Sdgmh5euytoxagav9wxj

トレーニングメニュー

CATEGORY | トレーニングメニュー

朝ストレッチの定番メニューは?筋トレ前のメニューを動画付きで解説!

2019.03.20

朝起きてからストレッチを行うことで目覚めをスッキリとさせることができます。ここでは朝ストレッチの具体的なメニューを紹介しています。ストレッチを行うタイミングやベッドの上でも出来るメニューなども動画付きで解説しているので、毎日の生活にいかしてみてください。

  1. 朝ストレッチをやる意味はあるの?
  2. 朝ストレッチのタイミングは起きてスグ?少し経ってから?
  3. 朝ストレッチはベッドの上でもOK!
  4. 朝ストレッチのメニューは動画で勉強しよう
  5. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画①「朝、寝起きの腰痛撃退ストレッチはこれ!」
  6. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画②「1分で出来る☆朝の下半身ストレッチ」
  7. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画③「朝ヨガでダイエット成功!ストレッチで一日中快適&ダイエット効果抜群」
  8. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画④「朝ヨガで目覚めスッキリ【ヨガ】」
  9. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画⑤「朝のストレッチで簡単にダイエットしよう♡」
  10. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画⑥「【朝のストレッチ】Morning Stretch」
  11. 痩せる!筋トレにもなる!朝ストレッチメニューのおすすめ動画⑦「朝ヨガ |寝たままでたったの7分!」
  12. 朝ストレッチで日中を穏やかに過ごそう
なんとなく起きてからストレッチすることで健康になりそう、というイメージを持っている人が多いと思いますが、朝ストレッチにどんな効果があるのか本当の意味で理解出来ている人は少ないでしょう。朝ベッドから起きてストレッチをすることで、体が寝ている状態から活動できる状態まで起こしてあげることができます。これによって、目覚めが良くなったり日中の代謝を上げることができるので、痩せるといったダイエット効果にも多少期待できるでしょう。
ストレッチは、筋トレやランニングとは違いベッドの上でも行うことができます。そのため、実行に移すまでのハードルが非常に低いのが特徴です。ベッドの上で目覚ましのアラームを止めたら、そのまま起き上がって、ベッドの上でストレッチを行ないましょう。目が覚めてスッキリするので、朝の洗顔や歯磨き、着替えといった忙しい朝の時間帯でも、ストレスなくスムーズな動きができるでしょう。今回はキッチリと数分間行うメニューを多く紹介していますが、ちょっとだけ脚を伸ばしたり、上半身のストレッチをするだけでも多少の効果を望めるので、まずは簡単で手軽なものから是非とも挑戦してみてください。

関連記事

ストレッチを行うタイミングについて悩んでいる人がいるかもしれませんが、そこまで深刻に考える必要はありません。ストレッチは筋トレやランニングとは違って、軽い運動なのでどんなタイミングであっても悪影響は少ないでしょう。食事直後といったタイミングでは、消化不良を起こしてしまう可能性があるので避けたいですが、それ以外のタイミングであれば特に大きな問題はありません。
そのため、目覚めてスグのタイミングでベッド上でストレッチを行うのがおすすめです。何かをしてからストレッチをやろうと思って後回しにしていると、タイミングを失ってしまい、結局何もしなかったということになりかねません。やって損の無いストレッチですから、良いタイミングを探すのではなく、出来るタイミングを探していきましょう。また、ストレッチは一日の中で何回やってもOKなので、仕事中であっても気持ちをリフレッシュしたいタイミングなどに多なっていくのがおすすめです。
本格的なストレッチを行う場合には、比較的硬めな床の上にヨガマットを敷いて、その上でストレッチを行うのが理想的です。しかし、無理にヨガマットを準備する必要はありません。ヨガマット滑りにくく体を固定できるので効果の高いストレッチを行うことができますが、朝起きてすぐにベッドの上でストレッチを行うストレッチも十分な効果に期待できます。何度も言うようですが、やらない理由を探すのではなく、出来る理由を探して積極的に行っていきましょう。
ストレッチは多くの健康雑誌や新聞などで紹介されていることがありますが、動画でやり方をしっかりと勉強するのがおすすめです。その理由は、何よりも「強さ」の調整を学べるからです。雑誌や新聞でも大まかなやり方やフォームを学ぶことはできますが、ストレッチにおいて重要な力のかけ具合や伸ばしたい部分への強さが明確に理解できません。動画であれば、どれだけの強さで行っているのか分かりやすいので、無理な力をかけることなく正しいストレッチが行えるでしょう。
インターネットに繋るパソコンやスマホを持っている場合には、YouTubeなどの動画サイトでストレッチの解説動画を見るのがおすすめです。以前は、テレビでストレッチ方法を紹介している時にしか、動画でストレッチを学ぶことが出来ませんでしたが、現代ではいつでもどこでも動画を見ることができます。特にYouTubeは、無料で閲覧可ですし、気になった部分で停止したり巻き戻すことが簡単にできますので、注意深く細部まで確認したい人にもおすすめです。また、スマホで動画を見ながら行うことで、動画を投稿している人と一緒にやっている感覚になるので、1人でストレッチをしても長続きしない人でも継続の可能性を上げることができるでしょう。

関連記事

上の動画では、腰痛の改善に効果的なストレッチ方法を紹介しています。整体の人が解説している動画なので、腰痛に困っている人は参考にしてみてください。
上の動画では、たった1分間で行える下半身のストレッチ方法を紹介しています。1日の終わりにむくんでしまう脚のストレッチを朝起きてスグにやっておくことで、脚全体の血行を良くし疲れを溜めにくくしておきましょう。無理に力を入れて関節や筋を痛めてしまわないように注意して行ってください。
上の動画では、朝ヨガのストレッチ方法を紹介しています。ヨガと聞くと体が柔らかくないとできないというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、この動画では体を伸ばすことに重点を置いて解説しています。体が硬いとされる男性の人であっても、できるストレッチになっているので、ヨガだから無理そうだと敬遠せずに積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
上の動画では、先ほどのヨガよりも少しだけ難しいメニューを紹介しています。朝起きてからヨガを行うことで、眠っている間に凝り固まっている筋肉の緊張をほぐしてあげることで、身体の調子を整えてくれる効果に期待できるそうです。朝起きてから「これから今日も1日頑張るぞ!」というスイッチを入れるために、朝ヨガを取り入れるのもおすすめです。
上の動画では、目覚めた直後にベッドの上で行える簡単なストレッチを紹介しています。寝ている間には一切動かすことのない股関節全体をほぐしてあげましょう。
上の動画では、体全体を伸ばしてあげるストレッチを紹介しています。激しい動きは一切無いので、ストレッチ初心者でも簡単に行えるでしょう。
上の動画では、起床直後にベッドの上で行える簡単なストレッチを紹介しています。解説の声と一緒に行っていきましょう。
朝起きてからストレッチを行うことで、睡眠状態だった体を活動するモードに切り替えてあげることができます。朝の目覚めがよくなるのはもちろんのこと、日中のカロリー消費が増えるといったダイエット効果にも期待できるので、老若男女問わずどんな人にもおすすめです。
上の写真のように、ヨガマットを敷いて行うストレッチが理想的ですが、起床直後にベッドの上で行うだけでも十分な効果を受けられます。環境が整っていないことを言い訳にストレッチを先延ばしにするのではなく、まずは、自分が自ら行動していくことを忘れずにストレッチを行ってください。