Szspaxvlthtqwv1xiaul

趣味・ライフスタイル

CATEGORY | 趣味・ライフスタイル

コーヒー粉の保存方法とは?容器は瓶?場所は冷蔵庫?何が正解?

2018.04.19

コーヒー粉は皆さんどのように保存していますか?コーヒー粉は容器や瓶などに入れて管理する人が多いと思いますが、常温で保存したらいいのか、冷蔵庫に入れたらいいのか迷う人が多いと思います。今回はそのようなコーヒー粉の保存方法についてご紹介したいと思います。

  1. コーヒー粉ってどうやって保存する?
  2. コーヒー粉は瓶や容器に入れて保存している人が多い!
  3. コーヒー豆や粉は「保存食品」ではない!
  4. コーヒー豆や粉は容器や瓶に入れるのは傷める原因になりやすい
  5. コーヒー豆や粉の保存できる期間
  6. コーヒー豆や粉の正解の保存方法は「冷蔵庫ではなく冷凍庫!」
  7. コーヒー豆や粉は温度変化に弱いので要注意
  8. コーヒー粉はできるだけ小分けにして保存するのが好ましい
  9. コーヒー粉を保存するときは密封容器に!
  10. 【まとめ】コーヒー粉を適した方法で管理を!
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/maru0014/20150415/20150415214427.png
コーヒー粉といえば、インスタントコーヒーをはじめとしたものや、本格的に飲む際に豆を細かく挽いたものを指す場合が多いのですが、どのように保存するのが適しているのかご存知ですか?コーヒーの豆や粉は適した保存方法が存在し、この保存方法を誤っている場合は美味しいコーヒーを逃している可能性が高いです。今回はそのようなコーヒーのおいしさを逃さないコーヒー粉の保存方法についてご紹介します。
引用: http://navimaru.com/wp-content/uploads/2012/02/IMG_9910-240x180.jpg
コーヒーの粉や豆は酸化します。これは少し耳にはさんだことがある方も多いと思いますが、コーヒーの豆や粉は焙煎した段階から酸化が始まり、どんどん参加によって味・風味が劣化するとされています。そのため、適した保存方法でない場合はどんどん酸化してしまうので注意しましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81x3KbdnyoL._SL1500_.jpg
コーヒーの粉や豆といえば上記の画像のような瓶に入れている人も多いと思います。スーパーなどでもこのような形で売られていることが多いため、そのまま瓶で保存する人が多いですが、これはあまり適した状態ではないのです。最初のうちはあまり問題ないかもしれませんが、当然飲めば飲むほど瓶に空気が入る隙間が増えるので、酸化がしやすい状態になります。
引用: http://hosinohana528.com/wp-content/uploads/2017/01/b0825278f55a098f3ed58ae772e7770c.jpg
コーヒー粉を購入してどうしても瓶から出すのが面倒くさい、入れる容器がないという方は上記の画像のような少しだけ穴をあけるのがおすすめです。少しだけあけることによって空気が入るところを極力少なくする効果があります。しかし、やはりできれば、瓶から出して容器などに移すのが好ましいので、応急処置程度に捉えていただけたらと思います。
引用: https://coffeemecca.jp/wp-content/uploads/2015/11/838e67d127b1884d174c10d07af0eec2_s.jpg
皆さんが意外と勘違いしやすいのがコーヒー粉、豆は保存食であるという認識です。粉上、豆であることからなんとなくずっと日持ちしそうなイメージがありますが、コーヒーの豆や粉にも賞味期限が存在し、保存食ではなく「生鮮食品」です。見た目から保存食と判断してしまいがちですが、生鮮食品なので取り扱いには注意しましょう。
引用: https://www.biteki.com/wp-content/uploads/2018/01/232638_01.jpg
コーヒー豆や粉が酸化してしまった状態ではやはり味も美味しくありません。酸化していることから酸味が強くなり、本来美味しかったコーヒーが台無しになってしまうという事はよくある話です。美味しくないコーヒーを飲みたいと思う人はまずいないと思いますので、管理はしっかりとするようにしましょう。

関連記事

引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/nonoty32a/20160903/20160903151010.jpg
コーヒー豆や粉を瓶に入れるのは極力やめましょう。購入したばかりのコーヒー豆や粉をインテリアの一環として上記のようなおしゃれな瓶に移し替える人もいますが、上記の画像を見ていただいてもわかるように飲み続けると上記の左側のような酸素の方が多い状態になります。できれば瓶に移すにしても右側のような小型の瓶に定期的に移して管理するようにしましょう。
引用: http://fufufu.rohto.co.jp/img/series/09_jyoshiki/img_01.jpg
酸化したコーヒーと酸化しにくいようにしたコーヒーの保管方法では鮮度が全く違います。もちろん途中でも触れたように、焙煎した段階から酸化は始まるのでどのコーヒーでも酸化はしているのですが、それを抑制するかそのままにするかによって味わいも大きく変わります。美味しいコーヒーを飲みたい場合はぜひその点についても意識していただけたらと思います。

関連記事

引用: http://blog-imgs-68.fc2.com/k/a/n/kanazawayahonten/fc2_2014-05-09_21-02-58-379s.jpg
コーヒーは生鮮食品ということをご紹介しましたが、コーヒーには賞味期限が存在し、粉や豆でも場所によって保存できる期間が異なります。もちろん保存期間が過ぎても実際に飲むことは可能なのですが、悲しくも美味しいものとは言えません。そのため、次の場所に置く際には賞味期限の目安として認識していただけたらと思います。

冷暗所での保存の場合

引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/3/9/0/7/3/005.jpg
冷暗所に置いている人も多いと思いますが、冷暗所に置く場合は焙煎後から5日から10日前後を目安として消費しきっていただけたらと思います。このことからもわかるように、コーヒーの賞味期限は意外と早いです。そのため、インスタント類を購入するときも大容量タイプの方が安かったりもしますが、少ない量を定期的に購入したほうがおいしいものが飲めます。粉の場合は3日から5日までを目安にして飲むのがいいでしょう。

冷蔵庫での保存の場合

引用: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net/uranaru/item/image/normal/0a910ea7-9f7f-432d-9441-4f2ce41a6818.jpg
次は冷蔵庫での保存についてご紹介したいと思います。冷蔵庫に保存している人も意外に多いと思います。冷蔵庫に保存する場合は焙煎後から一か月までを目安にして飲むのが好ましいです。粉の場合は3週間までには消費しきるのを目安にして購入するのが好ましいです。

冷凍庫での保存の場合

Pgyuizt18kpcfpg643fx
引用: https://tshop.r10s.jp/citygas/cabinet/images6/ee14-0008_02.jpg?fitin=350:350
次は冷凍庫での保存についてです。冷凍庫に保存する人は意外と少ないのですが、冷凍庫の場合は2か月前後を目安にして保存するのが好ましいです。コーヒーの粉の場合は1か月を目安に飲みきることができる量を購入するようにしましょう。
Vzllcx3kgcwls1hxseu2
引用: https://giga-images-makeshop-jp.akamaized.net/thankothanko/shopimages/13/28/2_000000002813.jpg?1515979044
コーヒーの粉や豆を保存する際に最も適した場所は先ほどご紹介した冷凍庫です。冷凍庫でコーヒーを保存している人はほとんどいないと思いますが、冷凍庫は室温が低いため酸化しにくいです。そのため、できればコーヒーを美味しく飲み続けたいと考える場合は冷凍庫で保管するようにしましょう。
引用: https://money-traveler.com/wp-content/uploads/2015/05/saving-coffee-in-office-4.jpg
コーヒーの豆や粉で知っておいていただきたいのが、温度です。というのも、コーヒーはお湯の温度などによっても味が変わると思いますが、常に保存している状態の温度にも敏感です。温度変化にコーヒーは弱いので、できれば常に一定の温度の所で保管するのが好ましいです。
引用: https://www.hisense.co.jp/cms/wp-content/uploads/2017/03/HR-D15AB_s_open-1.jpg
冷蔵庫よりも冷凍庫の方が保存に適しているのはこの点にあります。コーヒーは温度変化に敏感で、変化を嫌う生鮮食品なのですが、冷蔵庫はやはり普段から開け閉めを良くすることが多いと思います。中には冷蔵庫の中を見て料理などを決める際には長時間あけている人もいる程なので、温度変化しやすいです。そのため、できるだけ冷凍庫での保存が好ましいです。
引用: https://costcotuu.com/wp-content/uploads/2015/10/yamamotocoffee_european_blend04.jpg
コーヒーの豆や粉についてご紹介していますが、できればコーヒーの豆や粉は上記の画像のように小分けにして振り分けるのが好ましいです。できれば最も理想的なのが、1回や2回で飲みきれるような量を袋に入れて保存していくのがいいです。
引用: https://costcotuu.com/wp-content/uploads/2015/10/yamamotocoffee_european_blend02.jpg
上記の画像のように袋のタイプで購入する方も多いと思いますが、この状態から開けて袋に小分けするので大丈夫です。もちろん最初から小分けにされているのでも大丈夫です。面倒くさいと感じるかもしれませんがこのようにすることによって美味しいコーヒーが飲めますのでぜひ丁寧に管理していただけたらと思います。
引用: http://shimashimanoneko.com/wp-content/uploads/2016/02/IMG_5588.jpg
コーヒーを保存する場合は上記の画像のような密封容器が好ましいです。コーヒーの保存容器は意外と迷ってしまいがちですが、酸化しないような密封性が高い容器が好ましいです。簡単に手に入るお手頃な物でも大丈夫なのでぜひ容器を買う際には意識していただけたらと思います。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/marriage_life_in_az/imgs/1/8/1805fa85-s.jpg
上記の画像のような袋タイプでも大丈夫です。中には真空パックにする人もいますが、必ずしもそうしたほうがいいというものではないので大丈夫です。なるベル空気を入れないことを意識して管理しましょう。
Hzhdem3azwytk4h8bvwc
引用: https://i1.wp.com/teamcafetokyo.jp/wp-content/uploads/2016/12/aromatic-1868978_640.jpg?w=640&ssl=1
今回はコーヒー豆や粉の保存方法についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。コーヒーは今では日常的に飲む機会が多くなった飲み物ですがしっかりと保存することは大切です。ぜひ皆さんもきっちりとした保存をしていただき常に美味しいコーヒーを楽しんでいただけたらと思います。