Woljsnaduftd8aj9iler

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

サーフィン用スケボーで練習しよう!おすすめのブランドや効果とは?

2018.04.25

サーフィンに練習は欠かせません。でも、海で長時間の練習は中々難しいものです。そこでおすすめしたいのが、スケボーです。海と陸上では効果が違うじゃないか、なんて思うなかれ。陸上で行うメリットも多い、サーフィン用スケボーのおすすめブランド・練習を見ていきましょう。

  1. スケボーでサーフィンの練習を
  2. サーフィン練習用スケボーの効果 ① どこでも練習できる
  3. サーフィン練習用スケボーの効果 ② スタイルを身に付けられる
  4. サーフィン練習用スケボーの効果 ③ フローも身に付けられる
  5. サーフィン練習用スケボーの効果 ④ 集中力だって身に付く
  6. サーフィン練習用スケボーの効果 ⑤ コミットメント能力が向上する
  7. サーフィン練習用スケボーの効果 ⑥ 失敗を成長に変える
  8. サーフィン練習用スケボーの効果 ⑦ フィットネス効果も
  9. サーフィン練習用スケボーの効果 ⑧ 満足できる
  10. サーフィン練習用スケボーの選び方
  11. サーフィン練習用スケボーのおすすめブランド ① CARVER(カーヴァー)
  12. サーフィン練習用スケボーのおすすめブランド ② WOODY PRESS(ウッディープレス)
  13. サーフィン練習用スケボーのおすすめブランド ③ ARBOR(アーバー)
  14. サーフィン練習用スケボーのおすすめブランド ④ GRAVITY(グラビティ)
  15. サーフィン練習用スケボーのおすすめブランド ⑤ SECTOR9(セクターナイン)
  16. サーフィン練習用スケボーでスキルアップ
引用: http://giver.jp/wp-content/uploads/2015/11/9603a8907aae231601a1aae5fcd30d1b.jpg
陸上でサーフィン練習なんてできるの?とお思いの方もいらっしゃいますよね。でも、海では難しい練習も手軽にできると知れば、あなたもやりたくなること、間違いなしです。

関連記事

引用: https://static.highsnobiety.com/wp-content/uploads/2017/05/19233609/beats-street-league-skateboarding-nike-sb-world-tour-00.jpg
すべることができる地面があれば、波や風がなくても練習できるのが、スケボーで練習するメリットです。本物の波の場合、1本の波でできるターンは2~3回程度ではないでしょうか。海で10回、20回と練習を行うのは難しいですよね。でも、スケボーなら10分もあれば20~30回のターン練習ができ、効率よくテクニックを習得できるのです。
引用: http://i.gzn.jp/img/2016/05/20/boosted-board-2nd/00.jpg
サーフィンで重要な要素のひとつが、スタイルです。カッコよくサーフするには、無意識のうちにスタイルが出せてこそ。海では、長時間の波待ちでようやくできる1本に対して、スタイルまで意識することは難しいかもしれません。でも、スケボーなら、何度でも好きなだけ、スタイルにも集中して練習することができますよ。
引用: https://instants.co.jp/001/wp-content/uploads/images/kd030.jpg
波に合わせて最後まで乗りつないでいくフロー。上手なライディングには欠かせないものですね。サーフィンでのフローは、スケボーの速度を落とさずに操ることで、身につけることができます。失速しないスケボー技術は、フローが難しい海でも役に立ちますね。
引用: https://gappacker.com/wp/wp-content/uploads/2017/04/making-cruiser.jpg
海は、常に波が変化するので、反射神経や集中力が求められるエリア。スピードを増したスケボーの上も、サーフボード上と同様、そのような反射神経と集中力が必要になります。丘での練習は、メンタルアップにも効果大です。
引用: http://100nokoto.com/wp-content/uploads/2016/01/b8cfc87b097e2e8e5b90210e473eedf2.jpg
“やると決めたらやる”その心構えが、コミットメントです。サーフィンにおいても、波への乗り方、技の構成を実際に行うことが重要な要素です。スケボーでも技の構成をうまくこなすことで、実際の波の上でも、上手にこなせます。
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/goodspress/cms/wp-content/uploads/2018/02/0226-elos-3-667x540.jpg
どのようなスポーツも、失敗から学び、それを成長に変えることでスキルアップするものです。失敗が多ければ多いほど、成長の糧が増えるのです。スケボーでたくさん練習して、転んだ数は、サーフィンでのスキルを上げるポイントと考えて、いっぱい失敗してください。
引用: http://images.rollingstonejapan.com/articles/26524/ORG/e21df6a8ac025ece4cadf60df55c14de.jpg
スケボーをやっている間は、心拍数がかなり上がります。こうしてカラダを鍛えておくことは、海でいい波を待っているときに必要な基礎体力をつけるのに役立ちます。ボード上でスタイルを維持するための体幹強化も、スノボーならつけることが可能。バランス感覚も養成できて、あなたのカラダも変わるかもしれません。
引用: https://emiki73.com/wp-content/uploads/2018/03/skate-olie.jpg
あなたとボードがあれば、サーフィンもスケボーも楽しめます。実際に板に乗ることで、難しい技を成功させた時の高揚感、満足感を得られるのは、本番も練習も同じこと。気持ちが満たされる練習もいいですよね。
引用: http://buzz-rider.com/wp-content/uploads/2014/08/151.jpg
引用: https://mikata.shingaku.mynavi.jp/img/umi/6368/170508121352/1.jpg
ここまで来たら、あなたもサーフィン練習用スケボーを手に入れたくなったのではありませんか。そこで、気になるスケボーの選び方をまとめてみました。

完成品を選ぼう

引用: http://giver.jp/wp-content/uploads/2014/07/d3c749e05bed3af71ed3ade9a2b3f0fd.jpg
スケボーは、デッキ(板)やウィール(タイヤ)などを自分でカスタマイズできる楽しみがあります。しかし、部品は山ほどあり、初心者が選ぶのは難しいかもしれません。初心者は完成品を選ぶのが無難ですよ。

サーフボードに合った長さを

引用: http://qlay.jp/wp-content/uploads/2013/09/441459463_640.jpg
デッキの長さは、あなたが普段使っているサーフボードに合わせて選ぶといいですね。ショートボードを使っている人は35インチくらい、ファンボードを使っている人は38インチくらいのデッキを選ぶといいでしょう。また、ロングボードを使う人は、40インチ以上のデッキであれば、練習に効果が出ますよ。
引用: http://waval.net/wp-content/uploads/0258f6e5cda1f6978344e2fc5a3e0e04.jpg
デッキが短ければ細かい動きを練習できますし、長ければスピードを出した練習を行うことが可能ですよ。
引用: https://shop.r10s.jp/e-shopsmart/cabinet/carver/venicered.jpg
CARVER(カーヴァー)は、カリフォルニアで誕生し、日本でも人気のブランドです。西海岸らしい陽気なデザインで、乗っていて楽しくなりますよ。
引用: https://shop.r10s.jp/cutback/cabinet/img29/woodypressb.jpg
WOODY PRESS(ウッディープレス)は、サーフボードと同じ回転性と跳ね返りの動きを再現したスプリングを備えたスケートボード。世界中でサーフィン練習用スケボーとしての地位を築いているブランドです。
引用: https://shop.r10s.jp/aimpoint/cabinet/1718n1/arsk8gro-3.jpg
ARBOR(アーバー)は2015年に日本上陸を果たしたカリフォルニアのブランド。スノーボードのブランドとしてご存知の方も多いと思いますが、ブランドの誕生時からスケボーを製造しています。創業時からハンドメイド生産にこだわり、環境にも配慮を欠かさない、注目のブランドです。
引用: https://www.sickboards.nl/16436-large_default/gravity-34-pool-model-the-rook-deck-only.jpg
GRAVITY(グラビティ)は、サーファーから生まれたカリフォルニアのスケートブランドです。サーフィンのイメージトレーニング用に開発された技術が搭載されたボードで、練習成果も向上しますよ。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715V93DeyiL._SY355_.jpg
SECTOR9(セクターナイン)は、カリフォルニア州サンディエゴで生まれたスケボーブランド。スケーターやサーファーだけでなく、スノーボーダーなどあらゆる世代の人に向けた商品開発に取り組んでいます。アメリカでの自国生産にもこだわったハンドメイドで、作り手の思いがボードに込められています。

関連記事

引用: http://livedoor.blogimg.jp/laba_q/imgs/f/7/f70f9f03.jpg
サーファーにおすすめの練習用スケボーを紹介してまいりました。海に慣れっこの人には、陸上でのスケーティングは難しいと感じるかもしれませんが、練習を重ねることで、海でも陸でもスイスイ乗りこなせるようになりますよ。あなたもきょうから、スケボーでスキルアップ、目指しませんか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://sk8shop.info/images/page-ride-beginner-turn01.jpg