2018年04月22日 UPDATE

ツーリングの服装とは?ブーツは必須?気温にあったすすめウェア。

バイクに乗り慣れている人は問題ありませんが、バイク初心者の人だとツーリングにどんな服装で行ったらいいのか分かりませんよね?ブーツは必要なのか、春夏秋冬の気温に合った服装ってどんなもの?、といったツーリングの服装について紹介します。

目次

  1. ツーリングにおすすめの服装とは?
  2. ツーリングにブーツは必須?
  3. 気温に合わせて!春のツーリングにおすすめの服装の選び方①気温の差に注意しよう!
  4. 気温に合わせて!春のツーリングにおすすめの服装の選び方②適度な厚みのジャケットを選ぼう!
  5. 気温に合わせて!夏のツーリングにおすすめの服装の選び方①肌を露出し過ぎないように注意!
  6. 気温に合わせて!夏のツーリングにおすすめの服装の選び方②メッシュジャケットで熱さ対策!
  7. 気温に合わせて!秋のツーリングにおすすめの服装の選び方①ライダースジャケットで男らしく決めよう!
  8. 気温に合わせて!秋のツーリングにおすすめの服装の選び方②レインウェアで秋雨対策!
  9. 気温に合わせて!冬のツーリングにおすすめの服装の選び方①何よりも寒さ対策が重要!
  10. 気温に合わせて!冬のツーリングにおすすめの服装の選び方②厚着になり過ぎないように注意!
  11. 気温に合わせた服装で快適なツーリングを楽しもう!

ツーリングにおすすめの服装とは?

バイクでツーリングに行く際の服装の選び方の基準は、何よりも「バイクに乗っている間の快適性」です。ツーリングで遠くに行く場合は、目的地に着いてから歩きで観光をすることもあるかと思いますが、圧倒的にバイクに乗っている時間の方が長いので、そちらを優先する必要があります。また、歩いている際に気温に合っていなかったり、バイク用のブーツが歩きにくいということがあっても我慢できると思います。しかし、バイクを運転中の服装でストレスが溜まるようなことになると、イライラで事故を誘発してしまう可能性があります。
ツーリング初心者の場合は、「運転中の快適性を重視して歩く際の快適性は度外視すること」と「春夏秋冬の気温に合わせたアイテムを用意すること」が何よりも重要です。運転中の快適性については先ほど申し上げたとおりですが、二番目の気温に合わせたアイテムは見落としがちなポイントです。バイクを買ったばかりの初心者の人は、どうしても服装に回すお金が少ないので適当なものを着回しがちですが、春ならコレ!夏ならコレ!という季節の気温に完全に対応できる服やブーツを用意しましょう。

関連記事

ツーリングにブーツは必須?

先に結果だけ言いますが、ツーリングにブーツは必須です!ここからは、なぜブーツが必要なのか、どんな時に便利なのか、という点について紹介していきます。
ブーツが必要な理由として最初に挙げられるのが、「安全性の確保」です。バイク用のブーツはくるぶしが隠れる程度の高さがありますので、転倒してしまった際や事故を起こしてしまった際に、足首をしっかりと守ってくれます。
次に挙げられるのが、「保温性」になります。バイクは常に風を切って走る乗り物ですが、自動車とは違って風よけが一切無いので、季節や気温に関係なく体が冷たくなってしまいます。手や脚など体の先端部分は、胴体部分よりも冷えやすいので、ブーツを履いてしっかりと保温してあげることが重要です。もちろん、夏場はこの保温性が逆効果になってしまうこともあるのですが、バイクを運転中は体を動かすことが少ないので、多少のムレは感じるかもしれませんが、我慢できないほどのものでは無いでしょう。
バイク用のブーツは、普段履きのスニーカーとは違いますので、バイク用品店などに行って実際に試し履きをしてから購入してください。ネット通販の方が安く買えることもありますが、サイズが間違っているブーツほど履きにくいものはありませんので、安物買いの銭失いにならないように注意してください。

気温に合わせて!春のツーリングにおすすめの服装の選び方①気温の差に注意しよう!

ここからは春夏秋冬の季節ごとに分けて、具体的なツーリングの服装について解説していきます。
バイクでツーリングに行く際には、上の動画で紹介しているような普通の服装ではいけません。ファッションにおいては「三首(首、手首、足首)」を見せることで、オシャレを演出することができますが、ツーリングに適した服装は真逆だと覚えてください。首は防寒のためにもネックウォーマーなどでしっかりと覆い、手首はグローブとジャケットの袖で保護し、足首はパンツとブーツで転倒時の衝撃や寒さから保護してあげましょう。

気温に合わせて!春のツーリングにおすすめの服装の選び方②適度な厚みのジャケットを選ぼう!

41jr55xx%2b7l
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Jr55xX%2B7L.jpg
春は気温が徐々に上がってきているので、薄手の服装でも大丈夫だと思う人もいるかも知れませんが、多少薄手であってもジャケットは必ず着用しておきましょう。特に春先は朝晩で寒暖の差が激しいので、最低でも風を通さない素材のジャケットを用意しましょう。

気温に合わせて!夏のツーリングにおすすめの服装の選び方①肌を露出し過ぎないように注意!

夏場、バイクに乗る際に半袖半ズボンという人はいらっしゃいませんか?恐らくバイク好きの人であれば少ないと思いますが、バイクを移動手段として使っている人の場合にはこのような服装でバイクに乗っているという人もいるでしょう。夏場でも長袖を着て欲しい理由は2つあります。1つ目は転倒時の安全対策として、2つ目は強い日光の日焼け対策としてです。
別に日焼けしても構わないという人もいるかも知れませんが、日焼けによる体力の消耗は想像よりも大きなものになっています。夏場は、外にいるだけで特に激しい運動をしていなくても、相当な疲れが溜まりますよね?バイクを運転していて、常に緊張している状態だと更に疲れが増えてしまいます。不要な疲労を増やさないように、夏場でも長袖を着用しておきましょう。

気温に合わせて!夏のツーリングにおすすめの服装の選び方②メッシュジャケットで熱さ対策!

夏場に長袖を着る必要性を理解していても、暑さのあまり半袖を選んでしまうという人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが、薄手の素材で作られた夏用のジャケットです。転倒時の安全性と日焼け対策をしていながらも、メッシュ素材を採用しているために最低限の涼しさをキープしています。少しでもお金に余裕がある人は、バイクをカスタムする資金に回すのではなく、夏用のメッシュジャケットを購入してみてはいかがでしょうか。

気温に合わせて!秋のツーリングにおすすめの服装の選び方①ライダースジャケットで男らしく決めよう!

夏場は暑さ対策だけに注意していれば問題ありませんでしたが、秋になってくると寒さ対策にも力を入れる必要が出てきます。そんな時に便利なのが、古くからバイク乗りに愛されてきたライダースジャケットになります。ライダースジャケットは体にフィットするデザインで作られているので、運転中にバタつくこともありませんし、適度な保温力があるので秋という季節にピッタリのアウターと言えるでしょう。

気温に合わせて!秋のツーリングにおすすめの服装の選び方②レインウェアで秋雨対策!

夏場は強い雨が一気に降り注ぐ夕立がありますが、秋にはシトシトと弱い雨が長く降る時期があります。もちろん、雨予報の日にはツーリングに行かなければ良い話なんですが、バイク好きとしては無理ですよね?雨のツーリングを快適に過ごすアイテムとして「レインウェア」があるので、少しでも雨が降る可能性がある日はレインウェアを持っていきましょう。
バイク用のレインウェアの選び方に関しては、上記の動画を参考にしてみてください。

気温に合わせて!冬のツーリングにおすすめの服装の選び方①何よりも寒さ対策が重要!

秋に比べて気温が一気に下がってくる冬場は、ツーリングが最もキツい季節と言えるでしょう。完全な防寒対策が出来ていないと、まともに走れないレベルの寒さを感じることでしょう。バイクは風を切って走るので、気温がそこまで下がっていなくても体感温度は低く感じます。気温が10℃を切ってくる時期になってきたら、本格的な防寒グッズを揃えていきましょう。
冬場のジャケットは、他の季節と同じものを流用することが出来ません。他の季節に着ることが出来ないものに、お金を出すのは嫌かもしれませんが、辛い思いをしてツーリングに行くよりは良いかと思います。

気温に合わせて!冬のツーリングにおすすめの服装の選び方②厚着になり過ぎないように注意!

防寒対策だけを意識しすぎると、「とにかく沢山着て暖かくしよう」と思う人も多いでしょう。しかし、バイクに乗る時に厚着になっていると、体を動かしにくいので運転がしにくくなります。ストレスが溜まる状態で運転すると、事故の危険性が高まりますので多少割高でも専用の冬用ウエアを購入するのがおすすめです。

関連記事

気温に合わせた服装で快適なツーリングを楽しもう!

季節ごとの気温や天候に合わせて服装を替えて、快適なツーリングを楽しんでください。