2018年05月19日 UPDATE

バーでのマナーとは?初心者が知りたいバーのいろは【種類/服装】

バーは一人で入るには敷居が高いと考えている方も多いのでは。しっかりとした服装で身だしなみを整えていないとバーには入れないなんてことはないです。バーは男女誰もが気軽に入れるカジュアルな空間です。今回はバーでのジーンズやスニーカーなどの服装やマナーについてご紹介!

目次

  1. マナーを守ればバーは誰でも気軽に入れる!
  2. カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その① バーでの正しい服装は?
  3. カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その② カジュアルバーとは?
  4. カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その③ オーセンティックバーとは?
  5. カジュアル服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その④ 香水には気を付けよう
  6. カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その⑤ バーでの最初の一杯は?
  7. カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その⑥ カクテルの値段は?
  8. カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その⑦ 座る位置は?
  9. カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その⑧ チェイサーを頼もう
  10. カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて まとめ

マナーを守ればバーは誰でも気軽に入れる!

M21ncaoghw4aydpytliy
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525595229/m21ncaoghw4aydpytliy.jpg
お酒の瓶がたくさん並び、色鮮やかでおしゃれなライトが付いているバーの風景は上品で魅力的な雰囲気を漂わせています。夜道を歩いていておしゃれなバーに遭遇し、入ってみたい!と思ったことのある方も少なくないでしょう。
N5zeroteuucefepinyeb
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525597679/n5zeroteuucefepinyeb.jpg
しかし、バーはその閉鎖的な空間から入店するのにためらってしまう方が非常に多いです。「バーに憧れを抱いているけどマナーが良く分からず、入店するのに抵抗がある」「どんな服装でバーに入ったら良いか分からない」と考えている方も大勢いるのではないでしょうか。今回はそんなバー初心者の方のために、バーでの基本的なマナーを解説していきます。

関連記事

カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その① バーでの正しい服装は?

基本的に男女どんな服装でもOK

20170205162042932 1000
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/pyshux/20170205162042932/20170205162042932_1000.jpg
ドレスを着た女性やスーツを着た男性がグラスを片手に談笑している。バーと言えばそんなイメージが思い浮かびますが、実際にはそんなことはありません。男性も女性も正装をする必要はなく、カジュアルな格好でも問題なくバーに入店することが出来ます。ジーンズやスニーカーを履いていても何の問題もありません。
Mmpooubqgdvilggpermr
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525595430/mmpooubqgdvilggpermr.jpg
しかし、高級ホテルにあるバーなどは顧客が限られていることもあって、カジュアルな格好の場合には入店を断られることがあります。その際は女性はドレス、男性はスーツをしっかりと着こなしてフォーマルな服装で入店しましょう。

カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その② カジュアルバーとは?

誰でも気軽に入店出来る

As20160531002231 comml
引用: http://www.asahi.com/sp/and_w/fashion/images/AS20160531002231_commL.jpg
カジュアルバーは大勢のお客さんが店内でお話をしている賑わった雰囲気のバーのことです。お店の形態はバーでも店内は居酒屋のような空気感なので、男女問わず誰でも気軽に入店出来るのがカジュアルバーの魅力です。友人同士のグループで入店してみんなで騒いでもカジュアルバーなら問題ありません。ですが、度を超えて騒ぐことは周りのお客さんに迷惑がかかるので騒ぎすぎには注意しましょう。
Caption
引用: https://media-cdn.tripadvisor.com/media/photo-s/10/dd/db/95/caption.jpg
カジュアルバーはみんなで騒いでワイワイ飲みたい方にはおすすめのバーですが、ゆったりとした空間の中、1人でお酒を楽しみたい方にはあまり向いていません。静かな空間でお酒を飲みたい方にはオーセンティックバーがおすすめです。

カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その③ オーセンティックバーとは?

静かな雰囲気が魅力的

0006097202e3 750x500s
引用: https://image.hitosara.com/gg/image/0006097202/0006097202E3_750x500s.jpg
オーセンティックバーは静かにゆっくりとお酒を楽しむ人が集うバーです。バー初心者の方が入りづらい雰囲気を漂わせているのがこのオーセンティックバーですが、バー初心者の方も勇気を出して入店すればオーセンティックバーの上品な空気感の虜となるでしょう。
0006098318e3 750x500s
引用: https://image.hitosara.com/gg/image/0006098318/0006098318E3_750x500s.jpg
静かな空間の中で音楽を聴きながらゆっくりとお酒を楽しみ、マスターや他のお客さんと談笑する。オトナならではの楽しみがオーセンティックバーでは味わえます。カジュアルバーのように店内で大声を出すことは、他のお客さんの迷惑になるのでオーセンティックバーでは控えましょう。

カジュアル服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その④ 香水には気を付けよう

匂いが強すぎると入店NGになることも

Hj6gkleaoqwdq6uofhu8
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525597528/hj6gkleaoqwdq6uofhu8.jpg
普段の身だしなみとして香水は男女問わず欠かせないアイテムですが、匂いの強い香水を付けてバーに来店することはNGです。バーではお酒の芳香な香りを楽しみながら飲んでいるお客さんもいるため、強い香水を付けて店内に入ると迷惑になってしまうことがあります。
Ucep8oilhguv5wbduznn
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525597542/ucep8oilhguv5wbduznn.jpg
あまりに匂いが強いと入店を断られてしまうこともあるかもしれません。バーは閉鎖的な空間なので、香水を普段から強めに付けている方は気を付けましょう。お客さん同士が周りに迷惑をかけないように配慮することがバーでの基本的なマナーです。お店の雰囲気を壊さないように必要最低限の配慮は心掛けましょう。

カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その⑤ バーでの最初の一杯は?

初心者の方にはジントニックがおすすめ

P6eviyl9tqoninm3agv6
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525595277/p6eviyl9tqoninm3agv6.jpg
勇気を出してバーに入ってみたものの初心者の方は「ご注文はお決まりですか?」とバーテンダーに聞かれたら、何を頼んだら良いのか分からなくなってしまうでしょう。そんな時にはジントニックを注文してみることをおすすめします。ジントニックは初心者の方でも飲みやすく、居酒屋でのビールと同じようにバーで最もポピュラーな飲み物なのです。

お酒の弱い方には「スプモーニ」がおすすめ

Bfd1ba5e9a9845f072d6900b19e70298
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/44/44414/bfd1ba5e9a9845f072d6900b19e70298.jpg
あまり強いお酒を飲めない方にはスプモーニをおすすめします。アルコール度数が5~7%とカクテルの中では比較的弱めのお酒です。鮮やかな色合いをしているので、女性の方やお酒が苦手な男性の方にぴったりのカクテルです。

お酒の強い方には「ギムレット」がおすすめ

19367320 1884202145164846 5457216580515528704 n
引用: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/54b9ce4dbf25058a8386b4a84ca4a9a8/5B83A95C/t51.2885-15/e35/19367320_1884202145164846_5457216580515528704_n.jpg
強めのお酒を飲みたい方にはギムレットがおすすめです。アルコール度数は29~35度とかなり高めで、ジンとライムジュースを合わせて作ります。程よい酸味と甘味で口当たりも良く、とても美味しいカクテルです。

カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その⑥ カクテルの値段は?

1杯800円~1500円ほどが相場

Qu0kaphcuofnrxapzvtt
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525597646/qu0kaphcuofnrxapzvtt.jpg
お店によって多少の差はありますが、バーでのカクテルの値段は1杯およそ800円~1500円程が相場です。シェイカーで混ぜ合わせて作るカクテルは料金が高くなる傾向にあり、果実をそのまま使うカクテルの場合にはさらに料金が高くなります。

テーブルチャージが発生するバーも

X3m7pxrmxqykgsq8doru
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525597830/x3m7pxrmxqykgsq8doru.jpg
バーには「テーブルチャージ」というものも存在します。これは居酒屋の「お通し代」に相当するもので、1人あたり1000円程のテーブルチャージ料が発生するお店もあります。サービスがしっかりしているバーにはテーブルチャージが付いているお店が多く、良いサービスを受けるための料金と考えた方が妥当かもしれません。

カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その⑦ 座る位置は?

Njalivv8yi9cltmitp7m
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525597578/njalivv8yi9cltmitp7m.jpg
バーに入ると従業員が席へと案内してくれます。案内があるまで近くの席に座ったりせずに入口で待ちましょう。1人でバーに来店しているならカウンター席がおすすめです。バーテンダーとの会話を楽しめるだけでなく、洗練された手付きでカクテルを作るバーテンダーの姿を間近で見ることが出来ます。
Gpl1dbv8iryfptn9vpxj
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525597598/gpl1dbv8iryfptn9vpxj.jpg
カップルのお客さんが店内にいる場合には、バーテンダーは出来るだけ他のお客さんを離れた位置に座らせて、2人の空間を邪魔しないように配慮します。このようにお客さんの性別、人数、関係性など様々な要素を考えて従業員も席を案内しているので、席を移動するなどの勝手な行為は控えましょう。

カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて その⑧ チェイサーを頼もう

Tn8g6mnpj7ocxahrpctc
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525598327/tn8g6mnpj7ocxahrpctc.jpg
U1ip87rhogl0w4jm2vpn
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525598183/u1ip87rhogl0w4jm2vpn.jpg
バーに慣れていない初心者の方はカクテルと一緒にチェイサーを頼むことをおすすめします。カクテルは口当たりの良いものが多いため、何杯も飲んでつい酔っ払ってしまいがちです。お酒を飲んだ後は悪酔いを防ぐためにお酒と同じ量のチェイサーを飲むように心掛けましょう。

関連記事

カジュアルな服装はOK?スニーカーやジーンズはNG?バーの種類やマナーについて まとめ

Prswr89qvhixi79p971y
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1525598442/prswr89qvhixi79p971y.jpg
バーは男女問わずに誰もが気軽に入れるとても素敵な空間です。決して敷居は高くなく、厳しいマナーもありません。居酒屋でお酒を飲むことが多い方も、バーに入ることに抵抗がある方も、上品にお酒を楽しめるバーの優雅な空間をぜひ一度体験してみてはいかがでしょうか。