Nqah3sexxhrp3ygxbsdi

腹筋

CATEGORY | カテゴリー

筋トレの呼吸法で効果倍増!正しい腹筋法などをマスターして効率的に!

2018.06.13

かっこよく体作りをしたいと筋トレを挑戦しても思うように行かない方が多いと思います。実は筋トレには呼吸にコツがあります。腹筋や背筋などただするのではなく、呼吸法を取り入れて筋トレをすることで効果は倍増します。色々な筋トレの呼吸法を学んで効果倍増させましょう!

目次

  1. 筋トレと呼吸の関係
  2. 筋トレの呼吸法【腕立て伏せ】
  3. 筋トレの呼吸法【腹筋】
  4. 筋トレの呼吸法【懸垂】
  5. 筋トレの呼吸法【ダンベル】
  6. 筋トレの呼吸法【スクワット】
  7. 筋トレの呼吸法【バックエクステンション】
  8. 筋トレの呼吸法【その他の筋トレ】
  9. 筋トレの呼吸法【ストレッチ】
  10. 筋トレの呼吸法【まとめ】
Wxrzwbnufvo2fwfcdkow
引用: https://www.youtube.com/watch?v=BXlDhYJR1SE

筋トレでより良く効果を出すには呼吸法を取り入れることが重要です。筋トレで筋肉の収縮時に呼吸法を取り入れることで効果が倍増するといわれています。有酸素運動でも呼吸法があるのと同じで腹筋や腕立て伏せなどでも呼吸法を取り入れて効果が倍増する筋トレをしていきましょう。呼吸法のポイントは3つ。

Fcqbjax1y5gcvg4guqlp
引用: https://kintorecamp.com/diaphragm/

力を入れる時に息を吐く

腹筋や腕立て伏せで筋トレをしている時に力を入れるタイミングがありますよね?その力を入れる時に呼吸法を取り入れて試してみましょう。基本は力を入れる時に息を吐くことです。慣れてくると習慣付きますので自然と体が覚えてくるように力を入れる時に無意識に力を入れる時に息を吐くようになっていることでしょう。

激しい呼吸はしない

筋トレで呼吸法を取り入れると良いと聞いて呼吸法を真似てから激しく呼吸を意識してする方がいますが、激しい呼吸は酸欠になることも考えられるため激しい呼吸はしないようにしましょう。ポイントは力を入れる時に吐くことを意識することです。呼吸の強弱は自然に身についてくると思いますので力を入れる時に吐くことに慣れましょう。

呼吸は止めない

腹筋や背筋で筋肉の収縮をして筋トレを行っている時に呼吸が止まるとよくありません。筋トレ中に呼吸法を取り入れると良くあるのが力を入れている時に呼吸を止める方がいますが、呼吸は止めずにゆっくりと吸って吐くポイントを考えながらコツを掴んでいきましょう。

関連記事

Xt4nc1inber7mfkubiqr
引用: https://kintorecamp.com/push-up-average/

筋トレの定番でもある腕立て伏せは腕の筋肉を収縮させて鍛えるトレーニングです。この腕立て伏せで筋トレ効果を高めるための呼吸法は筋肉が収縮している時、すなわち腕立て伏せの場合は体を持ち上げていくときに筋肉の収縮運動が始まるのでその時に息を吐くことがポイントです。最初はなかなか呼吸をあわせることが難しいと思いますのでゆっくりと息を吐くポイントを覚えてコツを掴んでいきましょう。

Gheuop4hyhv1l1wyhzfz
引用: https://kintorecamp.com/pushup-types/

腕立て伏せので筋肉の収縮運動は腕を下ろすときに大胸筋が伸びていくのでそのタイミングで息を吸います。そして筋肉が縮むときに大胸筋が収縮するので息を吐いていきます。慣れるまでは意識しながら挑戦してみましょう。慣れてくると無意識で呼吸法を使いながら筋トレをできるようになるので効果のあらわれ方も違ってきます。

1/5