Kbmwzb8mb9fn98zcpj1i

お酒

CATEGORY | お酒

バランタイン ファイネスト特集!飲み方は水割りorストレート?

2018.05.13

バランタインのファイネストは、定番のウイスキー。他と比べてコストパフォーマンスが高いだけでなく評価も高いんです。ストーレートや水割りといった飲み方で、つまみと一緒に頂きたい所。今回は、バランタインファイネストの魅力と飲み方などをご紹介します!

  1. おつまみと一緒に頂きたい!評価の高いバランタイン・ファイネストとは?
  2. バランタイン・ファイネストを生み出したバランタインとは?
  3. ストレートや水割りはおつまみと一緒に!評価の高いバランタインファイネストとは?
  4. ストレート・ロックや水割りで頂く。バランタイン・ファイネストの飲み方をご紹介!
  5. バランタイン・ファイネストの試したい飲み方その1:ストレート
  6. バランタイン・ファイネストの試したい飲み方その2:ロック
  7. バランタイン・ファイネストの試したい飲み方その3:ハイボール
  8. バランタイン・ファイネストの試したい飲み方その4:トゥワイスアップ
  9. バランタイン・ファイネストの試したい飲み方その5:フレグランススタイル
  10. バランタイン・ファイネストの試したい飲み方その6:コーラ割り
  11. バランタイン・ファイネストの試したい飲み方その7:ゴッドファーザー
  12. 評価の高いバランタイン・ファイネスト。どんなおつまみと頂くとおいしい?
  13. バランタイン・ファイネストにぴったりのおつまみその1:チョコレート
  14. バランタイン・ファイネストにぴったりのおつまみその2:スモークチーズ
  15. バランタイン・ファイネストにぴったりのおつまみその3:ナッツ類
  16. 評価の高いバランタイン・ファイネストの魅力を知って、いろんな飲み方を楽しもう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/7b/ce/de/7bcede1bfd027c433573453f24e05f36.jpg
豊潤さと香りの良さで、海外では若者にも人気となっており、ロックや水割りだけではなく、ソフトドリンクで割っても美味しいバランタイン・ファイネスト。豊かでなめらかな味わいは口コミでの評価も高く、あらゆるウイスキーを試す中でもバランタイン・ファイネストは欠かさず試しておきたい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/10/60/51/10605165f7003e6a1561486341543492.jpg
ライトなお酒ではなく、ヘヴィーなお酒でもない、ミドルテイストを実現し、40種類もの原料を混ぜ合わせて完成させたウイスキーとなっている。また、あらゆる飲み方の中で、一番適したの味方はどのようなものがあるのだろうか?バランタインの歴史と、バランタイン・ファイネストのあらゆる飲み方などをご紹介しよう!

関連記事

引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/36/Ballantines_logo.svg/2000px-Ballantines_logo.svg.png
バランタイン(Ballantine's)はペルノ・リカール傘下のジョージ・バランタイン&サンによって製造・販売されているスコッチ・ウイスキー(ブレンデッド・ウイスキー)である。 日本においては、サントリースピリッツが輸入、サントリー酒類(二代目)が販売を行っている。

引用: https://i.pinimg.com/564x/72/2c/bc/722cbc5f3aedf4a8795af091e32512f0.jpg
バランタインは、スコットランド首都のエディンバラにて誕生したウイスキーメーカー。世界中でもスコッチウイスキー(ブレンデッドウイスキー)と言えばバランタインとして、数多くの根強いファンが存在している。
引用: https://i.pinimg.com/564x/84/0c/bb/840cbb686a9e93d9033cc0fc6263caf3.jpg
バランタイン社の創業者ジョージ・バランタイン(1809年-1891年)はローランド地方の農家の出身で、13歳のときにエディンバラの食料品店に奉公に出て、5年後に独立。食料品と酒を扱う小さな店を構えた。これがバランタイン社の前身である。 1853年、アンドリュー・アッシャーが世界初のブレンデッド・ウイスキーを開発。これに刺激を受けたジョージは1869年に自らブレンダーとなってブレンデッド・ウイスキーの製造に取り組むことになる。

引用: https://i.pinimg.com/564x/3b/b5/58/3bb5589c26032263c5a891714feb4f3a.jpg
1895年に、ヴィクトリア女王により王室お墨付きのウイスキーとして名を馳せるようになる。長年愛されており、世界中にファンの居るバランタインのウイスキー。その中でも代表作のひとつ「バランタイン・ファイネスト」の特徴とは、どんなところにあるのだろうか?ファイネストの個性をチェックしてみよう!

関連記事

ブレンデッド スコッチ ウイスキー バランタイン ファイネスト

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/818C2aKG59L._SL1500_.jpg
ブレンデッド スコッチ ウイスキー バランタイン ファイネスト700ml
価格 ¥ 1,048
卓越したブレンド技術から生み出された逸品。40種類以上のシングルモルトを巧みにブレンドし、ライトでもヘヴィーでもない、どこまでも豊かで滑らかな味わいが特徴です。バランスの良い香味と、どこまでも豊かで滑らかな風味で、スコッチ通を魅了するウイスキー。世界160ヶ国で愛飲されるスタンダード・スコッチの定番ウイスキーです。

引用: https://i.pinimg.com/564x/77/ef/4f/77ef4fb2ac2246fe25a9ea270c881ff4.jpg
【色合い】 黄金色 【香り】 バニラ、蜂蜜を思わせる甘く華やかでバランスの良い香り。 【味わい】 どこまでも豊かでなめらかな味わい。

引用: https://i.pinimg.com/564x/af/4c/eb/af4ceb76959749d90890297c330b9048.jpg
価格帯の中では一番おいしいと言われているバランタイン・ファイネスト。あっさりした味わいと、ストーレートや水割りだけではなく、ハイボールに始まりカクテルとして飲むこともでき、幅広いポテンシャルを持っている。バランタインファイネストの良さを引き出す飲み方を徹底紹介しよう!
引用: https://www.suntory.co.jp/whisky/beginner/drink/assets/images/straight/step_02_large.jpg
バランタイン・ファイネストの最もスタンダードな飲み方と言えばストレート。滑らかな口当たりが特徴で、アルコールのきつい当たりが少なく、バニラや蜂蜜といった香りが口いっぱいに広がる。豊かで豊潤な香りとビターテイストが味わえる飲み方と言えるだろう。
引用: https://www.suntory.co.jp/whisky/beginner/drink/assets/images/rocks/recipe.jpg
安くて美味しいバランタインのファイネストは、ロックにすることで、口当たりをさらにまろやかにしてくれる。また、バニラの香りはもちろん、ほんのりとした甘さを感じながら、フルーティな味わいを楽しむことが出来る。ストレートがすこし苦手な人なら、飲み方としてはロックが適していると言えるだろう。
引用: https://www.suntory.co.jp/whisky/beginner/drink/assets/images/highball/step_06_large.jpg
ポピュラーなバランタイン・ファイネストの飲み方のひとつにハイボールがある。こちらは人気が高く、口当たりの爽やかさや、のど越しの良さが魅力。ビターな味わいと、フルーティな香りが特徴。炭酸のはじける爽快感がやみつきになる。レモンなどを入れると、よりフルーティで甘すぎない味わいが良い。
引用: http://gigaplus.makeshop.jp/ienoba/img/goods/kodawari/goods_kodawari_8_twice_main1.jpg
香りをさらに楽しむならトゥワイスアップも選択肢のひとつ。ストレートとは違った味わいを楽しむことが出来る。ウイスキーの口当たりが苦手な人なら試してみたい。深めのグラスであれば、味わいと一緒に香りを楽しむことが出来る。水割りになるので、物足りないと感じる人なら他の飲み方も試してみたい。
引用: http://gigaplus.makeshop.jp/ienoba/img/goods/kodawari/goods_kodawari_fragrarock_main.jpg
深めで大き目のグラスに大きな氷を2‐3個入れ、バランタイン・ファイネストを注いで頂くフレグランススタイル。味わいはロックグラスでの飲み方と同様、しかしながら、深くて大きなグラスが、香りを楽しむのに役立つ。甘いバニラの香りと、ビターな口当たりを楽しめる飲み方なので、試してみる価値はある。
引用: https://i.pinimg.com/564x/bd/1d/da/bd1dda4dfd9f572e5031683dc08a3a18.jpg
バーなどではポピュラーな飲み方となるバランタイン・ファイネストとコーラの組み合わせ。外国でバランタインを飲むなら、この飲み方は若い人の間ではスタンダードと言われている。コーラの甘みとコクが、ウイスキーの香りと味にマッチする美味しい飲み方。こちらもレモンを加えて飲めば、一段とさわやかに頂ける。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b9/ce/fd/b9cefd0b30856c4e6beea701cc93782b.jpg
有名なリキュールのひとつであるディサローノ・アマレットと、バランタイン・ファイネストのカクテル。ウイスキーのビターさだけで楽しむのが苦手な人なら、アマレットの杏の甘みを加えたゴッドファーザーを飲んでみる選択肢もある。アマレットとバランタインを1:3の割合で混ぜるのが基本。お好みで割合を変えてもいいかもしれない。
引用: https://i.pinimg.com/564x/13/45/84/1345841c425d857e19bc2ffe2bf6a817.jpg
ストレートはもちろん、水割りでも飲むことが出来る評価の高いバランタイン・ファイネスト。バーでも定番のウイスキーとなっており、おつまみと一緒に頂くとお酒が進む。ストレートや水割り、ハイボールで飲むなら、どんなおつまみが合うのかも合わせてチェックしてみよう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/d5/cd/97/d5cd97580cf45014a2526f138b7f2f47.jpg
チョコレートは、ウイスキーのお供としてはポピュラーなおつまみ。ウイスキーのビーターさと、チョコレートのビターさがぴったり合い、チョコの甘さがウイスキーの甘さと相まって、ウイスキーがすすむ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/68/b7/f2/68b7f251bb0bbd9bafb967268fb5aad4.jpg
スナック感のつよいスモークチーズのおつまみ。ウイスキー同様、個性の強いスモークチーズは、お互いを引き立て合う存在と言えるだろう。スモークチーズに限らず、他のチーズも試してみたい。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e5/b4/66/e5b466ca1c2e2729b49e985b50dde50d.jpg
バーなどによく置いてある、塩っ気があり、歯ごたえ抜群のナッツ類。アーモンドやカシューナッツ、くるみなどは、ウイスキーの引き立て役として大活躍してくれるだろう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3d/91/f3/3d91f30694ca6db2b1dc9e852e8a1708.jpg
長い歴史と深い味わいが特徴のバランタイン・ファイネスト。バーでも定番のウイスキーとなっており、様々な飲み方が可能なポテンシャルの高いウイスキー。カクテルはもちろん、ストレートや水割りで美味しく飲めて評価も高い。バランタイン・ファイネストの魅力を知って、いろんな飲み方を楽しもう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71kuIdvot5L._SL1500_.jpg