Miyqvmrvfytrn66mbdku

音楽

CATEGORY | 音楽

ドライブデートで定番の音楽は?必ず盛り上がるおすすめ邦楽ヒッツ。

2018.04.22

ドライブデート中に会話が途切れてしまった際、音楽は空気を和ませてくれます。しっかりと、その場に合った音楽を選んでおくことで、ドライブデートを成功させましょう。ここではおすすめの邦楽ロックアルバムなどを紹介していますので、参考にしてみてください。

  1. ドライブデートにおすすめなのはどんな音楽?
  2. ドライブデートにおすすめな邦楽ロック音楽ランキング①ONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」(アルバム名:完全感覚Dreamer)
  3. ドライブデートにおすすめな邦楽ロック音楽ランキング②L'Arc~en~Ciel「 READY STEADY GO」(アルバム名:25th L'Anniversary LIVE)
  4. ドライブデートにおすすめな邦楽ロック音楽ランキング③ORANGE RANGE「花」(アルバム名:花)
  5. ドライブデートにおすすめな邦楽ロック音楽ランキング④ASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト」(アルバム名:リライト)
  6. ドライブデートにおすすめな邦楽ロック音楽ランキング⑤UVERworld「SHAMROCK」(アルバム名:SHAMROCK)
  7. ドライブデートにおすすめな邦楽ロック音楽ランキング⑥RADWIMPS「前前前世」(アルバム名:人間開花)
  8. ドライブデートにおすすめな邦楽ロック音楽ランキング⑦T.M.Revolution「HOT LIMIT」(アルバム名:HOT LIMIT)
  9. ドライブデートにおすすめな邦楽ロック音楽ランキング⑧MONGOL800「小さな恋のうた」(アルバム名:800BEST -simple is the BEST!!-)
  10. ドライブデードを音楽で楽しみましょう!
引用: http://www.toyo-rubber.co.jp/ontheroad/content/uploads/2014/04/gw_drive.png
ドライブデート中に流す曲を選ぶ基準は、大きく分けて「良い雰囲気の曲」と「話題を作ってくれる曲」の2種類あります。

良い雰囲気の洋楽で重い空気を和ませる

まずは、1つめの「良い雰囲気の曲」について解説していきます。良い雰囲気の曲とは、本当に雰囲気だけを重視した選曲になります。基本的には洋楽を流しておけばOKですが、あまりにもノリの良い曲やヒップホップなどのちょいワル系の曲はNGとなります。また、あまりにもスローテンポで、しっとりと歌い上げるような洋楽も良い雰囲気とは言い難いです。耳あたりの良いテンポだけど、イケイケ過ぎず、元気な印象の曲を選んでおきましょう。極端な言い方をすると、「直近3ヶ月に流行っている洋楽」を選んでおけば間違いないでしょう。

昔流行った曲で会話のキッカケを掴む

2つめに紹介するのは、「話題を作ってくれる曲」です。私個人的には、圧倒的にこちらがおすすめになります。ドライブデートをする時点で、相手の年齢をある程度把握しているはずです。もし、自分と同じくらいなら自分が学生時代に流行っていた曲を、自分より年上の人ならばちょっとだけ古いなと感じる曲を、自分より若いなと感じたらここ数年の新しめの曲を流してあげましょう。相手が知っている曲が流れれば、「この曲知ってる!」という会話が生まれるはずです。
その会話のキッカケができたら、「この頃は○○をしていた」という昔話をして、相手にも同じ話題を振っていきましょう。ここで重要なのは、ある特定のアーティストだけに限定しないことです。もし、ドンピシャで自分が好きなアーティストを相手も好きであれば最高ですが、大抵の場合は男女の好みは分かれます。「このアーティスト超好き!」というホームランを狙うのではなく、「この曲流行ったよね!」という一塁打を狙いましょう。もちろん、曲の話題に触れなくても良いほど、その前の会話が弾んでいるのが最高のパターンですね。そのような場合は、無理に曲の話題を振らずに会話を楽しんでください。

関連記事

ここからは、ドライブデートにおすすめの具体的なアーティストや曲名、アルバム名について紹介していきます。今回は「邦楽ロック」に限定して紹介していますが、ロックが好きじゃない相手であれば、バラード系やポップ系など臨機応変に対応してください。また、ドライブデートの音楽を流す端末としては、スマホが最もおすすめです。特にどんな曲でも聴ける「Spotify」などの定額音楽配信サービスを使っていれば、話題に出てきた曲もその場でスグに流すことができます。会話のチャンスを逃さないように、事前準備は怠らないように気をつけてください。
最初に紹介するのは、現在、日本のロックシーンを牽引し世界に羽ばたこうとしている、正統派ロックバンド「ONE OK ROCK」です。ONE OK ROCKは4人組のロックバンドで、2005年に活動を開始しています。2007年にメジャーデビューしてからは、順調にキャリアを形成し2010年に発表した「完全感覚Dreamer」で、一気に知名度を上げることになります。
ONE OK ROCKのボーカルを務める「TAKA」は、元ジャニーズ事務所所属で、かつては「NEWS」というグループで活動していました。TAKAは、森進一と森昌子を両親に持つ、超一流の芸能一家に生まれています。幼少期から両親に歌の英才教育を施され、ジャニーズ事務所に入ってからはメキメキと頭角を表し始めます。その後、RIZEのライブを見て感動し、ロックの道を志すようになり、ジャニーズ事務所を退所しONE OK ROCKに加入します。
「完全感覚Dreamer」は2010年に発表された曲なので、ONE OK ROCKの中でもかなり古い曲になりますが、2018年現在でもライブでは必ずと言っていいほど歌われています。ファンからの評価も高く、名実ともにONE OK ROCKの代表曲と言って差し支えないでしょう。
「L’Arc~en~Ciel」はフランス語で虹を意味する言葉です。1991年に活動を開始したロックバンドで、国内のロックバンド中では古参組と言っても良いでしょう。インディーズ時代から力を持ったロックバンドとして名を馳せていましたが、1992年のメジャーデビュー直後は想像に反し集客に苦戦することになります。
メジャーデビュー初期こそ苦戦しますが、その後は順調にCD売上枚数・ライブ動員人数を伸ばしていきます。しかし、人気絶頂とも言われた2001年から、メンバーそれぞれが独自の音楽活動を展開し、L’Arc~en~Cielとしての活動は停止してしまいます。
L’Arc~en~Cielが活動を再開したのは、活動休止から2年後の2003年に「READY STEADY GO」をリリースしたタイミングになります。この曲はアニメ「鋼の錬金術師」とのアイアップでも話題になり、現在でもL’Arc~en~Cielに対して「ハガレン」のイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
沖縄出身のロックバンド、ORANGE RANGEの「花」はロックバンドが歌うバラードらしい、しっとりとした歌い上げが特等的な一曲です。それまでは、テンション高めの楽しい曲調が多かったORANGE RANGEとしては、朝鮮の意味も強い曲だったのではないでしょうか。
4人組ロックバンド、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「リライト」は2004年にリリースされた曲です。先ほど紹介したL’Arc~en~Cielの「READY STEADY GO」と同じく、アニメ「鋼の錬金術師」のOPテーマ曲として世のアニメ好きの中でも広く知られています。
UVERworldの「SHAMROCK」は、どこまでもカッコよさを追求した一曲と言えるでしょう。
RADWIMPSの「前前前世」は、爆発的大ヒットを記録したアニメ映画「君の名は」の主題歌として有名です。
T.M.Revolutionの「HOT LIMIT」は、奇抜なPVを笑いのネタにされることが多い曲ですが、抜群の歌唱力を誇る西川貴教の凄さも感じられる一曲です。
MONGOL800の「小さな恋のうたは、昔ながらのロックバンドといった曲調になっています。

関連記事

音楽を浸かって会話のキッカケを掴んで、ドライブデート中の会話を楽しんでください。