Z01p0uknkmt2xknxk68u

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

服は何着持てばいいの?選び方やジャンル系統などから必要な数を。

2018.04.30

みなさん、服は何着持っていますか?男性の平均は分かりませんが、人によっては必要以上に持っていたり、逆に少なすぎたり、あると思います。そこで今回は服のジャンルごとに何着持つべきか、それぞれの選び方について解説していきます!

  1. 服の選び方や必要枚数について解説!
  2. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! その① 好きな服が自分に似合う服とは限らない
  3. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! その② 自分の身体の特徴を客観的に見てみよう
  4. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! その③ 自分の長所を伸ばす服装を選択しよう
  5. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! その④ 自分に似合う色を把握しよう
  6. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! その⑤ 清潔感に勝るものなし
  7. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! その⑥ 男性におすすめのファッションアイテム
  8. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! その⑦ 女性におすすめのファッションアイテム
  9. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! その⑧ 服は何着持てば良いの?
  10. 服は何着持てば良い?必要な平均枚数は?選び方やジャンルについて解説! まとめ
Bw6u3vvisjqtpxc5sq4w
服の種類がない。いつも同じ服を着ている。あなたにはこのような自覚はありますか?自覚がある方はファッションセンスに問題があると言わざるを得ません。服の枚数が少ないと外出時のコーディネートの幅が非常に狭まってしまうばかりか、同じ服を着続けていることで服がすぐにダメになってしまいます。
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/S/SASAKI-FUJIWORI/20170219/20170219210849.jpg
今回はどんな服を選べば良いか分からない。ファッションセンスに自信がない。という方のために服の選び方や必要な服の枚数について詳しく解説していきます。ファッションに疎く、いつも同じ服を着ている方はすぐにでも改善してバリエーションを増やしていきましょう。

関連記事

Bqhkeutihmpiphu6eijw
男性ならば「あの服カッコいいから着てみたい!」女性ならば「あの服かわいいから着てみたい!」というような願望を一度は抱いたことがあると思います。しかし、その服はあなたが着ても似合うものなのでしょうか?
S6bepsmpjoc7pmlm9xnm
ファッション雑誌などには顔立ちの整ったイケメンなモデルや、かわいい顔をした女性モデルが非常に派手な服をスタイリッシュに着こなしています。それらモデルが着ている服はそのモデルであるから似合っているのであって、実際にあなたが着たら本当に似合うのかどうかは分かりません。
Ogygkh62dyrjoyjhzs4c
ここまで読んだ方は自分とモデルとでは絶対的な差がある。じゃあどうすれば良いんだ!と声を大にして言いたいはずです。慌てないでください。確かに先程はモデルとあなたとでは似合う服は違うと説明しましたが、モデルに似合う服があるということはあなたにも似合う服があるということです。
Lnxknalhajnotsx1lhns
人には必ず良いところと悪いところがあるように、あなたの身体にも長所と短所が必ずあるはずです。首が長い、顔が整っている、身体が引き締まっている、O脚、足が長い、足が短い、等々...。あなたの身体の特徴を客観的に見て分析し、どのような服を着たら良く似合うのかを考えてみましょう。仲の良い友人に自分の身体的特徴を聞いてみるのも良いかもしれません。
引用: https://posibig.com/images/upload/2017/08/b9e9947dda2891608e5c72001d2289d4.jpg
自分の身体の特徴を客観的に掴むことが出来たら、次は自分の長所を伸ばすことが可能な服装をピックアップしていきましょう。例えば男性でスタイルが引き締まっているなら、身体のラインが強調されるようなシャツやスキニーでコーディネートしてみるなど、長所をいかに伸ばしていくかを考えればファッションの方向性も大分決まってきます。
引用: http://i7.wimg.jp/coordinate/1i7ock/20151213223159253/20151213223159253_1000.jpg
自らの身体的特徴で短所と思える部分を取り入れたファッションも場合によってはありです。例えば体型が太めでも今は「ぽっちゃり男子」や「マシュマロ系女子」といったジャンルが確立されています。なので短所と思っていてもその特徴を上手くファッションに取り入れれば、おしゃれな着こなしが出来るようになるかもしれません。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/5193ri/20180419204310222/20180419204310222_1000.jpg
あなたは「その色似合ってるね」と人に褒められた経験はありますか?自分に似合った色は自分ではなかなか分かりづらいものです。しかし「赤似合ってるね」「ピンクの服かわいいね」など、男性も女性もそれぞれ個人で似合う色というのは必ずあるものです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/i8q7kg/20180203141919528/20180203141919528_1000.jpg
自分に似合う色が把握出来ない場合には、親しい友人にどの色が似合うか聞いてみるのも良いでしょう。ファッションに詳しい友人であればなお良しです。自分に似合う色が把握できたら、その色を使ったコーディネートを考えていきましょう。さらに自分の魅力を高めることが出来る服装に近付けるはずです。
引用: http://image.atgirl.com/375715/24797.jpg
自分に似合ったファッションスタイルを考える前に、どのようなファッションが万人受けするのかを把握しておくことは物凄く大事です。男性も女性も共通して言えることは「キレイに見えるファッション」であれば、基本的にどんな服装でもおしゃれなファッションとして受け取ってもらえるということです。
引用: http://cdn.wimg.jp/coordinate/nrhipy/20180321070632556/20180321070632556_1000.jpg
ファッションの系統にも「キレイ系」「キレカジ系」などのジャンルが確立されており、見た目がキレイに見える=清潔感のあるファッションを目指せば、周囲からダサいと思われることはまずなくなります。どんなにファッションが磨かれていても髪型が整っていなければおしゃれとは言えません。髪がぼさぼさなら美容院に行ってキレイに整えてもらいましょう。

黒の細身のテーパードパンツがおすすめ

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/901/28916901/28916901B_8_D_500.jpg
実はファッションにおいて重要な要素を占めるのは下半身です。下半身の色合い、シルエットがしっかりとしていればよほどおかしなシャツでも着ない限り、ダサいファッションと捉えられることはありません。大人びた印象でシルエットも美しく見せてくれる、男性おすすめのファッションアイテムは黒のテーパードパンツです。普段のファッションにこの1枚を取り入れるだけで、見た目の印象がだいぶ変わります。

黒のブーツで足元を落ち着かせるのも◎

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/376/21175376/21175376_8_D_500.jpg
引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/376/21175376/21175376_B_02_500.jpg
足元は目立たせるより落ち着かせた方が大人っぽい印象を与えやすくなります。なので、テーパードパンツでボトムスを落ち着かせた後は、足元の色合いも黒のブーツに合わせてしまった方がさらにおしゃれに見えます。足首の位置も上手く隠すことが出来るので足を長く見せる効果もあり、おすすめです。なるべく目立たせないようにするために、靴のソール部分も黒のものを選ぶようにすると◎です。

着回ししやすいデニムパンツは1枚持っておきたい必需品

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/455/27290455/27290455_34_D_500.jpg
女性におすすめのファッションアイテムにまず挙げたいものが、デニムパンツです。様々なファッションに着回しが出来るデニムパンツはまさに万能の一言。一枚は必ず持っておきたいアイテムです。なるべく足元が細く見えるようにスキニータイプのものを選ぶことをおすすめします。

スニーカーも女性の必需品の1つ

引用: http://img5.zozo.jp/goodsimages/076/24668076/24668076_26_D_500.jpg
女性用のスニーカーはかわいいデザインのものが多く、歩きやすく機能性に優れている点も実用的であると言えます。様々なカジュアルファッションに合わせることも出来るので、お気に入りの1足を持っているだけでファッションの幅がぐっと広がります。

上下合わせて最低40着は持っておきたい

引用: http://oheyakataduke.com/wp-content/uploads/2016/03/a0002_002231_m.jpg
引用: https://zuboramask.com/wp/wp-content/uploads/2015/08/81UTP1MSxML._SL1280_.jpg.pagespeed.ce.YuFHfZvO-K.jpg
必ずしも必要という訳ではありませんが、満足のいくコーディネートをするためには上下合わせて40着は欲しいところです。というのも、1シーズンを90日と考えてその間に上と下それぞれ5着ずつを持っておけば、全部で125通りのコーディネートを作ることが可能なので、1シーズン分5着ずつ×4で1年分のコーディネートを実現可能にするためには、上下合わせて40着は持っておきたいところです。

関連記事

引用: http://lacittadella.co.jp/images/0_400/zr05.png
いかがでしたか?男性も女性もファッションにおいて気を付けるべきことはあまり変わりません。ファッションに疎い方はここで挙げた基本的なポイントをしっかりと抑えて、あなただけのおしゃれスタイルを確立してみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://liginc.co.jp/wp-content/uploads/2015/12/AllAbout-51.jpg