Qiqkabulpqzmxttpyp9g

髪型・ヘアスタイル

CATEGORY | 髪型・ヘアスタイル

髪色のアッシュとは?グレーやピンク、青の作り方は?種類もご紹介!

2018.04.28

髪色における「アッシュ」とは何を指すかはご存知ですか?アッシュといっても色々な種類が存在しています。一体グレー・ピンク・青などにも合う暗めのカラーな何かなど、今回は髪色の例を挙げながらこのアッシュとは何なのかについて紹介していきます。

  1. はじめに:髪色はアッシュが人気!このアッシュってどういう意味なの?
  2. 【髪色のアッシュとは!?徹底解説!赤や青、ピンクにも合う暗めカラーの種類も紹介!】アッシュを入れると暗めカラーに変身!
  3. 【髪色のアッシュとは!?徹底解説!赤や青、ピンクにも合う暗めカラーの種類も紹介!】ブルーアッシュ
  4. 【髪色のアッシュとは!?徹底解説!赤や青、ピンクにも合う暗めカラーの種類も紹介!】ルビーアッシュ
  5. 【髪色のアッシュとは!?徹底解説!赤や青、ピンクにも合う暗めカラーの種類も紹介!】ピンクアッシュ
  6. 【髪色のアッシュとは!?徹底解説!赤や青、ピンクにも合う暗めカラーの種類も紹介!】グリーンアッシュ
  7. 【髪色のアッシュとは!?徹底解説!赤や青、ピンクにも合う暗めカラーの種類も紹介!】プラチナアッシュ
  8. 【髪色のアッシュとは!?徹底解説!赤や青、ピンクにも合う暗めカラーの種類も紹介!】アッシュベージュ
  9. 【髪色のアッシュとは!?徹底解説!赤や青、ピンクにも合う暗めカラーの種類も紹介!】ダークアッシュ
  10. まとめ:アッシュカラーで落ち着いた上品なメンズに!さまざまなカラーをマッチさせよう!
引用: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/unomon1.jpg
引用: https://i0.wp.com/belle-cheveux.org/wp-content/uploads/2015/07/6b1e5a9097052dfc7836ec9875bd1d4a.png?fit=640%2C853&ssl=1
美容室でカラーを行う際に「アッシュ」という言葉を見かけます。このアッシュは幅広いカラーとくっついて名前が付けられており、ダークアッシュ、ブラウンアッシュ、ベージュアッシュ、非常にさまざまな種類があります。ここで抑えておきましょう、このアッシュは「グレー」の色を指しているのです。つまりダークアッシュは黒×グレー、ブラウンアッシュは茶色×グレー、ベージュアッシュはベージュ×グレーといった塩梅です。確かにグレーは汎用性が高い色で有名、そのグレー一色で染めることだってありますよね。何故このようなさまざまな色にくっついているのでしょうか。それにはこんな理由があったのです。

関連記事

引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2014/01/DSC02265-e1389683545230-375x500.jpg
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2014/05/0355541-e1400729887268-375x500.jpg
アッシュを入れるメリットですが、それは全体的に【暗めの色】になるところです。上の比較画像を見ていただければわかるかもしれませんが、1枚目の通常のブラウンよりも2枚目のブラウンアッシュの方が少しだけ色味が薄く、そして暗いのがわかるかと思います。この暗めのカラーが昨今のヘアカラーのブームで、メンズ、レディースともにこのアッシュカラーは人気を博しています。何故人気なのか、それは「派手すぎない明るさ」に魅力があるからですね。あまり髪の主張が強いと首から下のコーディネートが薄れてしまったり、印象が強すぎてしまいます。アッシュだったらあまり主張も強くなく、当たり障りない、そして良い印象を与えることができます。

関連記事

引用: https://mens-hairstyle.jp/lipps_harajyuku/assets_c/2015/10/BeautyPlus_20150915231938_save-02-thumb-800x1067-4832.jpeg
引用: http://cutmo.com/imagesc/hairstyle/1/68841/1_original.jpg
青×グレーの最近になって登場したブルーアッシュです。ブルーアッシュは青色特有の光沢感を消したうえで、それでいて派手すぎない艶があるかなり落ち着いた色味のカラーです。黒よりの色にも見えますがその独特の艶感が毛流れと束感をしっかりと演出し、スタイリングのアレンジが色濃く表れるカラーとなっています。ショートよりかは少し眺めの髪でアレンジを効かせることでさらにブルーアッシュは映えてくれるでしょう。トップを盛って存在感を出すことも忘れずに。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2014/04/IMG_8861-375x500.jpg
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2015/09/3e16624fe4ff69169d8462d3289a9d34-e1442337333956-375x500.jpg
赤×グレーのルビーアッシュです。赤系の髪色は非常に人気の高い色でメッシュにも採用されることが多いですが、全体が赤となると少し目立ちすぎてしまうのが難点です。そこでアッシュと混ぜることによって少し暗めで存在感が薄くなり、また赤×黒の最強コンビが非常に映えます。赤は赤でもルビー、ワインレッドに近いような落ち着いた上品な赤を使うので、大人な男性にもってこいのカラーで、アレンジも自由度が高いです。また暖色特有の暖かい色味が、多すぎる毛量をスッキリ見せてくれる役割もあるので、髪の量が多い方におすすめの髪色です。
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2014/05/hfg.jpg
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/27/96/B011852796/B011852796_271-361.jpg
ピンク×グレーの爽やかなピンクアッシュ。ハツラツとした印象が出がちなピンクですが、アッシュと混ぜることによってより身近な色に変身します。若干紫がかったような色にもなるので、少しセクシーな色毛が漂う髪色としても有名になっています。ピンクはなかなか入れようとしない色ですが、このピンクアッシュはアレンジをしていて非常に楽しい色なので、カラー初心者には少し向かないかもしれませんが、是非ともおすすめしたいカラーです。
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/12/2016-12-mens-haircolor-ash-2016-002.jpg
引用: https://imgbp.hotp.jp/CSP/IMG_SRC/18/41/B010301841/B010301841_271-361.jpg
緑×グレーというグリーンアッシュ、なかなか見ない色ですがこちらも名前としてはかなり有名なカラーです。少し色素を失ったような色になりますが、若干プラチナアッシュにも近いこの色は落ち着いた色味が人気です。このグリーンアッシュは束感をしっかり作ってカッチリフォルムを作るよりも、少し毛流れを意識したふわっと感を作ってあげると非常にマッチします。そういった意味合いでは天然パーマの方に非常に相性の良いカラーと言え、天然パーマ特有のゆるふわ感がグリーンアッシュをさらに活かしてくれます。
引用: https://mens-hairstyle.jp/lipps_kichijoji/assets_c/2016/06/z21-thumb-autox1067-7379.jpg
引用: http://www.stylistdirectory.jp/images/joomgallery/originals/_2/_21/_20140708_1033586736.jpg
プラチナ×グレーという少し珍しいカラーです。そもそもプラチナがどういった色なのかという点ですが、白を基調とした透明感のあるカラーで、このプラチナアッシュから派生してプラチナアッシュベージュ、プラチナアッシュピンクなどにすることも可能です。前述したように透明感をプラスしてくれるので、爽やかさと迫力が共存したメンズらしい色味になります。ワックスでしっかりアレンジをして毛束をたくさん作ったスタイルにすることによって、躍動感も増したようなスタイルになるので、若者を中心に人気のあるカラーです。
引用: http://brgttsuku.com/wp-content/uploads/2015/12/f787ee6b483f5cfe5daa057a27c09399.jpg
引用: https://mensfashion-syosinsya.com/wp-content/uploads/2013/12/TRUMP.png
ベージュ×グレーのオーソドックスなスタイルです。ベージュというと少し実感が湧かないかもしれませんが、金髪のアッシュ版を考えていただければわかりやすいでしょう。金髪もそれ単体ではかなり輝きを放つ主張の強いものになるので、アッシュと混ぜることで艶のある上品な色味になります。モデルなどに非常に人気のあるカラーで、金髪があまり似合わないとされる色白な方でも、このアッシュベージュなら似合うとされています。かなり汎用性が高いカラーとして根強い人気がある、アッシュの定番です。
引用: https://fashion-basics.com/wp-content/uploads/2016/12/2016-12-mens-haircolor-ash-2016-006.jpg
引用: https://cloudinary-a.akamaihd.net/vivivi/image/upload/t_beauty,f_auto/w_360,h_480,c_limit/v1450363246/stl0268805_02.jpg
最後は大定番の黒×グレー、アッシュブラックです。普通の黒髪と思うなかれ、通常の黒髪とは全く違う点で差別化を図っている、非常に人気の高いカラーです。それは「艶感」と「毛流れと束感の表現が簡単」という点ですね。通常の黒髪だと全体が真っ黒なので、ワックスを使って毛束を作っても遠目からでは少しわかりにくいです。しかしダークアッシュであれば持ち前の艶感で毛流れがわかりやすく、そして束感を作っても色素が少し薄い点からかなりわかりやすい形になります。このダークアッシュは基本的に黒色なので、髪色に厳しい仕事場でも通りやすい色となっており、社会人の方でも染めている方が多い、非常に人気のカラーです。染めてみると実感が湧きやすいので、カラー初心者の方には是非ともおすすめしたい髪色です。
アッシュに関しての紹介と解説でしたがいかがでしたでしょうか。。ヘアカラーにおけるアッシュは名前ばかりが一人歩きしていて、実際何なのかよくわかっていない方も多いですよね。アッシュカラーに染めていても何だかわからない、という方もいるのではないでしょうか。アッシュは当記事で紹介したように非常に汎用性の高いカラーで、昨今の暗めカラーブームに大きく貢献しているカラーです。どんな色ともマッチするアッシュ、皆様も今後カラーをする際にはアッシュカラーをお試しください。
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/28/71/B014472871/B014472871_271-361.jpg
引用: https://www.beauty-box.jp/wp/wp-content/uploads/2016/03/nakamub1.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://stat2.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/05/50289910/unomon1.jpg