Mbhbrj5vbrfdtg8cylcm

ショート

CATEGORY | ショート

メンズシルバーアッシュのやり方を伝授!ブリーチは暗めでも必要?

2019.08.07

メンズのショートスタイルの髪型としてシルバーアッシュが人気なんです!ですが、「シルバーアッシュって染めるのが難しそう」と思っているメンズも多いのではないでしょうか。今回は、シルバーアッシュの髪色にするやり方やグラデーションのコツをご紹介します。

  1. おしゃれな髪色!シルバーアッシュ
  2. 【メンズシルバーアッシュの髪色】髪色を染める手順
  3. 【メンズシルバーアッシュの髪色】ブリーチの回数
  4. 【メンズシルバーアッシュの髪色】家でブリーチは出来る?
  5. 【メンズシルバーアッシュの髪色】ブリーチ以外でのやり方は?
  6. 【メンズシルバーアッシュの髪色】髪色は暗め?明るめ?
  7. 【メンズシルバーアッシュの髪色】オススメのグラデーション
  8. 【メンズシルバーアッシュの髪色】セルフヘアカラー(自宅で髪染め)のコツ5選
  9. 【メンズシルバーアッシュの髪色】美容院での料金
  10. 【メンズシルバーアッシュの髪色】シルバーアッシュにはショートがオススメ!
  11. 【メンズシルバーアッシュの髪色】まとめ
引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/70/35/B011957035/B011957035_271-361.jpg

シルバーアッシュの髪色は日本人にはない珍しい色合いで、周りの注目を集めます。シルバーアッシュのショートスタイルは、20代のメンズを中心に人気があるおしゃれな髪型の1つです。美しく、綺麗なシルバーに染め上げられた髪型はとてもスタイリッシュかつ個性的です。

引用: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/71/57/B014177157/B014177157_271-361.jpg

シルバーアッシュの髪色は金髪や茶髪のように自分で簡単に染められるものではありません。しかし、「個性的な髪色にしてみたいけど、どんな髪色にしようか迷っている。」という男性の方はシルバーアッシュの髪色に染め上げて、個性的で一味違うおしゃれ感を演出してみてはいかがでしょうか。

ブリーチをしてから染め上げる(画像は染める前)

引用: https://beauty-architect.com/lily/wp-content/uploads/2016/05/DSC_0020-1.jpg

シルバーアッシュの髪色にするために一番使われる方法は、ブリーチをしてから薬剤を髪に塗ってシルバーに染め上げる方法です。上下2つの画像はブリーチ完了後で、まだ洗髪剤を塗る前の状態です。ブリーチとは髪を脱色させて、本来の色である黒を完全に抜く作業のことで、この作業を行わないと髪色をシルバーにすることが難しくなります。

引用: https://matakuhair.net/wp-content/uploads/2017/04/20170407_000857.jpg

髪の毛には元々多くのメラニン色素が存在しており、このメラニン色素によって髪には黒、赤、黄色、茶色などの色が存在しています。これらの色が髪に残っていると薬剤を使っても綺麗なシルバーに染めることが難しいため、まずはこのメラニン色素を落とす作業から始めなければなりません。

ブリーチの必要回数には個人差がある

引用: http://hairdesign8.com/wp-content/uploads/2015/05/b8769faf6212ef097919db0486c65243.png

髪の色素の濃さは個人差があるので一概に言い切ることはできませんが、ブリーチを行ってシルバーアッシュの髪色にするのであれば、1回のみのブリーチでは足りないかもしれません。ブリーチを2回3回と繰り返し行っていくうちに髪色は白に近づいていくので、色が大分抜けてきてから染めれば髪色は綺麗なシルバーになります。

引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2016/11/98de2b77a6eb78aea1b396ea767af854-300x200.jpg

ただ、ブリーチはかなり髪を傷めてしまう行為でもあるので脱色具合に納得いかないからといって何度も繰り返しブリーチを行うと、軽く引っ張っただけで抜けるほど髪の状態が悪くなってしまいます。美容院でやってもらうのであれば傷み具合を美容師と相談しながらブリーチをすることが出来ますが、一人でブリーチをする場合はくれぐれも髪の状態に気をつけて行うようにしましょう。

色ムラが出やすい

引用: https://matakuhair.net/wp-content/uploads/2017/04/20170411_014305.jpg

美容院に行かず自分でブリーチを行いたい方は、市販で売られているブリーチ剤を使えばブリーチは行えます。しかし、市販のブリーチ剤と美容院で使うブリーチ剤は量に大きな差があり、市販のものだと量が少なすぎるため仕上がりにムラが出てしまいがちです。

非常に難しい

ブリーチ剤を複数個買えば量的には問題ないかもしれませんが、上手に脱色するためには大量のブリーチ剤を素早く髪に塗っていかなければならないので、非常に難しい上に手間がかかります。ブリーチ剤は服や肌に飛び散ると付いた場所を脱色してしまうので、細心の注意を払って素早く塗らなければいけないため大変です。腕に自信があるならセルフブリーチでも構いませんが、綺麗にブリーチを行いたいのであれば美容院に行く方が安全と言えます。

ワックスを使ってシルバーに染めるやり方も

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51T3SdYtvtL._SY400_.jpg

ブリーチ以外のやり方で髪色をシルバーアッシュにするには、ワックスを使って染め上げることでも可能です。こちらの「Silver Ash」は適量を手にとって髪に馴染ませるだけで髪色をシルバーに染めることが出来ます。しかし、ブリーチに比べると髪色の仕上がりが少し暗めになってしまうという声もあるそうで、その場合はつや出しのワックスを混ぜて使うと自然な仕上がりになるようです。

スプレーを使うというやり方もあり

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/4119-uCWLnL._SY400_.jpg

ワックスの他にはスプレーを使って髪色をシルバーに染めるというやり方もあります。しかしスプレーの場合は髪を全て銀色にするために、大量に髪へ噴射しないといけないため1本があっという間になくなってしまうという声もあり、においがとてもきついというデメリットもあるため、ワックスに比べるとあまり実用的なやり方ではないかもしれません。

髪色はレベルで暗めか明るめか見分けられる

引用: http://kazuhiko-fujita.com/wordpress/wp-content/uploads/2016/11/20161129081243.jpg

髪色には明るさを表すレベルがあり数字が小さいほど色が暗め、数字が大きいほど色が明るめな状態と定義されています。なので地毛が暗めで髪色のレベルが小さい方が綺麗なシルバーに染め上げるためには、本来の色を抜いて髪色のレベルを大きくする必要があります。

暗めなシルバーに染めるならブリーチなしでもOK

シルバーアッシュに染める際に暗めな色合いを求めるのであれば、ブリーチをせずにそのままカラーリングすることで、落ち着いたシルバーアッシュの色合いを演出出来ます。

引用: https://plan-ltd.co.jp/plog/wordpress/wp-content/uploads/2016/08/1452-4-e1472472040309-1024x768.jpg

鮮やかな銀髪にしたいという方は地毛の色が暗めな場合には、複数回ブリーチを行ってからカラーリングすることで綺麗なシルバーアッシュに染め上げられます。本来の髪色には個人差があるので、暗めにするか明るめにするか方向性を定めてからブリーチの有無を決めましょう。

関連記事

シルバーアッシュの髪色はシルバーとは少し違った色をあえて入れることで、髪全体のグラデーションがおしゃれなものになります。ここではおすすめのグラデーションをいくつかご紹介します。

パープルを入れることでおしゃれ感倍増なグラデーションに

引用: https://cdn.kaumo.jp/element/baa05e04-2873-44eb-8178-8144ae46e8e5.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90

明るめなシルバーを主体にパープルを加えることで、グラデーションが自然な形に仕上がっています。光が当たると爽快感と清潔感がより目立って、とてもおしゃれで魅力的に見えます。

シルバー+グレー+ブルーで落ち着いたグラデーションに

引用: https://cdn.kaumo.jp/element/3e8e63f0-bfa9-4f1f-8cb1-86e83dcf78e1.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90

暗めの髪色でカラーリングすることで落ち着いたシルバーグレーのグラデーションに仕上がっています。前髪にはポイントでブルーカラーをプラスして、部分的に暗さを深めることで、おしゃれ感をアップさせているスタイリッシュなグラデーションです。

関連記事

セルフヘアカラー(自宅で行う髪染め)のコツ①:髪はすっぴんの状態にしておく

引用: https://i2.wp.com/www.yasue-salon.com/wp-content/uploads/2014/05/999png.png

セルフヘアカラーを行うまえの準備段階として「髪をすっぴん状態にしておく」ことが重要です。「すっぴん」ですので、ワックスやトリートメントはもちろんのこと、ヘアミストやオイル、紫外線を防止する商品の塗布も禁止。

引用: http://image.hair-style-tips.jp/item/image/normal/3064008.jpg?time=1495170341

よって、前日はシャンプーをしたらインバストリートメントもアウトバストリートメントも塗布せずに自然の状態のままにしておきましょう。余計の成分は髪の付着していると色が入りづらかったり、別の色になる可能性が高まりますので、くれぐれも注意してください。

セルフヘアカラー(自宅で行う髪染め)のコツ②:人気のハイトーンやアッシュ系はブリーチ剤は使う

引用: http://www.recolor.jp/lab/wp-content/uploads/2017/04/naircolor.jpg

髪がすッぴんの状態であることを確認したらカラー剤の準備をしていくのですが、そのまえにハイトーンカラーやアッシュなど透明感が人気のカラーに染めたい場合は「髪の脱色」を行ってください。髪の脱色には「ブリーチ剤」という脱色専用の液剤を使っていきます。

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41bfKFIZr%2BL.jpg

絵の具などを混ぜたことがある方はわかるように、髪を思い通りの色に染めるにはカラー剤を塗布する場所に極力色がついていないことが望ましいのです。よって、色によってはブリーチ剤による脱色作業を2~3回にわけて行う必要があります。しかし、もちろん髪の脱色は頭皮にも髪にも良い行為であるとはいえません。ですので、ブリーチ剤を使う際には髪の状態をよく観察しながら行ってください。やりすぎると髪がゴムのように縮れてしまうので要注意です。

セルフヘアカラー(自宅で行う髪染め)のコツ③:毛先からカラー剤を塗布する

引用: http://htob.info/wp-content/uploads/2017/05/220-1a1801a083877a4a399f2913310612f5_s.jpg

アッシュするにしてもメッシュにするにしてもカラー剤の塗布に仕方は共通です(後述する泡タイプは別)。またブリーチ剤にも同じように行います。カラー剤は温度が高い状態のほうが色が入りやすいので、頭皮から離れている毛先から塗布していくといいでしょう。短髪の方で、すぐにカラー剤を塗布できる場合はこのかぎりではありません。

メッシュを入れる際にも毛先から行うことで失敗は起こりにくくなります。ブリーチ剤は肌に痛みが出ますので、頭皮に触れるのは最後にしたほうが、負担も少なくなるためおすすめです。

セルフヘアカラー(自宅で行う髪染め)のコツ④:置き時間を守る

引用: https://www.atama-bijin.jp/hair_care/wp-content/uploads/2017/04/73b76c3e1eefa95629b240cc8e3c6b9e_m.jpg

カラー剤を髪全体に塗布しおえたら、しばらく時間をおきます。置き時間は各カラー剤の説明欄に書いてあるものをきちんと守ってください。ちなみに置き時間とはカラー剤を「塗布しおわった後の時間」であり、「塗布しはじめてからの時間」ではありませんので気をつけましょう。

引用: https://www.8341.jp/site_data/cabinet/img/support/topics/hairitem_img01.jpg

なお置き時間を長くすると頭皮トラブルの原因になりますから、5分も10分も延長しないようにしましょう。特にブリーチ剤のときには「1度でできるだけ脱色しよう」と考える方もいますが、頭皮が痛むだけなのでやめてください。

セルフヘアカラー(自宅で行う髪染め)のコツ⑤:カラー剤を乳化させよう

定められた置き時間になったらカラー剤を落とす作業に入ります。ここで髪の染まりをよくするために「カラー剤を乳化」させてからシャワーでしっかりと洗頭していきましょう。

引用: http://www.rewaj.pk/wp-content/uploads/2011/07/How-to-apply-shampoo-and-conditioner-for-gray-hair.jpg

乳化とはカラー剤とお湯を混ぜ合わせていく作業で、やり方は手に少量のお湯を取りそれをカラー剤と混ぜていきます。イメージ的にはシャンプーと同じです。泡立てるようにカラー剤と髪を馴染ませ、カラー剤が柔らかくなり液状になった時点でシャワーのお湯をかけ、きちんと液剤を落としていきましょう。

ここまでのことを守っていただければ、よっぽどヘアカラーでの失敗は起こらないと思います。あとはトリートメントなどを塗布し日々のケアを怠らないようにしておけば、色が長持ちするはずです。

Np69indipymavu7sl9b8
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1524886176/np69indipymavu7sl9b8.jpg

髪色を綺麗なシルバーアッシュにするためには美容院に行くことが一番確実な方法です。しかし、美容院でブリーチやカラーリングをするといったいどれぐらいの料金がかかるのでしょうか。

ブリーチは1回ごとに4000円~5000円が相場

引用: http://hairdesign8.com/wp-content/uploads/2015/05/acf98d25fe2ad21396ae4a61bde20900.png

美容院ごとの料金やクーポンの有無によって多少の違いはあると思いますが、ブリーチ1回ごとの料金は平均的に4000円~5000円が相場と言われています。複数回ブリーチを行う場合はこの値段×回数分の料金が発生するので1万円以上かかってしまう場合もあるということになります。

ヘアカラーは5000円~6000円が相場

引用: https://plan-ltd.co.jp/plog/wordpress/wp-content/uploads/2016/08/1452-1-1024x768.jpg

ヘアカラーの場合は5000円~6000円が平均的な相場と言われています。美容院によってはブリーチとヘアカラーにクーポンが付いてお得になることもあるので、この値段より少し安くなる場合もあるかもしれません。

En4lrdb4kuosjhy764k6
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1524888193/en4lrdb4kuosjhy764k6.jpg

上記の料金に加えてカット料金を加えると、美容院でシルバーアッシュの髪型にするためには15000円~20000円ほどかかります。おしゃれな髪型にするためには、やはりそれなりに料金が発生してしまうものなのでしょう。

メンズショートとシルバーアッシュの組み合わせは最適

引用: https://img.beauty-navi.com/images/style/2016/03/02/98508aa592484ba807d19727e9b12765/485x660/a9b498ad3f989e5cec9ff36fa67f5e3c.jpg
引用: https://cdn.kaumo.jp/element/14233988-210f-481e-a1b9-eabaa4c0d193.jpg?w=360&h=500&t=resize&q=90

メンズの場合、シルバーアッシュの髪色にはショートスタイルが非常におすすめです。髪色をショートにすることで清潔感が出やすくなり、スタイリングのバリエーションも増えます。ショートのボウズスタイルやボブスタイルなど、様々なメンズショートがシルバーカラーと良くマッチしてスタイリッシュに決まります。

いかがでしたか?シルバーアッシュは個性的な髪型にしたい方にはぴったりのスタイルです。自分の髪質や色合いと相談しながら、髪にダメージを与えすぎないように気を付けてスタイリッシュな髪型を目指してくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://beauty.biglobe.ne.jp/salon/hair_style/webroot/files/images/IMGDB_HD/05/66/B028470566/B028470566_271-361.jpg