L2wx4zgbclvom9jwrfhs

トレーニング

CATEGORY | トレーニング

筋トレでテストステロン値を上げる!モテるホルモンを出すポイントは?

2018.05.04

筋トレによって増やすことのできる男性ホルモンの一種であるテストステロン。女性は無意識のうちにこのテストステロンが出ている男性に惹かれるようになっています。ここでは、このモテるホルモンの代名詞であるテストステロンを筋トレで上げるポイントを紹介します。

  1. 筋トレで増えるテストステロンとは
  2. 筋トレでテストステロンの分泌を増やすポイント
  3. テストステロン分泌のおすすめ筋トレ
  4. 【テストステロンが増える筋トレメニュー】バーベルスクワット
  5. 【テストステロンが増える筋トレメニュー】ベンチプレス
  6. 【テストステロンが増える筋トレメニュー】デッドリフト
  7. 筋トレでのテストステロン分泌のまとめ
テストステロンは男性のモテ要素を網羅していると言ってもいいホルモンです。特にこのホルモンは筋肉増強、メタボリックシンドロームの防止、性欲増強を促してくれます。また、テストステロンはドーパミンの分泌も促してくれるので、物事に対するヤル気の上昇や抗鬱効果もあり、肉体的な影響だけでなく精神的な影響もあります。テストステロンの分泌量が多いと男性的で男らしく、行動力のある人間になりますので、 本能的に女性が惹かれるだけでなく、カッコよく、モテる男性となるわけですね。
J6ccqjmvpatpbqhvhbns
テストステロンを筋トレで多く分泌させるポイントは筋トレを行う時の負荷にあります。筋トレを行なってテストステロンを通常より多く分泌させるには、負荷を通常の筋トレよりも高く、せいぜい5回程度の反復が可能な負荷でトーニングを行うとテストステロンが増加すると言われています。これはもともとテストステロンが筋肉の回復の為に分泌されるホルモンである為です。なのでテストステロンを多く分泌させるには筋トレで筋繊維を多く傷つけることがポイントです。通常の筋トレでも同じですが、軽い負荷で何回もトレーニングを行っても筋繊維が破壊されないので、超回復も行われず、テストステロンの分泌は促せません。テストステロンを分泌させるには出来るだけ高い負荷を体にかけるトレーニングを心がけましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/39/2a/70/392a70cbf20abe21768477aed09babdf.jpg

関連記事

テストステロンは筋肉回復の為に分泌されるホルモンなので、テストステロンを効率よく分泌させるには、出来るだけ大きな筋肉に対して負荷をかけ、筋肉を超回復をさせることがポイントになります。今回は全身の大きな筋肉を網羅でき、テストステロンを分泌できるような高負荷なトレーニングを紹介しますので是非参考にしてみてください。
Efcusp4ehyahufqvmj7q
筋トレのメニューで何か一つだけ選べと言われたら、このバーベルスクワットを選ぶ方は多いのではないでしょうか?バーベルスクワットは身体にかなりの高負荷をかけることができるトレーニングであるとともに、大きな筋肉が集まっている下半身全体をこのメニュー1つで網羅することができますので、テストステロンを分泌させるにはお勧めのトレーニング方法です。
Vul1doqakxppkyckkvla
ベンチプレスは上半身の前側を全体的に鍛えることができる筋トレメニューです。中でも大きな筋繊維である大胸筋を鍛えるのにはとてもよいトレーニングになりますので、このベンチプレストレーニングで集中的に大胸筋を刺激し、効率よくテストステロンを分泌させると良いでしょう。トレーニングは腕立て伏せと同様でベンチプレスの持ち手の幅を変えることで、刺激する筋肉の箇所を変えることができます。大胸筋を意識したトレーニングでは出来るだけ手の幅を広めにとることがおすすめです。
Kfnrl41w1tcny16te4qx
ベンチプレスで身体の前側を鍛えたら、後は背中です。人間の背中にも広背筋など大きな筋肉が集まっておりますので、トレーニングで抑えておくべきおすすめのポイントです。背筋も場所によってトレーニングの方法はいくつかありますが、全ての背筋を効率よく鍛えるにはこのデットリフトがおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/eb/88/67/eb8867e306c12b3a9d617338e3efcb02.jpg
J52qqhdbkndagw5fhakk
いかがでしたでしょうか?筋トレを行うことによって分泌されたテストステロンは、身体を引き締まるのみでなく、異性から生理的にも受け入れられ、尚且つ、ドーパミンの関係から精神的に前向きにしてくれる効果があります。日頃の筋肉トレーニングではなかなかホルモンの分泌までは考えませんが、高い負荷で厳しいトレーニングの後には、成果としてしっかり身体には出ているはずですので継続して筋トレを行いましょう。