Ozqphez5gjqnnfc38tnd

お酒

CATEGORY | お酒

ジンの飲み方はロックがおすすめ?ストーレートやカクテルの飲み方!

2018.05.12

ジンを飲む際はカクテルで、ロックでなど人それぞれ飲み方が異なると思います。各メーカー、種類により風味が異なるので材料に応じて使い分ける場合も。そんなジンをロック、カクテル、ストレートなどおすすめで簡単な飲み方をまとめましたので、自分に合うタイプを見つけよう!

  1. ジンの飲み方はロック!その前にお酒の飲み方を知っておこう!
  2. お酒の飲み方にはロックやストレートがあるけど他にはどんな種類があるの?
  3. 種類別お酒の飲み方➀カクテル
  4. 種類別お酒の飲み方➁ロック
  5. 種類別お酒の飲み方➂ストレート
  6. 種類別お酒の飲み方➃ソーダ割り
  7. 種類別お酒の飲み方⑤水割り、お湯割り
  8. ジンはロックがおすすめ?ジンの特徴を把握しよう!➀ドライジン
  9. ジンはロックがおすすめ?ジンの特徴を把握しよう!➁オールドトムジン
  10. ジンはロックがおすすめ?ジンの特徴を把握しよう!➂ジュネヴァ
  11. ジンはロックがおすすめ?ジンの特徴を把握しよう!➃プレミアムジン
  12. ジンの飲み方はロックでもカクテルでもストレートでも好きなもので飲もう!
引用: https://i.pinimg.com/564x/c2/0a/8e/c20a8e50eb72993400fa9edd2d9f6788.jpg
今、この記事を見てくださっている方はジンをこよなく愛している方、これからジンにチャレンジしようとする方など、とにかくおすすめの飲み方が知りたいと興奮した状態にあるのではないでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fe/62/8a/fe628aef03f7ce73bb820a9805afff10.jpg
一刻も早く飲みたい。そんな気持ちは誰しも持つものかと思いますが、お酒の飲み方にはどんな種類が存在しているのか。まずはこの点を知ることからスタートするといいですよ。ジンだけでなくいろいろなお酒の飲み方に通じるところがあるので、知っておくと後々広くお酒を楽しめるようになるでしょう。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/c1/b1/2f/c1b12f94deed7aa8ffc21877af041523.jpg
お酒にはビールやチューハイ、日本酒などいろいろな種類が存在しており、人それぞれ好みのお酒は異なってくるでしょう。その中でもジンやリキュールなどのお酒は数種類の材料を交えて作るカクテル、氷を入れたロック、素材そのものを直接味わうストレートなど多様な形態を持ちます。種類別にまとめましたので、順に見ていきましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/25/71/63/257163e6cc04247adf1ad10cc6a5fca4.jpg
後に紹介しますが、ジンで言えば定番のジントニックに、オレンジブロッサム。ウォッカで言えばスクリュードライバー。リキュールで言えばファジーネーブルなど男性だけでなく女性にも飲みやすい種類も存在するおしゃれでバリエーション豊富な特徴があります。ものによっては少ない材料で混ぜるだけと簡単なものもあるので、初めてでも楽しみながらできますよ。
引用: https://i.pinimg.com/564x/06/b8/86/06b886732571daa0f65f57d8a48bc09b.jpg
ロックアイスと呼ばれる家庭用にはない本格的な氷を入れたグラスにお酒を注ぐ簡単な飲み方。ストレートの飲み方に氷を入れた状態とも言えます。氷を入れることでお酒を冷やし、爽やかでさっぱりとした飲み口に整えてくれます。ただし、氷は溶けると水分に変わりその分お酒が簡単に薄めるので、薄くなるのが嫌な場合は必要以上にステアせず、早めに飲み切りましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/71/f1/d6/71f1d604ef3c9d444efadb43b4679532.jpg
カクテルやロックのように何も入っていないグラスにそのまま注ぎ、ダイレクトに飲む簡単な飲み方です。食べ物で例えると、収穫したての新鮮なキャベツを調味料や加工せず、それが持つみずみずしさ、甘さを味わうように、お酒の香りや辛さ、甘さを味わう飲み方です。気の合う友人などと話しながらゆっくりと時間をかけて味わうのもストレートの醍醐味でしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8c/89/da/8c89dac8e302ef27889618f253ae1680.jpg
ロックアイスの入ったグラスにお酒とソーダを入れたタイプ。ソーダのシュワシュワした炭酸フレーバーが気温の高い日の喉に爽快感を与えてくれます。また、お酒のアルコール度数を簡単に調整できる面もあり、量を調整することで度数の高いお酒を飲みやすくすることもできます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/58/66/27/586627fe4b267ff573615320c7bb2c97.jpg
水割りとお湯割りは読んで字の如く、お酒に水またはお湯を加えた簡単な飲み方です。お湯割りの場合はお酒も温めるので匂いの良いお酒であれば優雅な時間を過ごせるでしょう。他にはアルコールを薄めたいときにも使用できます。お酒の弱い方や二日酔い防止など、お酒を飲む前にウコンを飲むことで体調をカバーする方は多いと思います。水やお湯を加えることでも簡単にアルコール度数を下げるので、少し休憩したいと思ったときは多めに水やお湯を加えるのもアリですよ!
引用: https://i.pinimg.com/564x/3d/97/27/3d9727b8b8d8c43fcdfdf08c0a69f8ce.jpg
お酒の飲み方にはいろいろな種類がありましたね。ジンにも各メーカーや種類によりタイプが異なり、そのお酒の飲み方に関係してきます。ということで、さっそく、タイプ別にジンのお酒を紹介していきますね!
引用: https://i.pinimg.com/564x/fe/63/4b/fe634b66ec23b1a6058423f1ec63f60e.jpg
今ではお酒を飲みに行った際にジンを注文すると、このドライジンと言われるスピリッツを目にすることが多いかと思います。ジンの定番であるジントニックをはじめカクテルにとても馴染みやすい特徴を持ち、ジュニパーベリーのボタニカルな香りにフラットな飲み口が多くのジンファンを魅了しています。ロンドンジンとも呼ばれ、イギリスで生み出された種類になります。

おすすめはサントリー  ビーフィーター ジン

爽やかな柑橘系の風味に飲みやすさのあるタイプで、ストレート、ロック、カクテルと何に対してもおすすめできる万能なお酒です。リーズナブルな価格で飲みやすさのあるビーフィーターからどうでしょうか?
サントリー ビーフィーター ジン40度 700ml
価格 ¥ 943
引用: https://i.pinimg.com/564x/4e/bf/84/4ebf846ee0ab2f93f4552dde6b44b4ba.jpg
サトウキビを原料に用いることで、口当たりがまろやかになり、飲みやすい甘口テイストに仕上がっています。甘いジンをロックやカクテルで味わいたい場合や飲みやすさがあるため初めてジンを口にする方にぴったりな種類と言えるでしょう。その昔、猫を模した機械にコインを与えるとこのオールドトムジンが流れてきていたようです。そんな出来事があったことから、ラベルには猫をデザインしたお酒になっているようです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/89/96/a6/8996a6662afa79a5f01d004fafa77060.jpg

おすすめはヘイマンズ  オールド・トム・ジン

サトウキビを原料にしたベーススピリッツから作られたオールドトムジンは、ボタニカルの独特な香りを持ち、その甘さが感じられる飲みやすさはストレートでも格別な味わいを感じさせてくれる。そんな同商品は1800年代に人気を誇った当時のレシピを変えることなく作り上げた伝統的なジン。
ヘイマンズ オールド・トム・ジン 700ml
価格 ¥ 2,415
引用: https://i.pinimg.com/564x/99/e4/f6/99e4f66020f5c1d6f3b6ab2f19352a85.jpg
初めてジンが誕生した場所はオランダになります。一番はじめに作られた種類になり、蒸留処理が連続式ではないため、一回一回時間をかけて蒸留を行います。その味は重厚感のあるとろけるような口当たりに、大麦麦芽の香りが広がる匂いの強いタイプ。ジンのはじまりでもあるので、この種類は一度飲んでおきたいところですね。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3f/28/1b/3f281ba7ec0dc1718d42bc8e09145ef3.jpg

おすすめはボルス ジュネヴァ

ジン生誕の地でもあるオランダで作られるジュネヴァは、現在世界中で蒸留処理を行う会社の中で最も歴史の古い会社であるボルス社製のお酒になります。ジュニパーベリーなど香り豊かで、濃厚な味わいがより深くジンを好むきっかけになりそうですね。
ボルス ジュネヴァ 1000ml [並行輸入品]
価格 ¥ 3,182
引用: https://i.pinimg.com/564x/ae/e2/ff/aee2fff65c0e69641cce825b582043ae.jpg
プレミアムと名のつくことから希少な価値がありそうだなと想像がつくかと思います。ジンと言えばジュニパーベリーのボタニカルな匂いが特徴でもあります。プレミアムジンはこの匂いにいろいろな種類のハーブなどを用いることで他にはない華やかな香りを生み出しているのです。そんな作り手の思いが込められたジンは一般的なものとは風味が異なり、数に限りがあるためプレミアムと名がついています。実はこのタイプ日本でも作られており、「季の美」と玉露を用いたスタイルのお酒になります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/0a/24/09/0a2409b3c6178d4e845990a6b265c33f.jpg

おすすめはタンカレー ナンバーテン

アメリカで開催される世界規模で行われるお酒の祭典である「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」にて3年連続でベストスピリッツに輝いた評価の高いお酒。ボタニカルと果実が生み出す華やかで上品な味わいはジンの美味な飲み心地を感じられるでしょう。
プレミアムジン タンカレー ナンバーテン (NO10) スピリッツ・ジン 47度 700ml [並行輸入品]
価格 ¥ 3,123

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/ca/0b/b5/ca0bb510964d641e28f48330518a0890.jpg
ジンにはロックやカクテル、ストレートといろいろな飲み方がある上に、ドライジン、プレミアムジンなど種類もいくつかあることをおわかり頂けたのではないでしょうか。個人的には「カクテル」にして飲むと混ぜ合わせる材料で辛口にも甘口にも仕上げることができ、簡単に色合いを楽しむこともできるのでおすすめです!ただ、今日はキンキンに冷やしたロックでシンプルに味わいたいなど気分によって変わると思いますので、そのときの好みで飲み方を変えてみるのもいいですよ!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/f7/81/b4/f781b4a773a1df40929de2d689649cfa.jpg