S72dww0srjfsh4pqbopn

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

コーヒーで動悸や吐き気・下痢になる?その原因と対処法とは?

2018.05.25

コーヒーを飲むと動悸を感じることはありませんか?また、吐き気を催したり下痢になったりと、体調に悪影響を及ぼす場合もあります。今回はコーヒーを美味しく楽しむために、コーヒーを飲むことで引き起こされる動悸や吐き気、下痢の原因と、その対処法をお伝えいたします。

  1. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】コーヒーによるメリットとは
  2. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】コーヒーを飲むと動悸がするのはカフェインのせい?
  3. コーヒーを飲んでも動悸がしない時がある??
  4. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】空腹時にコーヒーを飲むと動悸がする??
  5. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】コーヒーを飲んで動悸がした時の対処法【1】.安静にして水を飲む
  6. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】コーヒーを飲んで動悸がした時の対処法【2】.ひどい場合は胃の洗浄を
  7. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】コーヒーを飲んで動悸がした時の対処法【3】.コーヒーに代わる飲み物に変える
  8. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】コーヒーを飲んで動悸がした時の対処法【4】.コーヒーを飲みすぎないことがベストな動悸の対処方法
  9. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】動悸だけじゃない!コーヒーを飲むと吐き気がする!?
  10. 【コーヒーが原因?動悸・吐き気・下痢の対処】動悸だけじゃない!コーヒーを飲むと下痢をする!?
  11. コーヒーで動悸や吐き気・下痢になる?その原因と対処法とは?のまとめ
引用: http://casualdrink.info/wp-content/uploads/2016/07/818a88a0e9b220787a20ca99353026a1d98aa1cf.jpg
コーヒーは健康に良い!とか。コーヒーを飲むと体に悪い!とか。一体何が正しくて何が間違っているのかわからなくなりますよね。いくら体に良いとされているものでも、摂取のしすぎは体に悪影響を及ぼすということも多々ありますよね。ここでは、適切な量(とは言っても個人差がありますが)を摂取した際の、コーヒーによるメリットを確認してみましょう。

メリット1.脳が活性化される

引用: http://www.doicoffee.com/blog/library/A000_B07_E09AA_160516_00.jpg
コーヒーに含まれるカフェインが神経に刺激を与えます。すると脳が活性化され、眠気を覚まし、集中力や思考力をアップさせることが可能となります。作家や画家、音楽家の中にもコーヒーをたくさん飲む方が多くおられるのはこういった理由があるからなのかもしれません。

メリット2.リラックス効果

引用: http://cafict.com/wp-content/uploads/snowtop-carafe_4.jpg
コーヒーを飲むとカフェインによって神経が刺激されますが、コーヒーの香りによってリラックス効果が期待できます。仕事の合間にホッと一息コーヒーを飲むことは脳を刺激すると同時にリラックスすることもできるので、とても理にかなっていると言えるでしょう。

メリット3.胃腸の働きを整える

引用: https://www.ei-publishing.co.jp/wp/wp-content/uploads/2017/05/08110746/20170504_01_key-s.jpg
コーヒーに含まれているオリゴ糖には整腸作用があると言われています。しかし、ドリップコーヒーにはオリゴ糖は含まれないので、コーヒーによって胃腸の働きをよくしたいと考えている場合は、インスタントコーヒーを摂取しましょう。

メリット4.血糖値を下げる

引用: https://kinarino.k-img.com/system/press_images/001/143/258/461780acab949b06b13599d24eb0c3399f4e8b20.jpg?1513514235
コーヒーに含まれる「クロロゲン酸類」が血糖値を下げる、と言われています。コーヒーを食前に飲むと、「クロロゲン酸類」の働きによって食後の血糖値を下げると言われています。しかし空腹時にコーヒーを飲むと過剰にカフェインを摂取してしまうことになりかねないので注意が必要です。

メリット5.二日酔いの症状を軽減

引用: http://livedoor.blogimg.jp/karapaia_zaeega/imgs/a/0/a0b6b6e9.jpg
コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるので、二日酔いの原因を引き起こす「アセトアルデヒド」を体外に排出することで二日酔いの症状を軽減させることができると言われています。さらに、コーヒーは肝臓の働きを助長させると言われています。
引用: http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2013/04/shutterstock_609597983.jpg
コーヒーを飲むと動悸がする場合、その原因はカフェインによるものだと言われています。コーヒーを大量に飲みすぎるとカフェインが大量に体内に入ります。その副作用として動悸が起こります。動悸だけではなく、心拍数が増えたり、不整脈や頭痛などを引き起こすこともあります。
引用: https://i.gzn.jp/img/2013/08/13/how-your-brain-becomes-caffeine-addicted/7058618883_c7022928be_o_m.jpg
大量にコーヒーを飲んでも動悸がしない人がいますが、もちろんそれには個人差があります。一口飲んだだけでドキドキと動悸がするという人は、体質的にカフェインが苦手だということ。コーヒーの味や香りが好きだとしても、飲むことは控えるべきでしょう。また、コーヒーを飲みすぎなければ動悸がしない、という方もおられるはず。自身の体調も含め、摂取できるカフェインの量をなんとなく知っておくことも大切かもしれませんね。
引用: https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com/contents/category/2097/symptom_97.jpg
空腹時にコーヒーを飲むと、体が急激にカフェインを吸収するので動悸を感じやすくなってしまう場合があります。アルコールなどと同じく、コーヒーを飲む時はできるだけ空腹時をさけ、食事中または食後に飲むことをおすすめします。
引用: https://cdn.amanaimages.com/preview640/28144036956.jpg
ついついコーヒーを飲みすぎてしまったり、体調によって動悸になってしまうこともあるでしょう。その時はまず体を安静にして深呼吸をしたら、ゆっくりと水分を摂取するようにしましょう。そうすると体内のカフェインを薄めることができます。
引用: https://sabadomain.com/wp-content/uploads/2017/10/1412085251xik0e.jpg
コーヒーの飲みすぎ(カフェインの大量摂取)による動悸の場合は、【1】でご紹介したように「安静にして水分を摂る」ことで症状を改善することができます。それでも症状が改善されない場合は病院にて胃の洗浄を行ったほうが良いかもしれません。
コーヒーによるカフェイン過剰摂取を防ぐために、カフェインがほとんど含まれないコーヒーを飲むようにするのも良いかもしれません。

カフェイン含有量がほぼゼロの「ディカフェ」

Vt5lrfubqymoadhm3ula
引用: https://www.instagram.com/p/BjJ2FklFuMD/?tagged=%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7
コーヒーが大好きで飲みたいけど、カフェイン摂取による動悸を避けたい。そんな時はカフェインがほぼ含まれない「ディカフェ」と呼ばれるコーヒーを飲んでみませんか?「ディカフェ」の規定や定義は国によって様々ですが、パッケージに「カフェイン99パーセントカット」などと記載されているので、購入の際に確認してください。

コーヒーではないコーヒー「代用コーヒー」

Gmifuunxt8afbtudryqh
引用: https://www.instagram.com/p/BPMRy_AA2Vy/?tagged=%E4%BB%A3%E7%94%A8%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC
「代用コーヒー」とは、カフェインが含まれていない、コーヒーのような飲み物のことを言います。コーヒーは好きだけどカフェインを摂取したくない方に大変支持されています。ごぼうやたんぽぽを使って作られる健康的なものが多いのも嬉しいですね。
引用: https://www.amoma.jp/wp-content/themes/blj_amoma/images/blog/d4afd7d10b3eaade73bb0a324a5282a0.jpg
コーヒーに含まれるカフェインが原因の動悸を避けるなら、コーヒーを飲まないことが一番ですよね。または、1日に飲むコーヒーの量を減らすことも有効です。でも、禁酒や禁煙と同じく、「減らそう」「やめよう」と思えば思うほどコーヒーが欲しくなることもあるでしょう。そんな時は【3】でご紹介した飲み物で代用することをおすすめします。

関連記事

コーヒーを飲むと吐き気がする!という方も多いのではないでしょうか。コーヒーに含まれるカフェインによって胃液が過剰に分泌されることで吐き気を催すと言われています。また、体調やストレスによって吐き気がする場合もあるのだとか。もちろん、ただ単純に胃腸の調子がよくないという場合もあるかもしれませんが。

【対処法】1.吐き気がおさまるまで食事を取らない

引用: https://coffeemecca.jp/wp-content/uploads/2016/10/%E9%A3%9F%E4%BA%8B%E4%B8%AD%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC.jpg
コーヒーを飲んで吐き気がする、ということは胃液が過剰に分泌されている状態です。そんな時に食事をすると、さらに胃液が分泌されて症状を悪化させる原因になるかもしれません。吐き気がおさまるまで食事は控えたほうが良いでしょう。

【対処法】2.白湯を飲む

引用: https://buzzap.net/images/2016/09/12/drinking-hot-water/top.jpg
コーヒーに含まれるカフェインが原因での吐き気には、白湯で対応しましょう。白湯は気分を落ち着かせ、体を温めると自律神経が整って吐き気を抑えることができるかもしれません。

【対処法】3.ストレッチをする

引用: https://i2.wp.com/dietbi.com/wp-content/uploads/2017/10/dttkes1.jpg?fit=640%2C427&ssl=1
コーヒーに含まれるカフェインが原因で吐き気を感じる時にストレッチを行うと、副交感神経を刺激することができます。気分が落ち着いて、自律神経を整えることができるので試してみてください。
コーヒーを飲むと下痢をしてしまう、という方も多くおられるようです。コーヒーによる下痢の原因はいくつか考えられるので、確認してみましょう。

コーヒーによる下痢の原因1.カフェイン

引用: https://www.ei-navi.jp/resources/uploads/2015/05/20150529-02.jpg
コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を刺激することで、胃腸の動きに悪影響を及ぼすことで下痢になることがあります。

コーヒーによる下痢の原因2.クロロゲン酸

引用: http://otonasuhada.jp/upload_images/Fotolia_89302360_Subscription_Monthly_M.jpg
コーヒーに含まれるクロロゲン酸は胃液の分泌を促します。それが胃痛の原因となり、下痢を引き起こすことがあると言われています。

コーヒーによる下痢の原因3.タンニン

引用: https://icotto.k-img.com/system/press_images/000/306/604/acc8bc1023c13d2bd6983857ecdc9fc96c56342c.jpeg?1500621064
コーヒーにはタンニンが含まれています。コーヒーの苦味はタンニンによるものです。タンニンはポリフェノールの一種で体に良いものとされていますが、摂取しすぎると下痢を引き起こす原因となる場合があります。

コーヒーによる下痢の原因4.コーヒーアレルギー

引用: http://caffee.healthypopo.com/wp-content/uploads/2015/03/150429-0044.jpg
コーヒーアレルギーの症状として吐き気や頭痛、そして下痢などが挙げられます。アレルギー症状はある日突然現れるということもあるので、「今まで下痢なんてしなかったのに」という場合はコーヒーアレルギーの可能性があるかもしれません。

コーヒーによる下痢の原因5.砂糖

引用: https://www.georgia.jp/images/european/topix/6/img02.jpg
コーヒーに入れた砂糖が原因で下痢を引き起こすことがあります。砂糖は血糖値を上げることがあり、血糖値が上がると腸は血糖値を下げようと水分を出します。その作用が下痢の原因であることがあります。

コーヒーによる下痢の原因6.ミルク

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b3/b317c9fcdeaa585d023fbcf1e424a5b1_t.jpeg
コーヒーに入れた牛乳が原因で下痢を引き起こすことがあります。牛乳ではなく、添加物たっぷりのコーヒーフレッシュを入れたことで下痢になることもあるようです。

コーヒーによる下痢の原因7.コーヒー豆の酸化

引用: http://www.starbucks.co.jp/images/og/howto-coffee-beans.jpg
挽いたコーヒー豆が古く、酸化が進んでしまっている場合、コーヒーの鮮度の低さから下痢を引き起こすことがあります。コーヒー豆は新鮮なものを挽き、新鮮なうちに使用するようにしたいですね。

関連記事

美味しくて良い香りのコーヒーですが、やはり飲みすぎて過剰にカフェインを摂取しないように注意するようにしたいですね。また、コーヒーに含まれるカフェインによる症状は個人差や体調によって変わります。自分にふさわしい量のコーヒーを飲んで、楽しいコーヒーライフを送るように心がけましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://ishicome-cdn.medpeer.jp/news/sites/default/files/2016-10/eyecatch_5.jpg