Znhbkr6j9txvceodeyan

ファッション

CATEGORY | ファッション

ポリエステルの服のおすすめの季節は?生地の素材の特徴で選ぼう。

2018.08.03

一度は着用したことがあるであろうポリエステル素材の服。このポリエステル素材の服はどの季節に着ていますか?ここではポリエステル素材の服の特徴を踏まえたうえでどの季節に着用することができるのか、臭いやシワが気になる方に対策方法、素材のメリットとデメリットをご紹介。

  1. ポリエステル素材の服の季節や素材の特徴について見ていこう!
  2. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服の季節とは?メリット①耐久性に優れている
  3. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服の季節とは?メリット②吸湿性が低い
  4. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服の季節とは?メリット③価格の安さ
  5. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服の季節とは?メリット④シワになりにくい
  6. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服の季節とは?デメリット①毛玉ができやすい
  7. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服の季節とは?デメリット②静電気
  8. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服の季節とは?デメリット③洗濯に注意
  9. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服が向いている季節はいつ?
  10. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服が向いている季節とは?①夏に向いている?
  11. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服が向いている季節とは?②冬に向いているのか?
  12. 【シワや臭いが気になる?様々な特徴!】ポリエステル素材の服が向いている季節とは?③それぞれの季節に対応!
  13. まとめ:ポリエステルの服のおすすめの季節の服は?生地の素材の特徴で選ぼう。
引用: http://gahag.net/img/201604/27s/gahag-0080625159-1.jpg
ポリエステル素材の服はあなたも一度は身に着けたことがあるのではないでしょうか?では、そのポリエステル素材にはどのような特徴があるかはご存知ですか?実は普段何気なくつかっているポリエステル素材の服には便利な特徴があります!今回はそのポリエステル素材の服の特徴、そして特徴を踏まえたうえで向いている季節についての紹介をしていきます!
引用: http://gahag.net/img/201605/04s/gahag-0082760226-1.jpg
ポリエステルのメリットとしてまず一番目に挙げられるのが耐久性です。ポリエステルは合成繊維の中でも耐久性は高く、何回も洗濯しても劣化しにくいです。なので、ポリエステルの服は長く使えるので節約もできますし、自分の気に入った服でも長く使えて、何回来ても大丈夫なので大きいメリットですね!
引用: http://gahag.net/img/201605/25s/gahag-0089578766-1.jpg
また、ポリエステルは熱にも強いので、低温であればアイロンにかけることができます。またシワになりにくいといわれているポリエステルなので長く使っても劣化をあまり感じさせなくシワなどもできにくいので手入れもラクなので、衣服として最適な素材でありますね!
引用: http://gahag.net/img/201606/22s/gahag-0099105216-1.jpg
吸湿性とは湿気を吸収する性質のことでです。この吸湿性が低いということは、生地が水を吸収しにくいので濡れても乾きやすくなります。こちらもポリエステルの特徴で、洗濯しても早めに乾き、汗なども濡れても吸収しにくく早く乾いてくれるのであまり他の服と比べて臭いも軽減してくれます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CCC9V9A9863_TP_V.jpg
外に出して乾かす時でもポリエステルであれば、部屋干しの生乾き臭の臭いなりにくいのも特徴ですね!部屋干しが多く匂いが気になる人にもおすすめな素材ですね。
引用: http://gahag.net/img/201511/14s/gahag-0025303732-1.jpg
石油を原料とした化学繊維として多く使われているポリエステルは様々なものにつかわれています。もちろん皆さんが良く使う洋服などにも使われることは多いです。多く、いろんな物を作ることができるポリエステルだからこそ、手頃な価格で手に入ることができます!
引用: https://image.rakuten.co.jp/nunogatari/cabinet/item01/polychi/spc20_1.jpg
手頃な価格で販売されていますが、認知度の高い素材なので安心して使うことができ、ポリエステル独自の光沢やシワになりにくい素材なのでリーズナブルですが機能性は高い素材となっています!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_kuroikiji20141206160442_TP_V.jpg
こちらのポリエステルの素材はシワになりにくいのも特徴です!洗濯などをしてもシワになりにくく、低温であればアイロンをかけることができるので、ポリエステルの服を着るときにシワが気になるといったことはないでしょう!なので、シワなどが気になって洗濯があまりできないという悩みもありません!しっかりと洗濯できるので臭いなども気にせずに済みますね。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-j9ehTiZvVKA/VSufKJ_p-WI/AAAAAAAAs3Q/aN2K1dTiO-Y/s800/fashion_sweater_kedama.png
ポリエステルのデメリットとして挙げられるのが、毛玉です。基本的にデメリットの少ないポリエステルですが、毛玉が気になる人は多いようですね。毛玉といったら他の素材の服でもできますよね。では、なぜポリエステル素材からできる毛玉が目立つのでしょうか?
引用: http://gahag.net/img/201603/20s/gahag-0067559497-1.jpg
それは、毛玉の取りにくさです!天然素材のウールやコットン素材の服などでも毛玉はできますが、天然素材の場合は繊維があまり強くないので毛玉は取りやすいです。ですが、ポリエステルの場合は繊維が強いので毛玉ができても取りにくいのですよね。ポリエステルは繊維が強いので耐久性はありますが、かえって毛玉が取りにくいと言ったデメリットもできてしまいます。なので、洗濯するときにはできるだけ摩擦を起こさないようにネットに入れるなどの工夫が必要ですね!
引用: https://3.bp.blogspot.com/-emd3rcYspLw/Us_MSVf0e7I/AAAAAAAAdEQ/Q7F1LDFzurQ/s400/seidenki.png
こちらもポリエステル素材のデメリットとして良く知られていますね。特に冬場は乾燥していて静電気が起きやすく、金属を触るたびに緊張しますね。なので、冬場にポリエステル素材の服を着るのを避けている人も少なくないのでないでしょうか。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KZ1796034_TP_V.jpg
ですが、ポリエステル素材の服を着ている場合でも静電気を防ぐ方法はあります。それは、ポリエステルと合わせて切る服の素材を選ぶことです。実は、ポリエステルのみでは静電気は起こらず、ポリエステル素材と合わせて着ると静電気が起きやすい素材は・ウール・毛皮・ナイロンです。静電気に気を付けたい人は、この3種類の素材の服と合わせて着るのを避けるようにしましょう!
引用: http://gahag.net/img/201510/04s/gahag-0010920850-1.jpg
ポリエステル素材の物を選択するときには、洗濯する水の量と汚れがひどい物と一緒に洗濯することは避けましょう。ポリエステル素材を洗うときに水の量が少なかったり、ひどい汚れの物と洗濯してしまうと黒ずみができてしまうことがあります。これは汚れがポリエステルの洋服に再付着して逆汚染といわれることが起きてしまいます。
引用: http://gahag.net/img/201512/24s/gahag-0039544815-1.jpg
洗濯をする時には、一緒に洗濯するものと、水の量には気を付けるようにしましょう!ポリエステルの服は基本的に洗濯をしても劣化することはあまりありませんが、このように水や一緒に洗濯する物を間違えてしまうと汚れてしまうので皆さんも注意して洗濯しましょう!

関連記事

引用: http://gahag.net/img/201607/04s/gahag-0102961591-1.jpg
ポリエステルにはいろいろと特徴がありますね。その特徴などを踏まえた上で実際どの時期に向いているのか?と気になりませんか?素材によっては向いている季節、向いていない季節、それぞれありますが果たしてポリエステル生地の衣服はどの時期に向いているのでしょうか?それでは見ていきましょう!
引用: http://gahag.net/img/201607/13s/gahag-0106078225-1.jpg
ポリエステルは吸湿性が低いので、夏場は蒸れてしまいそうですよね。汗をかいても汗が吸収されなく、汗疹などの原因ともなってしまいますね。夏場となると汗を吸収してくれる性質と風通しの良さが欲しいですよね。ですが、中には夏にでもきれるポリエステルというものがあり、夏用に用意されている100%ポリエステルがおすすめです!吸水速乾となっているので、夏場でも快適に過ごすことができるのでおすすめです!
引用: https://josemo.com/wp-content/uploads/2017/11/dresses-53319_1280-1024x827.jpg
また、ポリエステルの生地の場合、脇などの臭いが気になる、という方もいると思います。ついでに私も臭いが気になる派です。脇の臭いが染みついて取れないと悩んでいる方は、お湯と固形石鹸で洗うと臭いが残りにくくなります!お風呂のついでなどにできるのでおすすめです!
引用: http://gahag.net/img/201607/31s/gahag-0111484665-1.jpg
冬だと乾燥しているので、あまり冬には合わないのでは?と思う人もいるのではないでしょうか?先ほども書きました、ポリエステルと合わせる素材(ウール・毛皮・ナイロン以外)を選べば、静電気は起きにくくなりますよ!ポリエステルのコートなどのアウターも数多く売られているので、合わせる素材を選べばポリエステルの生地でも冬のファッションを楽しむことができます!
引用: http://gahag.net/img/201509/19s/gahag-0005767861-1.jpg
ポリエステルの生地にはメリットデメリットそれぞれありますが、冬や夏というより一年中通して使われる素材です!ですが、夏に使うのであれば夏用として作られたものを、冬も冬用として使われている衣類を着るということに気を付けましょう。特に夏の場合は蒸れますし臭いの面もあるので、しっかりと夏用の物を着用しましょう!

関連記事

引用: http://gahag.net/img/201608/02s/gahag-0112284521-1.jpg
以上!ポリエステル生地の服のことについてみてきましたが、ポリエステルにはメリット、デメリットがありますが、とにかく便利な素材ということがわかりましたね!素材を夏用や冬用の両方に作ることができるポリエステル生地は一年中使偉ることができる便利な素材ですね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://gahag.net/img/201605/26s/gahag-0090024694-1.jpg