D7fe1adohbyjn99zsksi

インテリアコーディネート

CATEGORY | インテリアコーディネート

寝室でテレビの配置は?おすすめ高さ・大きさのテレビ台をご紹介!

2018.04.29

寝室は1日頑張った体を休める空間でもあり、くつろげる空間でもあります。そして人生の1/3を過ごす場所でもあります。寝室にテレビの配置はどうすればいいのかテレビの高さや大きさテレビ台は必要かなど寝室におすすめの配置をご紹介します。

  1. 寝室にテレビ
  2. 寝室でテレビをどう使うかによって大きさ高さなど条件が変わる
  3. 寝室で寝ながらテレビが見たい方
  4. 寝室でテレビゲームがしたい方
  5. 寝室にテレビを置くおすすめの配置①ベッドの横
  6. 寝室にテレビを置くおすすめの配置②壁にかける
  7. 寝室にテレビを置くおすすめの配置③テレビ台を活用
  8. 寝室にテレビを置くおすすめの配置④クローゼットを活用
  9. 寝室にテレビを置くおすすめの配置⑤天井からつるす
  10. 寝室にテレビを置くおすすめの配置⑥プロジェクター
  11. 寝室にテレビを置くおすすめの配置⑦タブレットやパソコン
  12. 寝室にテレビを置く時の注意点
  13. まとめ
引用: https://i.pinimg.com/564x/65/32/4f/65324f026a9cddf71225947837375a9a.jpg
寝室にテレビは映画やホテルなどで憧れる寝室のレイアウトです。寝室のレイアウトっで欠かせないのがテレビの配置ですが、テレビの配置によって別途の位置もしくは敷布団の位置までも左右されてしまうものです。寝室にテレビと言う物はすごいあこがれがある方も多いと思います。そこで寝室におすすめのテレビの配置をご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c1/51/5e/c1515ea78649f726c2f5d4651b4292f9.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/f2/9b/d8/f29bd80dc9efce543c39fea94ff8426b.jpg
寝室にテレビを置くのが憧れる方も多くいると思いますがテレビをどう使うかによってテレビ台の高さや大きさなどの条件が変わってきます。例えば寝ながらテレビか見たいという方やテレビを見ながらゆっくりしたい方、寝室でテレビゲームを楽しみたい方などいろいろあります。そこで条件に合わせたテレビの大きさやテレビ台の高さなどご紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3a/51/91/3a5191c92c80bc023174fd0d0f4424f7.jpg
寝ながらテレビが見たい方におすすめの配置は足元に置くレイアウトか別途または敷布団に対して横に置く方法がおすすめです。実際寝るスタイルは個人差があり、横向きでないと寝れない方や仰向けでないと寝れない方などいろいろです。あなたが横向きでしか安心して落ち着いて寝れないという方はベッドや敷布団の横に置くことをおすすめします。仰向けでしか寝れない方は足元に置くことをおすすめします。ベッドを使って見る方はテレビ台を使ったり壁にかけるなどして高さの調整をすることをおすすめします。敷布団で寝る方はテレビ台かもしくは地面に直置きすることをおすすめします。

テレビの大きさ

引用: https://i.pinimg.com/564x/03/78/97/037897271b7a11d753a58df444a5d448.jpg
寝ながら見たい方におすすめの大きさは、24インチから42インチほどがおすすめです。寝室に置く場合はテレビとの距離にもよりますが、基本的には近すぎず遠すぎずという距離なら基本的な大きさのテレビがおすすめです。寝る前に大きなテレビで見ることで目を疲れやすくしてしまうため疲れない程度の大きさがおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4e/f5/d2/4ef5d2c8451b217b117a225cfaa762e6.jpg
寝室でテレビゲームをしたいという方におすすめする配置は頭上か横に置くのがおすすめです。うつ伏せでゲームを楽しみたい方は枕元がおすすめです。横向きでゲームを楽しみたい方は別途化または敷布団の横に置くことをおすすめします。テレビゲームを楽しみたい方におすすめの高さは首や肩、腰などが疲れない程度の高さがおすすめです。首や肩、腰など疲れない高さは個人差がありますので高さ調節するためにテレビ台など使うことをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e5/5b/33/e55b3383332bd8c89798e99836f5f28b.jpg
ベッドに寝た時に横を向いた姿勢で見るのが見やすく体も落ち着くという方は別途の横に配置することをおすすめします。ベッド横に配置することで身体の負担が少なく見やすいのが特徴です。また、テレビ台を買うだけで簡単に費用を抑えた配置ができるのもおすすめポイントです。横向きが安定して寝やすいという方は近すぎず遠すぎずの配置がおすすめです。だいたいの部屋の構造上、ベッドや敷布団を置いたとき横にモノを置くスペースがない場合が多いのでテレビ台を置くよりも壁掛けスタイルをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/63/47/e1/6347e11832611195791f12ec4c648cd6.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/cf/1d/31/cf1d31dbc3eb93fb356b876314b5d687.jpg
寝室にベッド以外の家具を置きたくないという方におすすめの配置方法は壁掛けスタイルです。オーダーメイドで作られた家以外は、基本的に広いスペースを考えられた家が少なくベッドを置いてしまえば家具を置く場所が限られて圧迫した空間を作ってしまう場合が多くあります。そこで家具などいらないものを着たくないという方や寝室が狭いという方には薄型テレビの壁かけがおすすめです。壁掛けテレビなら場所に捕らわれず壁がある限りどこでも配置できます。また、テレビの高さもこだわれますのでおすすめです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/65/37/8b65376e87855b5288daa54ad380ca11.jpg

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/06/14/06/061406b30bacc7a63fe4514d9699bb0f.jpg
寝室が広くレイアウトにもこだわりたい方におすすめはテレビ台の活用です。寝室は狭くなく十分家具が置ける方におすすめです。テレビ台の活用したレイアウト方法は無難なスタイルですが、安定感があり寝室と言うイメージを作り出すのに欠かせないと思う方も多いのではないでしょうか。テレビ台を置く時の注意点はあまりスペースを取らないものを選び、テレビのみ安い高さのものを選ぶことをおすすめします。また、レイアウトや部屋のイメージにこだわるのならテレビ台のカラーなども慎重に選びましょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/9b/4a/74/9b4a74d08b40762a95584d7f2be5d2b3.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/61/28/68/612868200aa3f4d099012ab38c120662.jpg
スタイリッシュにかっこよくいい感じに収納したい方はクローゼットを活用しましょう。テレビ台など使うのも1つの案ですが、スタイリッシュにかっこよくテレビを置きたい方におすすめなのが画像のようなテレビの置き方です。寝室に1つだけ無造作に置かれたテレビが嫌いという方やきっちり収納したいという方におすすめです。クローゼットなどに置くことでデザイン良く置くことができます。また、テレビ台ではテレビを置くだけでほとんど活用方法はありませんが、クローゼットに置けばテレビを置くだけじゃない他にも活用できます。
引用: https://i.pinimg.com/564x/30/9a/8c/309a8c431050f7bdda32718ac37ab94c.jpg
テレビ台や壁に穴をあけたくないという方におすすめのスタイルは天井から吊るす方法をおすすめします。近年開発されているテレビはどれも軽量化されとても薄く設計さてれいるためある程度強度のある天井ならテレビを吊るすことが可能です。ただし、天井に強度があるかどうかしっかり確かめてからでないと吊るすことはおすすめできません。災害など関係なく天井の劣化などで落下する恐れがあります。落下した場合怪我をする恐れがあり、テレビの故障、天井の修理などただテレビが落ちたのとは違います。レイアウトなどにこだわりたい方におすすめする配置ですがしっかりと確認することをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e7/7f/14/e77f149f1fd2cd94aa5f5d1121256149.jpg
オシャレにテレビが見たい方はプロジェクターをおすすめします。プロジェクターはテレビの購入がいらず白い壁があれば見ることができます。また、角度や大きさも調整できるため好きなところで見たい方におすすめです。ただし、天井吊るしテレビと同じく天井の強度弱いと落下する恐れがあります。また、天井吊るしテレビと違い大半のプロジェクターは身体の上につけることが多いので落下した時は最悪と言えます。取付時はしっかりと強度を確認し、定期的なメンテナンスをおすすめします。メンテナンスが不安な方は専門業者などに依頼することをおすすめします。
引用: https://i.pinimg.com/564x/67/de/3b/67de3b8ce01a902728f80d2982522f9e.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/e6/dd/1d/e6dd1dbc1b4ccf18300cfd5aa72d3a97.jpg
置くところに困り本当に家具など余計なものを置きたくない方はタブレットやパソコンをおすすめします。タブレットやパソコンは手軽に扱え置く位置も高さも自由自在なので、場所に困りません。テレビやプロジェクターなどの設置費用や本体の購入などよりも低下価格で抑えることができます。また、テレビ以外にも使うことができるのがおすすめポイントです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e9/83/69/e98369af58c761cac6322c10fcbcc17f.jpg
引用: https://i.pinimg.com/564x/2a/48/0b/2a480b03df6501e64fbceea7052c1cf8.jpg
テレビを置く時の注意点をご紹介します。テレビを置くことで起こる災害や睡眠障害を考慮して置くことをおすすめします。

災害時に注意

引用: https://i.pinimg.com/564x/dd/95/34/dd9534e8373a04d7a5c2008424a3e6bb.jpg
テレビがしっかり設置していても地震などでは飛んで来ると言われています。飛んできたり転倒しても怪我が起きない配置がおすすめです。また、転倒しないような対策を取るようにしましょう。

睡眠妨害

引用: https://i.pinimg.com/564x/8b/62/59/8b62596853381c153df73b384aa5ea32.jpg
テレビだけでなく光や音と言うのは睡眠を妨げるものです。特にテレビを付いたまま眠ることで確実に睡眠不足となってしまうので、身体を休める場所にテレビを置くのはおすすめできません。

関連記事

寝室に置くテレビの配置は参考になったでしょうか。テレビの配置は寝るスタイルに合わせて配置するのがおすすめです。また、災害時の対策などしっかり考慮した配置をしておきましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcT9NEcP4v0Edrmwly8qdT7aHxvME32lLS0p3yVnc9YhMQHe6svc