// FourM
Dbpfkrwyjz2b4us4yq36

テクニック

CATEGORY | テクニック

ストローを噛む癖のある女性の心理とは?実は甘えん坊?欲求不満?

2019.02.04

ストローを噛む癖のある女性っていますよね。実はその方、甘えん坊または欲求不満かもしれませんよ?何気ない癖でも女性がストローを噛むのには深層心理の表れでもあります。ではどんな深層心理が働いているのか、今回はそんな女性の心理について紹介していきます。

  1. はじめに:何かのサイン?女性のストローを噛む癖について
  2. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】①甘えたがっている
  3. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】②ストレス
  4. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】③承認欲求が強い
  5. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】④イライラ
  6. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】⑤口がさみしい
  7. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】⑥欲求不満
  8. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】噛み癖は良くない!まず自覚させてあげましょう。
  9. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】あなたが理解者になることが大事です。
  10. 【女性のストローを噛む癖の深層心理を紐解く。甘えん坊?欲求不満?】基本的に何か口にしていないと気が済まない!そんな方に。
  11. まとめ:ストローを噛んでいたら女性のSOSサイン。悩みや思いを理解してあげましょう。
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/35/35768/efe1cabc3904bc9a6f4bb8fcd57df1fc.jpg
引用: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/35/35768/70df17768c98a573d3445da37ac167b2.jpg
ストローを噛む癖が小さい頃から治らないという方がいますよね。このような小さい頃から続いている癖は人によってさまざまあると思われますが、特にこのストローを噛む癖というのは実は深い深層心理が働いているのです。何気ない癖に見えるこの動作にどのような心理が働いているのか、今回はその奥深い心理を紐解いていきましょう。

関連記事

引用: https://party.jp/datas/jpg/1489633399.jpg
引用: http://howcollect.cdn-donuts.jp/files/20130511013738-2990-655_raw.jpg
基本的に女性は甘えたがりです。甘えたがりを抑えている方は実はストローを噛むという動作に表れることが多いのです。子どもや赤ん坊は何かを噛むことによって自分の気持ちを伝えることが多いですが、この癖が大人になっても残ってしまっているのですね。つまるところ【自己表現が苦手】なのです。自分の中に抑圧された思いが「噛む」という動作に表れてしまっており、当人は気づいてないことすらあるのです。あまり構ってあげられていないなどの自覚があるのであれば、もっと構ってあげることが大事です。「甘えたい」という感情は大人になるほど表現しにくいですからね。
引用: http://www.shiragazome-lab.com/wp-content/uploads/2016/01/stores.jpg
引用: http://ikumouzai-ladies.com/img/sutoira.jpg
職場でのストレス、育児のストレス、対人関係のストレス、コンプレックスに対するストレスなど、人知れず女性はストレスを貯めこんでいます。勿論ストレスを抱えるのは男性も同じですが、女性はそのストレスの発散法に疎いことが多いのです。人間は何かしらの要因をもってストレスを発散するものですが、うまくこのストレスを吐き出す機会がないと、ストローを噛む動作に表れてきます。イライラしているような仕草や表情が一緒に見られたら確実にストレスからくる現象なので、是非何かしらのストレス対策を講じてあげましょう。
引用: https://eikaiwa.dmm.com/blog/wp-content/uploads/2017/08/1-30.jpg
引用: https://hyakkei-online.com/wp-content/uploads/2017/01/goodjob.jpg
大人になるほど【褒められる】ということが少なくなってきます。褒めて伸びる人間はかなり多く、そしてこの褒められることに異常な執着をもっている方はいます。最近その矛先がSNSに向いている方が多いですね。自撮りなどを多くしている方はこの承認欲求が強い証拠です。SNSにそのような傾向が見られたうえでストローを噛む動作が見られたら、これが原因でしょう。これは対処は簡単、単純に褒めてあげることで改善の可能性があります。何気ないことを褒めてあげましょう。褒められたら誰でも嬉しいものですよ。
引用: http://lar-japan.com/wp-content/uploads/2015/09/20150929yokei01.jpg
引用: https://www.hormone-supple.com/images/emotion-main.jpg
ストレスとは若干ベクトルが違う、怒りにも似た感情ですね。人間はイライラすると物にあたることがありますが、ストローを噛むというのもこの物にあたるという動作に似通ったものがあります。これもストレスと同じように発散しなければ収まらないので、何かしらの発散をさせてあげましょう。例えば好きなことをさせてあげる、キックボクシングなどの機会を設けて迷惑のかからない「物当たり」を実現させてあげる、家事などを手伝う、もしくは代わるなど、イライラの元凶にもよりますが、とにかく相手のためを思って行動してあげましょう。
引用: https://onna-hige.com/wp-content/uploads/2017/09/27c9ed88c3b53db4a1f339e78dbe74f3_s.jpg
引用: https://www.verygood.la/wp-content/uploads/2016/08/IMARI20160807101319_TP_V.jpg
単純に口が寂しいというのもあるでしょう。タバコを吸っている女性などに稀に見られますね。これに関してはタバコを長時間吸っていないときに表れるだけなので、タバコを吸えば何とか改善が見られるでしょう。また何かを基本的に口にしている女性にも表れることがありますね。この理由に関しては改善が難しいので後述することにします。
引用: http://www.gemart.jp/enzyme/wp-content/uploads/2014/12/nayami.jpg
引用: https://googirl.jp/img/14/03/1403098top.jpg
欲求不満というのも理由としてあるでしょう。性に関しての欲求や、自分の時間が作れないことに関して、時間の欲求、人によってさまざまな欲求不満の形があります。女性は基本的に内に秘める思いをさらけ出すことが少ないので、ストローを噛む以外の細かな変化も見抜いてあげる必要があります。何に対しての欲求が爆発しそうなのか、しばらく観察すれば分かってくるかと思います。難しい問題ですが理解者になってあげましょう。
引用: http://every-day-life.com/wp-content/uploads/2017/03/life363.jpg
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N112_hooduewotukujyosei_TP_V.jpg
自覚症状無しにストローを噛んでいる方がいますが、自覚症状があってもなくても、基本的にストローの噛み癖は直した方が良いですね。傍から見ていてあまりきれいなものではないですし、行儀の良いものでもない、まして褒められたものでもないですよね。なので自覚症状がない方にはやんわり教えて自覚させてあげましょう。最初から自制することを厳しく言うと反動が出てしまいます。癖は急に治るものではありません。ゆっくり、じっくり治していけるように見守ってあげましょう。根気良く元気づけてあげてください。
引用: https://www.sodan-lp.jp/documents/10182/28018/0214.jpg/8ddbc2fa-a0cb-4de9-8446-d80de8a37d09?t=1481519876000
引用: http://www.ottawavintageclothingshow.com/img/moteo.jpg
ストローを噛むなどの行儀に関わることというのは完全にNG、拒絶する方が多いです。そんな方が少なくないので、自覚していてもなかなか相談できる方がいないのが実情なのです。それに気づいたら、あなたが理解者になってあげてください。前述しましたが、女性には内に秘めたる思いを吐き出せない、吐き出しづらいと思っているのです。言いだしにくいのですからあなたから持ちかけて、相手の立場に立ってしっかり話を聞いてあげましょう。愚痴を聞くのは嫌だ、という方は多いですが、あなたも愚痴を聞いてもらいたいこと、ありますよね。すべてはお互い様、困ったときは助け合いが大事です。
引用: https://www.mexce.net/wp-content/uploads/2016/01/gatag-00005081.jpg
先ほどの口がさみしい、の部分で言った「何か食べていないと気が済まない」という方ですね。これはかなり改善が難しいので、理解者になっても止められないことはあります。そんな時に一つの策として「太ってしまうよ」という一言で少し脅してみてください。女性は「太ること」に対して異常な拒絶を示している方が多いです。この脅し文句一つで止まる女性もいますが、今度は食べなくてイライラしてストロー噛みに戻ってしまう場合があります。そんな時は別の発散法を講じて一緒に発散してあげましょう。そしてその脅し文句一つで治らない場合、あまりにも深刻なら病院に罹ることも辞さない考えをもっておきましょう。それほどにストローを噛む行為は大人になってからは失礼な行為ですからね。

関連記事

ストローを噛む癖に関しての深層心理を6種類、そして直した方が良いということまで書かせていただきました。癖は大人になればなるほど直しにくく、特に小さい頃からの癖は直すのに時間がかかります。癖は本人も直したいと思っていたり、自覚症状がなかったりと症状はさまざまです。大したことの無い癖なら良いのですが、ストローを噛む癖は見ていてあまり良い気持ちにもなりませんし、多人数の目に触れる可能性のある癖です。直したいと思っても何かしらのきっかけがないと直せないので、サポートをしてあげましょう。あなたが理解者になることで、一人の女性を救うかもしれませんよ。
引用: http://www.1242.com/lf/asset/uploads/2017/04/8b1c49e975c40241d1afe0c4abc30b91_sw680.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://cdn.macaro-ni.jp/image/summary/35/35768/efe1cabc3904bc9a6f4bb8fcd57df1fc.jpg