Gguaoqshs94rdnpjuam1

整髪料

CATEGORY | 整髪料

オールバックの整髪料にはマット系ワックス?ジェル?おすすめセット方法

2019.02.05

男らしさの象徴であるオールバック。整髪料を使用すると崩れないようになります。とはいってもマット系のワックスを使うかジェルを使うかどうしても迷ってしまう人も多いはずです。今回はオールバックの整髪料にはどちらが良いのか、そしておすすめのセット方法を解説します。

  1. オールバックにおすすめの整髪料
  2. オールバックのセットにおすすめの整髪料はマット系のワックスかジェルか:基礎作り
  3. オールバックのセットにおすすめの整髪料はマット系のワックスかジェルか:ロレッタ ハードゼリー
  4. オールバックのセットにおすすめの整髪料はマット系のワックスかジェルか:デューザー6G
  5. オールバックのセットにおすすめの整髪料はマット系のワックスかジェルか:ウェットブラストワックス
  6. オールバックのセットにおすすめの整髪料はマット系のワックスかジェルか:デザインキューブ ホールドワックス
  7. オールバックのセットにおすすめの整髪料はマット系のワックスかジェルか:フリーズキープワックス
  8. オールバックのセットにおすすめの整髪料はマット系のワックスかジェルか:ジェリーワックスG6
  9. オールバックのセットにおすすめの整髪料はマット系のワックスかジェルか:クールグリース
  10. オールバックにはマット系の整髪料がおすすめ
ファッションの系統が多くあるように、男性の髪型もさまざまな髪型があります。その中でも幅広い年齢層に人気のある髪型といえば、オールバックです。年齢を問わず男らしさを上げてくれて、それでいて誰がまねをしても似合うということで人気の髪型です。整髪料を使用しなくても手軽にできますが、やはり外に出るとどうしても風や雨によって髪型が崩れてしまいます。そのような自然現象にも耐えられるようにするには整髪料を使用することをおすすめします。最近ではツヤのあるタイプではなく、マット系の整髪料が人気が出ており、純粋に髪型を維持させたいという人にとってはうれしいことです。
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20170113%2F79%2F7753109%2F2%2F375x500x87b059a6c7400bca6ebe38ee.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2015/11/50289910/shutterstock_89457790-e1455436999911.jpg
オールバックは手軽にできますが、よりきれいなオールバックにするには基礎作りが大事になります。いきなり整髪料を使用しても問題ありませんが、仕上がりが良くなかったときのことを考慮するとしっかりとした基礎を作ったほうがより整髪料の効果を発揮できます。基礎作りといっても、わざわざ理容室に行く必要はありません。自宅にドライヤーがあれば簡単にできます。基本的にはハンドブローで大まかな形を作ってからドライヤーで調整すれば、オールバックの基礎を作ることができます。より個性的なオールバックや、きっちりとした形を作りたいという方は、ヘアーアイロンを使っても良いでしょう。
引用: http://d1xt3jet61y36q.cloudfront.net/package/file/image/201701/b27ef6170c7ec37c64fef23b9ebfcb1a.jpg
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/04/12111315/shutterstock_266478962.jpg

関連記事

オールバックの整髪料については、基本的にワックスでもジェルでもどちらでも良いです。しかし共通にいえることは、使用するとしても固めのものを使用することが大前提となります。まずはジェルから紹介していきます。ロレッタのハードゼリーは、商品名からわかるとおりハード系の仕上がりになるジェルであります。せっかく時間をかけて仕上げた髪形も、風が吹けば一瞬で崩れてしまうものです。そういう思いをしたくないという方にはおすすめのジェルです。ハードゼリーとは言うもののジェル自体は非常にやわらかく、髪型をキープしつつも、少し変化をつけたいときにも対応できます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91PrehmNYsL._SL1500_.jpg
引用: https://cdn.hands.net/images/4961503571991-1.jpg
今までのワックスは朝はキープできていても、夕方になると髪がペタンコになってしまうものが多くありました。一日中デートの場合でも、別れ際の大事なときに髪型が崩れてしまっては元も子もありません。このデューザー6Gは、そんな整髪料で一番重要であるキープ力が圧倒的に高いです。デューザーシリーズ自体がキープ力に自信のあるものばかりですが、特にこの6Gは、束感とキープ力が抜群に高いため、一日中髪型をキープすることができます。これだけキープ力が高いのなら塗りずらいのでは、と感じる方も多いはずですが、意外にも塗りやすく、手軽に使用することができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71l4Ax-9xwL._SY355_.jpg
引用: https://static-mercari-jp-imgtr2.akamaized.net/photos/m92349089910_2.jpg?1504118411

関連記事

有名なメンズヘアサロン店であるLIPPS。そのLIPPSから出ているワックスが、ウェットブラストワックスです。ウェットなので仕上がりは濡れたような仕上がりになりますが、その仕上がりとは裏腹に髪型をしっかりキープする驚異的なキープ力を持っています。実際に使用する時点で自由な髪型を作ることができるため、時間がなくてドライヤーやアイロンで基礎作りをすることができないという人でも、簡単にオールバックを作ることができます。自在に動かしたり散らしたりすることができるため、ワイルドな雰囲気をかもしだしたオールバックに仕上げることもできるため、色々なオールバックに挑戦したい人にはおすすめです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31UD26Ym6GL.jpg
引用: http://hundsum-beauty.com/wp-content/uploads/2017/12/IMG_4906.jpg
先ほどまではジェル系などをメインに紹介してきました。ここからは整髪料といえばワックスだという人向けに、ワックスについて紹介していきます。ウェーボのデザインキューブホールドワックスは、メリハリのある仕上がりと、強いキープ力が特徴のワックスです。ヘアサロン専売品というだけあり、そのキープ力は市販のワックスやジェルとは一線を画しています。専売品ということで、自宅で気軽に使用するのは難しいと考えている人も多いはずです。しかし、専売品というものの以外にも使いやすく、ほかのワックスとあわせて使用したりしている人もいるほど、使い勝手は非常に良いです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61SWqHxJCdL._SY450_.jpg
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTzLkh-TPs0aDJa9-1wHYX1nXJKnmKKv22KTkLU_BoNMYaFejmfVA
ここ最近ドラッグストアや整髪料売り場などで必ずは目に入るようになるほど大人気商品である、ピースのフリーズキープワックスです。この特徴的な容器が目を引きますが、そのキープ力も絶大です。フリーズキープというだけあり、そのキープ力はハード系のワックスよりも強いということを象徴しています。ワックスのほかにもスプレータイプがありますが、こちらもかなりキープ力があり、スプレーなのにここまでキープ力があるのかと驚いている人も数多くいます。さらに、これだけキープ力が強いのに、シャンプーで簡単に落とすことができるので、非常に優れものであります。
引用: http://1.bp.blogspot.com/-9jvwIDZ5EoE/UaG6nqA_dhI/AAAAAAAABW4/lac6bGHrJVc/s1600/IMG_0742.jpg
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71OPSRZAEuL._SX425_.jpg
ジェルの特徴として、操作が難しいため思うような髪形に仕上がらないという人が多くいました。そんな方のために登場した商品が、ジェリーワックスG6です。ワックスなのかジェルなのかわからないと感じる方も多いはずです。確かに一応ジェルとなっています。しかし、ジェルにワックスの成分が入っているため、ジェルなのに自由な仕上がりにすることができます。もちろんキープ力もきちんと備わっているため、オールバックはもちろん、あらゆる髪型に対応できる優れものであります。どうしてもジェルを使用してもなかなか思い通りの髪型に仕上がらないという方は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41a70b6QOXL._SX425_.jpg
引用: https://img.fril.jp/img/43018294/l/110277352.jpg?1474543191
整髪料として有名なものといえば、最初に紹介したジェル、そして一般的なワックスが有名ですが、そのほかにもグリースというものもあります。このクールグリースという商品は、ハードに仕上げたいという男性のために作られた男性用の整髪料となっています。単体で使用してもよし、ほかのワックスとコラボさせて使用してもよしと、色々な使い方ができます。どうしてもワックスやジェルは髪質によって思うような効果を発揮できなかったり、キープ力がなかったりと、合う合わないがありました。しかしこの商品はどんな髪質の方でもきっちり高価を発揮してくれるため、迷っている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61lZ22DDIrL._SL1000_.jpg
引用: https://nara-totyan.biz/wp-content/uploads/2016/12/c13c6e0e7ee0424e60ac591c3dc0e498-1024x768.jpg
いかがでしたか。オールバックの整髪料といっても、大半がウェット系のものがほとんどでしたが、中にはマット系に仕上がるものもあることがわかったと思います。オールバックに限らず、髪をセットしたときの最大の敵は風や激しい動きです。激しい動きはどうにかできたとしても、風についてはどうしようもありません。そういうときこそハード系の整髪料がどうしても必要となってきます。皆さんも、もしオールバックにあこがれていたり、現在オールバックに挑戦してはいるもののどうしても崩れてしまって悩んでいるという人は、今回紹介した商品を検討してみてはいかがでしょうか。
引用: https://i.pinimg.com/originals/88/d2/3d/88d23d5a1e787c7b7e601217e8a28443.jpg
引用: http://www.hair-me-up.com/style_images/t/2017/02/833824378739531776.jpg