// FourM
Zehnoye1xdz8lzt6esx8

収納・整理

CATEGORY | 収納・整理

ポリエステルの特徴!おすすめの季節は夏?伸縮性や通気性は?

2018.05.20

服の素材でよく聞くポリエステルですが、特徴を知っていますか?よく夏の季節に注目をされますが、それは何故でしょうか。今回は「ポリエステルの特徴!おすすめの季節は夏?伸縮性や通気性は?」と題してポリエステルのメリットや毛玉などのデメリットについて説明していきます。

  1. ポリエステルの特徴と夏の季節について
  2. ポリエステルの特徴と夏の季節についてメリット①耐久性に優れている
  3. ポリエステルの特徴と夏の季節についてメリット②水分を吸湿しない
  4. ポリエステルの特徴と夏の季節についてメリット③コンパクトに収納できる
  5. ポリエステルの特徴と夏の季節についてメリット④通気性に優れいている
  6. ポリエステルの特徴と夏の季節についてデメリット①静電気が発生しやすくなる
  7. ポリエステルの特徴と夏の季節についてデメリット②毛玉
  8. 夏の季節に使われるポリエステルの特徴と注意点①洗う時の汚れには注意
  9. 夏の季節に使われるポリエステルの特徴と注意点②摩擦に注意
  10. まとめ
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71FbwWID6HL._UX679_.jpg
服に多く使われているポリエステルなのですが、どのような特徴があるか詳しく知っておりますか?よく服とかの素材表記ではお目にかかりますが、何に優れいているかまでは深く考えない人も少なくないでしょう。ポリエステルの特徴としてはメリットとデメリットに分けることができますが、まずはそれらを合わせた特徴についてお話します。ポリエステルの特徴としては、耐久性に優れており、汗等を吸収しにくい吸湿性の低さ、そして素材自体が軽く軽量化を図れる点、伸縮性に飛んでいることにあります。夏等の汗を掻く季節や、スポート等をした時に出る汗対策としても十分機能するものになります。次の項目からはそのポリエステルのメリットとデメリットについて触れていきたいと思います。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vDhXM1Q6L._SX679_.jpg

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61tF4j1RIbL._SX466_.jpg
それではポリエステルのメリットについて解説していきます。まず最初は先ほど紹介した、優れた耐久性にあります。ポリエステルの素材は性質上、形状を記憶しにくく、シワ等のあとがつきにくいことが挙げられます。そのため型崩れ等がしにくく、多少乱暴に扱っても問題ありません。また、ほとんどのポリエステル素材でできたものは、熱に耐性があるため、アイロンがけしても問題ないものがほとんどです。かといって、高温でのアイロンがけに耐えられるものが全てではないので、アイロンがけをする前にからならず注意書きを見てくださいね。そしてポリエステル自体は頑丈なため、洗濯機にかけても素材自体傷みにくく、シワになることも少ないのです。上記のように、ポリエステルは耐久性に優れているため、あらゆる服の素材の一つとして採用されることが多いのです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/419Zdp21rSL._SY606_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41mXECtQzHL.jpg
続いてのポリエステルの特徴は、水分を吸湿しないことです。特に夏になると困るのが、汗が服に吸着してそれが群れることです。そうなると不快な感じになりますし、汗疹もできやすくなり痒くなります。それを防いでくれるのが吸湿性のポリエステルなのです。この素材のある服ならば、たとえ汗をかいたとしても、汗が服に吸着することもなく蒸れにくく汗自体がそのまま蒸発しやすくなるのです。まさに夏には必需品といってもいい素材になります。またスポーツ等を行うのであれば、服に汗がついたままになることを防いでくれます。その特性を生かして、寝具などにも素材は使われるようになり、暑い夜でもサラサラするポリエステルの素材で涼むことができ、汗疹吸着しにくいので安眠できると人気が非常にあります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71n-xk94wWL._SX385_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41PAI4fA8rL._SY450_.jpg
続いてのメリットは、ポリエステル素材のものはコンパクトに収納がしやすいことがあります。素材自体軽いので、スペースも取りにくく、シワになりにくいので、収納も楽々なものが多いのです。シワにもなりにくいためちょっとやそっとでは痛むこともありません。それ以外にも、収納している時の大敵である、カビや虫食いにもあいにくいため、防虫の効果も発揮します。虫は植物性の繊維を好んで食べますが、ポリエステルは化学繊維なので虫が好んで食べるものではないので、虫食い等にあいにくいのです。例外として、人の汗や皮脂がついた場合は、それを目当てに虫が食べることもあるので、収納をするときはしっかりと洗濯して綺麗な状態で収納を試みるようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Mn6-0IipL._SY550_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91Fr5V2W7-L._SX522_.jpg
ポリエステルのメリット最後になりますが、通気性がいい点にあります。吸湿性があるため夏場には人気があるのですが、それ以外にも通気性がいいため風を通しやすく、それのおかげで汗も乾きやすいので通気性の恩恵はでかいのです。通気性がいいため夏場にはいいのですが、冬場になると寒くなるので冬はその通気性があだになることもあります。しかし、夏場にはメリットしかないので、通気性が良いという特性を生かして夏を満喫するのも良いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41wSoK8FfmL._SX342_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81OlphBVhuL._UY550_.jpg
今まではポリエステルのメリットしか触れませんでしたが、ここからはデメリットについても触れていきます。デメリットの一つとしては、静電気が発生しやすいという点になります。夏場とかはそこまで気にはならないのですが、乾燥が顕著に出る冬等はバチバチと静電気が起きやすい状態にあります。しまっておけば良いのですが、もし冬場にポリエステル製の衣類を着るのであれば、静電気に対する対策を行なっておいた方が良いでしょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51vX8arBZeL._SY355_.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcSCuWlfGUMt6kY2ZU-Nsu3LvrHpJ3SdkeFw0QZNvh4jU86xb6HIVA
続いてのポリエステルのデメリットは、毛玉ができやすい点にあります。先ほどの静電気は冬限定ということと、多少は我慢できるのでまだ良いのですが、こちらは目に見えて毛玉ができてくるので大変です。通常毛玉ができやすい素材といえばウールです。セーター等にウールは使われておりますが、こちらも毛玉に悩まされた方が多いのではないですか?こちらの救いは毛玉が取りやすいという点です。一方ポリエステルは毛玉が非常に取りにくいのです。一度できた毛玉はなかなか取れず、無理に取ろうとすると破いてしまうことも多々あります。良くも悪くもポリエステルは化学繊維のため、しっかりとした作りになっているのです。そのしっかりとした作りが悪い方に働いてしまっているということです。ポリエステル素材の服の毛玉を防ぐには、選択の際に選択ネットを使用してなるべく摩擦を減らすことが一番です。それでもどうしても摩擦ができてしまい、結果毛玉を出すことになりますが、ポリエステル製のものは連続での使用を防ぎ、酷使しないようにしましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91NuYRvf2oL._SX425_.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71UuUAxuKLL._UX679_.jpg
ここからはポリエステルを扱う際の注意点を話します。まず最初にポリエステル製のものを洗う時の注意点をお話しします。実は以外にデリケートなのがポリエステル製の衣類で、洗剤が多すぎたり、白いポリエステル製のものと汚れたものを一緒にして洗ってしまうと、汚れが移りやすくなってしまうのです。そのため、洗うときは十分に気をつけながら洗わないと、余計な仕事が増えてしまいます。それでもポリエステル製の衣類が汚れてしまった場合は、漂白剤を使用すれば消すことはできますが、繊維が傷みやすくなるのは覚悟の上で行いましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71KucbFUZwL._UX679_.jpg
引用: https://i.pinimg.com/originals/c8/a7/41/c8a741340370f5190bf9616e902480f9.jpg
ポリエステルの注意点最後になりますが、摩擦に注意です。先ほどもあげましたが、摩擦が発生するとポリエステル製の衣類は毛玉が発生しやすくなります。伸縮性が非常にあるため、その分摩擦を起こしやすいのです。メリットとして伸縮性があるため、簡単に伸びたり縮んだりしますが、それだけでも摩擦は発生します。なので伸縮性に甘えてサイズの合わないものを着用してしまうと、それだけで余計な負担をかけてしまいます。そうならないためにも、伸縮性の利点に頼りすぎないサイズ選びが重要です。また、洗う時もしっかりとネットに入れて、極力摩擦を減らすことも大変重要になります。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51VTYmxfYOL._SX522_.jpg

関連記事

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQGOZAAufo6dygwmATj75nGzCJRDzOFz1QxMTHPB6Z7D_9mvrm6
いかがでしたか?以上が「ポリエステルの特徴!おすすめの季節は夏?伸縮性や通気性は?」になります。ポリエステルには吸湿性や伸縮性、そして耐久性などのすばらしいメリットがありますが、同時にデメリットもあることを理解して使わなければなりません。そして洗濯の時も注意して行わなければすぐにダメになりますので、覚えて起きましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61ericZ2H%2BL._UX679_.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51OBGOZ0c3L._SY355_.jpg