY355_.jpg
スマートフォンがしっかり防水で守られているとかなりみなさんに安心感がもたらされます。 KOMOTU バイクスマホマウントホルダーには、ポーチ型ならではの防水性とクッション性があります。 ツーリングライダーやオフロードライダーなら、ドンキでもいいですが、このあたりのレベルまではもっていくべきです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Wqke9OSQL._SY355_.jpg
そして、Barsado USB電源付きバイク用スマホホルダーという選択肢も、急速充電防水仕様でおすすめです。【Barsado】 バイク用 スマホホルダー USB 電源 ON/OFFスイッチ 付属 2.4A(5V / 2.4A) 急速充電防水仕様 スマートフォン ホルダー バー マウント 多機種対応!! ラバーグリップ2枚付属 Ba2156は、さらに、充電という難題を解決してくれようとしています。まさに、防水と充電という問題は、携帯ホルダーの課題です。
引用: https://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/parts/000/007/957/841/7957841/p1.jpg?ct=84732e6b3ad0
そのような問題を解決できるアイテムに出会うことができればいいですが。【Barsado】 バイク用 スマホホルダー USB 電源 ON/OFFスイッチ 付属 2.4A(5V / 2.4A) 急速充電防水仕様 スマートフォン ホルダー バー マウント 多機種対応!! ラバーグリップ2枚付属 Ba2156は、かつ、充電機能を搭載した使い勝手No.1のスマホホルダーなのです。みなさんは、安易な携帯ホルダーをドンキで購入してしまうと、スマートフォンが充電切れを起こして、そのとき慌ててしまったため事故に遭遇してしまったということが起こるかもしれません。
このようなおすすめ携帯ホルダーがあれば相当安心することができます。 アプリを使用しながら充電も同時にしてくれる優れものなので、ツーリングライダーに超おすすめです。
引用: http://www.daytona.co.jp/pict/series/35/1_145766613833172700_1_askvr_l.jpg
おすすめバイク携帯ホルダーを購入するとき、このメーカーがいいという場合もあるのではないでしょうか。デイトナの携帯ホルダーを支持している人たちもいます。バイクアクセサリー用品メーカー老舗 デイトナを信頼するというモチベーションも結構正しいでしょう。
引用: https://www.rakuten.ne.jp/gold/zerocustom/special/daytonaholder/w_q0.jpg
デイトナの携帯ホルダーに注目をすれば、スマホの大きさに合わせて調整が可能で、iPhone6plusやiPhone7plusなど大きいサイズにもしっかり対応させることができます。 リジットタイプとクイックタイプの2通り発売されており、リジットタイプはレンジで固定させ、手間はちょっとかかるかもしれませんが、盗難防止という意味では、このような選択肢が正しいでしょう。 デイトナ支持者の方々は、デイトナ(DAYTONA) スマートフォンホルダーWIDE IH-550D リジット 92601のようなアイテムを選択しています。
引用: https://d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net/f/16782548/rc/2017/08/02/52b899b7110bc9f4b25046b5500f9932f3e3b4c6_xlarge.jpg
タンクバッグにスマホを入れるという人たちもいます。防水ということを考えるとこのようなタンクバッグも結構使えるかもしれません。そこでタンクバッグなどドンキで購入して来たはいいですが。タンクバッグにも問題点があります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71MsPP0uKpL._SY355_.jpg
そもそも、携帯ホルダーなど、スマホがむき出しで防水問題も恐いですし、落下リスクも相当高いと考える人たちも多いです。 しかしタンクバッグはアイデアかもしれませんが、タンクバッグを使用してしまうことで、スマホが熱で使用できなくなってしまったということがあるようです。 タンクバッグという方法もグッドアイデアなのかもしれませんが、デメリットはありますので、ちょっと注意してください。

関連記事

いかがでしょうか。単にドンキに売っているものを購入すればいいということではなく、もうちょっとだけどのような携帯ホルダーを購入するかということを考えるようにしてください。ドンキがいけないと言っている訳ではありませんが。デイトナなどメーカーを重視したら、防水・充電問題もしっかり考えてみましょう。