Rjm5qfxhlokseful9jvu

筋肉

CATEGORY | 筋肉

腕立ては毎日行うべき?筋肉へ効果的な負荷を与える回数や頻度!

2019.02.20

腕立て伏せを毎日行いたいが本当に効果があるのかわかりませんよね。よく筋トレは休むことで超回復が起こるとも言われています。腕立て伏せは激しい筋トレではないので、毎日行っても大丈夫では?と思う人もいるはず。今回は筋肉へ効果的な負荷を与える回数や方法をご紹介します。

  1. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:腕立て伏せについて
  2. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:毎日行っても大丈夫!
  3. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:腕立ての正しい姿勢
  4. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:腕立て伏せの種類
  5. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:腕立ての回数について
  6. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:腕立てを毎日行うテクニック
  7. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:腕立ての効果を高める
  8. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:腕立てで超回復を狙うべきか
  9. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:腕立てする際の呼吸法
  10. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:スタンダード腕立て伏せ
  11. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:ワイドスタンス腕立て伏せ
  12. 腕立てを毎日すると効果的に筋肉がつく?:まとめ
Shutterstock 320795147 689x460
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/shutterstock_320795147-689x460.jpg
腕立て伏せは自重を使ったトレーニングです。最も有名な筋肉トレーニングと言っても過言ではありません。自宅でも簡単にできますし、やり方次第では鍛えられる部位も変わってきます。畳一枚分のスペースがあれば気軽にできるのが魅力的ですよね。最近筋トレに関しては「筋肉を鍛えた部位は最大48時間ほど休息を入れたほうが効果がある」といわれています。それでは腕立て伏せも毎日ではなく、ある程度休息を置いた方が良いのでしょうか?その疑問を解決していきます。

関連記事

Shutterstock 179742329 689x460
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/shutterstock_179742329-689x460.jpg
結論から言いますと、基本的に毎日腕立て伏せをやっても問題ありません。しかし、それはやり方を間違えていない場合です。やり方次第では休息を入れた方が良い場合もあります。毎日効果的に腕立て伏せをできるようなやり方を覚えていきましょう。

休息が必要な場合

Main shutterstock 377800165 e1475223932351
引用: https://mens-diet.jp/wp/wp-content/uploads/2017/09/main_shutterstock_377800165-e1475223932351.jpg
基本的には毎日腕立て伏せを行っていただいて大丈夫です。しかし、負荷をかけ過ぎるのはやめましょう。限界まで腕立て伏せをしてしまうと負荷がかかりすぎています。ヘロヘロになるまで腕立て伏せをした場合はしっかりと休息が必要になります。次の日筋肉痛の状態で腕立て伏せを行っても効果は得られません。毎日腕立て伏せを行うのであればできる回数の最大数の約60%に抑えておきましょう。限界の回数が100回なのであれば60回。30回なのであれば18回です。
Shutterstock 373416931
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/shutterstock_373416931.jpg
腕立て伏せは絶対的に姿勢やフォームが重要になってきます。正しいフォームでなければ十分な効果が得られないので注意です。正しくないフォームで1万回やるより、正しいフォームで100回やった方がはるかに効果的です。

正しいフォーム:肩幅より少し広めに腕を置く

Shutterstock 132193187 689x460
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/08/50289910/shutterstock_132193187-689x460.jpg
まず手の位置ですが、肩幅より少し広めにとるイメージを持ちましょう。手のひらはまっすぐにしても大丈夫ですし、ハの字にしていただいても大丈夫です。

正しいフォーム:体は一本の棒をイメージする

News18022822 main thumb 600x400 20743
引用: https://fytte.jp/wps/wp-content/uploads/2018/03/news18022822_main-thumb-600x400-20743.jpg
足から頭まで一直線をイメージします。そうすることで腕に効果的な負荷をかけることができます。おしりを突き出した状態で腕立て伏せをした場合、腰の筋肉なども使って腕立て伏せをしてしまうことになるので、効果は半減されてしまいます。
1 / 4