Ker8y2ckx7jhclgw5txd

ベルト

CATEGORY | ベルト

デッドリフトのフォーム。ベルトの必要性や筋トレの種類を紹介!

2018.05.20

デッドリフトは広背筋を中心に筋トレすることができるトレーニング法ですが、正しいフォームやベルトをしないでやってしまうと、腰などを痛めてしまうことがあるんです。そこで今回はデッドリフトの正しいフォームや種類、ダンベルやベルトの必要性などを詳しく解説していきます。

  1. デッドリフトのフォームでベルトをつけないとどうなるの?
  2. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】肘を曲げるタイミングが違う
  3. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】腕を曲げてしまっている
  4. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】背中を丸めている
  5. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】スクワット感覚になっている
  6. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】歩幅を意識していない
  7. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】背中を無理に反らしている
  8. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】持ち手が広すぎている
  9. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】ウェイトから離れすぎ
  10. 【ベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォーム】おしりの位置が低い
  11. 【ベルトをしてデッドリフトをする正しいフォーム】握り方
  12. 【ベルトをしてデッドリフトをする正しいフォーム】足の位置
  13. 【ベルトをしてデッドリフトをする正しいフォーム】胸を張る
  14. 【ベルトをしてデッドリフトをする正しいフォーム】地面を押すように持ち上げる
  15. 【ベルトをしてデッドリフトをする正しいフォーム】背中は丸めない
  16. デッドリフトの種類をチェック
  17. デッドリフトのフォーム。ベルトの必要性や筋トレの種類を紹介!のまとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/e4/8c/10/e48c1070a4492cbf0a0d5e95452558b4.jpg
デッドリフトは、全身の筋力を高めることができる筋トレ方法ですが、デッドリフトのフォームでベルトをつけないで筋トレしてしまうと、脊椎や腰を痛めてしまうなどの、怪我のリスクが高まってしまうのです。今回はそんなデッドリフトを安全にする為に、フォームのよくある間違いや正しいやり方などを、詳しく解説していきますので是非参考にしてみて下さい。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/68/73/ee/6873ee79fbfc34728f7a228d0948f161.jpg
バーやダンベルでデッドリフトをする時に、肘を曲げるタイミングが間違っていることもよくあります。ダンベルやバーを持ち上げる時に、肘を先に曲げてしまうことで、腰に角度がついてしまい腰を痛めてしまう原因にもなります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/d2/62/39/d2623942551db3542743078d734532af.jpg
デッドリフトをする際にはベルトは欠かせない物ですが、デットリフトをする時に間違ったフォームをいていても、怪我をしてしまう恐れがあります。そんな間違ったフォームの中には、ダンベルやバーなどを持ち上げた時に腕を曲げてしまうことが、多い傾向があります。デッドリフトは広背筋を中心に鍛えることができますが、腕を曲げてしまうと腕の上腕二頭筋を傷めてしまうことがあるので注意が必要です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/09/ed/91/09ed9112855a1ea56f36402d5bd34135.jpg
またデッドリフトで筋トレする時に、間違ったフォームで多いのは腰を丸めていることもあります。腰を丸めてしまうと、広背筋に負荷をかけることができないだけでなく、腰や背中を痛めてしまうこともあるので注意しなければいけないのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/21/fd/25/21fd2540636dc3ff47f7ec8a32739bad.jpg
そもそもデッドリフトはバーやダンベルを持ち上げて、上下に筋トレする方法ですが、スクワット感覚でやってしまうのも間違ったフォームです。スクワットのようにやってしまうと、腰などに負担をかけてしまう危険性があるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/80/5b/5c/805b5cf044895d812f8fb11830833291.jpg
またベルトをしないでデッドリフトをする時の間違ったフォームには、歩幅に意識していない事もあります。基本的にデッドリフトは広背筋を鍛える筋トレ方法ですが、歩幅に意識しないで広げ過ぎてしまえば、太ももをメインに鍛える筋トレメニューになってしまうので、歩幅を意識することも大切です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/ff/3f/47/ff3f47628317f0752ac5cd48d39cfe2b.jpg
デッドリフトはダンベルやバーを持ち上げて、筋トレする方法でもありますが、そんなウェイトを持ち上げた時に背中を無理に反らしている時も、間違ったフォームです。背中をそらして骨盤を前に突き出してしまうと、広背筋に負荷をかけることができなくなるだけでなく、怪我をしてしまうこともあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fe/ed/86/feed86c79949a0cae410d1511d955558.jpg
また間違ったフォームでは、持ち手が広くなっていることもあります。特にバーを持ち上げる際の持ち手を広げてしまうと、下半身の筋肉は鍛えることができますが、メインでもある広背筋を鍛えるのが難しくなってしまいます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/60/49/56/6049562b60e0b772852943284f922b57.jpg
ダンベルやバーでデッドリフトする時に、そのウェイトから離れてしまっても間違ったフォームになってしまいます。そんなウェイトから離れすぎてしまうと、関節動作が困難になってしまい、広背筋を鍛えることができなくなるだけでなく、怪我に繋がってしまうこともあるんです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/a2/75/ef/a275ef508ebdbfca56c1a710a5189c0f.jpg
デッドリフトの間違ったフォームには、ウェイトを持ち上げる時のお尻の位置が低いということもあります。お尻の位置が低すぎてしまえば、ベルトをしていても腰に負担をかけてしまうことも考えられます。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/a3/d3/2e/a3d32ef8a738cc44c8315d91b5e1fbf5.jpg
次にデッドリフトの正しフォームとして、握り方も大切なポイントです。デッドリフトと言ってもダンベルやバーを使う種類がありますが、特にバーで筋トレする際には握り方を意識した方がいいと思います。そんなデッドリフトの正しい握り方は、肩の位置で握るのがベストなポジションです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7d/d6/29/7dd62905e0a45a7514fd028f515019da.jpg
そんなデッドリフトの正しいフォームとして、足の位置はデッドリフトの種類によっても異なってきますが、バーで筋トレする際にはできるだけウェイトに近づける事をおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/79/14/f4/7914f427d3ef2e13990b91f10d3e37ee.jpg
またデッドリフトでウェイトを持ち上げた時には、胸を張ることが大切なポイントです。胸を張ることで、腰の負担を軽減することができ、広背筋を中心に負荷をかけることができます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c6/43/4a/c6434a66d5d72e8c279a3a861e729424.jpg
デッドリフトの正しいフォームで筋トレする時には、バーやダンベルを持ち上げるのではなく、逆に地面を押すような感じで持ち上げるのも正しいフォームです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/f9/80/f6/f980f6ad727efbf16067d77864ca0f94.jpg
間違ったフォームでも紹介したように、背中を丸めてしまうと腰などを傷める原因にもなるので、必ず腰を丸めずに筋トレすることが大切です。また、持ち上げた時にはお尻を前に出すようにするのもデッドリフトの正しいフォームになります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/0f/ed/73/0fed730624f6293841c592d3efb4f0d0.jpg
デッドリフトはバーやダンベルを使って行う筋トレ方法ですが、そんなデッドリフトの種類は一つだけではないのです。こちらではそんなデッドリフトの種類をいくつか紹介していきますので、是非参考にしておいて下さい。

スモウデッドリフト

引用: https://i.pinimg.com/564x/0a/2e/76/0a2e769e5a3662e9ece95ea8a1c88a68.jpg
デッドリフトの種類として、スモウデッドリフトがあります。スモウデッドリフトは足を開いた状態で持ち上げる筋トレの種類になっており、腰に力点を置かないので腰の負担を軽減することができるデッドリフトの種類です。

ダンベルデッドリフト

引用: https://i.pinimg.com/564x/a5/f7/92/a5f79204c461af419f1e93c2f337a6b1.jpg
デッドリフトの種類には、ダンベルを使って筋トレするダンベルデッドリフトもあります。その名の通りにダンベルでデッドリフトを行う筋トレの種類になっており、デッドリフト初心者は先ずこの種類からはじめる事をおすすめします。

トラップバーデッドリフト

引用: https://i.pinimg.com/236x/11/e9/ba/11e9ba30a60dff92849ad9422cd138b5.jpg
次の種類にはトラップバーデッドリフトがあります。トラップバーデッドリフトは、バーに持ち上げる為のハンドルがついているので、持ち方を意識しなくても筋トレできる種類です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b8/8e/f2/b88ef29508e75fcf31c544e89f5b5aad.jpg
デッドリフトの間違ったフォームや正しいフォームをお分かりして頂けました。デッドリフトはベルトをつけないで間違ったフォームでしていると、腰や脊柱に負担をかけてしまい、怪我をしてしまうこともあるので、正しいフォームを十分に理解したうえで筋トレする必要があります。今回紹介した正しいフォームを参考に、ベルトを身につけて効果的に広背筋を中心に鍛えてみて下さい。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/e0/16/85/e01685600c7748a7a333947b3cb8e200.jpg